様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > マーケティング

スポンサード リンク

ベンチマーキングとは

「ベンチマーキング(bench marking)」とは、マーケティング用語の一つで、日本では「最高基準設定」などとも呼ばれます。ちなみにベンチマークは「基準・水準」という意味です。

ベンチマーキングのより具体的な意味としては、「超えるべき目標を設定するために、ライバル企業の製品や手法を徹底的に調べること」といったようなものになります。

ベンチマーキングの実践例としては、90年代のアメリカ企業の急速な業績復活があります。このときはアメリカが国家戦略として技術開発を進めたという背景もありますが、各企業が日本企業に対して徹底的にベンチマーキングを実施したことも、業績復活の重要な要素でした。

ベンチマーキングは、このように、大変有効な手法なので、現在でも多くの企業で導入されています。

ベンチマーキングの実践例

「ベンチマーキング」とは、自社のビジネスプロセスの非効率な点を改善するため、同じプロセスに関する優良もしくは最高事例(ベストプラクティス)をサーチし、それと比較分析を行う手法です。このベンチマーキングは、1989年にロバート・C・キャンプによって提唱されました。

ベンチマーキングの中でも特に有名な事例としては、米国ゼネラル・エレクトリック社の全社改革があります。

1980年代、米国ゼネラル・エレクトリック社では、CEOのジャック・ウェルチ氏の指揮下で、世界一流の効率性を誇る国内外の製造業を訪問しました。その後、訪問した各社のデータを分析し、その分析結果を自社の業務に導入したのです。同社の有名な「シックスシグマ」も、この改革で実施されたベンチマーキングの最終段階として導入され、これら一連の結果、同社の生産性は飛躍的に向上しました。

エリアマーケティングとは

「エリアマーケティング」とは、文字通り地域性に根ざしたマーケティングという意味で、日本で生まれた発想です。

エリアマーケティングは、「マーケティングセグメンテーション(市場細分化)」の手法の一つ。歴史や風土などから形成される地域特有の価値観・社会構造から生じている顧客のニーズに応えるといったマーケティング活動です。

エリアマーケティングの結果によって、思いもかけないようなものがよく売れるようになることもありますし、特定の地域の住民にターゲットを絞った新商品の開発なども可能になります。「ニッチ市場」にも通じることですが、このように、地域性の調査というものも、マーケティングにおいては重要な要素なのです。

エリアマーケティングの特徴

エリアマーケティングとは、地域性(歴史や風土に根ざした地域特有の価値観や社会構造)に着目して新たな顧客の開拓をはかる、マーケティング手法の一つです。

エリアマーケティングによって、全国展開では思うように売れないようなものも、特定の地域で集中的に宣伝することによって売れるようになることは十分考えられます。また、地域限定の商品開発も可能になります。あるいは、その地域に限定した特殊な集客方法を編み出すこともできるかもしれません。

エリアマーケティングは、このように「郷にいれば郷に従う」といったかたちで展開されるマーケティングなのです。

エリアマーケティングは、バブル崩壊以来景気が思うように回復しない現在においては、有力なマーケティング方法の一つと言えるかもしれません。

ソーシャルマーケティングとは

「ソーシャルマーケティング」とは、「企業の社会的責任」という観点から出発した考え方で、企業と社会とのかかわりを考えながら行われるマーケティングです。

ソーシャルマーケティングは、1960年代にアメリカで起こった「コンシューマリズム」がきっかけとなって始まりました。

当時のアメリカでは、買わせることを最優先させた強引な販売・プロモーションなどがまかり通っていましたが、こうした消費者に対する配慮のなさが、「コンシューマリズム(消費者運動)」を引き起こすことになりました。こうした一連の動きに対する反省から、ソーシャル・マーケティングという概念が誕生したわけです。

こうした背景から、ソーシャルマーケティングは、本当の意味で消費者の心をつかむには、不可欠なマーケティングと言えるでしょう。

ソーシャルマーケティングの必要性

ソーシャルマーケティングとは、企業の社会的責任を念頭に展開されるマーケティングのことです。

ソーシャルマーケティングは、1960年代にアメリカで起こった「コンシューマリズム(消費者運動)」が発端になって生まれたマーケティング。当時のアメリカでは、大企業は「モノを売ってしまえば、後は知らない」といった姿勢で、ただ自社の利益のためだけのマーケティングを展開していました。しかし、そのような企業および商品やサービスは、ともすれば消費者の不利益を引き起こすため、消費者や社会の支持を得られるわけもなく、消費者の不満も表面化したわけです。

このような背景から生まれたソーシャルマーケティングは、社会の諸問題の解決においても必要不可欠なもの。ソーシャルマーケティングは今後ますます研究・洗練される必要のあるマーケティングと言えるでしょう。

データベースマーケティングとは

「データベースマーケティング」は、その名の通り、データベースを活用したマーケティング。このデータベースマーケティングは、まさにIT革命真っ只中の現代に適したマーケティングと言えます。

データベースマーケティングでは、顧客の属性や過去の購買傾向をデータベース化・区分・分析し、それぞれの顧客に合ったサービスを提供します。この場合は、新たな顧客を得ることも重要ですが、既に獲得した顧客に関するデータ管理・分析がメインになります。

データベースマーケティングにおいて重要なファクターは、やはりデータベースの質と分析力。現代はITの発展によって、より効率的なデータベースの作成や分析が可能になってきていますから、今後はデータベースマーケティングもさらなる発展が期待されています。

データベースマーケティングとIT

データベースマーケティングは、名前通り、データベースが命。データベースマーケティングでは、顧客の購買傾向などをデータベース化して分析し、顧客に合ったサービスを提供もしくは開発していきます。

データベースマーケティングにおいては、「お得意さん」からより多くの利益を得ることに重点が置かれます。また、データベースマーケティングでは、顧客を引き止めることも重要な課題です。

現代ではITの発展によって、データベースマーケティングもより効率化が図れるようになりました。顧客に関するデータベースの作成はもちろんですが、それをさまざまな角度から分析することができるようなソフトも多数出回っています。それゆえ、今後のデータベースマーケティングの展開においては、どれだけITを使いこなすかが重要なポイントとなることは間違いないでしょう。

ダイレクトマーケティングとは

「ダイレクトマーケティング」とは、別名を「ダイレクトレスポンスマーケティング」といい、今最もホットなマーケティング手法の一つです。

ダイレクトマーケティングにおいては、いきなり商品の直接販売を見込みません。

ダイレクトマーケティングでは、まずは広告などを利用して消費者とコミュニケーションを図り、販売を促進します。この消費者とのコミュニケーションにおいて消費者のレスポンス(反応)を見、それをフィードバックし、「お得意さん」となるような質の高い顧客の獲得につなげていきます。

ダイレクトマーケティングによって得られるのは、前述のように質の高い顧客(「ファン」とか「リピーター」といってもいいかもしれませんね)。それゆえ、少ない顧客でも多くの収益を得ることができます。

ダイレクトマーケティングの導入

ダイレクトマーケティングとは、顧客もしくは見込み客と密にコンタクトを取ることによって、「ファン」「お得意さん」「リピーター」といった質の高い顧客を獲得したり育てたりしていくマーケティング手法です。

ダイレクトマーケティングでは、顧客の数よりは質に重点が置かれるため、たとえ顧客の数が少なくても、顧客一人当たりから得られる収益は、他のマーケティング手法と比べると、やはり多めになります。また、ダイレクトマーケティングにおける顧客とのコミュニケーションは、顧客が離れていくことを防ぐことにもなります。

マーケティングでは、自社のサービスを望んでいない人に対するアプローチは当然歓迎されません。よって、ダイレクトマーケティングにおいては、その辺も考慮に入れ、あらかじめアプローチする層をかなり絞り込んで行われます。

ウェブマーケティングとは

「ウェブマーケティング」とは、名前の通り、ウェブを駆使したマーケティング。ウェブマーケティングは、IT全盛の現代に非常にマッチしたマーケティング手法ということができるでしょう。

ウェブマーケティングでは、販売戦略として、ウェブ上から顧客獲得のためのさまざまなプロモーションを行います。

ウェブマーケティングにおける具体的なアクションにはいくつもの選択肢があり、昔ながらのバナー広告をはじめ、DMとしてのEメールや、広告を掲載したメールマガジンの配信など、その種類は多岐にわたります。また、特に近年では、サーチエンジンやブログなどもよく活用されるようになりました――ウェブマーケティングにおいては、多くの場合、これらの手法を複数組み合わせて展開されています。

ウェブマーケティングの将来性

ウェブマーケティングとは、名前の通りウェブ上で展開されるマーケティングの総称です。

ウェブマーケティングにおいては、バナー広告やDMとしてのEメール、ブログやメルマガ、サーチエンジンの利用など、ウェブ上でできることはどんなことでも工夫しだいで有効な販売戦略となり得ます。

ウェブマーケティングは、技術的にはもちろんですが、ウェブの閲覧人口がひたすら増え続けている現代では、将来性が保証されたマーケティング手法ということができます。現代では「情報格差」といった問題で、ウェブマーケティングもその威力を完全に発揮するまでには至っていませんが、インターネットの発展とともに、ウェブマーケティングもさらなる進化を遂げていくことは間違いないでしょう。

 
メニュー
ベンチマーキングとは
ベンチマーキングの実践例
エリアマーケティングとは
エリアマーケティングの特徴
ソーシャルマーケティングとは
ソーシャルマーケティングの必要性
データベースマーケティングとは
データベースマーケティングとIT
ダイレクトマーケティングとは
ダイレクトマーケティングの導入
ウェブマーケティングとは
ウェブマーケティングの将来性