様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 中学

スポンサード リンク

中学入試について

中学入試を子供にさせる親が増えてきています。

中学入試のメリットは、どんなところにあるのでしょうか?

まず、入試のある中学校は、エスカレーター式に進学できる中高一貫校が多く、高校へは無試験で内部進学できるということです(一部の人だけが内部進学できる中学もありますのでご注意)。

また、入試のある中学校は、地域の公立中学校よりも教育カリキュラムが整っていて、レベルが高いところが多いため、高校受験等に有利ということです。

親にかかる教育費や、受験勉強による子供の負担、という問題点もありますので、中学入試をさせるかどうかは、子供の将来や性格的なものも考慮のうえ、判断するようにしたいものです。

中学入試について2

中学入試を受けて、有名国立・私立中学への進学を目指す小学生が増えています。

中学入試を受ける場合、小学校上級生のときに進学塾に通うことになるため、子供の負担感はあります。

さらに、地元の公立中学に進むよりも、当然、教育費がかかります。

それでも人気が衰えないのは、入試のある中学校は、エスカレーター式に進学できる中高一貫校が多いためです。

つまり、高校へは無試験で内部進学できる場合が多いということです。

また、入試のある中学校は、地域の公立中学校より教育カリキュラムが整っているため、高校受験をさせる場合にも有利だと言われています。

中学入試をさせるかどうか――。

中学入試のメリットとデメリットを、親と子供がよく話し合って、決めていただきたいものです。

私立中学の偏差値

私立中学を受験をする際に、志望する中学の偏差値がどのくらいなのかは気になるところです。

中学受験の大手の進学塾には、四谷大塚、日能研、SAPIXなどがあり、それぞれの進学塾で、中学入試についての最新情報の収集・分析を行っています。

私立中学の偏差値ランキングの一覧表もまた、多くの大手進学塾等から毎年発表されるので、見ておくと良いでしょう。

また、偏差値・難易度が高い名門中学校のことは“御三家”と呼ばれています。

私立中学700校近くのうち、長い伝統と高い偏差値を誇る男子御三家は「開成」「麻布」「武蔵」。

私立中学の、高偏差値の女子御三家は「桜蔭」「女子学院」「雙葉」となっています。

私立中学で偏差値の高い難関校には、他に、灘、東大寺学園、慶應、早稲田実業、渋谷教育幕張、聖光学院、駒場東邦、栄光学園、フェリス、白百合……等々があり、いずれも、進学実績や入試の難易度などがトップクラスの学校です。

ただ、私立中学の善し悪しは、偏差値だけでは選べないもの。将来進みたい進路や学風、教育環境なども考慮して、目標とする志望校を決めたいものです。

私立中学の偏差値について

私立中学の偏差値一覧リストやランキング表は、大手進学塾などから定期的に発行されています。

私立中学の場合、高偏差値の進学校はもちろん、エスカレーター式で内部進学できる学校にも人気があります。

私立中学の中で、伝統ある男子の名門校としては、開成、麻布、武蔵があり、御三家と呼ばれています。

最近では、偏差値や難易度が高い学校のみを「新御三家」などと評すこともあり、この場合、武蔵の代わりに駒場東邦中学が入ります。

私立中学の女子御三家は、桜蔭、女子学院、雙葉で、ここも相当高い偏差値の中学校です。

ただ、偏差値はあくまでも、目安の一つに過ぎません。

将来を見据えた進路選びの一環として、本人の適性なども考慮しながら、目的に合った志望校を決めたいものです。

中学受験の塾選び

中学受験をするときに、まず頭を悩ますのが塾選びです。

中学受験の塾といえば、有名どころは、日能研、四谷大塚、SAPIX、栄光ゼミナールといったところでしょうか。

いずれも、偏差値の高い有名中学に、毎年何人もの生徒を合格させている実績があります。

塾の善し悪しの判断材料としては、合格実績の他には、最新の中学受験情報の収集・分析力。そして、カリキュラムと教材の質。教師陣の質と、保護者との連携等でしょう。

中学受験の進学塾は、進度がかなり早く、宿題も多く出るところが多いため、家での復習も重要です。そのため、進学塾での勉強の補習のため、家庭教師をつけている人も少なくありません。

塾との相性は、子供のやる気にもかかわってきますので、どういうスタイルの塾が合うのか、子供の性格等も考え合わせて決めることが大切です。

中学受験のための塾選び

中学受験のための塾には、日能研、四谷大塚、SAPIX、早稲田ゼミナール、栄光ゼミナールなどの大手の進学塾をはじめとして、たくさんの塾があります。

中学受験のための塾は、どんな点をポイントにして選んだらいいのでしょうか?

有名中学への合格実績、これは、もちろん外せないでしょう。

次に挙げられるのは、家庭教師等にはない、最新の受験情報の収集力です。

偏差値の高い私立中学の入試問題等の傾向は、毎年変化してきています。合格率をアップさせるためには、塾で教える内容も、最新の傾向にマッチしたものでなければいけません。

塾選びのポイントとして、カリキュラムや教材の良さも挙げられます。

四谷大塚などのテキストは、提携塾で使われていたりしますが、それぞれの塾でオリジナルの教材を使用しているところもあります。

また、教師の質、生徒や保護者へのきめ細やかな対応も、塾選びのポイントの一つでしょう。

子供が受験勉強に意欲的に取り組めて学力を伸ばせるような、子供に合った塾を選びたいものです。

中学の通信教育

通信教育が各種メディアの発達とともに社会に浸透してきた昨今、中学校教育においても通信教育の利用が増えてきました。

中学校は義務教育であるせいか、大学や高校のような「通信制」というものは一般的ではありません(現在通信教育を実施している中学校は2校のみ)。そのため、中学生のための通信教育の利用法としては、主に中学校での授業の補助的なものにとどまっているのが現状です(Z会、進研ゼミなど)。

とはいえ、こうした中学生のための通信教育は、うまく利用すれば、高校受験などには大変有効なもの。学力を向上させたい中学生および保護者は、中学生向けの通信教育の利用を検討するのもいいでしょう。ただし、いくらこうした通信教育に投資しても、本人の頑張りがなければ学力の向上がないこともお忘れなく(笑)

中学生向けの通信教育の活用

中学校は、言うまでもなく義務教育。そのため、世間一般では「中学校へ行くのはあたりまえ」という風潮があり、通信教育による中学校の卒業というのは、高校や大学のように一般的ではありません。

とはいえ、さまざまな理由で中学校に通うことができない子どもも決して少なくありません。「中学校を通信教育で終えることができないか」と望む人がいるのも当然のことと言えます。

通信教育による中学校というのは、現時点では日本でたったの2校。通信教育による中学校卒業を望む多くの声に対して、これではあまりにも門戸が狭すぎます。

通信教育による中学校卒業というのは、このように、現時点ではあまり現実的な話ではありませんが、近年では受験資格が緩和された「中学校卒業程度認定試験(中検)」の活用という道があります。この試験は各都道府県教育委員会によって実施されるものですが、これに合格すると中学校卒業生と同等の学力が認められ、高校入学受験資格も得ることができます(ちなみに「高等学校卒業程度認定試験」に合格した場合は「中学校卒業程度認定試験」にも合格したものとみなされる)。

既存の中学生向けの通信教育は、主に中学校の授業の補助的なものにとどまっているのが現状ですが、こうした教材と「中学校卒業程度認定試験」をうまく活用することで、不登校の生徒も中学校卒業程度の学力をつけることが可能になってきています。

中学受験における偏差値の位置づけ

「偏差値」という言葉は、学歴重視の現代社会ではもはやお馴染みですね。

“受験あるところに偏差値あり”、これは中学受験においても例外ではありません。

中学校は義務教育なだけに、中学受験というものは高校受験・大学受験と違って、まだまだ一般的ではありませんが(主に大都市の私立中学で行われる)、「受験」のある中学校への入学を考えている子ども・保護者としては、やはり志望校の偏差値が気になるところ。

中学受験における偏差値は、高校・大学のそれとは若干異なります。そもそも偏差値とは、高校入試における進路指導のために考案されたもので、中学受験にはあまり向かないものなのです。

中学受験では、「偏差値は一つの目安」と割り切って、あまり偏差値だけを重視しない受験対策を講じることが大切です。

偏差値と中学受験

「偏差値」という言葉は、今や受験用語として普及しています。

「偏差値」とは、言うまでもなく、学力を示す一つの目安として使われているため、中学受験においても、学力や合格率を知るために、何かと偏差値を気にしがちです。

では、この「偏差値」とは一体どのように算出されるのでしょうか。中学受験において、それほど重要なものなのでしょうか?

「偏差値」とは、本来は数学用語で、ある数値が母集団の中でどれくらいの位置にいるかを表す無次元数。これを受験に応用したのが「学力偏差値」というわけですが、現在では単に「偏差値」という場合は、この学力偏差値を指すことが多いようです。

偏差値は

(得点-平均点)×10/標準偏差+50

で求められ、得点と平均点がほぼ一緒の場合に「偏差値50」となります。

しかしこの偏差値、センター試験のような、大人数が同一の問題のテストを受けるようなケースでは非常に有効なのですが、中学受験ではセンター試験と試験方式が異なるため、実は偏差値は、あまり学力の目安になってくれません。

中学受験の際は、このような偏差値の性質を理解した上で、受験対策をしたいものです。

中学サッカー

サッカーは今や、日本においても国民的なスポーツとして受け入れられています。特にJリーグが発足してからは、急速に日本でのサッカー人気は高まりました。

このサッカー人気は、中学校でも例外ではありません。サーチエンジンで「中学 サッカー」のワードで検索すると、2007年2月末現在、「google」では、約200万件のサイトがヒットしました。こうしたことからも、中学生の間でのサッカー人気がうかがわれますね。

中学生がサッカーをするには、大きく分けて、中学校のサッカー部に所属する道と、地域のクラブチームに所属する道があります(サッカーは一人ではできませんからね)。クラブチームと中学校のサッカー部では、所属している連盟が違うので、出場できる大会も違います。もちろんレベルも……本格的にサッカーを始めたい中学生は、その辺をよく考慮して、どこに所属するかを決めるといいでしょう。

中学サッカーの全国大会

サッカーは今でこそ国民的な人気スポーツとなっていますが、Jリーグができる90年代初頭までは、日本でプロのサッカー選手としてやっていくには、ほとんど絶望的な状況でした。

しかし、スター性のあるサッカー選手が日本からも多数輩出されるようになった現在では、サッカー選手になることは、多くのサッカー少年にとって、以前ほど遠い夢ではなくなりました。それは中学サッカーにおいても例外ではありません。

中学サッカーは、文字通り中学生によるサッカー。もちろん全国大会なるものも存在します。

中学サッカーの全国大会の主なものとしては「日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会」「全国中学校サッカー大会」「高円宮杯全日本ユースサッカー選手権(U-15)大会」「ナイキプレミアカップジャパン」といったものがあります。

とはいえ、中学生だからといって、すべてのサッカーの全国大会に出場できるわけではありません。中学校のサッカー部とクラブチームでは、出場できる大会も若干異なりますので、サッカーをする際、この辺は考慮したいものです。

中学生向け教育ソフト

「教育ソフト」とは、ソフトウェアのジャンルの一つです。パソコンなどの端末は何かと便利なものですから、中学生向けの教育ソフトが市販されるようになるのも何ら不思議はないでしょう。

中学生向けの教育ソフトで特に需要が高いものとしては、やはり高校の受験科目に対応した教育ソフトが挙げられるでしょう。

こうした中学生向けの教育ソフトの利点は、コンピュータの計算能力やグラフィック機能を駆使した、ヴィジュアル的に理解しやすく素早い表示。特に数学や理科のグラフ・図形を用いた問題などは、中学生向け教育ソフトの本領発揮といったところでしょう。また、特に中学生向けでなくても、辞書の類は、中学生にとっても大変便利なものです。

中学生向け教育ソフトは、学校などの教育の現場にとどまらず、家庭での利用も期待されています。中学生向け教育ソフトの中にはフリーでダウンロードできるものもありますから、パソコンを使える中学生は、こうしたソフトを利用してみるのもいいですね。

フリーの中学生向け教育ソフト

「教育ソフト」とは、文字通り主に学力向上のためのソフトです。

教育ソフトには、当然ながら中学生向けのものも多数存在します。中学生とはいえ、まだまだ遊びたい盛りですから、中学生向けの教育ソフトの中には、ゲーム感覚で学習できるようなものもあります――こうした工夫が可能なのも、教育ソフトならではですね。

中学生向け教育ソフトは、基本的には有料ですが、フリーのものも多数存在しています。

フリーの中学生向け教育ソフトは、「vector」や「窓の杜」といった、フリーソフトやシェアウェアを取り扱っているサイトなどからダウンロードすることができます。これらの教育ソフトは、単に勉強に役立つだけでなく、パソコンの操作を覚えるのにも一役買ってくれることでしょう。情報化社会においては、パソコンなどの端末を使いこなすことも大切なことですから、こうした無料の中学生向け教育ソフトは、積極的に活用したいものですね。

中学受験の算数

中学校は義務教育ですから、基本的には受験なしで入学することができます。しかし、首都圏を中心とする大都市などでは、中学校においてより良い教育を受けたい場合、入学試験を課す私立中学への入学を目指すケースも少なくありません。

中学受験においての入試科目数は、中学校によってさまざまですが、ほとんどの場合、算数は必須です。

中学受験の算数は、他の科目と比べて実力や点数の差がつきやすいと言われています。算数の出題傾向も、大まかに分けて「応用問題のみ数題」といったケースと「とにかく問題数が多く、正確さとスピードを測る」というケースに分かれるようです。

中学受験の算数の文章題、小学校で方程式を習わないということもあり、本当にバラエティに富んだ出題がなされています。つまり、本当の算数の実力・理解力を問う問題が多いと言えるでしょう。

中学受験の算数の出題傾向

中学受験では、ほとんどの場合、算数が受験科目として課されます。ですから、中学受験を目指す児童は、日頃から算数の学習はしっかりとしておく必要があるでしょう。

中学受験における算数では、計算能力が必要なのは言うまでもありませんが、それに加えてとても重要になってくるのが、問題(特に文章題)に対する理解力。小学校の算数では方程式を習わないため、問題の意味が理解できていないと解くことができない問題も多数出題されます。

こう書くと、中学受験の算数はとても難しく、また算数の学習もとても辛く思えるかもしれませんが、算数は本当はとても楽しいもの。こうした問題を解くことは、頭の回転が早くなることにも結びつき、その後の高校・大学受験はもとより社会に出てからも役立つ思考力の基礎を築きます。

中学受験の算数、あまり肩肘張らずに、できるだけ楽しみたいものですね。

中学受験と家庭教師

中学受験に際しては、塾や通信教育など、学校以外の場でも効率よく受験勉強を進めることのできる場や教材、人材が求められています。

こうした中学受験のための受験産業の中でもメジャーなものの一つが「家庭教師」。

中学受験のための家庭教師には、大きく分けて二通り。一つは学生のアルバイト、もう一つがプロの家庭教師。

この二つのタイプの家庭教師は、やはり「一長一短」といったところで、一概にどちらがいいとは言い切れないもののようです。

家庭教師になるのに特に資格は必要ありませんし、もし子どもが中学受験に失敗したとしても、その家庭教師を罰する法律もありません。ですから、中学受験のために信用できる家庭教師を雇いたいなら、特にコネがない場合は、実績のある家庭教師派遣会社を通すのが無難でしょう。

中学受験と家庭教師の良し悪し

中学受験に際しては、塾や通信教育など、学校以外でも勉強をする必要があります。こうした学外での中学受験のための勉強を支えているものの一つが家庭教師。

家庭教師には、大きく分けて、学生のアルバイトと、家庭教師を生業としている所謂「プロ」とがありますが、これらは一概にどちらが良いとも言えません。

一般的に受験と聞いてうれしいと思う人は少ないもの。中学受験もその例に漏れないでしょう。中学受験に必要な家庭教師は、もちろん教えるのが上手なほうがいいでしょうが、それに勝るとも劣らない重要な要素が「子どもとの相性」。子どもの性格によっては、友達感覚で接することができる家庭教師のほうがいいこともあります。さらに、その家庭教師が子どもの志望する中学の出身だったら、子どものモチベーションも上がるというもの。

中学受験のための家庭教師を選ぶ際は、子どものコンディションなども考慮して、実用面に走り過ぎないようにしたいものです。

 
メニュー

中学入試について
中学入試について2
私立中学の偏差値
私立中学の偏差値について
中学受験の塾選び
中学受験のための塾選び
中学の通信教育
中学生向けの通信教育の活用
中学受験における偏差値の位置づけ
偏差値と中学受験
中学サッカー
中学サッカーの全国大会
中学生向け教育ソフト
フリーの中学生向け教育ソフト
中学受験の算数
中学受験の算数の出題傾向
中学受験と家庭教師
中学受験と家庭教師の良し悪し