様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 求人

スポンサード リンク

ハローワークに行こう!

求人・求職といえば、何を使って人探し・仕事探しをするかというのが第一ステップですね。そこでハローワークという存在が浮かんできます。その昔「職安」と呼ばれたあなたもずいぶんライトな響きになりましたね。。。親しみやすくなった(?)ハローワーク、その活用度はいかほどなんでしょう。

ハローワークは地域ごとにあって。例えば北海道なら札幌に「ハローワークプラザ札幌」。どうでもいいけど、プラザと殆ど全部についている・・・・知らなかった。昔、職安だったくせに(え?

都道府県に一箇所以上ありそうな気配・・・・あおもり? やまがた? さいたま? ひらがなが多いぞ?

なんとなく、うれしい(←ひらがな支持者)

75ヶ所のハローワークのうち、12ヶ所は地域名がひらがなでした。ひらがなって、なんか親しみやすい。職安だったのに。そんな名称に気を遣うようになったあたり、ハローワークは、求職者が足を運びやすい雰囲気を心がけているのかも。今度いってみようかな^^ 

・・・どうせなら、ひらがなのハローワークに♪

ハローワークといえども

求人・求職の公の機関であるハローワーク。地域ごとに求人情報が収集されているので、自分の済んでる街で仕事見つけるなら、手っ取り早くていいかも。しかも公の機関ということで、何となく信用できるし。

しかし、ハローワークといえども、過信は禁物。年配の知人がハローワークで紹介されたところに応募したら、「介護の資格をもってますか?」と訊かれ。ただのハウスキーパーの仕事としか内容はなってないのになぜ?と話をよくよくきいたら、家には寝たきりの病人がいると。その知人は、最初からハローワークが確認しておいて説明するべきだった、と憤慨しておりました。まあ、求人したその方が、ハローワークに説明したくなかったのでしょうね。

ハローワークに限らずだけど。仕事内容は、自分の目で確認する必要がありますね。

面接のコツ

求人・求職活動において、面接なくして決まるものはありません。そこで、面接のコツというのが誰でも知りたいわけですが、ネットや雑誌などたくさん見かけます。これこそ「面接のコツ・決定版!」などというのも見かけますが、それは謳い文句であって、どの記事もそれぞれに正しいと思います。しかしその中でも「笑顔で」って、本人が思っている以上に面接のコツとして重要と思います。

わたしはとある派遣の仕事(マネージャークラス)に就く時、わたしの下で働く女性たちを面接したことがあるのです。いつもは面接されるわたしが、面接する側なんて! 

そこで感じたことは、経歴・職歴が同じなら、緊張しすぎてない人の方、すなわち笑顔の人の方が確実に好印象だということでした。面接だもの、緊張してるのはわかるけど。でも、あまりにも緊張している人をみると、自分が仕事を一緒にする時、ものも頼めない・間違っている時注意もできないかもって思ってしまうのですね。

面接のコツは、いつも面接される側で練習するのではなく。たまには友人と面接ごっこをして。面接する側を経験してみると、見えてくることがあると思いますよ。

面接時間厳守!

面接は求人・求職活動の最大の山場といえます。面接のコツとして、服装や話す内容も重要ですが、面接時間に遅れない、時間厳守というのも大変重要です。しかしこれを重要に思うあまりか、かえって心証が悪くなったという話をきいたことがあります。

それは人事担当しているわたしの知人から。「面接時間に遅れそうです」との連絡が面接予定者から入ったと。時間厳守といえども、アクシデントはあるものですから。遅れそうな時に連絡をいれる、これは○ですね。しかし、「今タクシーに乗ってます」と言ったそうなのですね。これは田舎ならともかく東京のような場所では、車より電車の方が確実に早く着きます。それにタクシーはお金も電車より数倍かかります。それはもちろん自己負担ではありますけども、その人をこの先雇って、仕事で遅れるからとむやみにタクシー使われて、経費精算されては困りますよね。

面接時間は厳守です。でももし遅れそうになったら、その状況下で素直に連絡してくるか、何を使えば一番早く着けるか判断できるか、そういったことをすでに「面接」されているのです。面接のコツは、顔を会わす前から、最低でも面接日の朝から始まっている、ということですね。

どの業界でも求められる人材

どの業界でも求められる人材─それはみんな知りたいこと。でも、その求められる人材を知ったところで、自分がそうなれるかは別問題ではあるんだけど、って。そんな現実はひとまずおいといて。

新卒で雇うのと中途採用するのとではニーズが違うから、当然後者は、即戦力として使える人が求められる人材。前者は可能性が期待できるのが、求められる人材といえますが。

友人の会社でデザイナーを中途採用する時の面接で。面接を受けにきたその人は、帽子をかぶったままだったそうです。

腕はいいかもしれん。。。しかし、帽子は脱がないか? いや、この帽子はファッションか? きいたら失礼か? ・・・・どうしよう。友人たちは悩んで、「頼んだこと、素直にやってくれるかな」って思ったそうです。

腕があっても、可能性があっても、まずはコミュニケーション。コミュニケーションがとりにくくない人ってのが、どの業界でも求められる人材のようですね。

求められる人材〜社風になじむか?

どの業界でも求められる人材とはと考えた時、学歴はどうなんだろうって思いませんか?高卒よりも大卒、大卒よりも院卒が有利とか。しかしこれはまるっきり無視はされてはいないものの、さほど重視もされていないようですね。

人事担当の友人が、上司が不在の時にある方と面接をしたのですが。上司の人事部長が戻ってきて友人にききました。「どんな人だった?」 

友人は答えました。「頭の良さそうな人でしたよ」面接を受けにきた人は、W大の理工学部の院卒だったのです。

・・・・おい。それって履歴書みればわかることやん。人事部長はこういったそうです。

「頭がいいのはどうでもいい。わが社になじみそうな人かどうかが重要なんだ」

どの業界でも求められる人材─それは「わが社の社風になじみそうな人」というのが、本当の答えのようですね。でもそれって、受ける側からすればどんな人?って、よくわからない話なんだけども。

人気の職種

人気の職種、それは求人・求職雑誌やHPをみるとたいてい特集されていますよね。それは、見た目華やかなマスコミ関係とか、あるいは安定第一の公務員があったりとかしてますが。わたしから見れば、いちおう目を通すだけの存在だったりします。

だって人気の職種といわれても。できることとできないことってあるし(現実的)地道が一番ですよ、ええ。とか言ってみたり。

仕事って、一日の大半を過ごすものだから。人気の職種もいいけど、分相応も大事です。

もちろん、その人気の職種がまさに自分にピッタリだったならば。それは充実した人生を送れることになりそうですけどもね^^

人気の職種の反対は?

人気の職種があるということは。当然不人気の職種もあると思いますが。。。それは特集されているのは見たことないかも。

想像できるのは、いわゆる3K職場でしょうか。きつい・汚い・危険の3Kですね。今はIT業界が、きつい・給料が安い・帰れないの3Kといわれてもいるようです。おや? ITって、人気の職種にもありそう?

人気の職種だからといって、楽なものとは限らないんですね。っつか、仕事って遊びではないから。何かしらつらいこと、きついことってあると思います。そのきつい思いとやりがいと、それがいつも天秤にかかっているんでしょうね、仕事って。

 
メニュー
ハローワークに行こう!
ハローワークといえども
面接のコツ
面接時間厳守!
どの業界でも求められる人材
求められる人材〜社風になじむか?
人気の職種
人気の職種の反対は?