様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 雑貨

スポンサード リンク

カントリー雑貨に囲まれた生活

カントリー雑貨は、アメリカやフランスの「古き良き時代」を感じさせる、ぬくもりのあるデザインの日用雑貨です。

ノスタルジックで温かみあるナチュラルな雰囲気に魅せられたファンも多く、女性層を中心に根強い人気を誇っています。

カントリー雑貨と一口に言っても、アンティークな風合いのフランス輸入雑貨や木工家具、キルト、キッチン用品から、アメリカのカントリーの象徴の一つともいえるラグドール、「ラガディ・アン&アンディ」まで、種類も豊富。

フレンチスタイルのブランドとしては、アンティークなフランス風ローズピンクの「イマン(imane)」、「ティアラ」などが知られています。

アメリカンスタイルのカントリー雑貨としては、開拓時代の「アントステラ」(ステラおばさんのクッキーなども最近出ています)、「アクシス」など。イギリス風では「倉敷意匠(Classiky's)」などがあります。

ほかにも、カントリークラフトの「YAGI」、ハートマークのシリーズのキッチン用品の「カントリーハート」、「テンダーハート」などもあります。

輸入品販売から、カントリー風のものを日本国内で生産しているこだわりのメーカーまでさまざま。

あなたの手で、お気に入りの1品を見つけてください。

カントリー雑貨について

カントリー雑貨は、開拓時代の素朴な生活の中から生まれた、温かみあるアンティークなスタイルの雑貨です。

アメリカに限らず、フランス、イギリスなど、ヨーロッパの地方の生活に根ざしたスタイルの日用品なども、カントリー雑貨に含まれます。

アメリカ開拓時代のシンボルとしての星条旗、ハートマーク(カントリーハート)、リンゴ、バラ(ローズ)などは、オーソドックスなモチーフの一つ。

「古き良き時代」を感じさせるナチュラルでノスタルジックな木工品や、カントリーの象徴の一つともいえるラグドール(抱き人形)、「ラガディ・アン&アンディ」などもカントリー雑貨の代表格で、現在に至るまで、女性を中心に根強い人気を集めています。

フランス雑貨の特長

フランス雑貨と言えば、パリの蚤の市やアンティーク家具などを思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。

蚤の市というのは、世界最大のアンティーク街である「ラ-ポルト・ド・サン・クリニャンクール」で毎週数回開かれる、中古品の露天市のことです。フランス雑貨が好きな方には特に、魅力的なマーケットと言えるでしょう。

エレガントなアンティーク家具や、フランスの田舎町の生活スタイルに根ざしたカントリー雑貨は、フランス雑貨の代表格。レトロで、ノスタルジックな雰囲気を醸し出して、女性に人気があります。

フレンチスタイルのカントリー雑貨の国内ブランドとしては、ピンクのローズシリーズの「イマン(imane)」などが有名です。

他にも、フランスから直輸入しているメーカーや店舗もありますので、利用してみるとよいでしょう。

フランス雑貨コレクション

フランス雑貨の代表格の一つはアンティーク・グッズ。もともと、「アンティーク」という言葉自体も、フランス語なのです。

フランスには、世界最大のアンティーク街と呼ばれる「クリニャンクール」という町があります。パリ近郊のこの町で毎週数回開かれているのが、中古品を売買する「蚤の市」という露天市です。

フランス雑貨ファンには見逃せない魅力的なアンティーク家具や生活用品、フランスの田舎町ののどかな生活から生まれたカントリー雑貨であふれています。

直接買い付けには行けないにしても、輸入雑貨の店などで、その雰囲気を味わったり、商品を購入したりすることができます。

フランス雑貨は、エレガントで、シンプルな日用品の中にもキラリとセンスが光るものが多く、女性を中心に固定ファンがついています。

雑貨で彩るガーデニング

ガーデニングという言葉は、それまでの「家庭園芸」「庭いじり」と言った言葉にとって代わり、社会に急速に定着。1997年の流行語大賞も受賞しています。

ガーデニングは、一般的に、庭やコンテナ、ベランダ、バルコニーのプランターなどに花や樹木などの植物を植えて育てたり、家庭菜園を作って収穫を楽しむ生活スタイルを指します。

ガーデニングをさらに彩るのは、おしゃれなガーデニング雑貨。緑に囲まれた美しいエクステリア・インテリアを演出します。

ガーデニング雑貨は、じょうろやスコップ・ポット・プランターといった、ガーデニングで使用する必需品だけにとどまりません。

庭を美しく照らし出すガーデンライトや、陶器製のキャラクター付き植木鉢、センスの光るアンティーク風のランタンやチェア、プレート、オーナメント、アイアンドアベルなど、様々なものがあります。

ガーデニングを楽しむための雑貨

ガーデニングは、庭に樹木を植えたり、家庭菜園を作ったり、ベランダやバルコニーにプランターやコンテナを置いて花を育てたり……といった、花と緑に囲まれた生活を楽しむことです。

ガーデニング雑誌「BISES(ビズ)」のヒットをきっかけに、ガーデニング人気が高まり、1997年には流行語大賞も受賞しました。

ガーデニング人口が増えてきたことに伴い、ガーデニング雑貨――おしゃれなプランターやポット、プレート、アンティーク風ランタン、シェルフなども充実してきています。

手塩にかけて育てた花や植物を引き立て、美しいエクステリア・インテリアを演出するためにも、センスのあるガーデニング雑貨は欠かせないもの。

とことんこだわって、お気に入りの一品を見つけたいものです。

ハワイアン雑貨が人気です!

ハワイって、何度行っても飽きないような魅力がありますよね。

ハワイアン雑貨の人気は、ハワイの魅力の氷山の一角に違いない、と思ってしまうほど、毎年すごい人数の日本人がハワイを訪れています。

美しい自然、常夏の楽園、憧れのリゾート地!

でも、気軽には行けないので、せめてハワイアンな雑貨に囲まれて、ハワイを感じていたい…そんな声がたくさん聞こえてきます。

ハワイアン雑貨の人気は、リゾート地のお土産といったタンスの肥やし系ではなく、アクセサリー、インテリア、ファッション、キッチン雑貨、ドール、筆記具など実用的で豊かなバリエーションの商品が揃っています。

鮮やかな色使いと可愛らしい大きな花が散りばめられたハワイアン雑貨は、部屋でちょっとした収納に使うだけでも、うきうきして、太陽や海を感じうような気がしてきます。

ハワイアン雑貨の色合いは、原色というよりは、華やかで抜けるような明るさがあるので、日本のファッションやインテリアにもなかなかマッチするのも魅力ですね。

ハワイアン雑貨の魅力

ハワイアン雑貨、実によく見かけます。

常夏の国ハワイだけに、夏のアロハシャツは定番ですが、小物入れやアクセサリーなど豊富な種類のハワイアン雑貨は、年中、どこかしらで売られているようです。

ハワイアン雑貨というと、ハイビスカス模様をイメージしますが、ハワイ独特の抜けるような青空と海と自然を切り抜いた雰囲気の、天然の素材のよさを生かした、素敵な雑貨が多いのには驚きます。

雑貨の魅力の奥には、ハワイに伝わる伝統精神が宿っていると言われています。

ハワイでは、霊的なものとされる「マナ」を大切にする伝統があり、アクセサリーには、母から娘への気持ちを受け継ぐ大切な心がこもり、雑貨のひとつひとつに、自然への慈しみを感じさせ、それでいて楽しい雰囲気が溢れています。

ハワイアン雑貨の手作りのアクセサリーなどは希少価値も高いものが多く、ハワイの精神性の深さに浸れそうですね。

カントリー雑貨に囲まれて

カントリー雑貨専門店は今は本当にたくさんありますね。メーカーもブランド指向であり、お店オリジナルの手作り雑貨(木工品、レース、布製品等)を展開して一つのブランドにしているところも数多くあります。

カントリー雑貨は一見シンプルだけど、部屋に一つあるだけで存在感は抜群、大人の女性の心をもくすぐるものがいっぱいです。かわいくておしゃれなだけでなく、どこかノスタルジーを感じさせる、といったものが多いです。

またカントリー雑貨はロゴやモチーフのデザインがシンプルでおしゃれなものが多いです。例えば何の変哲もないマグカップ一つが、ロゴが入るだけでぬくもりのある雑貨になるのは不思議なもの。

雑貨のブランドで有名なイマン(imane)を例にすると、バラのモチーフだけでも十何種類のものがあり、雑貨を愛する女性にとっては、イマンのキッチンアイテムがあるだけでもう至福の空間になりますね。

カントリー雑貨でキッチン用品をそろえると、料理にも一段と力が入ることでしょう。かわいい雑貨に囲まれることで家で過ごす時間が楽しくなると思います。

カントリー雑貨いろいろ

カントリー雑貨は、カントリーという言葉からアメリカのものと思いきや、そうではなく、フランス、デンマーク、イギリスなど、ヨーロピアンなカントリー雑貨もあり、使うモチーフも自国の特色をいかし、素朴な生活スタイルを、自然のぬくもりが感じられます。

カントリー雑貨は実にいろいろあって、メーカーも数多く存在しています。

カントリー雑貨のブランドメーカーといえば、アメリカンカントリーではテンダーハート(Tender Heart)、A Special Place、カントリースパイス(country spice)、ラガディアン&アンディーなど。我が国日本からは倉敷意匠計画室、フレンチカントリーだとイマン(Imane)、ティアラ(Tiara)、デンマークのグリーンゲイト(Green Gate)をはじめ、他にも盛りだくさん。こんなに雑貨のブランドがあるのかと正直言って、驚きです。それだけ、カントリー雑貨を愛する人が多いということですね。

フランス雑貨あれこれ

フランス雑貨はフランスから直輸入されたアンティークな雑貨が主で、骨董品、家具、アクセサリーをはじめ、かわいい小物雑貨が数多くあります。

60年代前後はフランスの各企業や店舗がビュバーやキーホルダーのデザインに競って凝った時代のようで、こういった雑貨が今はフランス雑貨の定番となっています。

フランス雑貨のモチーフはバラ、ハート、クロス、スター、クローバーetcが多く、大人の女性が憧れるデザインになっています。アクセサリー類の雑貨で最近ちょっと有名になったのは、身に着けるだけで幸せになれると言われる「不思議のメダイ」です。アンティークな雑貨は、身につける人の年代を選ばないのも魅力のひとつでしょう。

フランス雑貨ではキッチン用品もあり、カフェオレボウル、プレート、キャニスターなどでもアンティークだけど、どこかエレガントな雰囲気をもっているものが多いです。

フランス雑貨を手にいれるため、バイヤーはもちろんですが、個人レベルでも、パリの蚤の市に出かける方もいるとか。フランス雑貨は憧れの的ですね。

フランス雑貨のビューバー

フランス雑貨でビューバーというものをご存じでしょうか。

ビューバー(ビュバー、ビュバール等とも表記)とはインクの吸い取り紙のこと。インクをつけすぎた時に使われていたもので、大きさは約13cm×21cmぐらいのものが多いです。60年代に企業が広告媒体として競って印刷していたそうで、今はフランスのアンティーク雑貨の定番になっています。

フランス雑貨の一つであるビューバー。まだボールペンが出る前の当時は文字を書くのはもちろんインクが主流。そしてビューバーは当然必要なものであったことから、企業の売り込みは相当なものであったと思います。ビューアーの他に、キーホルダーも50〜70年代は同様に競って生産されていたそうです。ちなみにキーホルダーで人気なのはブルボン社。

フランス雑貨のアンティーク愛好家にとって、ビューバーやキーホルダーは人気の一つ。当時はどういった広告がされていたのかを見て楽しむのも一つの魅力かもしれません。ビューバーで人気の高いものはサヴィニャック(Savignac)やモルヴァン(Morvan)などで、他にもいろいろ。

フランス雑貨のビューバーを一枚、額に入れてお部屋に飾ると、フレンチな気分になれるかも?

ガーデニングの暮らしと雑貨

ガーデニングを楽しむ人は年齢を問わず増えており、同時に使う雑貨もデザイン製のあるものが注目を浴びています。

ガーデニング雑貨は今やニューヨークやロンドンなどの有名な会社が市場に乗り出していて、機能性とデザイン製をあわせもったものが出回っています。

例えばバケツやジョウロをはじめ、エプロン、ガーデンブーツ、グローブに至るまで、ガーデニング雑貨はオシャレでカラーバリエーションも豊富なものがたくさんあって目移りするほど。

ガーデニングでは植物を単に植えるというだけでなく、庭のインテリアという意味で、植物にあったプランターをと、外国製のテラコッタをはじめとして、耐久性があり見た目にもいいものが人気です。

ガーデニング雑貨をお気に入りのものにすれば、ガーデニングがより楽しくなることは間違いないですね。

かわいいガーデニング雑貨たち

ガーデニング雑貨は今や女性に大人気。

ガーデニング雑貨は実にいろんなメーカーのものがあり、洗練されたデザインのものや優しい雰囲気をかもし出したものなど種類はたくさん!グローブやガーデンブーツなどもおしゃれになっています。

ガーデニング雑貨にはスコップやジョウロなどのガーデンツールだけでなく、夜の庭をステキに演出するソーラーライトのオーナメント、コンテナ鉢の横にアクセントとして置くかわいいオブジェ等もキャラクターが実に豊富です。

かわいいガーデニング雑貨と植物たちに囲まれていると、心身ともに癒され、明日へのステップとなって良いかもしれません。

ハワイアン雑貨の特徴

ハワイアン雑貨の特徴はなんといってもハワイのトロピカルな素材を満載していることです。

ハワイアン雑貨、特にアクセサリーやジュエリー等の手作り工芸品のモチーフには、パイナップル、ココナッツといった果物、プルメリアやハイビスカスなどの花をはじめ、幸運をもたらしてくれるホヌ(ウミガメ)やウル(パンの木)、ゲコ(トカゲ)といったスピリチュアルな意味を持つものをモチーフにして、明るく、キレイな色で作られています。

ハワイアン雑貨の中ではハワイアンキルトは特に手がこんでいて、ハンドメイドで一針一針丁寧にステッチされています。例えば一つのベッドカバーをつくるのに数ヶ月を要するとか。。。ハワイアンベッドカバーを使っているだけで、南国リゾート気分に浸れそう。夢の中でもハワイアンかも。

ハワイアン雑貨──ジュエリー

ハワイアン雑貨はフラガール柄をはじめ、色鮮やかなのが特徴。見ているだけでウキウキ、気分はアローハ♪。

ハワイアン雑貨は種類が豊富。ハワイアンドレス、ハワイアンキルト、ハワイアンジュエリーなど女性向けのものが多いですね。中にはフラダンスで使われる打楽器のイプヘケを部屋のインテリアとして飾る方もいらっしゃるようです。

ハワイアン雑貨の中で、ジュエリーは女性に特に人気の的。南国ハワイのトロピカルなフラワー、葉、波の形をはじめ、 HONU(海がめ)等のモチーフを使い、プラチナを思わせる輝きがなんといっても魅力的です。リングやペンダントは女性のみならず、サーファーにも大人気。

ハワイアンジュエリーは現在は他国で生産されているものもあるそうですが、本来は一つ一つをハンドメイドで作ったハワイの伝統工芸品です。お気に入りのハワイアンジュエリーを見つけてあなたも輝いてみませんか。

 
メニュー
カントリー雑貨に囲まれた生活
カントリー雑貨について
フランス雑貨の特長
フランス雑貨コレクション
雑貨で彩るガーデニング
ガーデニングを楽しむための雑貨
ハワイアン雑貨が人気です!
ハワイアン雑貨の魅力
カントリー雑貨に囲まれて
カントリー雑貨いろいろ
フランス雑貨あれこれ
フランス雑貨のビューバー
ガーデニングの暮らしと雑貨
かわいいガーデニング雑貨たち
ハワイアン雑貨の特徴
ハワイアン雑貨──ジュエリー