様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 化粧

スポンサード リンク

お化粧、メイクの方法

お化粧は、お肌の手入れに始まり、お肌の手入れで終わると言われるほど、お肌が命です。

メイクのノリがいいと、朝の気分は全然違ってきますね。

メイクの方法の前に、基礎化粧品について考えてみましょう。

基礎化粧品には、お肌を清潔にしたり、汚れを取ったりする洗顔料、うるおいを与える化粧水、うるおいを逃がさないための保湿液があります。

メイクの前、メイクの後には、基礎化粧品で十分にお肌の手入れをしましょう。

メイクの汚れを残したままだと、メイク方法がいくらうまくいっても、翌日のお肌は元気がなくなってしまいます。

朝は、夜の間にかいた汗や、分泌された汚れをきれいに落とし、基礎化粧品でお手入れをしてからメイクをしましょう。

メイクの方法は、まず、下地を使って、お肌の色を調整したり、ファンデーションやポイントメイクが定着しやすいように整えます。

化粧の下地が整ったら、ファンデーション、チーク、アイカラーなどでお肌にメイクをのせていきましょう。

季節や、TPOに合わることはもちろん、自分に合った色を見つけるなど、いろいろなメイク方法を試してみましょう。

お化粧とは。メイク方法のいろいろ

お化粧ひとつで、女性の印象はとても変わります。

化粧は化ける、などといわれるのは、なかなか本質を突いているようです。

メイク方法は、一昔前の厚化粧から、ガングロ、最近よく聞くナチュラルメイクまで、時代に合わせて次々と流行が変わっていきます。

流行をうまく取り入れたメイク方法は、若い人にははつらつさ、40〜60代になったとしても、洗練した印象を与えます。

メイク方法は、ベースメイクやチーク、アイメイクの色遣いや、眉の整え方など、流行をちょっと取り入れるだけでも、かなり印象が変わってきます。

ラメやパールを上手に取り入れ、ソフトで中間的な色をチークやアイメイクに使うと、若々しいナチュラルメイクになります。

春はピンク、夏はオレンジやグリーンといった、季節ごとに生きる色を取り入れると、マンネリ化せず、いつも新鮮な印象を与えます。

化粧だけでなく、メイク方法で欠かせないお肌の手入れや、春から夏の紫外線対策も忘れないようにしたい大切なポイントです。

美肌で美白で、いつも新鮮な印象のメイク美人を目指してみましょう。

化粧下地とは

化粧下地とは、お肌の手入れの後、メイクののりをよくするために使う化粧品です。

お化粧のメインとなるファンデーションやチークは粉っぽいものが多く、定着しやすいように液状やクリーム状になっているものもありますが、時間が経てば、顔の動きや汗、風などではがれていってしまいます。

化粧下地を使うと、お肌の表面を滑らかに、しっとりと整え、ファンデーションののりや、お化粧のもちがとてもよくすることができます。

化粧下地の中には、UVカット効果があるものが多く、紫外線の強い季節には欠かせません。化粧下地がUVをカットしてくれれば、忙しい朝に日焼け止めをプラスしてぬる手間が省けて便利ですね。

お化粧のもちがよくなるので、お昼休みにちょっと直せば、夕方までテカリや崩れを防ぐ!という売り文句の化粧下地が人気のようです。

お化粧の土台であるお肌の色のムラを調整してくれる、いろんなニュアンスの化粧下地があります。自分にあったものを探してみましょう。

化粧下地の選び方

化粧下地の選び方は、色や滑らかさ、日焼け止め効果などさまざまなことがポイントになります。

化粧下地の色を選ぶときは、

・お肌の透明感やくすみが気になる人はオフホワイトを

・黄色味や血色の悪さが気になる人はピンクを

・頬の赤みやニキビ跡が気になる人はグリーンやブルー

などにすると、なりたい色に近づけることができます。

紫外線が気になる季節には、日焼け止め効果のある化粧下地が大活躍しますね。

お肌の乾燥や油っぽさに合わせて、さっぱりしたものや、しっとりしたものを選んでみましょう。

お化粧は朝のぬりたては自分でもほれぼれしますが、お昼から夕方にかけて、崩れやテカリが気になってきてしまいます。

化粧下地は、崩れやテカリの防止について日々研究されて革新されています。

自分の肌にあう、効果のあるものを見つけて、お手入れが楽でテカリのない、快適な1日を送りたいですね。

化粧水とは

化粧水とは、女性のデリケートなお肌を守り、うるおいを与える基礎化粧品です。

化粧をする女性は、もともとが男性に比べて白くてやわらかいお肌なのですが、毎日のメイクによって負担がかかり、さらにデリケートになっています。

お化粧の前と後は、洗顔で汚れをきれいに落としましょう。

化粧水は、洗顔後のお肌のPHのバランスをとり、水分を与えて、気分もリフレッシュさせます。

化粧水の成分は、女性のお肌のためにたくさんの工夫がされていて、お肌にすっとしみこんでいくような繊細な感じがするものや、ニキビや肌荒れを防ぐ成分を含むもの、美白成分に富んだもの、加齢によるシミやシワにポイントを置いたものなどさまざまです。

化粧水の後には、保湿液をつけることで、化粧水の成分をお肌に閉じ込めます。

オイリー肌や、夏場などはお肌がしっとりしているように感じて、化粧水を省いて保湿だけする人もいますが、うるおいが不十分なまま保湿液をつけると、かえってお肌の水分を失ってしまうようです。

化粧水と保湿の両方が1本ですむという便利な商品もあるので、ライフスタイルに合わせて選んでみましょう。

化粧水の選び方

化粧水は、お肌の質や状態、季節によって合うものを選びましょう。

化粧水には、ドラッグストアで安売りしている手ごろなものから、オリジナリティーを打ち出したブランドもの、究極の美肌を追求する高価なものまでさまざまな種類があります。

お肌を毎日手入れするものですから、たっぷり使えて、安全で、ふところに見合う化粧水を選びたいですね。

化粧水の安全さについては、まず添加物に気をつけてみましょう。

長持ちさせるための防腐剤やアルコール、原料臭を隠すための香料は、お肌に負担をかける成分といわれています。

敏感な人には、無添加や自然さを打ち出した化粧水が、疲れた肌に合うかもしれませんね。

お肌のトラブルに対処するさまざまな性質の化粧水もあります。

ニキビやシミ、シワ、加齢によるストレスなどの問題があれば、トラブルに合わせた効果のある化粧水を使い続けると、肌の質が改善できるかもしれません。

化粧水は毎日使うものなので、値段が大切ですね。

無添加や最高の原料を誇る一流品には、かなり高価なものもあります。

安価な化粧水でも、世代を超えて長い間口コミなどでヒットしているものもあります。高価なものが無意味に感じるほどしっくりくるとまでいわれるようなものもあるようです。

いろいろ情報を集めて、自分に合うものを見つけてみましょう。

スキンケアとは

スキンケアとは、お化粧で負担がかかりがちなお肌のお世話をすることです。

お肌は、もともとは放っておいても皮脂を分泌し、しっとりうるおってぴちぴちした状態を保つ力を持っています。

スキンケアが大切と言われる背景には、さまざまなストレスや、特にお化粧などが与えるダメージにより、お肌が本来の力を発揮しにくい環境となっていることがあげられます。

スキンケアの基本は、洗顔によって汚れを落とし、化粧水や保湿によってお肌にうるおいを与え、ふっくらさせることです。

お肌をストレスから守るという意味では、紫外線によるダメージを防ぐUVケアも大切なスキンケアになってきます。

スキンケアの行き届いたお肌は、それだけでも飾り気のない美しさがあり、デキるキャリアウーマンの表現のひとつとして、メイクをせずにスキンケアのみに重点をおくブランドもあるほどです。

お化粧を落としたスッピンもきらりと輝く、そんなスキンケア美人を目指してみたいですね。

スキンケアの方法

スキンケアの方法は、ちょっとした手間をかけ、お肌にあうスキンケア用品を使うことがとても大切です。

スキンケアのベースになるものは、お肌にかかっているストレスを落とす、洗顔といえるでしょう。

お化粧や、細菌、空気中のほこりなどによって、お肌にはたくさんの汚れがついていて、ストレスとなっています。

スキンケアとして洗顔をするわけですから、ごしごし洗ってお肌にもっとストレスを与えないように注意し、たっぷりあわ立てた洗顔料で、お肌に手をすべらせるように洗いましょう。

お化粧をしている場合は、先にメイク落としを使いますが、このときも、ごしごししないように注意が必要です。

強い刺激を続けると、お肌はくすんでしまいます。

メイクや汚れ、皮脂などは、すべらせるように洗うだけで浮き出てくるので、きれいに落とすことができます。

洗顔の次のスキンケアは、うるおいを与えることです。

化粧水を手のひら全体に広げ、お顔全体にしみこませるように馴染ませましょう。

何度も重ねづけすると、お肌がしっとりとし、乾燥肌やオイリー肌などのトラブルが改善されて健康になっていきます。

スキンケアの最後は、保湿です。

化粧水でしっとりしたお肌が乾かないうちに、少量の保湿液を全体に馴染ませましょう。

保湿液を使いすぎると、お肌本来が持っている皮脂を分泌する力が弱ってしまい、トラブルが起きやすくなります。

スキンケアの正しい方法をマスターして、素肌からの美人を目指してみましょう。

リップメイクの方法

お化粧の印象は、アイメイクの次にリップメイクが重要な位置を占めています。

つややかで自然なリップメイクは若々しく、シックで上品なリップメイクは大人の演出に欠かせません。

お化粧でリップを生かすには、まず唇のお手入れが大切です。

リップクリームは、お化粧で負担がかかりがちな唇を保護し、なめらかに整えてくれます。

荒れてしまってるようなら、ビタミンや抗炎症作用などを含んだ薬用リップなども数多くあるので、自分に合うものを見つけてみましょう。

リップクリームで下地を整えたら、シャープな印象を与えたいお化粧のときは、リップライナーで輪郭を描きます。

使うリップと同系色のリップライナーがいいでしょう。

ナチュラルやラフさを演出したお化粧にしたいときは、リップライナーを使わず、リップカラーをそのまま、軽く唇にのせるといいようです。

リップライナーで輪郭を整えたら、リップカラーをペンにとり、ていねいに唇にのせていきます。

リップのお化粧の仕上げにグロスを使うと、唇に立体感を与えて、つややかでイキイキとした表情になります。上下の唇のいちばん盛り上がった部分に、少量つけて整えましょう。

リップの選び方

お化粧の印象を左右するリップを選ぶ場合、出かける場所や季節、アイメイクとの色のバランス、自分の顔色に合うか、年代など、いろんな条件が考えられます。

オフィス向けのお化粧なら、ベージュや抑え気味の色のリップで、ナチュラルで知的な印象をアピールしてみましょう。

新入社員の場合は、春らしいピンクをやわらかく取り込んで、初々しいイメージを作ると好印象を与えるかもしれません。

アフターファイブのリップメイクは、パール使いで、ローズやレッドでは上品さを、ピンクやオレンジではキュートな印象が演出できます。

アウトドアのお化粧でも、リップはいろんな表情を作ります。

夏の日差しに映えるオレンジのリップや、日焼けした肌にマッチしたモカなど、自然を意識したリップメイクにチャレンジしてみましょう。

化粧について――メイク方法の基本

化粧は、最近では男性の間でも行われるようになりましたが、やはりその化粧への情熱は、まだまだ女性にはかなわないようですね。先日「ヴィジュアル系」のバンドのPVを見ましたが、やはり男性の化粧はまだ一般的になっていないこともあってか、何か違和感を感じました――っていうか、女性のわたしよりキレイだったというのが、不快感の本当の原因かも……(泣)

化粧――メイクの方法は、本当に様々ですが、基本的なメイクの方法というのはたしかにあって、それはだいたいこれらの要素から構成されています。

・日々のスキンケア

・眉・まつげなどの基本的なお手入れ

・ベースメイク

・アイメイク、リップメイクなどのポイントメイク

メイクの方法はだいたい以上のような流れですが、だからといって、必ずしもこの方法でメイクをしなければキレイになれないというわけでもありません。みんな顔立ちも肌質も違いますしね。

あなただけのメイクの方法をいろいろ研究してみて、どうぞ化粧上手になってください。

化粧について――ナチュラルメイクの方法

化粧において、多くの人に敬遠されるのが「いかにも塗りました〜」的なメイクの方法。このメイクの方法、見た目、すぐにでも化粧品が剥がれ落ちてきそう(笑)ですし、特に夏場は暑苦しい。それに、派手なメイクの方法は、化粧崩れも目立ちやすいですよね。

化粧において、本人も気持ちよく、周囲にも良い印象を与えるのが「ナチュラルメイク」。このメイクの方法は、化粧していることはわかるものの、それでいて、素顔の良さを活かした自然な感じ。何より清潔感があります。

ナチュラルメイクの方法・テクニックの主なものとしては、「自分の肌色に近い色の化粧品を選ぶ」「眉やまつげなどの基本的な手入れをしっかりと」「日々のスキンケア重視」といったものが挙げられます。何も「ナチュラルメイク」だからといって「手抜き」というわけではなく、逆に自然に見せるためには、結構手間やテクニックも要るんですよね――でも、確実に好感度はアップです!

化粧下地に投資!

化粧下地は、化粧崩れを防ぐためには欠かせないものですね。化粧下地は、お肌のコンディションに密接に関わってきますから、たとえ他の化粧品選びは安く簡単に済ませても、化粧下地だけはとことんこだわりたいものです。

化粧下地の主な役割としては、まずはお肌の不調を整え、お化粧のノリを良くすること。また、化粧下地には、UVカットも期待したいところですね――こう書けば、化粧において、化粧下地がいかに大切かということがおわかりいただけるかと思います。

化粧下地は、一発で自分に合ったものが見つかるといいのでしょうが、なかなかそうもいかないもの。各社の化粧下地のテスターを取り寄せて、自分に合うものが見つかるまで、納得いくまで探しましょう。その結果、多少高いものを選ぶことになったとしても、この投資は、決してあなたを裏切ることはないと思いますよ。

化粧下地とUVカット

化粧下地は、化粧を美しく仕上げる要となるだけではありません。UVカットの効果が優れている化粧下地を使えば、太陽からしっかりお肌を守ってくれます。

化粧下地の大切さを痛感した、個人的な経験としては、やはりスキーのときのこと。スキーは、ちょっとだけならいいのですが、泊りがけで何日も、朝から晩まで滑るとなると、たとえ化粧をしていても、かなりヤケてしまいます。普通に化粧していたわたしも、初日は良かったんですが、2日目、3日目には、すっかり黒くなってしまいました。

そこで翌年はリベンジ!――というのも、たまたま手に取った強力な日焼け止めに「化粧下地としても使えます」との表示があったせいなんですが、この日焼け止めを化粧下地として、その上からいつもの「UVカット」のリキッドファンデーションとパウダーファンデーションを塗り重ねたんです。

その結果ですか?――もちろん、顔は信じられないくらい白いままでした! UVカットに重点を置くなら、ファンデーションだけでなく、化粧下地にも力を入れてみてください。

化粧水へのこだわり

化粧水は、化粧品の基本の基本ですね。化粧の出来は日々のスキンケアで決まりますから、そのスキンケアに密接に関わる化粧水にも、とことんこだわりたいところ。

化粧水の良し悪しは、値段で決まるものではありません。わたしの経験上、安い化粧水でも、いいものはたくさんありますし、中にはUVカットの化粧水というものもあります。欲を言えば、たっぷり使えるものがいいですね。また、「普段用」のほかに、お肌が少し疲れているときのためのスペシャルな化粧水を持っていてもいいかもしれません。

化粧水は、スキンケアにおいて重要なものですから、化粧水選びに妥協は禁物。積極的にテスターを入手し、いろいろテストしてみて、ぜひ自分にピッタリの化粧水を見つけてみてください。

化粧水の手作り

化粧水は、市販のものの場合、防腐剤や着色料、香料などの添加物が数多く含まれていることがほとんどです。こうした化粧品の添加物の中には、発ガン性が疑われているものもあり、しかもそのすべてが表示されているわけではありませんから、特にお肌が敏感な方の中には、こうした化粧水を使うことに不安を感じておられる方も少なくないようです。

化粧水を安全に使いたい方は、手作りが一番です! 手作りなら、何が入っているのか把握できますからね。

手作り化粧水の代表例としては、「お酒と精製水とグリセリン」というものがあります。これらの材料は、お近くの薬局や食料品店で買うことができますし、特にグリセリンは純粋なものが買えます。香りが欲しければ精油をちょっと加えてもいいですし、アルコールに敏感な方は、アルコール抜きでもOK。

手作りの化粧水、たしかに防腐剤が入っていない分、日持ちはしませんが、少量つくって冷蔵庫で保存することで、安全かつ快適にスキンケアを楽しむことができますよ。

スキンケアの極意

スキンケアの極意――それは何といってもクレンジングにあり! だから、メイク落としと洗顔料選びには、手が抜けません。

スキンケアの重要な点は、お肌に負担をかけずにヨゴレを落とし、かつ疲れたお肌を速やかに回復させること。だから、メイク落としも洗顔料も、お肌にやさしく、それでいて洗浄力の高いものがほしいですね。

スキンケア用品の中で、個人的にオススメなのがオリーブオイル。オリーブオイルは、「日本薬局方」のものが、安くて無添加なので安心です。これはメイク落としとしてはもちろん、マッサージオイルとしても重宝します。アロマテラピーにも使えますよ。

スキンケアに気を遣う方は、このオリーブオイル、一度試してみる価値はあると思います。

スキンケアの基本――無添加石けん

スキンケアの基本は洗顔。その際に使う洗顔料は、ヨゴレをキレイに落としつつ、疲れたお肌をリフレッシュさせるものが理想ですが、なかなかそういうものにめぐり合えないという人も少なくないかもしれません。

スキンケアにおいて、わたしが特にオススメしたいのは、石けんによる洗顔。それも無添加石けん。この無添加石けん、ものすごく泡立ちが良く、強烈にヨゴレを落とす割には、お肌へのダメージがとても少ないので、スキンケアにはもってこいです。

スキンケア用の無添加石けんは、最近はネット通販でも、たくさんの種類のものが出ています。個人的にオススメなのは「サボン・ド・マルセイユ」と「アレッポの石けん」。どちらもスキンケアに一役買ってくれる、お肌に優しい石けんです。ただし、「サボン・ド・マルセイユ」の中には、無添加でないものもありますので、購入の際は添加物の確認をお忘れなく。

リップケア

化粧において、唇はとても重要な部分。唇がその人の顔の魅力の決め手になることも少なくありません。ですから、化粧の際は、リップメイクにも凝りたいところ。

リップメイクの基本はリップケア。いくら良いリップスティックやグロスなどを使っても、唇がガサガサでは、リップメイクは上手く仕上がりません。このように、リップケアはとても重要です。

リップケアの力強い味方としては、「白色ワセリン」があります。これはリップクリームとして使え、「アットコスメ」などでも結構評価が高いみたいです。さらにグロスとしても使えますしね――マリリン・モンローも、これをグロスとして使っていたそう。薬局で50gで300〜400円くらいで買えますよ。

化粧の基本はスキンケア。だから、リップケアも例外ではありません。化粧に情熱を傾けている人は、リップケアにも励みましょう。

リップスティック

リップメイクによって、顔の印象はかなり変わります。このリップメイクの主役は、やっぱりリップスティク。

リップスティックを選ぶ際、ポイントはいくつかありますが、やはり一番重要なのは色ではないでしょうか。特にリップメイクは、TPOをわきまえた配色とテクニックを要求されますから、リップスティックも、複数の色のものを取り揃えておくと安心です。わたしも4色くらい(レッド・ピンク・オレンジ・ベージュ)を使い分けています。リップスティックも、これくらいあれば、取り合えずどんな場面にも対応できます。

リップスティック選びのポイントは、このほかにも「色持ち」「添加物の有無」「発色」など、いくつかあると思います。これらはメーカーによって大分差があるように感じますね。テスターで慎重に試して、お気に入りのメーカーを探してみてください。

 
メニュー

お化粧、メイクの方法
お化粧とは。メイク方法のいろいろ
化粧下地とは
化粧下地の選び方
化粧水とは
化粧水の選び方
スキンケアとは
スキンケアの方法
リップメイクの方法
リップの選び方
化粧について――メイク方法の基本
化粧について――ナチュラルメイクの方法
化粧下地に投資!
化粧下地とUVカット
化粧水へのこだわり
化粧水の手作り
スキンケアの極意
スキンケアの基本――無添加石けん
リップケア
リップスティック