様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 結婚

スポンサード リンク

結婚式場選び

結婚のハイライトは、何と言っても結婚式。だからこそ、結婚式の準備は入念に行いたいものですね。

結婚式を挙げるにあたって、結婚式場選びは重要です。

結婚式場は都市部から高原、海辺に至るまで、実にたくさんあります。結婚式場選びにあたっては、まずは二人が理想とする結婚式の内容や予算、招待客の数や希望するサービス、地理的条件などを明確にした上で、二人はもちろん、場合によっては双方の家族も交え、よく相談しながら結婚式場選びをしたいものです。

結婚式は人生の節目になる、大切なセレモニー。二人の条件に見合った、結婚式を美しい思い出にするための演出をしてくれるような、後悔のない結婚式場選びを目指しましょう。

結婚式場選びのポイント

結婚式に招待される機会はたくさんあっても、いざ自分が結婚するとなると、考えることことが山積みです。中でも結婚式場選びは、結婚において特にこだわりたいことの一つではないでしょうか。

結婚式場選びにあたっては、いくつかポイントがあります。

結婚式に招待された経験があるなら、「こんな結婚式を挙げたい」というおおよそのイメージがあるかとは思います。しかし、世の中には思いもかけないような素敵なサービスを提供している結婚式場も多数あります。「あの結婚式場にすればよかった」などと後悔しないためにも、結婚式場選びをする際には、まずはたくさんの結婚式場の情報を集めて、どんなサービスが存在しているかをできるだけ知るといいでしょう。

結婚式場の情報をできる限り集めたら、次は、たとえば以下のようなことを考えながら、二人の条件に見合った結婚式場選びに移りましょう。

・予算

・招待客の数

・結婚式場の地理的条件(景色のいい場所で結婚式を挙げたい人もたくさんいます)

・自分たちが望むサービス内容を提供しているか

結婚式場選びのポイントは他にもいろいろあると思いますが、二人が外したくないと思う条件を、出来る限り明確にイメージしながら選ぶことが肝心です。

結婚は二人にとってのかけがえのないセレモニー。二人の結婚式にふさわしい結婚式場選びをしたいものです。

結婚式のスピーチ

結婚式はおめでたいことですが、結婚式に呼ばれる側としては、ちょっとフクザツな気持ちになることもありますよね。

結婚式に招待された際、中でも特に頭が痛いのが、結婚式でのスピーチ。結婚式は、新郎新婦とそのご家族にとっては大切なセレモニーですから、あまりうっかりしたことは言えません。

結婚式のスピーチに頭を悩ませている人は結構多いようで、書店やネットでも、その手の本やWEBサイトはよく見かけます。もちろん、「マニュアルどおりにスピーチの原稿を書いて、結婚式でそれを棒読み」というのはいただけませんが、自分の頭だけでスピーチに内容にあれこれ頭を悩ませるよりは、結婚式のスピーチについてアドバイスしている本やサイトのお世話になってしまいましょう。

結婚式などのセレモニーでは、使ってはいけない言葉というものが決まっています。そうした言葉をうまく避けて、心のこもったスピーチをしたいものですね。

結婚式のスピーチの注意点

結婚式に招待されたはいいけれど、スピーチを頼まれて困ってしまった――あなたもそんな経験はありませんか?

結婚式のスピーチで困ったときに役に立ってくれるのが、その手の本やWEBサイトです。ただしWEBサイトの場合は、情報の発信の際に、本ほど責任が問われないので、信用できるサイトを選んで参考にするようにしましょう。

結婚式のスピーチで気を付けることはいくつかありますが、代表的なものは、だいたい以下のとおりです。

・忌み言葉を使わない(「切る」「終わる」「離れる」など)

・新郎、新婦が結婚前に付き合っていた相手の話題は避ける

・子供の話題は避ける

・再婚の場合、再婚であることには触れない

・晩婚の場合も、晩婚であることに触れない

・その他、家庭の事情に踏み込むような話題は避ける

結婚式のスピーチには、ほかにもいろいろなタブーがあります。結婚式でスピーチをする際は、こういったことに気を付けて、心のこもった気持ちのいいスピーチをしたいものですね。

結婚式の招待状

結婚式の日取りが決まったら、結婚式の招待状を出すことになります。結婚披露宴の料理や引き出物、席次表などの手配もありますから、日取りが決まり次第、早めに結婚式の招待状を出して、結婚式の招待客の出欠を確認したいところです。

結婚式の招待状を出すにあたって考えなければならないのが、招待客の決め方です。新郎も新婦も、それぞれの人間関係がありますから、結構悩む人も多いのではないでしょうか。

結婚式の招待状を出す際は、二人や、その家族などで相談することはもちろんですが、「ウエディングプランナー(ブライダルコーディネーター)」にもアドバイスを仰いでみては? 彼らは結婚式のプロですから、結婚式の招待状の件でも、きっと良いアドバイスをしてくれることでしょう。

結婚式の招待状が届いたら

結婚式の招待状を送ってきた新郎や新婦が、自分と親しい間柄だった場合、電話やメール、あるいは直接の会話で、結婚式の出欠の回答をすることも少なくありません。そういう場合、「もう出欠は伝えたから」と、ともすれば結婚式の招待状の返信を出すことを怠りがちです。

結婚式の招待状への返答、実は、メールや口頭だけでは困ることもあるのです。なぜなら、結婚式の出欠の集計は、必ずしも新郎・新婦が行うわけではないからです。結婚式の出欠の集計を行う側としては、やはり招待状の返信はきちんともらいたいもの。

結婚式の招待状には、一般的に、出欠の回答をするための返信用ハガキが同封されています。結婚式の招待状をもらったなら、たとえ既にメールや口頭で出欠を伝えてあったとしても、期日までにきちんと出欠の返信をすることがマナーです。

結婚式のマナー

結婚式は、冠婚葬祭の一つですから、いろいろなマナーがあります。

結婚式のマナーは、結婚式を円滑に進め、晴れの日の良き思い出を作るための大切なもの。結婚式に呼ばれたなら、皆でこれらのマナーを守って、気持ちの良い結婚式にしましょう。

結婚式に関する代表的なマナーとしては、次のような項目があります。

・招待状への返信

・ご祝儀やプレゼント

・挨拶

・服装

・忌み言葉(特にスピーチをする人にとっては重要)

・テーブルマナー

結婚式は、新郎新婦やその家族にとっては、とても大切なセレモニーです。あなたのちょっとした不注意で、せっかくの結婚式の雰囲気を壊したりしないよう、結婚式に呼ばれた際は、マナーをよく確認することが大切です。

結婚式のマナー(ファッション編)

結婚式に呼ばれたけれど、いろいろマナーがあって堅苦しそう――特に初めて結婚式に招待されたときは、何かと不安ですね。特に結婚式でのファッションは、男性の場合はあまり細かいマナーはないのですが、女性の方はいろいろ注意したいことが……。

結婚式での女性のファッションに関するマナーは、主に以下のとおりです。

・白は花嫁の色なので、白い服は避ける(小物ならOK)

・弔事を思わせる、全身黒尽くめのファッションも避ける

・女性には華を添えるためのドレスアップが求められるが、花嫁よりも目立つような服装は避ける

・披露宴では食事もするので、匂いのキツい香水は避ける

・露出は控えめに。肩を出す服や短すぎるスカートもNG

・つま先の見える靴や厚底の靴は避ける。ミュールも×

結婚式のファッションのマナーは、「清楚で上品」「花嫁よりも控えめに」といったところでしょうか。結婚式に着ていく服に関するマナーには、くれぐれも気を遣いたいものです。

結婚祝いの贈り物の注意点

結婚祝いの贈り物は、誕生日やクリスマスのプレゼントなどとは違い、その金額や選び方にもいろいろ注意点があります。

・予算:友人なら1〜2万円、身内なら2〜3万円くらいが相場

・個数:グラスや陶磁器などのセットを贈る際は、2で割れる「偶数」(特に4個)や9個は避けること。ただし、2は「1ペア」、12は「1ダース」なのでOKです。

・刃物、壊れ物:刃物は「切れる」、ガラス製品や陶磁器などの壊れ物は「割れる」を連想させます。ただし、壊れ物の方は、相手がそれを希望する場合や、相手と親しい間柄である場合は、さほど気にしなくてもいいでしょう。

結婚祝いの贈り物については、ほかにも気を遣うべき点がありますので、結婚祝いの贈り物を選ぶ際は、そうしたことを取り扱っている本やサイトを参照するといいでしょう。

結婚は冠婚葬祭の一つですから、結婚祝いの贈り物にいろいろな決まりがあるのもうなづけますね。結婚を祝う自分の気持ちが伝わるような、そして相手に不快感を与えないような、ステキな結婚祝いの贈り物を選びたいものです。

結婚祝いの贈り物を選ぶポイント

結婚祝いの贈り物は、主に結婚式に招待されたけれど出席できない人や、結婚式に呼ばれていないけれど、事後報告で結婚式を知った人。しかしもちろん、結婚式に出席して、さらに結婚祝いの贈り物をするのもOKです。

結婚祝いの贈り物は、たとえばこんな基準で選んでみては?

・他の人の贈り物と重なっても無駄にならない、いくつあってもいいような実用品や消耗品

・生活必需品とまではいかなくても、あれば便利な道具や小物類

・あまり実用的ではないけれど、もらうとうれしいブランド品の小物

・時計や花瓶、観葉植物など、どんな部屋にでも合うシンプルなインテリア用品

結婚祝いの贈り物を選ぶ場合、相手と親しいなら、前もって予算を知らせて、その範囲内で欲しいものを聞くと、確実に喜んでもらえます。逆に、相手がそれほど親しくなく、相手の好みや欲しいものがわからない場合は、カタログギフトを利用したり、ギフト券やレストランの食事券などを結婚祝いの贈り物にしてもいいでしょう。

国際結婚とは

国際結婚も、近年ではさほど珍しいことではなくなりました。

国際結婚とは、文字通り、国籍の違う二人が結婚することを指します。国際結婚は、戦前の日本では非常に少ないものでした。しかし戦後、日本国憲法の下で国籍法も改正された結果、男女とも、国際結婚によって日本国籍を失うことがなくなり、国際結婚は次第に増加したのです。

国際結婚は、日本において、特に1965年から2000年までの間では、件数としては8倍、全婚姻数における割合としては0.4%から4.5%にまで伸びました。そのため国際結婚は、人生の一つの選択肢として、今ではすっかり若い世代の間に定着した感があります。

国際結婚における問題

国際結婚が日本で容易になったことにより、多くの幸せなカップルが誕生しました。しかしその反面、国際結婚がもたらす悲劇も後を絶ちません。

国際結婚は、近年では、約8割が日本人男性と外国人女性の組み合わせです。99年のデータでは、日本人男性と結婚した外国人女性の32%が中国人、以下、フィリピン、韓国・朝鮮、タイ、ブラジルの順番になっています。また、中国人妻が多い地域は東北地方に、フィリピン人妻の多い地域は岐阜、鹿児島、大分、高知などに集中しています。

国際結婚の増加には、農村の嫁不足と、貧しい国の女性が「人身売買」の形で日本に嫁ぐ「売買婚」との結びつきという側面があることも忘れてはならないでしょう。

結婚衣装の準備

結婚が決まったら、いよいよ結婚の準備。愛する人との新しい生活が始まるわけですから、出来る限りの準備をして結婚に臨みたいところですね。

結婚の準備の中でも特に心躍るのは結婚式の準備。特に女性なら、結婚式のウエディングドレスや打掛けなどといった、結婚式のときだけ着る特別な衣装への強い思い入れもあることでしょう。

結婚式に着る衣装の準備の仕方は、レディメイド(既製服)、オーダーメイド、レンタル、手作りのいずれかになると思います。どれにしても、ステキなデザインの結婚衣装を準備することが可能ですが、やはり人には好みというものがありますから、後になって「あのときああすればよかった」ということにならないよう、結婚衣装は慎重に準備したいものです。

結婚生活の準備

結婚式や新婚旅行は、第二の人生の門出として、二人にとって特別な意味があるものでしょう。しかし、結婚式や新婚旅行で浮かれすぎて、新居で現実生活に直面してゲンナリ……なんてことにならないよう、結婚生活の準備もしっかり整えておきましょう。

結婚後、新居を構えるにあたって、準備しておきたい家具や日用品などはいろいろあるでしょう。結婚生活の準備には、たしかに物を選ぶ楽しみもありますが、しかし、選ぶことも度を超すと、楽しみを通り越して負担です。そこで、結婚生活に必要な品は、親族や親しい友人などに、それぞれ具体的にお願いして準備してもらってみてはいかがでしょう?

結婚祝いのプレゼントに頭を悩ませている人は意外に多いものです。しかし、どうせいただけるものなら、具体的に「もしよければ、○○をもらえるとありがたいんだけど……」と言ってあげた方が、相手も自分も準備の労力が少なくて済みますし、プレゼントのダブリも避けることができます。ただし、これはあくまでもごく親しい人に対してだからできるということをお忘れなく。

結婚生活の準備は、できるだけ少ない労力で整えたいですね。

結婚と人間関係

結婚は当事者や親族はもちろん、当事者に関係のある周囲の人間にも何かしらの影響をおよぼすものです。

結婚の話が持ち上がるとき、それに伴っていろいろな現象や問題が生じますが、その中でもおろそかにできないのが人間関係。結婚に伴って、それまで意識していなかった人間関係が浮上することも少なくありません。

結婚に伴う人間関係の浮上の中でも深刻なケースの例としては、

・新郎もしくは新婦の、清算されていなかった過去の交際や人間関係

・新郎もしくは新婦の親族や関係者における、その結婚を反対する風潮

・新郎もしくは新婦の結婚によって何らかの不利益を被る人の存在

それまでは円満だった人間関係も、結婚の話が浮上した途端に破綻するというケースも少なくありません。

結婚は本来はおめでたいものですから、できるだけ多くの人に祝福してもらいたいもの。スムーズな結婚のためにも、人間関係において、ある程度の清算や気配りはしておきたいものです。

結婚式と人間関係

結婚式は晴れの日であり、特に当事者や親族にとってはおめでたいもの。しかしその結婚式も、誰を招待するのかによって、台無しになることだってあるのです。

結婚は人生のおける数少ない大きなセレモニー。それだけに、それまで気にもとめなかったことが明るみに出たりすることも少なくありません。人間関係もその一つで、結婚が決まったとたんに、思いもかけない人の反対や妨害に遭ったりすることも少なくありません。

結婚式を挙げるにあたっては、親族や関係者全員に祝福してもらえることが理想ですが、人間関係によってはそうもいかないことも。例えば新郎もしくは新婦に片想いしている人を結婚式に呼ぶのは、呼ばれるほうにとっても残酷ですし、新郎もしくは新婦にとっても、その事実に気づいた場合、決して愉快なものではありません。

とはいえ、その結婚に対してあまりいい感情を抱いていない人をいっさい招待しないというのも、今後の人間関係において影を落とします――難しいところですね。

結婚式を挙げるにあたって、人間関係の悩みが浮上してきた場合は、今後その人とどのようなお付き合いをしてゆくのかを考慮した上で、可能ならば信頼できる人たちに相談しながら、式に招待するか否か、慎重に考えたいものです。

年賀状での結婚の報告

年賀状は新年の挨拶の定番。特にお世話になった人には、年賀状を出しておきたいものです。

年賀状の内容としては、「あけましておめでとうございます」といった、基本的な挨拶のほかに、前年その家にあった慶事について触れることも大切なこと。ことに年賀状による結婚の報告は、それを知っている人はもちろん、結婚式に招待していない「付かず離れず」のような関係の人にとっても微笑ましいものです。

年賀状での結婚の報告は、新郎新婦の写真入り年賀状という形を取ることも多いです。ただしその場合、どんな写真を選ぶのかということが大切。年賀状での結婚の報告には、夫婦の仲の良さをアピールするような写真を選びたいところです。

とはいえ、年賀状での結婚の報告に、必要以上にベタベタしている写真を選ぶと、かえって下品・嫌味といったマイナスの感情を相手に与えてしまいますので、そこは注意したいものです。

年賀状での結婚の報告をする際は、日ごろお世話になっている人に対する感謝と「おかげさまでわたしたちは仲良く幸せに暮らしております」といったことをアピールするといいでしょう。

年賀状で結婚の報告をする際の配慮

年賀状には、日頃お世話になっている人と新年の喜びを共有するという意味合いのほかに、自分の近況を報告するという意味合いもあります。

年賀状で結婚などの慶事の報告をするのもその一つ。もちろん親しい人なら、わざわざ年賀状で報告などするまでもなく、既に結婚の事実はわかっているでしょうが、年賀状での結婚の報告には、結婚式の後の夫婦の様子を伝えるという意味もあります。よって、年賀状で結婚の報告をする際は、決まりきった挨拶のほかに、「結婚式の際はお世話になりました。おかげさまでわたしたちは今もこのように仲良く幸せに暮らしています」といった旨を盛り込むといいでしょう。

年賀状で結婚の報告をする際、中には年賀状によって初めて結婚の事実を伝えることになる相手もいるでしょう。中には「どうして今まで教えてくれなかったの」という感情を抱く人もいるかもしれませんね。年賀状で結婚の報告をする際は、相手による配慮も忘れず、幾通りかの文面を考えておきたいものです。

結婚式のBGM

結婚式にあたっては、準備しなければならないものがたくさんありますが、BGMもその一つ。BGMは場を盛り上げるものですから、チョイスによって、結婚式の雰囲気も随分変わってきます。結婚式のBGM選びは慎重に行いたいものです。

結婚式のBGMは、基本的には新郎・新婦が好きに選べばいいもの。逆に式場側や音響業者に「お任せ」だと、流行の歌謡曲や宮崎アニメの音楽などを使われてしまうようです。もちろん彼らはプロですし、こうした曲自体は決して悪いものではありませんが、結婚式のそれぞれのシーンに対して抱くイメージは人によってさまざまですから、どうせなら自分のイメージにぴったりのBGMを選びたいですね。

結婚式のBGMは1曲だけでいいというものではありません。入場やウェディングケーキ入刀、キャンドルサービスなど、いくつかのプロセスがあり、それぞれにふさわしいBGMが必要になります。

結婚式は人生最大のセレモニー。どうぞ結婚式を美しい思い出にするようなBGM選びをしてください。

結婚式のBGM選び

結婚式を成功させるためには、ムード作りが重要になってきます。

結婚式のムードの決め手は、やはりBGM。結婚式には入場をはじめとして、キャンドルサービスやケーキ入刀など、式の要となる重要なシーンがいくつもありますから、そのBGMにはムードを盛り上げるようなものを選びたいものです。

結婚式のBGMは、基本的には新郎・新婦の好きな曲を流せばいいものですが、みんながみんなそんなに音楽の知識があるわけではありませんし、普段聴いている歌が結婚式にふさわしいとも限りません。もちろん「好きな曲をどこかに使う」くらいはいいでしょうが、BGM選びというのは一つのセンスですから、すべてのBGMを自分で選ぶとなると、「こういうのって苦手」っていう人も少なくないのではないでしょうか。

結婚式のBGM選びに困ったら、プロにお任せするという手もあります。このときは、全部お任せしてもいいし、重要なシーンだけ自分たちで選んで、そのほかはお任せにしてもいいでしょう。BGMのプロに関しては、式場に担当者がいる場合と、外部の音響業者に依頼する場合とがあります。いずれにしても挙式の2〜3週間前には手配と打ち合わせを済ませておきましょう。

結婚式の挨拶の構成

結婚式の挨拶(スピーチ)を頼まれたら――みんながみんな、人前で話をするのが得意なわけではありませんから、結婚式の挨拶なんか頼まれた日には、頭を抱えてしまう人も少なくないのではないでしょうか?

結婚式の挨拶を頼まれるくらいですから、あなたはきっと新郎や新婦とはそれなりに親しい間柄なのでしょう。しかし、その関係が何であったとしても、結婚式の挨拶の基本的な構成は変わりませんので、あまりあれこれ悩む必要はありません。

結婚式の挨拶では、

(1)お祝いの言葉。

(2)新郎もしくは新婦と自分との間柄を簡単に説明。

(3)新郎もしくは新婦に関する、自分の知るポジティブなエピソード(「一緒に旅行に行った」「仕事上でこんなことがあった」など、できれば二人と共通の話題が好ましい)。

(4)(3)の話の結論として、自分の二人への思い。

(5)締めとして、再び二人にお祝いの言葉を贈る。

といったところでしょうか。特に(3)(4)に関しては、新郎や新婦の人柄の良さと、それに対する自分の相手への好意や敬意が皆に表明できるようなエピソードを選びたいですね。忌み言葉や下品な話、政治・宗教の話さえ避ければ、あとは何を選んでもいいでしょう。

結婚式の挨拶

結婚式の挨拶を頼まれたら、よほど慣れている人でない限り、困ってしまいますね。結婚式の挨拶の際は、どういうことに気を配ればいいのでしょうか。

結婚式の挨拶自体は、自分が新郎新婦とどんな関係であったとしても、基本的な構成自体は同じなので、それほど気に病むことはありません。「お祝いの言葉」「新郎新婦と自分との関係」「新郎新婦にまつわるエピソードと、自分の彼らへの思い」「締めのお祝いの言葉」といった流れで内容を組み立てればいいでしょう。

結婚式の挨拶で一番大切なのは、新郎新婦の幸福を願う自分の思いをいかに表明するかということ。もっとも、結婚式の挨拶を頼まれるくらいですから、あなたは新郎あるいは新婦とは、それなりに親しいはず。あれこれ考えずに、素直に新郎新婦との思い出と、その話にからめたあなたの彼らへの好意や敬意を語ればいいのです。

結婚式の挨拶は、400字詰め原稿用紙で2〜3枚程度(3分程度)がちょうど良いとされています。忌み言葉などのタブーを犯さないためにも、挨拶の際は原稿を見ながらのほうがいいでしょう。

結婚記念日とは

結婚記念日は、文字通り、結婚式を行った日を記念日として扱ったもの。

結婚記念日は誕生日同様、個人的なものですから、多くの場合は当事者の間で祝うようです。でも、結婚生活も長くなってきて、「銀婚式(25周年)」「金婚式(50周年)」「ダイヤモンド婚式(60周年)」「プラチナ婚式(70周年)」といったような切りの良い年数になると、子供や孫、親族などを交えて少々盛大に結婚記念日を祝うことも少なくありません。

結婚記念日は、日本では「銀婚式」「金婚式」といった、区切りの良い年数を祝うものが有名ですが、例えばイギリスなどではもっと細かく設定されていて、「紙婚式(1周年)」「木婚式(5周年)」「アルミ婚式(10周年)」「水晶婚式(15周年)」「磁器婚式(20周年)」などといったものがあります(他のバリエーションもあり)。

結婚記念日は、二人が積み重ねてきた年月を祝うもの。せっかく縁あって一緒になったのですから、できるだけたくさん結婚記念日を祝いたいものですね。

結婚記念日のプレゼント

結婚記念日は、二人が結婚式を挙げた日を、二人だけの記念日として定めたもの。

結婚記念日は毎年祝っても良いものですし、事実毎年祝っている夫婦も多いようです。結婚記念日には年数を重ねるごとに、それにふさわしい名前が付いていますが(国などによって違いあり)、日本で特に一般的かつ盛大に祝われるのは「銀婚式(25周年)」と「金婚式(50周年)」。結婚生活もこれだけ長くなると、多くの場合、子供や孫もいますから、普段の結婚記念日とは違い、二人だけでなく、家族勢ぞろいで結婚記念日を祝うことも少なくありません。

日本の場合、金婚式や銀婚式のときは、夫もしくは子供や孫が、妻・母・祖母である女性に高価な贈りものをするケースが多いようです。このときのプレゼントは、基本的にはその女性が喜ぶものを贈るといいでしょう。

結婚式の電報

結婚というのは、誰にとっても人生最大のイベントといえます。結婚式をあげるかどうかは当人たちの意向次第ともいえますが、もし結婚式をあげるとなったら、お祝いの気持ちをこめて何かしてあげたいものですね。

もちろん結婚式に招待されれば、出席するのが一番いいことですが、あいにく出席できない場合もあります。その場合は結婚式に間に合うように、電報を贈るいうのもいい方法かと思います。

電報といえばNTTの電話からの電報を思い浮かべてしまいますが、最近はネットからでも電報を打つことができます。文例集も綺麗なカードも用意されてますから、参考にするといいかと思います。

贈る時に注意したいのは、届ける地域と届く時間の確認です。場所によってはあるいは贈る物によっては、届けられない地域だったり日数がかかったりします。早めに確認して、遅くなったりしないように気をつけましょう。

電報は贈りたいけれども

知人・友人が結婚すると知ったら、やはり何かお祝いをしてあげたいものですね。結婚式をあげるときいたら、電報を贈るのはひとつの方法ではあります。しかし、先方から事前に「祝電等お気遣いなく」とアナウンスされることもあります。

例えば海外で結婚式をあげるというような時、電報を贈ろうにもちょっと・・・という場合があります。そういった時を含めて、結婚する当人たちからすれば、「無理にでも電報を贈らなければならない」という、ある種、義理堅い日本人の気質を考慮して(苦笑)、お気持ちだけで結構です、と気を遣っているのですね。

実際、電報といえども贈られれば、結婚する当人たちは「電報ありがとうございました」とお礼をしなければならないことになります。結婚は何かとバタバタするものです。こういう場合は、無理に電報を贈ろうとせず、結婚する当人たちの落ち着いた頃に、お祝いをしてあげることでいいと思います。

結婚式のアドバイス

結婚は人生の最大のイベントですね。結婚をするということだけでもイベントですが、それでさらに結婚式をあげるとなると、なかなか大変な作業が待っております。そういったアドバイスのたくさん載っている雑誌もあるくらいですね。

結婚式のアドバイスを、雑誌や友人たちに求めるのも外れではないですが、結婚式というのは、結婚する当人たち、そして当人の家族・親族の構成によって「良し」とするものがかなり違ったものになってきます。つまり、雑誌で「これで失敗しない!」といくら謳っていても、そうとも限らないというのが実情です。

まずは結婚式を自分達があげたいかどうか。あげる必要があるかどうか。親や親族の意向はどうか。結婚は結婚式をあげなくても成立するものですからね。あわてず落ち着いて、このあたりをしっかり固めてから取り組むといいと思います。

結婚式ってあげるべき?

結婚式について、アドバイスすることがあるとすれば、まず式をあげるべきかどうかの検討をすることですね。結婚式や披露宴をしなくても、結婚(婚姻)は成立するものです。別々に暮らしていた二人が一緒に暮らすという、その引越しやら家具揃えやらだけでも大変なのに、いざ式をあげるとなると、さらに雑務が増えるのは事実なのです。

加えてアドバイスするならば。今後の生活を考えてみると、双方の親族とは何かと行き来をすることになる以上、一度に一斉にお披露目ができるという意味で、結婚式をあげるのは効率的でしょう。そういった実利と、花嫁側にはウェディングドレスを着てみたい!!教会であげたい!といった「夢」もあるでしょうから^^ 結婚式はあげることになるのが通常かと思います。あとは(親族以外をも招待する)披露宴はどうしようか、というのが悩みどころかなと思います。

結婚式は、最近ではハワイやグアムといった海外の教会で、というのもかなり一般的なようです。もちろん国内の教会とか、従来の神前・仏前の式もあります。海外で式をあげる場合は、友人たちの中で行ったことのある人がいれば、是非アドバイスをもらいましょう。憧れを実現できる反面、国内でない分旅費もかかるし、大変なこともあるはずですから参考になると思います。

結婚祝いの贈物

結婚祝いの贈物(金品)は、結婚披露宴の招待を受けてから、結婚式の一週間くらいまでに贈るようにするのが通常です。自宅に届けるのが丁寧ではありますが、現実的に考えて、結婚式前というのはとかく結婚する当人たちは忙しいもの。ですから、外で会って手渡したり、託送したり、デパート等からの直送でもいいでしょう。そういう場合は、お祝いのメッセージを添えるといいでしょう。

しかし挙式までに贈物を届けることができないこともあります。そういった場合は、新郎新婦が新居に落ち着いてから、実際に欲しい物を確認して贈ってあげるといいですね。

わたしの経験からいうと、案外これってありがたいものです。結婚前にいろいろほしいものを訊かれても、あまりにやることがあって、何が何だかわからなくて適当に答えてしまうこともあるんですよね^^; 全て終えて新居に落ち着いて、あ、これがない・・・・というのも結構あるものなんです。挙式後の結婚祝いの贈物、意外に歓迎されるものです^^

結婚祝いの贈物あれこれ

結婚する二人を祝って、何か素敵な贈物をしたい、と誰しも思うことかと思います。しかしいざ考え始めるとなかなか思いつかない。。。まずは、結婚する当人たちに欲しいものを訊くのが一番でしょう。

何が欲しいかを訊ける程の間柄じゃない等、悩んでしまう場合は、現金にするのが無難です。結婚は何かと物入りですので、現金が一番ありがたいというのは事実です。しかしそれも何か味気ないということで、欲しいものを自由に選べるカタログ・ギフトというのも人気です。

金額の相場は現在は3万円くらいですが、この数字はどうでしょう。地域、間柄等々でも変わってくると思います。まわりに確認してみるといいと思います。

わたしの大学の先輩で、(友人への)結婚祝いの贈物は、ペアの白のポロシャツと決めている方がいました。白のポロシャツなら誰でもそこそこ似合いますし、普段ポロシャツを着ない人でも一枚ぐらいあっても迷惑じゃないですし、何枚あっても困るというものでもないですし。こういう贈物も素敵だなと思いましたね。もちろん、わたしも頂きました^^

結婚式の二次会の服装

友人や知人の結婚式(披露宴)に招待され、さらに二次会にも招待されるということは多々あることかと思います。せっかく招待されたのですから、都合のつく限り出席するようにしましょう。

そうなると、特に女性が悩むのは服装ですね。一般に結婚式(披露宴)では、花嫁が主役ですから、花嫁より目立たない服装でかつフォーマルなもの、というのが決まりごとです。そして白は花嫁の色ですから、白もタブー。このマナーを守って、上品な髪型や服装にすることがポイントです。

さらに二次会に出席する場合ですが、結婚式(披露宴)と二次会とフルコースで出席する場合は、時間的にも着替えるのは余裕がないものです。多くの人にとってそれは同じですから、着替えないで出席する人が大半と思います。ですから服装や髪型が同じことは気にせず、若干の余裕があるならアクセサリーで変化をつけるといいでしょう。いずれにせよ大事なのは、お祝いの気持ちをこめて出席することですね。

結婚式の二次会はよく確認して

結婚式(披露宴)の二次会に招待されることがあると思います。お祝い事ですから、なるべく出席してあげるようにしたいところ。しかし、その服装はどういうのがいいのかしら。。。特に女性なら、悩むところですよね。

結婚式(披露宴)は出席せず、二次会から出席する場合で大事なことは、二次会会場の情報をしっかりと入手することです。二次会の招待状に「平服で」と明記されていても、それを真に受けてジーパンで行ったらとんでもない目に遭ったという話もあります。結婚式(披露宴)ほどフォーマルでないにしても、男性ならスーツ、女性ならワンピースやスーツというのが無難でいいかもしれません。

二次会といえども、主役は新郎新婦であることに変わりません。よって花嫁より目立たない服装というマナーも同じです。ただし、結婚式(披露宴)では、アクセサリーで俗にいう「光り物」はよくないとされているので、パールが主流になると思いますが、反対に二次会は宝石類や金属類もOKなので、このあたりで素敵に装うといいですね。

結婚式の余興

結婚式(披露宴)での余興といえば、出席者側の余興と、開催者側(新郎新婦側)の余興とあると思います。後者は演出といっていいかもしれません。出席者側は招待される側ですし、おめでたい席であまりハメもはずしにくい。。。といった遠慮があると思います。新郎新婦側も親戚一同、あるいは職場の上司や同僚がきてるとなれば、こちらもハメをはずしにくく、結局無難な余興になってしまいがちですね。

しかし、奇をてらう余興よりも、よくありがちなスタンダードな余興が好印象だったりしているようです。結婚式といえば、欠かせないのが両親への花束贈呈。これはやはり感動物。新郎新婦やご両親の心の高まりに、出席者たちも感応するのでしょうね。

その他、ひな壇の飾りになりがちな新郎新婦。新郎が乾杯の音頭をとる、といったちょっとした工夫でも新鮮なものです。わざわざウケを狙う余興より、新郎新婦の結婚を素直に祝う心、喜ぶ心が共有できれば、それは感動になると思います。

結婚式の最高の余興

結婚式は、いろいろな面があるけれども、とりあえず新郎新婦、特に新婦にとって夢のイベントですね。わたしの結婚式は、普段まるで化粧しないわたしが化粧して現れるだろうということが、最大の「余興」ともいわれてました(え

わたしは自分の結婚式の時に、主な音楽は自分で選曲させてもらいました。その選曲の中で、ラストの新郎新婦たちが退場していく音楽を、わたしと夫を含む友人たちで当時飲みにいったら、最後に必ず歌う「お開き」の歌にしたのです。

それは、チャゲ&飛鳥の「太陽と誇りの中で」(注意:この歌は、歌詞からすれば結婚式にあまりふさわしいとはいえない)

結婚式って、人生最大の「飲み会」ですからね。その最大のイベントにこそ、歌いたいなと。友人達は歌ってくれるだろうかと不安と期待をこめて、わたしが用意した余興でした。

結婚式ラスト。退場の曲が流れる。不安・・・・など、まるで必要なかった!友人達、親戚一同、みなさんたっくさん飲んで陽気になってましたのでねぇ笑。思い切り歌ってくれました。そしてその歌の中、新郎を友人たちが取り囲み、彼が胴上げされる。一回、二回、三回。

三度彼が、友人達の手によって空に飛んだ。わたしにとって、これが最高の結婚式の余興でした。

結婚式の歌

結婚式(披露宴)の余興といえば、無難なところで歌でしょうね。歌を歌えばいいといっても、おめでたい席の歌ですから、それなりのマナーはあります。

切れる、別れる、不倫の歌等、結婚式では避けた方が無難ですね。そのためには、歌詞をチェックする必要があります。自分の好きな歌に、あるいは得意の歌にそんなのはない、という人もいるかもしれませんが、大丈夫。これだけ色恋の歌が氾濫している日本です。必ず自分が歌えて、かつ結婚式にふさわしい歌はあります。

新郎新婦の好きな歌を歌ってあげる、リクエストに応えるというのもいいですね。それが別れの歌だったりしたら・・・新郎新婦自身で、後から問題にならないように根回ししておくように、一言いっておきましょう笑。

結婚を祝うための結婚式ですから。新郎新婦を祝う、その素直な気持ちが大切だと思います。

みんなで歌おう、結婚式

結婚式には余興がつきものです。余興を誰にやってもらうかその選定は、なかなか悩ましいものです。幸いにしてわたしは、その悩みはありませんでした。

「結婚式で歌といえば、俺しかいないだろ」という友人は、わたしの結婚情報を入手するや、自ら「歌わせてくれるんだろうね」と立候補してくれましたし。

一人で壇上に上がるのは恥ずかしいというから、では数人で歌ってくださいとお願いした職場の先輩たち。なぜかその場で「一気飲み」大会をし始め、おい、歌はどうした?とか。

歌い終わっても壇上に残り、次に歌う人を指名して司会進行やってたり。いや、司会、別にいるから笑。

お色直しから戻ってみたら、壇上には、友人と親戚のユニットができていたり、とか。

もちろん、わたしの結婚式とて、職場も年齢も関係もバラバラの人が集まっておりました。しかし、新郎新婦の結婚を祝う心(とたぶん、大量のお酒)でもって、それを共通項として、垣根を越え一緒に楽しめるイベントになったのだと思います。

結婚相談所の結婚相手紹介サービス

結婚はそもそも、結婚したくなるような相手に巡り合った時点でするのが理想的なのでしょうが、悲しいかな、世の中には、なかなかそういう相手に巡り合えない人も少なくありません。そんなときは、結婚相談所の結婚相手紹介サービスを利用してみてはいかがですか?

結婚相談所の結婚相手紹介サービスは、一般的に、「出会い」だけでなく、結婚にまで漕ぎ着けることを目的にしています。だから、結婚相談所の結婚相手紹介サービスを利用すると、結婚のためのいろいろなサポートも期待できます。

「結婚できない人=魅力的でない人」というわけでは決してありません。だから、結婚相談所の結婚相手紹介サービスで知り合う人の中には、あなたにぴったりな人がいる可能性も大いにあります。それに、お互い結婚したい気持ちは同じなのですから、あるかないかもわからない「出会い」に期待するよりは、結婚相談所の結婚相手紹介サービスの方が確実かもしれませんよ。

結婚相談所の結婚相手紹介サービス利用の心得

「結婚相談所の結婚相手紹介サービス利用の心得」なんていうタイトルですが、まあ、そう構えないでください。「結婚相談所の結婚相手紹介サービスを利用すれば必ず結婚できる」と思っている人もいるようなので……(笑)

結婚相談所の結婚相手紹介サービスは、「結婚したいけど理想の相手になかなか巡り合えない」という人同士を引き合わせるためのものですが、結婚相談所の結婚相手紹介サービスを利用する前に、「結婚」とはどういうものであるか、多少の予備知識はあった方がいいでしょう。

結婚は「ゴールイン」などとも呼ばれ、ドラマや小説、マンガなどでも「結婚=ハッピーエンド」として描かれることも多いので、結婚に対してあらぬ幻想を抱いている方もおられるかもしれません。たしかに結婚は大きな喜びをもたらしてくれる側面もありますが、多くの場合は、決して生易しいものではありません。

あなたはどんな時でも、どんな状況でも、相手を変わらず愛することができますか? また、相手の方もそれが可能だろうか――結婚相談所の結婚相手紹介サービスを利用する際は、リアルな目で結婚や相手をとらえて物事を考えたいものです。

結婚情報サービスサイト

結婚情報サービスサイトとは、結婚したい男女の個人情報を発信し、出会いをプロデュースしてくれるサイトです。

結婚情報サービスサイトは、基本的には出会いを作ることに重点を置いているので、結婚させることを目的とした結婚相談所とは、若干サービス内容が異なります。結婚情報サービスサイトを利用する際は、このへんを考慮すると良いでしょう。

結婚情報サービスサイト利用の際は、最初に触れたように、個人情報を登録する必要があります。結婚情報サービスサイトによっては、個人情報の漏洩によって、様々な弊害が出る可能性もありますので、信用できる結婚情報サービスサイトを探すことが肝心です。

結婚情報サービスサイトの利用

結婚情報サービスサイトを利用する際は、一般的に、まずは会員登録をする必要があります。

結婚情報サービスサイトに登録すると、その後、カウンセリング、出会いという流れになり、その中で恋愛および交際、婚約、結婚という段階を経てゆきます。

結婚情報サービスサイトのサービス内容としては、「パートナー紹介」「パーティーおよびイベント」「情報誌」といったものが一般的のようです。出会いがなかなかない方は、結婚情報サービスサイトに登録して、パーティーなどに参加してみても良いでしょう。

ただし――結婚情報サービスサイトに登録したからといっても、恋愛をするのはあなた自身。いつまでも受身のままでは結婚にこぎつけないということをお忘れなく。

医師・エリートと結婚するには

医師・エリートとの結婚は、結婚願望があり、かつ意中の人がいない女性なら、一度は考えたことがあるのではないでしょうか?

結婚と恋愛は、当然ですが、違います。男女の交際がオープンな現代では、「恋愛と結婚は別」と割り切る女性も決して少なくありません。特に結婚の場合は、結婚後の生活も考慮しなくてはなりませんし、子供をもうけることを考えると、経済的なことは決して無視できません。そこで「医師やエリートと結婚したい」という発想が出てくるのも自然なことといえます。

医師やエリートは、決して多くはありません。だから、多くの女性にとっては、結婚どころか出会うことすら簡単なことではないでしょう。どうしても結婚相手を「医師やエリート」に限定したいのであれば、結婚情報サービスを利用するのが早道かもしれませんね。

医師・エリートとの結婚

結婚には経済的な問題が常につきまとうものです。意中の人がいるならともかく、単に「だれかいい人いないかな〜」なんて思っている人は、どうせなら収入の多い人と結婚したいですよね。だから、医師・エリートとの結婚を希望する女性が多いのもうなずけます。

結婚情報サービスサイト登録の際は、一般的に「どんな男性がいいか」ということで、相手に希望する年齢や身長から、学歴・年収などを聞かれます。相手をこのように数値化して求めるのであれば、やはり高学歴・高収入――医師やエリートといった人に人気が集中するのも当然でしょう。「好きになった人が貧乏だった」というのはよくありますが、わざわざ貧乏な人にターゲットを絞って選ぶ人なんていませんからね。

とはいえ――結婚で一番大切なのは、やはり相性。医師やエリートということにこだわりすぎると、収入は良くても相性の悪い相手を選んでしまうことも。「医師・エリート限定」と頑張るのもほどほどに。

結婚パーティーで新たな出会いを

「結婚パーティー」と言う場合、披露宴の後の二次会を指すことが多いようです。

結婚パーティーの主役は、もちろん新郎・新婦ですが、実はこの結婚パーティー、招待された人たちの新たな出会いの場になることも少なくありません。

結婚パーティーは、結婚式や結婚披露宴と比べると、ぐっと砕けた感じですし、参加者は新郎・新婦の親しい友人たちが中心であり、当然似たような年齢層の人たちが多くなります。だから、たとえば新郎の男性の友人と、新婦の女性の友人がそこで知り合うこともあるわけです。中には、この「出会い」自体を期待して参加する人たちも……。

結婚パーティーは、出会いを求めている人には、結構侮れないもののようですね。

結婚パーティーでの服装

「結婚パーティー」は、多くの場合、披露宴の後の二次会のことを指すようです。

結婚パーティーは、形式ばった結婚式や披露宴に比べると、ぐっと気楽な集いです。しかし、いくら砕けているとはいっても、やはり結婚のセレモニーの一部ですから、マナーというものが存在します。

結婚パーティーで特に気をつけたいのは、やはり服装。結婚パーティーの主役はあくまでも新郎・新婦ですから、くれぐれも彼らより目立つような服装は避けたいものです。ここはあまり派手にならないスーツやワンピースが無難でしょう。

結婚パーティーでは、招待状に「平服でお越しください」との注意書きがある場合もありますが、この場合は特に要注意! この「平服」とは「略礼装」といって、女性の場合はワンピースやスーツのことを指します。決してその辺に遊びに行く時のようなカジュアルな服装でいいという意味ではありませんので、気をつけましょう。

お見合い結婚

「お見合い結婚」と言うと、恋愛結婚が優勢の現代では、何かと古臭いイメージが付きまとい、特に若い人には敬遠されがちです。

現在では、たしかに昔ながらの「知人やおばちゃんの紹介」といったかたちのお見合いは少なくなりました。しかし、「結婚相談所」のような、別の形態での「お見合い」は健在です――こう言えば、実はお見合い結婚自体は、さほど廃れているわけでもないというのがお分かりいただけるのではないでしょうか?

お見合い結婚とは、何も好きでもない相手と無理やり結婚するということではありません。お見合いとは、あくまでも出会いであり、きっかけであり、その後じっくり付き合ってから結婚を決めることも可能なのです。特に出会いがなかなかないとお嘆きの方は、お見合いを見直してみてはいかがですか?

お見合いの断り方

お見合いの難しい点として、「相手が気に入らなかった場合、紹介してくれた人の顔を潰すようで断りづらい」ということがあるかと思います。特に会社の上司などからの紹介の場合は、自分の会社での立場などを考えると、大変断りづらいもの。

結婚はそもそも、一生に一度あるかないかの、いわば人生の分岐点。お見合いの話が断りづらいとはいえ、人の顔を立てるための意図しない結婚は、自分も相手も不幸にしてしまうことにもなりかねません。

お見合いの断り方は、ケースバイケースですが、基本的には、

(1)お話を持ってきてくれた相手と、お見合いの相手を立てつつ

(2)しかし結婚の意志がないことははっきりと伝える

といったことが重要です。

お見合いの上手な断り方としては、このサイトが参考になるかと思います。

結婚のお見合いマナー辞典「事例別の断り方」
http://tantei.web.infoseek.co.jp/miai/kotowari.html

くれぐれも流されて結婚することだけは避けたいものですね。

できちゃった結婚

「できちゃった結婚」という言葉も、近年よく聞くようになりましたね。「できちゃった結婚」の意味をご存知ない方はあまりおられないかとは思いますが、念のため説明すると――「結婚前の交際で子供が『できちゃった』という理由でする結婚」という意味です。

妊娠中絶は、たしかに女性にとってはリスクの大きい行為です。できれば中絶なんてしない方がいい。しかし、元々結婚するつもりで交際していたのならともかく、単に「できちゃったから結婚しよう」というのも考えもの。特に女性の場合は、将来に対する不安から、ついつい結婚の方向に流されてしまいがちですが、結婚の意思や将来の計画もあまりないままする「できちゃった結婚」は、自分にとっても相手にとっても不幸な結果をもたらすことにもなりかねません。

未婚の男女の交際は、二人で子供をつくって育ててゆくことを考えていないなら、最初から子供ができないよう、避妊だけはしっかり行いたいものですね。

「できちゃった結婚」の末路

「できちゃった結婚」も珍しいことではなくなった現代――わたしの友人にも「できちゃった結婚」をした人がいます。彼らの場合は、結婚は考えていなかったものの、幸い二人とも大の子供好きで、経済力も人並み以上にあったので、さっさと一軒家を建てて(!)籍も入れ、今では親子3人で幸せに暮らし、子供の写真の年賀状なんかを送ってきたりします。

しかし、多くの場合は、このようにうまくいくことは非常に稀ではないでしょうか。

近年は、子供に対する虐待のニュースが絶えることがありません。普通に結婚・出産しても家庭が崩壊することも珍しくないのに、まして元々将来の設計もロクにないのに、「できちゃった」からといって結婚した夫婦が、結婚前のような愛情をお互いに対して持ち続けることができるかどうかは、甚だ疑問です。そして実際、その結婚生活が長く続かないことも少なくありませんし、こうした不幸な結婚は、当の夫婦だけでなく、子供の心を傷つけることにもなります。

「できちゃった結婚」のすべてのケースが破綻するわけではもちろんありませんが、やはり結婚は遊びではありませんから、「成り行き」というのは避けたいもの。結婚する気がないのなら、せめて避妊は失敗のないようにして、「できちゃった結婚」は避けたいものですね。

結婚相談所の利用――バツイチの場合

結婚相談所を利用する人は、結婚経験のない人だけとは限りません。昔と違い、割合気軽に結婚・離婚を繰り返すことができる現代の風潮の中では、当然離婚経験のある人の多くが再婚を考えています。

離婚経験のある人の中で、離婚の回数が1回である人のことを特に「バツイチ」と言います。昔は男性はともかく、女性の「バツイチ」は、結婚相手としては敬遠されがちでしたが、今では「バツイチでも構わない」という男性も多くなったようです。これなら、バツイチの女性も結婚相談所を気軽に利用することができますね。

バツイチの人が結婚相談所を利用する際、ネックになるのは、やはり「連れ子」の有無。連れ子がいる人のことを悪く言う言葉に「コブ付き」なんてものもあるくらい、「連れ子」を敬遠する人が多いのもまた事実なのです。実際、再婚相手がこの「連れ子」のことを可愛がってくれなかったことによる悲劇も後を絶ちません。

バツイチで連れ子がいる人が結婚相談所を利用する際は、自分と相手との相性だけではなく、相手が自分の子を可愛がってくれる人かどうかもしっかり見極めたいものですね。

「バツイチ」の結婚相談所利用

「バツイチ」、特に女性の場合は、少し前までは一般的には「世間体の悪いもの」でしたが、現在では「成田離婚」という言葉が示すように、誰もが気軽に離婚できるような風潮が広まり、バツイチの女性にとっても「再チャレンジ」しやすい世の中になりました。

バツイチの場合、パートナーとの死別と違い、一度は結婚に失敗しているわけですから、どうせなら再婚の際は、前の結婚の失敗を活かしたいものですね。

「再婚したいけれどなかなか出会いがない」という場合、結婚相談所の利用もありかと思います。

「結婚相談所」と言うと、何やら暗いイメージがあるかもしれませんが、これは何のことはない、有名な「オーネット」「ツヴァイ」「サンマリエ」といったサービスのことです。こういったサービスを利用するバツイチの人も多いですし、「バツイチでもいい」という人も少なくありませんから、「バツイチだから」と気後れすることなく、積極的に結婚相談所を利用してみましょう。

子連れの人の結婚相談所利用

結婚相談所を利用する人の中には、当然初婚でない人もいます。

離婚経験やパートナーとの死別の経験のある人でも、一人身であれば、結婚相談所を通じて出会った人と、それなりに自由な恋愛・結婚を楽しむことができるでしょうが、「子連れ」の場合は、かなり条件が厳しくなってくることは、何もわたしがここで言わなくても、結婚相談所を利用する当人がよくわかっていることでしょう。

「子連れ」の場合は、自分と相手の相性だけではなく、子供と相手との相性も考慮しなくてはなりません。自分の子供を育てるのも大変なのに、まして自分と血のつながりのない子を我が子同様に愛することができるか――これがなかなか難しいために、子連れの結婚が不幸な結末になることも少なくないのです。

子連れの人が結婚相談所を利用する際は、こうしたことを考慮して慎重に相手を決めたいものですね。

子連れの人の結婚相談所利用2

結婚相談のビジネスもその業績を伸ばしている昨今では、再婚専門の結婚相談所なるものも存在します。そこでは当然、子連れの人の結婚相談も受けています。

子連れの場合は、そうでない場合と比べて、相手の選択肢がぐっと少なくなるのが常というもの。だから、結婚相談所を介しても、なかなか相手が決まらないこともあるかもしれません。

とはいえ、子連れの人を、親子ともども暖かく迎えてくれる人は、本当に心の優しい人に違いありません。そういう人とでなければ結婚できないという条件は、逆に言うと、人間の本質を見極めることができるという意味で、子供がいない場合よりも恵まれているかもしれませんね。

子連れの人が結婚相談所を利用する場合は、決してあせらず、自分のためにも子供のためにも、慎重に相手を選びましょう。

再婚専門の結婚相談所

結婚相談所はいくつもありますが、やはり人々のニーズに応えてこそ、そのビジネスが成立するというもの。死別はともかく、離婚経験のある人が少なくない現代では、当然再婚に適した結婚相談サービスも必要とされています。そこで、「再婚専門の結婚相談所」なるものも登場しました。

再婚専門の結婚相談所は、再婚を考えている人および、再婚に対して理解のある初婚の人を対象としています。そのため、普通の結婚相談所よりも、相手が見つけやすいと言えます。

再婚は、特に子供がいる場合は、一般的には、初婚と比べると、なかなか理想の相手に巡りあうのが難しいもの。スムーズに再婚したいとお考えの方は、こうした結婚相談所を利用してみるのもいいのではないでしょうか。

再婚専門の結婚相談所とは?

再婚専門の結婚相談所というものが、巷には存在します。これは文字通り、再婚を考えている人たちのために特化した結婚相談サービスを提供するところです。

再婚専門の結婚相談所の良い点は、何といっても会員が再婚に対して関心・理解を持っている点。普通の結婚相談所では、「再婚の人はイヤ」と言う人も少なくありませんが、再婚専門の結婚相談所では、最初から再婚を前提として出会いやお付き合いが始まるので、その点は気楽です。

再婚したいけど、なかなか相手が見つけづらい人、特に自分の子供に新しいお父さんやお母さんが必要だと考えている方などは、こうした再婚専門の結婚相談所を利用してみてはいかかですか?

 
メニュー
結婚式場選び
結婚式場選びのポイント
結婚式のスピーチ
結婚式のスピーチの注意点
結婚式の招待状
結婚式の招待状が届いたら
結婚式のマナー
結婚式のマナー(ファッション編)
結婚祝いの贈り物の注意点
結婚祝いの贈り物を選ぶポイント
国際結婚とは
国際結婚における問題
結婚衣装の準備
結婚生活の準備
結婚と人間関係
結婚式と人間関係
年賀状での結婚の報告
年賀状で結婚の報告をする際の配慮
結婚式のBGM
結婚式のBGM選び
結婚式の挨拶の構成
結婚式の挨拶
結婚記念日とは
結婚記念日のプレゼント
結婚式の電報
電報は贈りたいけれども
結婚式のアドバイス
結婚式ってあげるべき?
結婚祝いの贈物
結婚祝いの贈物あれこれ
結婚式の二次会の服装
結婚式の二次会はよく確認して
結婚式の余興
結婚式の最高の余興
結婚式の歌
みんなで歌おう、結婚式
結婚相談所の結婚相手紹介サービス
結婚相談所の結婚相手紹介サービス利用の心得
結婚情報サービスサイト
結婚情報サービスサイトの利用
医師・エリートと結婚するには
医師・エリートとの結婚
結婚パーティーで新たな出会いを
結婚パーティーでの服装
お見合い結婚
お見合いの断り方
できちゃった結婚
「できちゃった結婚」の末路
結婚相談所の利用――バツイチの場合
「バツイチ」の結婚相談所利用
子連れの人の結婚相談所利用
子連れの人の結婚相談所利用2
再婚専門の結婚相談所
再婚専門の結婚相談所とは?