様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > ボウリング

スポンサード リンク

ボウリングの歴史

ボウリング(bowling)は、今や日本では大変メジャーなスポーツ。ボウリング場はだいたいどこにでもあるので、ボウリングを知らない人はいないでしょう。

ボウリングはご存知の通り、正三角形に並べた10本のピンにボールを投げて倒すスポーツ。ボウリングの歴史自体は結構古く、古代エジプトの頃にまで遡るようです。とはいえ、現代のかたちになったのは、ここ数百年の間のことで、日本にボウリングが入ってきたのが19世紀。

ボウリングは日本では、1970年前後に大流行しました。スコアの計算が機械化されたのもこの頃からです。その後73年の石油危機の影響で、ボウリング人気はいったん収束しますが、70年代終わりにはボウリングの人気が復活、現代に至っています。

ボウリングは決して派手なスポーツではありませんが、初心者でも普段着のまま手軽にトライできるところが、息の長い人気の秘訣のようです。

ボウリングを楽しもう

ボウリングは、日本人には今や馴染みのスポーツ。一時期ほどの爆発的流行はないものの、ボウリング場の数も多く、普段着のまま道具も持たずに行って楽しめるということもあり、その人気は今も健在です。

ボウリングは初心者でもカンタンに楽しめるとはいえ、スコアを競うものですから、何回かボウリングを経験して慣れてくると、「もっと上手くなりたい」と思うようになるのが人間というもの。

ボウリングは、他のスポーツ同様、上達するためにはコツがあります。もちろん練習や経験も大切ですが、こうしたコツを知っているのと知らないのとでは、ボウリングの上達のスピードも全然違ってきます。速やかなボウリングの上達のためには、誰かのアドバイスを受けたり、専門書や専門サイトなどを参考にするといいでしょう。

ボウリング場選び

ボウリング場とは、名前通り、ボウリングを楽しむための場所です。

ボウリング場の良いところは、やはりシューズやボールといった、ボウリングに必要なものを貸し出してくれる点でしょう。だから思い立ったら普段着のままボウリング場に行けば、そのままボウリングを楽しむことができます……と、ここまでは、どこのボウリング場でも行っているサービス。

ボウリング場によっては、他のボウリング場と違うサービスを提供しているところがあります。

おもしろい例としては、「盛り上げグッズの貸し出し」なんてのがありますね。これはグループでワイワイ楽しみたい人のためのサービスで、マラカスやタンバリンを貸し出すもの。こうしたアイテムがあれば、ストライクを出した時に声援がより一層盛り上がること間違いなしです。

また、ボウリング場によっては、初心者や子供のための「ガター」が出ない作りのレーンを用意しています。

ボウリング場を選ぶ際は、このようなサービス内容を吟味してみるのもいいでしょう。

ボウリング場に行こう!

ボウリング場の魅力は、ボウリングを楽しむために必要なすべての道具や設備が整っているため、身一つで行けば良い点。

ボウリング場では、シューズやボウルの貸し出しはもちろん、ピンを並べることから倒したピンの回収、果てはスコアの計算、ゲームの進行まですべて自動。ボウリングのルールを知らない人でも、ボウリング場に行きさえすればボウリングを楽しむことができます。

こう書くと、ボウリング場に行ったことのない方などは、「ボウリング場では至れり尽くせりで、プレイヤーが受身になってしまって面白くないのでは」と思われるかもしれません。しかし、いくら設備が充実していても、スコアを出すのはプレイヤー本人なのですから、そこにはテクニックを競うという、スポーツ本来の楽しさがちゃんと存在しているのです。ボウリング場はそのサポートをしているにすぎません。

とはいえ、ボウリング場に通う回数が増えてくると、「マイシューズ」や「マイボウル」が欲しくなるもの。ボウリング場では、「常連さん(会員)」のためにこうしたものを保管するためのロッカーを用意していることがほとんどなので、「マイシューズ」や「マイボウル」を用意した方は、ロッカーを借りるとやはり手ぶらでボウリング場に行けるようになります。

ボウリングのボールの投げ方のコツ

ボウリングは、文字通りボールを投げる球技。投げたボールでいかに10本のピンを倒すかを競うものです。よって、ボウリングで最も重要なことは、ボールの投げ方ということになります。

ボウリングのボールの投げ方には、当然のごとくコツがあります。この投げ方によって、ピンがどのように倒れるかが決まりますから。

ボウリングでのボールの投げ方の基本は、ボールを振り子のように振ること。狙うほうに向かってゆっくり大きくボールを振ります。

ボウリングのボールの投げ方で重要なのは、腕の振りだけではありません。そのときの足の動きも大切です。助走は真っ直ぐに、4歩前後を目安にするといいでしょう。全身のバランスを考えながら、自分の体でボールの投げ方を覚えていきましょう。

ボウリングのボールの投げ方を学ぼう

ボウリングはボールの投げ方ですべてが決まるといっても過言ではありません。よって、ボウリングの上達を望むなら、ボールの投げ方を究める必要があります。

ボウリングのボールの投げ方は、一言で言ってしまえば「ピンを思い通りに倒せればそれでいい」ということになります。しかし、初心者などはよく経験することですが、単にボールを投げればピンが倒れてくれるものでもありません。レーンの脇の溝にボールを入れてしまったり(ガター)、ガターにならずともすべてのピンを倒すことができなかったりと、ボールをうまくコントロールするのは想像以上に難しいものです。

ボウリングでのボールの投げ方には、やはりコツというものがあります。ボウリング場に行くと非常に上手い人を見かけますが、そんなときは失礼ながらも、それとなくその人の投げ方を観察してみましょう。きっとあなたとはフォームがかなり違うはずですし、その投げ方を参考にすることは、あなたのボウリングの上達を助けてくれることでしょう。

ボウリングのボール選び

ボウリングにおいては、当然ボールを扱うテクニックが重視されますが、道具選びも軽視できません。

ボウリング用品の中でも重要なのが、ボール。ボウリング用のボールは、他の球技のボールとはかなり構造が違います。野球やサッカー、バスケットボールなどの球技で使うボールは革やゴムなどの柔らかい素材で作られ、弾力がありバウンドするようになっていますが、ボウリングのボールはこうしたものと比べると大変硬くて重く、「投げる」とは言いながらも、実際には転がして使います。

ボウリングのボールは、初心者なら、まずは「ハウスボール」という、ボウリング場が貸し出しているボールを使うことになるでしょう。このボールには大体6ポンド〜15ポンドまでの重さがあるので、その中から自分に合ったものを選ぶことになります。

ボールの選び方のおおよその目安としては、

・重さは自分の体重の約1/10が目安(1ポンド=約0.45kgで計算)

・中指と薬指は少しきつめで、親指は少しゆるめ

・3本の指を穴に入れたとき、手のひらがほとんどぴったり付く

といったことが挙げられます。もっとも、上記の3点の条件がすべてそろうのは難しいので、まずはこの中から自分にとって一番重要な条件を決め、それを満たすボールを選ぶようにするといいでしょう。

ボウリング用のボールを買う

ボウリング場に行けばボールを貸し出してもらえますので、そのボールを使ってボウリングを楽しむのが普通でしょう。しかし、ボウリングにだんだん慣れてくると、ボウリング場のボール(ハウスボールといいます)では物足りなくなってくるはずです。そのように感じるようになったなら、自分専用のボールを購入してしまいましょう。

ボールを自分で買う利点としては、

・指穴の大きさや位置が自分にピッタリ

・重さも自分にふさわしいものが選べる

といったところでしょうか。ハウスボールの中から「重さ・指穴の位置・指穴の大きさ」の3点がそろったものを探すのは大変ですが、マイボールなら、この点は完璧です。

ボールを売っている店は多いですが、特に初めてマイボールを購入する際は、ボウリング場のボウリングショップ(プロショップ)で相談することをオススメします。

ボウリング場のプロショップを利用しよう

ボウリングを本格的に始めようと思ったら、やはりボウリング場で貸し出しているボールやシューズではなく、自分専用のものが欲しくなります。こうした自分専用の用具は、正しく選べばボウリングがぐっとやりやすくなること請け合いです。

ボウリングの用具を選ぶなら、やはり専門のショップ。ボウリング用品はネットショップでも購入できますが、初心者の場合は、ボウリング場にあるプロショップで、店員さんに相談・質問しながら自分に合ったものを買うことをオススメします。

こうしたプロショップでは、特にボールの指穴の開け方に関しては、的確なアドバイスをしてくれることでしょう。自分に合わない用具を選ぶと、プレーの腕が上がらないだけでなく、事故につながることすらあります。よって、特に用具のことがわからない人の場合は、経験の豊かなスタッフがいる、ボウリング場のプロショップを利用するのが望ましいと言えるでしょう。

ボウリングショップ選び

ボウリング用品は、基本的にはボウリング場で貸し出していますが、本格的にボウリングを始めるなら、やはり自分専用の用具を買う必要が出てきます。

ボウリング用品を扱っているショップは全国にあります。しかし、初心者の場合は、自分に合った用具を自力で選ぶことはほぼムリでしょうから、まずはボウリング場のプロショップで、経験豊かなスタッフのアドバイスを聞きながら、ボールやシューズなどを選ぶといいでしょう。こうしたアドバイスによって選ばれた用具は、プレーの腕が上がるだけでなく、合わない用具の使用によるケガをも防いでくれます。

ある程度自分で用具を選ぶことができるようになった人は、ネットショップを利用するのも手です。ネットショップ利用の利点は、自分が望むデザインのものを、納得いくまで探すことができることと、遠方のショップでも買い物ができること。メールや電話などの問い合わせにも応じてくれますから、自分の目に自信がある方は、こうしたショップを利用してもいいでしょう。

ボウリングのプロテスト

ボウリングは、究めれば究めるほど、奥の深さが実感できるスポーツ。それゆえ、ボウリングの経験を重ねてボウリングの楽しさや素晴らしさに目覚めた人の中から「プロになりたい」と思う人が出てくるのも当然と言えます。

日本では、ボウリング場は多いものの、サッカーや野球などと比べると、それほど派手なスポーツというわけでもありませんから、どうしたらプロのボウリング選手(プロボウラー)になれるのか、意外と知られていません。

プロボウリング選手になるには、プロテストを受ける必要があります。

まずは受験資格を満たした上で、プロテストの申請書を「(社)日本プロボウリング協会資格審査委員会」に送付し、その後プロテストを受けます。

ボウリングのプロテスト合格の基準は、

●1次テスト

・男子1日15ゲーム、計60ゲームで200アベレージ以上

・女子1日12ゲーム、計48ゲームで190アベレージ以上

(ただし、男子は2日目までの30ゲームで190アベレージ・女子は2日目までの24ゲームで180アベレージに満たない者は、それ以降の受験資格を失う)

●2次テスト

・男子1日15ゲーム、計60ゲームで200アベレージ以上

・女子1日12ゲーム、計48ゲームで190アベレージ以上

●3次テスト

研修会・面接・身体検査、そして筆記テストが実施され、これらをクリアした人にボウリングのプロライセンスが交付されます。

ボウリングのプロになるには

ボウリングの世界でも、プロは存在します。プロボウリング選手(プロボウラー)になるには、「(社)日本プロボウリング協会資格審査委員会」が実施するプロテストに合格しなくてはなりません。

ボウリングのプロテストは、2006年からかなり受験資格が厳しくなりました。具体的には、

・満16歳以上の男女

・前年度、30ゲーム以上で、男子190アベレージ・女子180アベレージ以上を有すると認められた者

・加えて、在籍5年以上のプロボウラー2名の推薦が必要

上記の条件をすべて満たさないと、プロテストすら受けられません。

プロテストの受験資格を得ても、試験は3次試験まであり、2次までが実技。実技では男女とも1日10ゲーム以上(男性15ゲーム、女性12ゲーム)をこなし、かつ優秀なスコアを出すだけの強靭な体力が求められます。

そして3次試験は研修・面接・身体検査・筆記。

プロボウリング選手になりたい方は、以上のことを念頭に、まずは受験資格を得られるだけの体力と技術を身につける必要があります。

ボウリング用品を買おう

ボウリングは初心者だったり、単にレジャーとして楽しむなら、ボウリング用品はすべてボウリング場が貸し出してくれるので、特にボウリング用品にこだわる必要はないでしょう(あえて言うなら、ボールの選び方くらい)。しかし、本格的にボウリングを始めるなら、やはり自分専用のボウリング用品が欲しくなるところです。

ボールやシューズなど、自分専用のボウリング用品は、自分の体にフィットしているため、自ずとボウリングの腕も上がります。

ボウリング用品は、やはり専門店で買うのが一番。特にボウリング場に併設されている「プロショップ」では、ボウリング用品を買うにあたって、親切で適切なアドバイスをしてくれます。特に初めてボウリング用品を買うという方には、このプロショップはオススメです。

ボウリング用品の選び方

ボウリングがある程度上達し、かつ頻繁にボウリング場に行くようなら、自分専用のボウリング用品を購入するといいでしょう。

ボウリング用品として必須なのは、まずボールとシューズ。どちらもボウリング場が貸し出すものの中から自分にフィットするものを見つけるよりは、自分専用のものをあらかじめ持っていたほうが、毎回違うものを使うよりもよほどラクです。それにシューズに至っては、人が使ったものを使うことを考えたら、よほど衛生的です。

ボウリング用品は、ボウリング場に併設されているプロショップ以外にも、ネットショップなどで購入することができます。初心者にはボウリング場のプロショップがオススメですが、ボウリング用品に対する目がある程度養われてきたら、ネットショップなどで手軽に買い物するのもいいでしょう。ボールとシューズ以外にもあると便利なボウリング用品がいくつもありますので、こうしたボウリング用品を開拓するのも楽しいものです。

ボウリングシューズ

ボウリングをする上で重要なものの一つに、シューズがあります。

ボウリングというと、とかくボールだけに目が行きがちですが、ボールは手だけで投げるものではありません。ボールを投げるためには下半身、特に足の動きはとても大切。よって、足にフィットしたシューズを選ぶことが、ボウリングの上達を助けてくれることになるのです。

また、ボウリング場でレンタルしているシューズ(ハウスシューズ)は、1回300円前後。安いシューズなら、10回分のレンタル料で買えてしまいます。

以上のことに加え、衛生面から見ても、シューズは買ったほうが何かとお得だということがおわかりいただけるでしょう。

ボウリングシューズは、ボウリング場のプロショップでカンタンに手に入ります。まずは自分の足にフィットした、数千円程度のシューズから始めてみませんか。

ボウリングシューズいろいろ

ボウリングシューズは、名前通り、ボウリングを快適に楽しむための専用シューズ。ボウリングは自分に合ったボールを選ぶことも大切ですが、下半身の安定もそれに劣らず大切なこと。自分専用のボウリングシューズを適切に選ぶことは、あなたのボウリングの腕前を上げるお手伝いをしてくれることでしょう。

ボウリングシューズはピンキリ。ハウスシューズ(ボウリング場で貸し出しているシューズ)のレンタル料10回分程度のものから数万円するものまであります。

プロショップなどで売られているボウリングシューズは、ハウスシューズと若干構造が違います。具体的には、

ハウスシューズ:両足の底が滑りやすくなっている

マイシューズ:右足の底は滑りにくい素材、左足の底は滑りやすい素材

これは、右投げの場合、ボウリングの投球の際に、最後に右足で蹴って左足でスライドするというところからきています(左投げ用はその反対)。このことを考えても、いかにマイシューズを持つことが重要かがわかるでしょう。

 
メニュー
ボウリングの歴史
ボウリングを楽しもう
ボウリング場選び
ボウリング場に行こう!
ボウリングのボールの投げ方のコツ
ボウリングのボールの投げ方を学ぼう
ボウリングのボール選び
ボウリング用のボールを買う
ボウリング場のプロショップを利用しよう
ボウリングショップ選び
ボウリングのプロテスト
ボウリングのプロになるには
ボウリング用品を買おう
ボウリング用品の選び方
ボウリングシューズ
ボウリングシューズいろいろ