様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 家具

スポンサード リンク

家具選びのポイント

家具と一言で言っても、ダイニングルームのテーブルやイスから、リビングルームのソファ、タンスや書棚、キャビネットやクローゼットなどの収納家具、ベッド等々、いろいろあります。

家具専門店のショールームに行くと、それこそ、たくさんの家具がところ狭しと並んでいますし、通販カタログやネットショップでも、魅力的な商品があふれています。

しかし、気に入った家具を単品ごとになんとなく買うだけでは、統一感のあるインテリアにはなりません。

家具選びのポイントは、まず、どのようなインテリアにしたいかの全体的なコンセプト(色のトーンや素材の統一など)をしっかりと決めておき、その統一基準を念頭に個々の家具を選ぶことです。

場合によっては、プロのコーディネーター等に相談してもいいかもしれません。

家具のサイズと部屋のサイズのバランスや、部屋の入口(ドア)の広さ、そしてもちろん、予算なども考えておきましょう。

家具店のショールームで、美しい照明の下で見栄えがする家具を買ってみたら、自室には大きすぎた、部屋全体の雰囲気に合わなかった、あるいは玄関のドアから入らなかったなどということもあるかもしれません。

また、家具の機能面(必要とされる構造的な仕様)とデザイン面(好みの色や形・素材)の双方を検討することをおすすめします。

家具は長く使うものですから、くれぐれも衝動買いをして後悔することがないよう、慎重に選びましょう。

家具の賢い選び方

家具は、長く使うものだけに、機能的にもデザイン的にも、満足のいくものを選びたいものです。

家具には、ダイニングのテーブルやイス、リビングのソファ、タンスや書棚、キャビネットなどの収納家具、ベッド等さまざまなものがあり、それらの個々の家具が部屋全体の雰囲気・印象を決めます。

家具選びのポイントとしては、まず、部屋全体のインテリアコーディネートを考えること。そして決めたコンセプトのもとで、必要なものを買いそろえていきましょう。

気に入った家具をバラバラに衝動的に買っているばかりでは、統一感のない、雑然とした印象の部屋になってしまいます。

色のトーン・素材・形状など、何か一つでも、それぞれの家具に共通性を持たせることがポイントです。

家具専門店のショールームと自宅の部屋とでは、空間の広さや照明等も違いますから、家具のサイズはもちろん、入口のドアの幅、部屋のレイアウト等を考慮したうえで、予算と相談しながら選ぶことをおすすめします。

北欧家具の特長

北欧家具は、デンマーク・スウェーデン・ノルウェー等の北ヨーロッパ産の、木の質感を生かした家具のことです。

デンマークのブランドは、特に有名です。

特長としては、シンプルながら機能面に優れたデザイン、そして、北欧諸国の豊かな森林資源を活かした天然木のぬくもりあるその素材です。

「曲げ木」などの加工技術により、曲線的で美しいデザインの家具も多く、北欧の長く厳しい冬を快適に過ごすための工夫もあらゆる部分に見られます。

また、北欧家具の素材の天然木は、耐久性も抜群。

安い家具をいくつも買い直すよりも、良い素材で丁寧に作られた北欧家具を使う方が、結果的にお得かもしれません。

北欧家具は、日本人の感性や和風インテリアにもなじみやすく、また、他の家具とのコーディネートがしやすいため、近年、ますます人気が高まっています。

北欧家具の特長2

北欧家具は、温かみある天然木の素材感と、シンプルながら飽きの来ない、機能性に優れたデザインを特徴としています。

デンマークのフリッツ・ハンセンや、カール・ハンセン&サンは北欧家具の名門ブランドの一つ。

デザイナーとしては、ハンス=J=ウェグナー、ポール・ケアホルム、アルネ・ヤコブセンなども有名です。

近年、北欧家具が日本で根強い人気を獲得しているのは、日本人の感性や、和テイストのインテリアに非常にマッチしているから。

特殊な加工による曲げ木や、ペーパーコード(イスなどに使われる丈夫な編みひも)を使ったデザインも、北欧家具の特長です。

シンプルなデザインなのでコーディネートしやすく、また、他の素材に比べて耐久性が高いため、長く愛用できることも人気の理由です。

アジア家具(アジアン家具)の特長

アジア家具は、インドネシア(バリ島)やベトナムを中心とした東南アジア諸国、中国、タイ、インドなどで作られた、リゾートテイストあふれる家具を指します。

価格も比較的安価で、昨今の癒しブームに乗って、日本でも急速に広まってきました。

エステやスパのインテリアとしても、最近はよく見かけられます。

アジア家具の素材としては、バンブー(竹)、ラタン(籐)、マホガニー、チークなどで、ダークブラウン系のトーンが中心です。

細部まで丁寧に作り込まれた北欧家具などと比べると、アジアン家具は、素材そのままの持ち味がストレートに活かされているのが特長。

竹や籐は、日本でも古くから用いられている素材ですから、アジア家具は和室にもよく合います。素材のぬくもりや、どことなく漂うリゾート感覚が魅力の一つです。

高温多湿の熱帯・亜熱帯気候の風土産のため、風通しのよい構造となっており、ラフでくつろげるリラクゼーション空間を演出します。

アジアン家具・アジア雑貨の特長

アジア家具は、バリ島を中心としたインドネシアや、その他の東南アジア諸国、中国やインド等で作られた家具のことです。

その、リゾートスタイルの涼しげなデザインと、ラフで素朴な素材感とで、日本でも人気が年々高まっています。

アジア家具の特長は、熱帯・亜熱帯地域産のバンブー(竹)、ラタン(籐)、チークなどの天然素材にあり、これらは和室や畳などの和風インテリアにもよくなじみます。

また、天然木の手触りや、ほんのりと香る木の匂いなどもリラクゼーション効果を高め、リゾートテイストを醸し出します。

そのため、アジア家具は、アジアングッズや雑貨とともに、エステティックサロンやスパなどのインテリアに使われることも多くなりました。

価格も、北欧家具などと比べて比較的安価なうえ、1品でも部屋の雰囲気をガラッと変えてしまう個性があるので、手軽にインテリアのイメージチェンジを楽しめます。

一人暮しの部屋のインテリア術

一人暮しの新生活のスタートに欠かせない重要アイテム、それが、家具や家電製品などのインテリア用品や、自炊する方のためのキッチン用品です。

一人暮しの部屋では、6畳ワンルームというのが代表的な間取りの一つですが、ベッドとテーブル、イス、机を置けばもういっぱいというのが現状。

しっかりと部屋のレイアウトや、インテリアの統一イメージを決めてから、家具や家電、カーテン、照明器具などの購入をしたいものです。

インテリア専門店や家電メーカー等は、毎年、年度の変わり目に、一人暮しを応援するフェアを開催しています。

家具や家電の機能と値段のバランスを考え、優先順位を決めて揃えていきましょう。

一人暮しの部屋は、ほっとリラックスできる自分だけの空間。気に入ったものに囲まれて、快適に生活したいものです。

一人暮しのための、快適インテリア術

一人暮しの部屋は、自分だけの空間。

インテリアも、ほっと落ち着けるお気に入りのもので揃えたいものです。

ワンルームの場合、ベッドやテーブル、机、イスを置くだけで、大半のスペースを占有してしまいます。

インテリア用品、特に大型家具や家電製品は、値段もさることながら、場所もとるもの。

購入の際には、総予算を立てて、優先順位をつけておくと便利です。

一人暮しを応援する「新生活フェア」は、毎年、家電メーカーやインテリア専門店等が開催しているので、それを利用するのも一つの手です。

まとめ買いするとお得な場合もあります。

また、購入の前に、置くスペースのサイズを測り、部屋全体のレイアウトを考えておくのもポイント。

一人暮しの限られた空間を有効活用するために、収納にもひと工夫こらしてみましょう。

どうしてもスペースが取れない場合には、折りたたみ式の家具やロフトベッドなどを検討してもよいでしょう。

 
メニュー
家具選びのポイント
家具の賢い選び方
北欧家具の特長
北欧家具の特長2
アジア家具(アジアン家具)の特長
アジアン家具・アジア雑貨の特長
一人暮しの部屋のインテリア術
一人暮しのための、快適インテリア術