様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 還暦

スポンサード リンク

還暦祝い

還暦とは、60年で再び生まれた年の干支に還ることから来た言葉で、数え年61歳(満60歳)を称した言葉です。

還暦のお祝いが一般化したのは江戸時代から。その後、還暦祝いの風習は現代まで受け継がれています。

還暦祝いとして、日本においては、還暦を迎えた本人に、赤色の衣服(頭巾・ちゃんちゃんこなど)を贈るという風習があります。これは、かつて魔除けの意味で産着に赤色が使われていたことから、「再び生まれた時に帰る」という意味で行われるものです。

とはいえ、現代では、こうした昔ながらの還暦祝いにこだわらず、結構思い思いのものが還暦祝いとして贈られているようですね。還暦祝いに限ったことではありませんが、要はどれだけ心がこもっているかということでしょう。

還暦祝いの意味

還暦とは数え年61歳(満60歳)を指す言葉です。つまり「再び生まれた年の干支に還る」という意味ですね。

日本人の平均寿命が今よりずっと短かった昔は、還暦まで生きたということは、それだけで大変おめでたいことでした。それゆえに、昔(一般化したのは江戸時代)から還暦を祝う風習がありました。

現代では還暦まで生きる人は珍しくありませんが、それでも還暦は人生の一つの区切りであり、おめでたいことには変わりません。それゆえ現代でも還暦祝いの風習は健在です。

還暦祝いといっても、その祝い方にはいろいろあります。一番オーソドックスなのは、何かプレゼントをしたり、パーティーをしたりといったところでしょうか。一応還暦祝いには「昔からのしきたり」というものもありますが、現代は必ずしもそういうものにこだわらず、本人が喜ぶことを第一に考えた還暦祝いをしたらいいでしょう。

還暦祝いのプレゼント

還暦まで生きるということはおめでたいことですから、還暦祝いを迎えた方に何かプレゼントしたいという気持ちは、多くの方がお持ちになるごく自然な感情ではないでしょうか。

還暦祝いのプレゼントとしては、昔ながらの風習から考えると、赤い衣類を贈る(昔は魔除けとして産着に赤が使われていたことから、「生まれた時の干支に還る」という意味のある還暦にも赤い衣服が贈られた)ということになりますが、ファッションが多様化した現代では、「還暦祝いに赤い服をプレゼントされても困る」という人だって少なくありません。

それゆえ現代では、還暦祝いのプレゼントは、必ずしも赤い服にこだわらず、服以外の赤いもの、もしくは赤とは全然関係ないものでもOKという風潮がかなり広まっています。

プレゼントは、もらった本人が喜ぶことが一番大切。ですから、還暦祝いのプレゼントも、本人の趣味に合うものを選べばいいでしょう。

還暦祝いのプレゼントの選び方

還暦祝いのプレゼントって、何を贈っていいか悩んだりしませんか?

還暦を迎えた本人が何を欲しがっているか、あらかじめわかっているならいいのですが、還暦祝いを「サプライズ企画」にしたり、本人の趣味が今ひとつよくわからなかったりする場合、還暦祝いのプレゼントも選びにくいですね。

プレゼントは心がこもっていることが大切だとはいえ、どうせなら本人が喜ぶものをプレゼントしたいところ。還暦祝いのプレゼントに困ったら、例えばこんな選び方はいかがでしょうか?

・還暦を迎えた本人が近しい人でない場合は、その人の家族や友人・知人に、それとなく本人の趣味を尋ねてみる。

・「還暦祝い」を専門に取り扱っているネットショップなどで、誰もが喜びそうな無難なものを選ぶ。

・食事券や商品券、温泉旅行など、やはり誰もが喜ぶようなものをプレゼント。

還暦祝いのプレゼントは、必ずしも手元に残るものである必要はありませんから、本人を喜ばせることを第一に、柔軟に考えればいいでしょう。

還暦祝いの贈物

還暦は、生まれた時の干支に還るほど生きたという意味で、昔から祝ったり贈物をしたりする風習がありました。

しかし日本人の平均寿命が80を超えた現代では、還暦といっても「人生の一区切り」といった感じで、決して「お年寄り」ではありません。ですから、還暦祝いの贈物を選ぶときも、相手を過剰に年寄り扱いしないほうがいいですね。昔の還暦祝いの贈物の定番は赤いちゃんちゃんこだったようですが、現代では赤いちゃんちゃんこを還暦祝いの贈物としてもらっても困る人も少なくないはずです。

還暦祝いの贈物は、誕生日や記念日などの贈物と同じ感覚で選んだほうが、かえって選びやすいかもしれません。ただ、還暦祝いは例年の誕生日とは意味合いが違いますから、いつもよりちょっとゴージャスなものを贈物に選んでみたりなど――還暦祝いの贈物は、何よりも相手が喜ぶものをあげたいですね。

還暦祝いの贈物の選び方

還暦祝いの贈物は、日本人の平均寿命が80を超えた現代では、還暦まで生きたことに対するお祝いの意味も然ることながら、「還暦以降も元気で長生きしてほしい」との思いも込められているもの。こうした思いが伝わるような還暦祝いの贈物を贈りたいですね。

還暦祝いの贈物、結構迷ってしまいませんか。還暦とはいえ、皆さんまだまだお若いですし、定年後に起業する人だって少なくないのですから、過剰に年寄り扱いをすると、かえって失礼にあたることもありますよね。ですから、例えばこんな感じでさりげなく還暦祝いの贈物を選んでみてはいかがでしょうか?

・昔からの風習「赤い衣類を贈る」をちょっとアレンジして、赤い何か(お酒が好きな方なら赤ワイン、女性ならルビーやガーネット、赤メノウといった赤い石のアクセサリーなどもいいかもしれませんね)を贈る。

・誰もが喜ぶ、食事券や旅行をプレゼント。

・可能であれば、本人が欲しがっているものを聞き、それを贈る。

・還暦祝いの贈物を専門に取り扱っているサイトや店舗のコーナーなどを参考にしてみる(結構意外なものが見つかるものです)。

還暦祝いの品

還暦がおめでたいものであることは、日本人の平均寿命が80を過ぎた現代でも変わりません。よって、還暦を迎えた人に祝いの品を贈るという風習も、いまだ健在です。

還暦祝いの品としては、昔はちゃんちゃんこや頭巾といった赤い衣類が主流でした。しかし、現代では還暦といっても「お年寄り」というよりは「おじさん・おばさん」といったところでしょうし、こうした品をお祝いにもらっても、使いみちに困る人も少なくありません。よって、還暦祝いの品は、縁起や伝統を重んじるよりは、本人の役に立つ実用的な品や、本人が喜ぶような品を贈るほうがよほど現実的と言えましょう。

還暦祝いの品を選ぶ人は、まだ還暦を迎えていない若い人が多いでしょうから、どんな品が還暦祝いにふさわしいのか、あまりピンとこないかもしれません。そのようなときは、こうしたセレモニーに通じた人に聞いてみたり、還暦祝いの品を専門に紹介しているサイトなどを参考にして選んでみたらいいでしょう。

還暦祝いの品を選ぼう

還暦祝いの品を選ぶのが初めてという場合、結構困ってしまいませんか?

特に、親が還暦で祝いの品を選ぶ場合、親と子供の世代、つまり還暦を迎える本人とのジェネレーションギャップもあり、どんな品をお祝いに贈ったら喜んでもらえるか、あまりピンとこなくて、結局、的外れな品を贈ってしまうなんてことにもなりかねません。

「還暦祝いの品」とはいえ、プレゼントであることに変わりはありません。だから、還暦祝いということに必要以上にこだわらず、心のこもった、相手が喜ぶような品を贈りたいものですね。

還暦祝いの品をどう選んでいいのかわからないなら、肩の力を抜いて、普通に何かプレゼントするような感覚で選んでみてはどうでしょう。ただ、還暦祝いの品ということで、バースデープレゼントなどよりちょっと奮発してみるだけで、相手にも十分スペシャル感が伝わるのではないかと思いますよ。

還暦祝いに食事を

還暦祝いとしては、昔から何かプレゼントをあげるというのが一般的のようですが、還暦祝いは必ずしも手元に残るものを贈る必要はありません。

還暦祝いとして喜ばれるものの一つが食事。これは食事券をプレゼントするのもいいですが、還暦を迎えた本人と親しい仲であるならば、一緒に楽しくちょっと豪華な食事をとることが最高のプレゼントになるでしょう。

還暦祝いの食事の例としては、腕に自信がある方なら、ご家庭で腕によりをかけた手料理を振る舞うのもいいですね。みんなで楽しく食事ができたなら、これは一生の思い出となるでしょう。

腕に自信のない方は、一流のレストランや料亭などのディナーにご招待するのはいかが? 還暦祝いにみんなで楽しむ特別なディナー――どんな食事でも、一番の調味料は、みんなの笑顔なのですから。

還暦祝い、食事の注意点

還暦祝いは、昔からの風習に従えば、何か祝いの品(古くは赤い衣類)を贈ることになりますが、現代では「食事」をプレゼントにするケースも多いようです。

還暦ともなると、それほどお年寄りではないものの、やはり若い人と比べると、食べ物の好みも大分違ってきます。そこで還暦祝いに食事をプレゼントするなら、還暦を迎えた本人の嗜好や健康に十分気を遣いたいところ。

還暦祝いにホームパーティーと称して、手づくりの食事でもてなす場合は、ある程度融通がききますが、食事券をプレゼントしたり、食事に招待したりする場合は、お店を選びたいですね。還暦を迎える頃には胃に負担がかかるものをあまり食べられなくなっている方や健康上の理由から食事制限をしている方も多いですから、本人の意向をそれとなく確認しながら、楽しく無理なく食事を楽しめるようなメニューと雰囲気のお店を探しておくといいでしょう。

還暦祝いの赤いちゃんちゃんこ

還暦祝いとしては、昔から赤いちゃんちゃんこを贈るという風習がありました。これは還暦という言葉に「生まれた時の干支に還る」という意味があり、乳児に魔除けのために赤い産着を着せたことから、再び赤い衣類を贈るということで行われたものです。

還暦祝いに赤いちゃんちゃんこを贈ること自体は、現代でも行われています。「還暦祝いの定番はちゃんちゃんこ」ということも聞かれますね。

しかし現代では、還暦といってもオシャレな人が多く、若い人が思うほど年寄りじみてはいないもの。現実問題として、普段ちゃんちゃんこを着ない人が、還暦だといって、しかも赤いちゃんちゃんこのような、好みがはっきり分かれるようなものを贈られても、仮に一度は袖を通したとして(袖がないけど)、果たして愛用してもらえるでしょうか。

赤いちゃんちゃんこは縁起物ではありますが、現代では誰もがちゃんちゃんこを着ているというわけでもありません。赤いちゃんちゃんこを贈りたい場合は、まず「相手がちゃんちゃんこを着てくれるか」「赤は好きか」といったことを考えましょう。その上で、相手の好みによっては「赤くないちゃんちゃんこ」や「ちゃんちゃんこ以外の赤いもの(たとえばワインや宝石など)」、あるいは「赤ともちゃんちゃんことも全然関係のない本人の喜ぶもの」を贈ったりと、柔軟に考えるほうがいいでしょう。

還暦祝いにちゃんちゃんこ

還暦祝いの昔からの定番が、赤いちゃんちゃんこ。しかし、現代の世相を考えると、還暦のお祝いだといって、赤いちゃんちゃんこが必ずしも喜ばれるとは限りません。近年では多くの場合は、還暦祝いの品は、伝統や縁起よりも本人の意向を重んじて決める傾向が強くなってきており、衣類以外の赤いものや、赤とは全然関係ないものが選ばれるケースも少なくありません。

とはいえ、赤いちゃんちゃんこは魔除けの意味のある縁起物ですから、赤いちゃんちゃんこを贈って愛用してくれるような方には、ぜひぜひ、還暦祝いに赤いちゃんちゃんこをプレゼントしたいもの。

赤いちゃんちゃんこは、今でもそれなりに需要があるようで、結構カンタンに手に入ります。腕に自信がある方なら、手作りしてもいいですね。また「ちゃんちゃんこは欲しいけど、真っ赤なのはちょっと……」という方には、久留米絣などでできた、上品で質の良い赤以外のちゃんちゃんこを還暦祝いとして贈るのもいいと思います。

還暦祝いに旅行をプレゼント

還暦祝いのプレゼントは、あまり縁起や伝統にこだわらずに、何よりも本人が喜びそうなものを送るほうがいいでしょう。

還暦は、日本人の平均寿命が80を超えた現代では、長生きのお祝いというよりは、「人生のひと区切り」とか「第二の人生のスタート地点」といった意味合いのほうが大きいでしょう。そこで気持ちの切り替えといった意味でも、還暦祝いのプレゼントとして、旅行をしていただくというのはいいかもしれませんね。

旅行は人生の節目にふさわしい、いわばセレモニー。普段行かないところを旅行することで、これまでの人生を振り返ったり、今後の生き方についてじっくり考えるというのは、人間にとってとてもゼイタクな時間かもしれません。

旅行も、家族旅行、夫婦旅行、はたまた一人旅とさまざま。還暦祝いのプレゼントとしての旅行は、本人の意思と安全を第一に考え、思い出に残るようなものにしてあげたいですね。

還暦祝いに旅行はいかが?

還暦祝いのプレゼントとして、旅行も喜ばれるものの一つです。

還暦を迎える人は、今となってはさほどお年寄りというわけではありませんが、若い人と同じというわけにもいきません。よって、還暦祝いの旅行を企画する際は、本人の安全をまず考えたいもの。その上で、行き先やコース、宿泊場所、同行者などを綿密に決め、快適な旅行を楽しんでもらいましょう。

還暦祝いの旅行を楽しんでもらうには、最低でも段取りだけはしっかりしておきたいところ。あくまでもプレゼントなのですから、本人に気を遣わせたり迷わせたりといったことだけは避けたいものです。

還暦祝いの旅行について、うまく企画できそうもないときは、旅行会社の協力を仰ぐという手もあります。彼らは旅行のプロですから、こちらの条件を話せば、還暦祝いにふさわしい旅行のプロデュースをしてくれることでしょう。

 
メニュー
還暦祝い
還暦祝いの意味
還暦祝いのプレゼント
還暦祝いのプレゼントの選び方
還暦祝いの贈物
還暦祝いの贈物の選び方
還暦祝いの品
還暦祝いの品を選ぼう
還暦祝いに食事を
還暦祝い、食事の注意点
還暦祝いの赤いちゃんちゃんこ
還暦祝いにちゃんちゃんこ
還暦祝いに旅行をプレゼント
還暦祝いに旅行はいかが?