様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 防犯

スポンサード リンク

防犯の方法を知ろう

防犯の方法を知っておくことは、犯罪から身を守るために必要なことです。

空き巣や強盗、放火、ひったくり等に加えて、近年では、ストーカーによる嫌がらせや性犯罪、盗撮も増えてきました。

防犯グッズや防犯用品も、さまざまなものが売られています。

防犯カメラ、赤外線監視カメラ、防犯センサーライトの設置は、多少高額ではありますが、侵入者を防ぐ方法として非常に効果的です。ダミーのカメラなら、かなり安く手に入ります。

手軽なところでは、防犯ブザーやベル、GPSつき携帯電話、ステッカー、窓に貼る防犯フィルム、催涙スプレーなど。子供を対象とした犯罪が増えているので、通学時の子供に防犯ブザーを持たせる親も少なくありません。

また、空き巣の常套手段であるピッキングやサムターン回し等による玄関からの侵入を防ぐための補助錠もありますので、導入を検討してみるとよいでしょう。それでも心配な方は、ホームセキュリティを警備会社のプロに依頼するという方法もあります。

備えあれば憂いなし。防犯の方法を知って、被害の防止に役立ててください。

防犯の方法とは?

防犯の方法には、地域としての対策や、個人としての対策など、さまざまなものがあります。

犯罪が増加している今、警察・交番や地域任せにせず、自主防衛も必要。

近年では、防犯グッズも多種販売されているので、ターゲットになりやすい玄関や窓、バルコニーなどの侵入防止グッズを導入してみるのも一つの方法です。

ピッキングやサムターン回しを防ぐための補助錠(補助鍵・ダブルロックやなど)は、有力な防犯方法の一つですから、どうしてもほしいところです。

さらに、予算が許せば、防犯カメラ、赤外線の監視カメラ、センサーライトなどの設置も効果的です。

また、子供を狙った事件も多発しているので、防犯ブザーやベル、GPSのついた携帯電話などを持たせるのも良いでしょう。

防犯の方法を知り、ホームセキュリティ対策を講じることによって、安全で快適な生活を守りたいものです。

地震対策と防災グッズ

地震・災害などに対する住まいの対策や、防犯対策はしていますか?

特に、近々起こると言われている大地震対策はしておくことをおすすめします。

地震対策グッズ・防災用品の中でも、まず必須なのが家具の転倒・落下防止用品。L字金具や突っ張り棒、耐震粘着マットなど、さまざまなタイプがありますので、特に大型家具は、しっかりと固定しておきましょう。

また、窓ガラスにも、飛散防止フィルムを貼っておくと良いでしょう。

地震が起きてしまった時に役に立つのは非常持出袋(非常持ちだし袋)です。

防災リュックとして、日頃から、ヘルメットや防災ずきん、救急用品、非常食、飲料水、燃料、携帯ラジオ、懐中電灯等などをまとめて入れて準備しておくと、いざというときに便利です。

住宅自体の地震対策としては、「免震構造」を取り入れているマンションもあります。また、大地震が起こると言われている地域に住んでいる方は、地震保険などへの加入を検討してみてもよいかもしれません。

地震対策は、自分の生命を守るために大切なもの。「面倒くさい」などと思わずに、日頃からまめにやっておくのがポイントです。

地震対策と防災用品

地震などの災害は、いつ襲ってくるかわかりません。近年、世界では大地震がいくつも起こりましたが、日本でもいつ起こってもおかしくないと言われています。

住まいの地震対策や防犯対策は、日頃からしっかりやっておきましょう。

地震対策用品・防災グッズの中で、まず準備してただきたいのは、非常持ち出し袋。ここには、飲料水や非常食、懐中電灯、携帯ラジオ、救急用品、ブルーシート、着替え、燃料などを入れておきます。

地震の揺れによる大型家具の転倒を防止するためには、突っ張り棒や、落下・転倒防止金具、耐震マットなどが効果的です。これらも、日頃から設置しておくことをおすすめします。

また、近頃は、地震対策として、免震構造を取り入れている住宅が注目されています。災害や地震に強い住まい作りは、今後も専門家によって研究・提案されていくことでしょう。

大地震は明日くるかもしれません。備えあれば憂いなしということわざを肝に銘じて、地震対策・防災に取り組んでいっていただきたいと思います。

防災用品で災害に備えよう

防災や防犯に対する社会の意識は、年々高まってきています。大地震や津波等で被災した地域の報道を見て、防災対策の必要性を感じられた方も多いのではないでしょうか。

最近は、学校や会社での定期的な避難訓練の実施はもちろん、地域やNPO主体の「災害ボランティア」「自主防災組織」などの動きも活発化しています。

さて、身近な防災対策の第一歩は、防災用品の準備です。もっともメジャーなのは、非常持出袋(非常持ち出し袋)。リュックの中に、飲料水や非常食・懐中電灯・燃料・衣類・救急用品等の生活必需品等を入れ、いざというときにそれを背負って避難します。

災害時の避難経路や、緊急連絡手段についても、家族の中で話し合っておきましょう。

防災対策について

防災に対する取り組みは、地域(市町村)主導で行われていますが、各家庭でもしっかりと行っておく必要があります。

まずは、防災用品・防災グッズの準備。非常持ち出し袋(非常持出袋)は必需品です。また、災害時に一時避難する公園や、避難経路、緊急時の連絡手段についても、家族同士で話し合っておきましょう。

大地震に備えて、大型家具・家電の固定も重要です。また、高い位置にガラス製品や重い物を置かない、寝室に倒れやすいものは置かない、窓ガラスに飛散防止フィルムを貼っておく、重い物の下にすべり止めを挟む等の工夫も、防災の観点からは重要です。

いざというときにうろたえないためにも、防災対策は日頃からきちんと行っておきたいものです。

子供を守る防犯グッズ

子供をターゲットとした事件・性犯罪などが多発している今、通学時・外出時の子供を守るためのさまざまな防犯グッズが人気となっています。

携帯電話とセットになったGPSは、最近注目されている防犯対策の一つです。GPSとは、子供が今どこにいるかの位置情報が手軽に確認できるサービスシステムで、万一の時にはすぐに通報・捜索ができます。

防犯ブザーや防犯アラームは、学校がまとめて購入して子供に持たせる地域もある、オーソドックスな防犯グッズです。

子供の安全を守るための防犯対策は、犯罪被害を受けてからでは遅いですから、日頃からしっかりしておきましょう。

もちろん、子供自身に、危険な目にあったらどういう行動を取ればいいか、どういう状況が危険なのか等について、親子で話し合っておくことも大切です。

子供を犯罪から守る防犯グッズ

「子供が犯罪に巻き込まれたら……。」

子供を狙った犯罪が増加している現在、小さなお子さんをもつ親御さんの心配は尽きることがありません。

地域や学校でも、集団登校を行ったり、防犯ブザーや防犯アラームを子供に持たせたり、地域パトロールを行ったり――と、さまざまな対策を講じています。

防犯ブザーや緊急事態通知機能が付いたうえ、GPS(全地球無線測位システム)による位置情報伝達機能なども備えた子供向け携帯電話も人気。子供が今どこにいるのか、かなりの精度で手軽に確認ができます。

GPSと携帯電話・PHSがセットになった商品は、「キッズケータイ」「ジュニアケータイ」「子供用ケータイ」などの名前で携帯業者各社から発売されており、注目を集めています。

GPS機能が付いているランドセルも開発されており、今後も、子供の安全を守るための防犯対策の主力商品として、GPSのニーズは高まっていくと思われます。

ピッキング対策で犯罪防止

ピッキングとは、玄関ドアの鍵(シリンダー錠等)を、特殊な専門用具でこじ開けて侵入する、泥棒の常套手段の一つです。数年前に、外国人窃盗グループによって被害が続出したことは、記憶に新しいことでしょう。

しかし、ピッキング対策用の錠前や、防犯性に優れたディンプルキーが普及したため、近年では、ピッキングによる犯罪被害はやや減少傾向にあります。

その代わりに、ドアスコープ(のぞき窓)やドアポストから針金を入れて、施錠用のつまみ(サムターン)を回して侵入する、「サムターン回し」という手口が増加傾向にあります。

ピッキングやサムターン回しを防ぐための防犯グッズ(サムターンガード、ICカード式ドアロック、補助錠など)は、たくさん販売されているので、早めに対策をしておきましょう。

ピッキングによる犯罪を防ぐための対策

ピッキングは、玄関ドアの鍵を、特殊な用具でこじあけて侵入するという、泥棒・空き巣の手口の一つです。シリンダー錠等の場合、比較的簡単に開けられてしまいます。

近年は、ピッキング対策用の錠前(ディンプルキーなど)が一般的になってきており、以前よりは犯罪被害は少なくなってきていますが、サムターン回し(ドアスコープやドアポストから、器具を差し込んで鍵のつまみを内側から回して開ける)と呼ばれる手口による不正侵入は、逆に増えてきています。

ピッキングやサムターン回し対策用の防犯グッズにはさまざまなものがありますが、監視カメラ(防犯カメラ)や防犯センサーなどと併用すると、さらに安心と言えるでしょう。

犯罪を未然に防いで、安全で快適な生活を守りましょう。

 
メニュー
防犯の方法を知ろう
防犯の方法とは?
地震対策と防災グッズ
地震対策と防災用品
防災用品で災害に備えよう
防災対策について
子供を守る防犯グッズ
子供を犯罪から守る防犯グッズ
ピッキング対策で犯罪防止
ピッキングによる犯罪を防ぐための対策