様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > ホテル

スポンサード リンク

ビジネスホテルとは

ビジネスホテルとは、ビジネスマンが出張のときなどに使う、主に寝るためだけの部屋を安く提供するサービスのことです。

ビジネスホテルには、宴会場やプール、スポーツジム、娯楽施設など、観光のような要素はほとんど期待できないでしょう。部屋の防音や広さ、ベッドや調度品なども質素な作りのものが多いようです。

ビジネスホテルは、ビジネスマンでなくても誰でも泊まることができます。

値段の目安として、7千円前後ならビジネスホテル、1万円以上なら各種施設が整った部屋もおしゃれなシティホテルと期待できるというデータもあります。

出張でビジネスホテルを使うときは、駅や繁華街のそば、出張先の近くなどの立地条件に合う、安いものを選ぶと、通勤に便利で、出張費を安くあげることができそうです。

ビジネスホテルの選び方

ビジネスホテルにはさまざまなタイプがあります。

ビジネスホテルのチェーン店として全国展開していたり、あまりにも格安な場合は、男性ビジネスマンの利用が多いため、女性が単身で使う場合は注意しましょう。

インターネットができる部屋、禁煙専用の部屋などもあり、通常の部屋と料金が変わらないことも多いので、予約時にビジネスホテルに確認してみましょう。

ビジネスホテルを予約する際、インターネットで割安な料金を設定しているところもあります。大手予約サイト経由で申し込めばポイントも加算されるので、大いに利用しましょう。

インターネット用の割安な料金が設定されているビジネスホテルに電話で問い合わせる場合は、その料金で泊まれることがあるので、時間がないときは交渉してみましょう。

長期滞在や、同じ会社から多くの人が出張するような場合、ビジネスホテルとの交渉によっては、料金の割引や、広い部屋を割り当てるなど優遇してくれることもあります。

個人でも会社単位でも優遇されているという話をよく聞くので、利用頻度の高い場合は交渉してみるのがお勧めです。

公共施設のホテルとは

公共施設のホテルとは、公的機関や公共団体、共済組合などが運営する宿泊施設のことです。

公共施設なので、民間のものよりサービスは簡素なようです。中にはボロくてホテルとはいえないような宿の場合もあるようです。

公共施設のホテルは基本的には誰でも利用できます。

会員制で料金に差をつけていたり、ピーク時には利用できないこともあるので、施設ごとに確認しましょう。

料金については、民間の同レベルのホテルより2〜3割安いのが一般的です。

公共施設のホテルの質を見分けるコツは、公共施設のホームページの写真や、内容、更新状況が参考になります。

営業意欲があったり、最近建てられたようなデザインなら、ある程度の質が期待できます。

ホテルを予約するときは、インターネット用に特別な割引があることもあるので、一度覗いてみましょう。

会員と一般で料金が違う場合、入会費と合わせてお得な方を選ぶこともできます。

クレジットカードでの支払いができない公共施設のホテルもあるので、事前に確認しておきましょう。

公共施設のホテルの使い方

公共施設のホテルを使う場合、安くていいホテルはすぐに満室になってしまうので、早め早めの計画と予約を心がけましょう。

会員などの場合は、会員証など証明書の提示を求められることもあるので、必要なら準備を忘れないようにします。

公共施設のホテルでは、インターネットの環境が不十分なところが多いようです。予約や問い合わせは電話の方が早くて確実です。

昼食や夕食の準備など、忙しい時間を避けて問い合わせをすると丁寧な応対が期待できます。

民間のホテルと同じように、公共のホテルでもタオルや歯磨き、寝具などのアメニティーグッズは基本的にそろっています。

食事については、手のこんだものという訳ではないようです。

ごくまれに、これはあまりにも・・・というものに当たったという話も聞きます。

門限や付属施設の規則がある場合は、マナーを守って気持ちよく利用しましょう。

かんぽの宿とは

かんぽの宿とは、郵便局の簡易保険に加入している人向けの福祉施設として作られた宿のことです。

かんぽの宿は、簡易保険=かんぽに加入していない人でも、一泊4千円程度から利用することができるので、とてもお得です。

かんぽに加入している場合は、利用の3ヶ月前から宿の利用を申し込むことができます。加入していない場合は1週間前からで、優先度も低くなります。

簡易保険の加入者が心身の保養をするための宿なので、大浴場や付属設備が充実し、バリアフリーも万全なところがほとんどです。誰でも安心して利用できますね。

その土地の食べ物が味わえるところもあり、楽しみのひとつです。

かんぽの宿は、バブル時代にできた豪華な施設が多く、採算が取れているのか心配する声もあるほどです。

空気のいいところで、テニスなどスポーツを楽しみながらのんびり温泉に浸かれて、しかも格安なんて、聞いただけでも体によさそうですね。

かんぽの宿の使い方

かんぽの宿は、空気がきれいなところに、温泉やスポーツ施設を整え、誰もが安い料金で利用できる保養施設です。

かんぽというのは、郵便局の簡易保険のことで、かんぽに加入している人のために作られた宿ですが、一般の人も利用することができます。

低価格にして部屋数や設備、バリアフリーも充実とあって利用者に好評です。

施設の豪華さや、食事の量や質にも満足という声が多いようです。

かんぽの宿の予約は、大手トラベルサイトから空室を照会しながらとれるところもあります。登録しているかんぽの宿は全国に渡っているので、ぜひ利用してみましょう。

一般客の宿泊以外にも、各種団体の研修目的で利用されることもあります。

まとまった人数で利用できる施設を探している場合は問い合わせてみましょう。

人気ホテル(温泉編)

人気ホテルと聞くと、立地条件もサービスも最高、大自然の中でゆったりくつろげて、心も体もリフレッシュ、というイメージが湧いてきますね。

同じような料金を払うなら、ぜひ最高のホテルに泊まりたい!と、人気ホテルの人気はますます高まっています。

最近は温泉のある宿の人気が高く、ホテルの接客サービスはもちろんのこと、景観のよさ、温泉の質のよさ、地域の食材を生かした料理などが評価されています。

雑誌や大手トラベルサイトでもたくさんの人気ホテル特集が紹介されています。

温泉の場合は、かけ流しで入浴時間の制限がないもの、露天風呂や無料での貸しきりなどのサービスが充実しているとうれしいですね。

人気ホテルは、駅から近く、観光の拠点にもいい上に絶景が楽しめて、しかもリーズナブルとなるとさらに上位にランキングされています。

人気ホテルは、トラベルサイトの口コミ掲示板の評判も参考になります。

まだ誰も気づいていない隠れ人気ホテルを探して、リーズナブルで余裕のある旅を楽しんでみましょう。

人気ホテル(海外編)

海外の人気ホテルは、観光の名所に滞在する拠点として最適な立地にありながらも閑静で、接客サービスはもちろん、日本語での対応も充実しているところが上位にランキングされています。

ある有名な人気ホテルでは、エレベーターボーイが乗り込んできた客の顔を見ただけで目的の階のボタンを押すと言われています。

全ての宿泊客の顔を覚えて、きめ細やかなサービスを提供しているのですね。

人気ホテルの海外ランキングでは、温かな接客、という言葉をよく聞きます。

せわしい日常を離れて、異国の文化に浸るとき、まるで自宅にいるような親身できめ細やかなサービスは、心にしみるのでしょうか。

人気ホテルは、予約が取りにくいことが多いのですが、事業の拡大より接客の充実をはかっているからこそ、高い満足が得られるのかもしれません。

 
メニュー
ビジネスホテルとは
ビジネスホテルの選び方
公共施設のホテルとは
公共施設のホテルの使い方
かんぽの宿とは
かんぽの宿の使い方
人気ホテル(温泉編)
人気ホテル(海外編)