様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム >

スポンサード リンク

犬の動物学

犬は、動物学的にみると、イヌ科に属する哺乳類で、人間のパートナーとして家畜化された最初の動物だと言われています。

動物学上では、犬は、野生のときには群れを作って集団生活をしていたと見られており、もともと順位性に厳しく、リーダーに従順な性質をもっていたため、人間の狩りの助手として使われるようになったとされています。

現在でも、犬をしつけるときに、「まず、飼い主がリーダーだということを教えなければいけない」と言われるのは、このような動物学に基づいたものなのです。

犬の品種は400種類以上あり、動物学における主な分類では、猟犬とそうでないものに大別されます。猟犬ではないものには、牧羊犬・農場犬・番犬・そり犬・愛玩犬などがあります。

動物学上での犬の特徴は、その嗅覚にあり、人間の数万倍も鋭いと言われます。聴覚も鋭い一方で、色覚はほとんどありません。

犬は12歳で老犬となるため、12〜16歳が寿命と言われますが、育てられた環境や犬種によってもかなりの違いがあります。

動物学から見た犬とは?

犬は、動物学上ではオオカミが祖先であると言われ、最初に家畜化された動物であると考えられています。

動物学上の犬の特徴の一つは、人間の数万倍も鋭いと言われる嗅覚です。また、野生のときには群れを作って生活していたため、順位性に厳しく、自分より上位であるとみなしたリーダーに対して、従順な性質をもっています。

そのため、特別な訓練をすることなく、人間の狩りの手伝いをすることができたのではないかと、動物学では考えられています。

現在でも、犬をしつけるときには、まず、飼い主がリーダーであることを犬に教え込ませることがポイントだとよく言われますが、それは、このような、動物学上の理論に基づいたものなのです。

動物学では、犬の寿命は、平均10〜16歳くらいと言われますが、近年、医療技術の進歩により、ペットの犬の寿命はかなり延びる傾向にあります。

犬のしつけの方法

犬のしつけは、長く一緒に暮らしていく以上、欠かせないものです。

しつけを早いうちからきちんとしていないと、後々困るのは飼い主です。

犬のしつけの基本は、まず、飼い主をリーダーだと認識させること。そのうえで、何かが上手にできたときにはほめてあげ、いけないことをしたときには、タイミングよく、短く覚えやすい言葉で叱るようにしましょう。

犬のしつけには、主なものとして、トイレ、食事、散歩のしつけがあります。根気よく、愛情を持って行なえば、犬は喜んで従うようになります。

しつけに使う言葉や、「どういうときに叱ってどういうときにほめるのか」というのは、犬が覚えやすいように、家族全員で統一しておきましょう。

犬のしつけ方

犬のしつけには、主なものとしては、トイレのしつけ、食事のしつけ、散歩のしつけの3つがあります。

犬のしつけ方の基本は、飼い主と犬との上下関係をはっきりさせ、飼い主のほうがリーダーだと犬に認識させることです。このプロセスがうまくいけば、その後のしつけもスムーズにいきます。

しつけの具体的な方法としては、何かが上手にできたときには、タイミングよくほめてあげ、いけないことをしたときには、短く覚えやすい言葉で叱ってあげることです。感情的に怒るのは、犬にとっても飼い主にとってもマイナスです。

また、犬のしつけに使う言葉や、“どんなことをしたときに叱り、どんなことをしたらほめるのか”ということは、家族全員が統一しておく必要があります。

犬の病気について

犬の病気には、発症すると必ず死亡するという狂犬病や、ジステンパーなどの伝染病をはじめとして、さまざまなものがあります。

病気から愛犬を守るために必要なのは、まず、予防接種。

犬の病気の多くは、これで防ぐことができます。

特に、狂犬病の予防接種は、毎年一度受けることが、法律で義務づけられています。

犬の、市町村への登録が済んでいれば、通知が来ますので、必ず受けてください。

病気予防のために、定期的な健康診断を行っている動物病院もありますので、犬の健康管理のために利用すると良いでしょう。

犬が病気になってしまったら、すみやかに動物病院の獣医師に診てもらい、必要な検査を受けましょう。

病気の症状に見合った薬を処方をしてくれます。

犬を病気から守るには

犬の病気を予防するためには、動物病院での健康診断と予防接種があります。

病気の中でも、狂犬病は、かかったら致死率100%と言われる恐ろしい病気ですから、法律で義務づけられている年1回の狂犬病の予防接種は、必ず受けさせなければいけません。

動物病院では、狂犬病以外の複数の病気の予防に効果のある、混合ワクチン接種も行っています。

犬が病気になってしまったら、かかりつけの動物病院に連れて行き、必要な治療をしてもらいましょう。症状に応じて、薬も処方してくれます。

病気から愛犬を守るためには、早期発見・早期治療が肝腎。

日頃から、犬の健康状態に留意し、「もしかしたら病気かな?」と気になることがあったら、獣医さんに相談するようにしましょう。

ペット(犬・猫)と泊まれるホテル

犬や猫などのペットは、家族で泊まりがけの旅行やレジャーに行くときには、どこに預けていますか?

ペットホテルや、ペットシッターといったサービスをする利用する方も増えていますが、家族の一員として可愛がっている犬や猫ですから、「旅行を一緒に楽しみたい!」と思う方もいるでしょう。

そのため、最近では、ペットと泊まれるホテルが少しずつ増えてきており、“ペット同伴で旅行にいく”というスタイルも定着してきています。

ペットと泊まれるホテルの中には、ドッグラン(犬用の運動場)やドッグプール(犬用プール)、ドッグスパ(犬用の温泉)といった施設を備えているホテルもあります。

ペットの犬や猫にとっても、ペットホテルなどに預けられるよりも、飼い主と一緒にホテルに泊まれるのですから、これ以上安心なことはないでしょう。

ただし、ペットと泊まれるホテルと言っても、ルールやマナーはつきもの。他の宿泊客に迷惑をかけないためにも、ワクチン接種はもちろん、トイレや食事などの基本的なしつけや、衛生面の管理などを事前に済ませてから、利用するようにしましょう。

犬などのペットと泊まれるホテル

犬や猫などのペットも、家族旅行に同伴させたい――。

そんな願いから生まれたのが、ペットと飼い主が一緒に泊まれるホテルです。

ペットと泊まれるホテルの施設としては、ドッグラン(犬用の広場)、ドッグスパ(犬用温泉)、ドッグプールなどがあります。中には「ドッグエステ」という、犬用エステサービスつきのホテルもあります。

犬や猫などのペットにとっては、飼い主と一緒にホテルに泊まれるうえに、遊んだり温泉に入ったりできるのですから、こんなに楽しいことはないでしょう。

しかし、一般のホテルの何室かがペット可になっているようなホテルの場合は特に、他の一般客に迷惑がかからないよう、マナーやルールを守らなくてはなりません。

ペットと泊まれるホテルを利用する前には、犬や猫にワクチン接種を受けさせておくことはもちろん、トイレや食事などの基本的なしつけもしっかりやっておくようにしましょう。

犬・猫にかける「ペット保険」を考える

犬や猫などのペットが、病気やけがをした場合、動物病院での診療費は、案外バカにならないものです。

ペット保険とは、そのような万一の場合に備えて入っておく、ペットのための保険です。

ペット保険の内容は、人間の医療保険とほとんど変わることがなく、動物病院での通院・入院・手術費用、不妊手術や去勢、予防接種等にかかる費用の全部または一部が保障されるというもの。

さらには、犬が子供にかみついてケガをさせた場合などの「損害補償」に対応しているペット保険もあります。

大切な家族の一員であるペットのために、保険を利用する飼い主が増加する一方で、契約後のトラブルも増加傾向にあります。

ペット保険業者の信頼度をチェックし、保険契約内容を確認してから契約を行うようにしましょう。

犬や猫のためのペット保険

犬や猫などのペットが、もし大きな病気にかかってしまったら――。

そんな不安に応えるのが、近年ニーズが高まってきている「ペット保険」です。

ペット保険とは、人間でいうところの“医療保険”のペット版。

病気やけがをして、動物病院にかかる場合の、通院・入院・手術費用・予防接種代などの一部もしくは全部の費用が、保険によって保障されるというものです。

ペットの犬が、子供などにかみついてケガをさせてしまった場合などの「損害保障」に対応しているものもあります。

動物病院の料金は、ちょっとした手術でも何万円もすることがあるので、月々2〜3千円程度のペット保険はオトクに見えます。

しかし、近年、ニーズに伴ってトラブルも増えているので、契約の際には、信頼できる保険業者を選び、契約内容をしっかり確認することが大切です。

犬に着せる服は?

犬に服を着せるなんて、少し前までは考えられなかったこと。

しかし、今は、「犬服」と呼ばれる市販の犬用の服が、たくさん流通しているのです。

犬に服を着せるのは、飼い主の自己満足ばかりではなく、散歩時の汚れや雨から愛犬の体を守るという意味もあります。また、寒さや紫外線対策にも効果を奏します。

犬服の中には、人間顔負けの高価なオーダーメイド商品から、コスプレ用の凝った洋服までさまざまなものがあり、ペット市場は新分野を開拓しつつあります。

犬に服を着せる場合、事前に犬のサイズをしっかり採寸しておくこと、1日中着せっぱなしにしないこと、犬にとって快適な素材・形状の服を選ぶというのが、基本的なポイントです。

犬用の服の選び方

犬に服なんて必要ない――。

数年前まではそういう風潮が主流でしたが、現在は、犬用の洋服は「犬服」と呼ばれて普及し、さまざまな種類のものが販売されています。

犬に服を着せる理由は、見た目が良いからというだけではありません。

犬の体を、散歩のときの雨風や紫外線から守ったり、抜け毛が飛び散るのを防いだりといった役割もあります。服を着せるようになってから、犬が風邪をひかなくなったという話も聞きます。

犬用の服を選ぶ際は、目的に沿った形状・素材のものを選ぶようにしたいものです。

また、犬の服を買うときのポイントは、事前に、犬の首まわりや着まわり、胸まわりのサイズを測っておき、合ったサイズのものを購入すること。

注意点としては、洋服を24時間着せっぱなしにしないこと、子犬の頃から服を着ることに慣れている犬は別ですが、嫌がる犬には無理強いしないことです。

最近では、オーダーメイド商品や、コスプレ用商品まで流通している犬服の世界。今後は、人間と同程度まで、アパレル産業も発達していくのかもしれません。

犬の飼い方を知ろう

犬の飼い方の基本は、一つの命をあずかることの責任と、飼い主としての義務を知ったうえで、自分のライフスタイルに合った犬種を選ぶことです。

飼い方のポイントは、子犬のうちに、食事や散歩、トイレなどのしつけをしておくこと、そして、食事や運動などを含めた健康管理を日頃からきちんと行っておくことです。

また、義務づけられている狂犬病の予防接種以外にも、任意の、混合ワクチン接種を受けておくことも大切。病気予防のために、耳や目、口などの体のお手入れをすることも、飼い方のポイントの一つです。

犬の飼い方で分からないこと・心配なことがあるときに、気軽に相談できるような関係を、動物病院の獣医さんと作っておくと安心です。

犬の飼い方の基本とは

犬を飼いたいけれど、飼い方がよく分からない、という相談がよくあります。

犬の飼い方を考える前に、まず知っておかなければいけないのは、飼い主の義務と責任についてです。飼育費用や住宅環境なども考え合わせて、自分のライフスタイルに合った犬種を選ぶようにしましょう。

犬の飼い方のポイントとしては、子犬のうちに、食事や散歩、トイレなどのしつけをきちんとしておくことが挙げられます。このハードルを上手にクリアしたら、犬と飼い主との良好な関係が生まれます。

また、必要な運動をさせてストレスを発散させてあげること、食事の量や内容に気を配り、日々の健康管理を行うこと等も、飼い方のポイントです。

犬の飼い方でわからないことや心配ごとがあるときに、近所の飼い主仲間や、動物病院の先生は頼りになるもの。気軽に相談できるような関係を築いておくといいですね。

チワワってどんな犬?

チワワを飼っている家はけっこうあります。ブログにもチワワに関するものが圧倒的に多く、人気の犬です。

チワワは犬の中でも小型犬に属する世界で最も小さい犬で、性格は活発で好奇心も旺盛、敏捷に動く姿が印象的。飼い主にも忠実で比較的飼いやすい犬種です。

チワワの毛色は多種多様。被毛には短毛と長毛があるので、ふだんの手入れは毛長にあった方法で行ないます。

チワワにとって散歩は必ずしも必要ではなく、小さい犬なので家の中でも運動は十分できます。よって家の中ではいっしょに遊んであげることが大切です。もちろん天気のいい日は日光浴をかねて、散歩をするのがいいです。特に1匹飼いの場合は、他の犬等とのコミュニケーションも学んでいく必要があるからです。また小さいからつい抱っこしてしまいがちですが、骨の発育を考えると歩かせたほうがよいです。

チワワは寒がりが多いので、冬場の室温には気をつけ、食事のカロリーを少し多めにしたり、洋服を着せるのもよいでしょう。また目が出ているので目の病気になりやすいこと、頭が他の犬に比べてけがをしやすいという特徴もあります。

チワワの飼い方

チワワの性格は自立心旺盛で、飼い主には忠実につくし深い愛情を注ぎます。小型犬であることから家で飼うにはもってこいの犬種といえるでしょう。ただ体格が小さいので、小さなお子様のいる家庭では心配な面もあります。小さな子供だと手加減をしらないのでチワワにとっては大きな事故につながることもあるからです。

チワワは小型犬ですが、大きい犬の前にいっても動じないどころか勇敢に向かっていく面もみられます。もともとが闘犬の部類に入るからでしょう。小さくてかわいいからと甘やかすのはもってのほか。きちんと正しいしつけを行なって、家族の大切な一員にしてください。

チワワの食事で気をつけることは、甘い物や人間の食べる物は極力あげないことです。これはすべての犬に共通していえることでしょう。

チワワは小さいので抱っこしやすいことから、よく散歩でも抱っこしているのを見かけますが、自分の足で歩かせることは犬の成長のためにも重要なこと。チワワは好奇心も旺盛なので、また社会性を育むためにも散歩にいったときは適宜に歩かせましょう。散歩の時はリードを必ずつけてください。

ゴールデンレトリバーってどんな犬?

ゴールデンレトリバーは大型犬で、原産国はイギリス。もともとは猟犬として飼育されていたものですが、日本に入ってきているのはアメリカンタイプの家庭犬の要素が強いほうです。

ゴールデンレトリバーの性格は人懐っこく、好奇心旺盛。体を動かすことが大好きです。回収犬(レトリーバー)であるという特徴を生かし、例えばゲームの延長としてモノを持ってこさせたり、運ばせる訓練をしていくことができます。頭がよいのでしつけはつけやすいです。

ゴールデンレトリバーのしつけの中で、「甘噛み」と「飛びつき」は大型犬なので特に注意が必要です。犬は体が大きいことを考慮しません。子犬のうちからきちんとしつけることが必要です。

ゴールデンレトリバーは大型犬ですから、毎日の運動はもちろん必要です。また人間が大好きなので、飼い主は犬に触れてコミュニケーションをとってあげましょう。ゴールデンレトリバーは人が恋しい犬なのです。

ゴールデンレトリバーの飼い方

ゴールデンレトリバーは、大型犬を飼う家庭が増えている現在、人気の犬です。理由は、ゴールデンレトリバーは頭がよく、しつけもしやすい犬種であり、フレンドリーな性格を持ち、そして何よりも親しみやすい優しい顔つきをしている、などがあげられます。

ゴールデンレトリバーは体格が大きいのでそれなりに運動が必要です。太りやすいので毎日の散歩はかかせません。しつけはつけやすいことから、遊びを通して、例えば、モノをもってこさせる、運ばせる、といった運動をかねてのしつけがよいでしょう。子犬のころからのしつけが大切です。しっかりとしつけができると、ノーリードで例えば野原にいって思いっきり遊ばせることもできるようになります。

ゴールデンレトリバーは暑がりです。真夏日の散歩には注意しましょう。また毛長で皮膚炎になりやすいので、まめに皮膚の状態はチェックして適宜ブラッシングをしてあげることも必要です。その他に、ゴールデンレトリバーは無理な交配の結果、股関節形成不全を呈する場合があります。こういった場合は体重管理が必要になってきます。

ゴールデンレトリバーはしつけをきちんと子犬のころからつければ、あなたのよきパートナーとなる犬です。飼い主は犬の性格をよく理解し、正しいしつけを行なってください。

 
メニュー
犬の動物学
動物学から見た犬とは?
犬のしつけの方法
犬のしつけ方
犬の病気について
犬を病気から守るには
ペット(犬・猫)と泊まれるホテル
犬などのペットと泊まれるホテル
犬・猫にかける「ペット保険」を考える
犬や猫のためのペット保険
犬に着せる服は?
犬用の服の選び方
犬の飼い方を知ろう
犬の飼い方の基本とは
チワワってどんな犬?
チワワの飼い方
ゴールデンレトリバーってどんな犬?
ゴールデンレトリバーの飼い方