様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > アレルギー

スポンサード リンク

アトピーと貴陽石

アトピーといえばアレルギー、アレルギーといえばアトピーというくらい、アトピーは代表的なアレルギーのひとつです。

アトピーは「アトピー性皮膚炎」といい、ギリシャ語では、「原因不明」「不思議な」皮膚炎という意味になるそうです。

アトピーに貴陽石が効くということを、最近よく耳にします。貴陽石とは、群馬県産出の鉱石で、強力なマイナスイオンと遠赤外線を発生している天然鉱石です。

貴陽石のマイナスイオンは、白色の場合はトルマリンの3.8倍、赤色の場合はトルマリンの9.7倍ともなっています。貴陽石の遠赤外線は、白色の場合、25℃で96%の放射率、トルマリンは88%となっています。

こういった貴陽石のもつパワーが、アトピーにも効くとのこと。具体的には、貴陽石を粉にして浴槽にいれて、入浴剤として活用するのが一般的なようです。

貴陽石の入浴剤を使ったお湯は、非常にやわらかく感じてお肌に優しく、また湯冷めしにくいという効果があるとのことです。

アトピーと貴陽石2

アトピーとはアレルギーの代表的な病気で、「アトピー性皮膚炎」といいます。

アトピーの症状の代表的なものは皮膚炎。激しいかゆみ、腫れ、乾燥、慢性湿疹等々と、本人もつらいし、傍から見るのも胸が痛むほどで、アトピー性皮膚炎の子をもつ親は特に「なんとかしてあげたい」と日々思い悩んでいることでしょう。

アトピーに効くといわれるものに、貴陽石というものがあります。貴陽石とは、約6500万年前の地殻変動に伴う高温熱水作用によって形成されたといわれる、群馬県で産出される鉱石のことです。

貴陽石の特徴は、強力なマイナスイオンと遠赤外線を発していることです。マイナスイオンは、β-エンドルフィンという脳内物質を活性化して、不眠解消やストレス解消をもたらすという効果があります。また、自律神経を安定化させ、血液浄化作用もあり、免疫力も高め、アトピーにも効果的といわれます。

貴陽石にこめられた自然の恵み・パワーで、まず心を和らげリラックス。自然治癒力を高めることで、アトピーの改善が図られるともいえますね。

赤ちゃんとアトピー

アトピーとは、「アトピー性皮膚炎」といわれるもので、強いかゆみを起こす代表的なアレルギー性の病気です。

赤ちゃんはアトピーにかかりやすいといわれています。アトピー性皮膚炎は、遺伝的要素が強い病気といわれており、家族や血縁関係者にアトピー、ぜんそく、アレルギー性鼻炎などアレルギー体質の人がいる場合は、アトピーにかかりやすいと考えられています。

赤ちゃんの肌というのはぷるぷるしているせいか、みずみずしいと考えられがちですが、意外なことに、大人の肌に比べて水分量が少ないことが確認されています。

アトピーの出やすい箇所であるひじの内側やほっぺたなどは、特に乾燥しがちです。さらに、空気の乾燥しがちな冬は、赤ちゃんの肌はさらに乾燥します。

アトピーに空気の乾燥は大敵。赤ちゃんにとってはさらに乾燥しがちと考えて、日ごろより空気の乾燥対策が必要です。

赤ちゃんとアトピー2

赤ちゃんの肌は、生まれたばかりは母親からのホルモンの影響で、皮脂分泌が多くなっています。皮脂は肌をおおって保護する保護膜みたいなものですが、生後2、3ヶ月をすぎると、この皮脂の分泌が少なくなっていきます。

赤ちゃんの皮脂分泌が少なくなって乾燥すると、アトピーにかかりやすくなります。アトピーの予防のためには、赤ちゃんをお風呂に入れた後などに、保湿薬で補うようにするといいでしょう。

赤ちゃんをアトピーから守るには、常に肌を清潔に保つことが大切です。アトピー専用の石鹸は刺激が少ないのでおススメです。石鹸の泡を十分たてて、赤ちゃんの肌を包み込むように洗い、すすぎをしっかりしてください。

赤ちゃんの首のしわや脇の下、ひじの内側やひざの裏側などは、汗ばむ箇所でもあり、また皮膚の弱いところですので、しっかりと洗って清潔に保ってあげましょう。

アトピーの治療

アトピー(アトピー性皮膚炎)になる原因は、アトピー素因・皮膚の生理的異常・環境の3つだと考えられています。したがってアトピーを治療するには、これら3つの要因を除去する・改善するということになります。

アトピー素因というのは、遺伝的にアレルギー反応を起こしやすい体質のことをいいます。皮膚の生理的異常というのは、皮膚がもともと持っている外界の刺激に対するバリア機能の低下(セラミドの低下)をいいます。アトピーの原因となる環境には、アレルギーを起こす因であるアレルゲン(食物、ダニ、ほこり、カビなど)の存在、汗や細菌など肌に刺激を与えるもの、そしてストレスがあります。

アトピーの治療には、西洋医学的な薬物投与による治療もありますが、生活改善・見直しなどで環境面のアトピー要因を改善することも重要な「治療法」といえます。

ストレス社会といわれる現代ですが、ストレスもアトピーには禁物です。アレルギー反応というのは、もともと生体に与えられた外的な圧力から体を守ろうとする副交感神経等の反応が過剰になってしまった状態。アトピーの治療では、ストレス解消も心がけたいですね。

アトピーの治療2

アトピーの治療薬として代表的なものが「ステロイド」です。ステロイドとは「副腎皮質ホルモン」のことで、そのホルモンの作用が強力になるように合成されたものです。アトピーの治療としては即効性が高いですが、白内障・緑内障、高血糖、皮膚が萎縮する(うすくなる)、副腎萎縮等々の副作用も多く、注意が必要です。

アトピーの治療として、生活や環境の改善は重要です。まずアトピーの大敵である「ダニ」除去、これは布団の日干しと掃除機がけが効果的です。布団の日干しは、50度以上にならないと意味がないので注意が必要です。

アトピーの治療に効果的なお茶には、甜茶やシジュウム茶があります。これらは花粉症治療に効果的ということで知られていますが、花粉症もアトピーも炎症を起こしているメカニズムは同じで、症状の出るところが皮膚か鼻かの違いだけ。よってこれらはアトピー治療にも効果的といえます。

アレルギー疾患の場合、免疫調節を司るTh1型とTh2型という細胞が、何らかの理由でバランスを崩し、Th2型が過剰となって様々なアレルギー症状が起きます。このTh2型過剰状態の改善が、アレルギーの治療として必要となります。シジュウム茶には、このTh1/Th2のバランスを調節する効果があります。

アトピーと漢方

アトピーを漢方的視点からみると、原因は体の「冷え」にあるといわれています。体の冷えは、「表熱裏寒」という状態を生み出し、これがアトピーのかゆみなどの症状をもたらすわけです。

体の冷えにより、代謝が不十分となり、体内の血液や水分が汚れてしまいます。汚れた水分や血液は、熱の影響により体の上部や体表面へと向かい、そこで痒み、ほてり、むくみ、暑がり、滲出液等の症状が生じます。一方体の下部や内側では、便秘や下痢、軟便、足元の冷え、疲れやすさ、低体温等の症状が起きることになります。

アトピーの治療としての漢方療法は、この冷えを解消する漢方ということになります。漢方療法で注意したいのは、冷えが改善されると自然治癒力が強まるため、体の毒素が排出される=皮膚表面のアトピー症状が激しくなる場合があるということです。これはアトピーが改善されていくプロセスですが、症状が重くなったように見えるので注意が必要です。

アトピーと漢方2

アトピーの治療として漢方療法を活用する場合、注意したいことがあります。それは、アトピーの症状を軽くするための漢方療法では、治しきることができないということです。

アトピーの症状を楽にする漢方として、黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)、温清飲(ウンセイイン)、消風散(ショウフウサン)、白虎加人参湯(ビャッコカニンジントウ)といったものがあります。これらは、一時的にはアトピーの症状を軽減してくれますが、体質(冷え)を改善してくれるものではありません。

漢方療法といえども、アトピー治療に限らず、その漢方が根本的原因を改善するものでなければ根治はしません。漢方ならば何でもいいわけではないので、注意が必要です。

アトピーの漢方療法は、数ヶ月はかかります。またそれと並行して、お酒やたばこやお菓子の摂取を控えることも必要です。

漢方療法で効果がみられない人の大半は、数ヶ月の服用ができなかった、あるいはお酒やたばこなどの摂取を控えられなかった、また体質にあった処方をされなかった場合などがあるようです。

アトピーと病院

アトピーを治療するためには、通常は病院に通院することになりますが、どの病院でも同じというわけではありません。

アトピーの治療については、薬によって症状を軽減させる治療と、薬品を使用せずに自然治癒力や免疫力を改善させることによる治療と、大きく2つに分かれます。

アトピーを治療する病院を選ぶ際には、アトピー治療に関して上記のどちらの方針をとっているのか、自分の希望や体質等を考えて、医師ともよく相談して決めるといいでしょう。

しかし、アトピーに代表されるアレルギー疾患の数々は、根治するのはなかなか難しいといえます。信頼できる病院にめぐり合っても、治癒をあせっては、その病院も不審に思えてきます。アトピーは治すのに時間がかかると割り切って、気長に通院する心構えも必要でしょう。

アトピーと病院2

アトピーを治療する際の病院選びにおいては、昨今はステロイドの副作用やリバウンドが広く知られていることもあって、ステロイドを処方する病院は避けられることがあるようです。

アトピー治療の病院を選ぶ場合、重要なのは医師との相性です。アトピーに限らず、患者と医師の信頼関係は、治療の効果を左右するといわれます。アトピーは症状が重くなると苦痛が激増するがゆえに、その苦しみを受け止めてくれる医師を選びたいですね。

アトピーの病院をインターネットで検索することもできます。

アトピー性皮膚炎の病院ランキング
http://www.atopao.net/

実際にアトピー治療を受けた人からのコメントもあり、かなり参考となるでしょう。ただ、全国の病院を網羅しているわけではないので、自分の地域の病院が掲載されていない場合は、ひとまず地元の皮膚科に通院し、相談をしてみるといいでしょう。

アトピーと温泉

アトピーの治療として、温泉の活用があげられています。いわゆるアトピーの温泉療法ですね。

アトピーの治療で必須なのは、まず肌を清潔に保つことです。温泉はその成分によって効果が異なるといえますが、全体的に肌をしっとりとさせ、保湿効果を高めます。アトピーの乾燥肌には、効果的といえるでしょう。

また温泉に入ると血行がよくなります。アトピー疾患の場合、体の「冷え」がありますので、血行がよくなり体が温まるのは、アトピー症状の改善に効果的といえます。また温泉に入ることで、ホルモン分泌も改善されるという利点もあります。

アトピーに効果的な温泉の種類は、食塩泉、酸性硫黄温泉、海岸泉といわれています。

アトピーと温泉2

アトピーの治療として温泉療法というものがあります。しかし、温泉療法はアトピー治療に確実に効果的とはいえないようで、全然効果がなかった、あるいは逆に悪化したという人もいます。

温泉と一口にいっても、温泉の成分で効果はずいぶんと異なります。アトピーが悪化したという人は、アトピーに効果的ではない成分の温泉につかった可能性も考えられます。

たとえば有名な草津温泉は強酸性泉で、アトピー治療のための長期湯治向けの温泉としても代表的な温泉です。

温泉のもつリラックス効果によって、アトピー症状が軽減したという人もいるでしょう。

アトピーの温泉療法を試してみるにしても、一回や二回温泉につかっただけで、症状が完全によくなるということはないので、気長に構える必要はあるでしょう。また、温泉療法について、主治医に相談しておくと安心でしょう。

アトピーと食事

アトピーを治療するためには、食生活の改善が必要となることが多くあります。

アトピーの食事療法は、アトピーの原因と考えられる食べ物を除いて食事をする療法です。よって食事療法では、まずは検査によってアトピーの原因となる食べ物を特定することが必要となります。

この食事療法、たとえば卵でかゆみが出る場合、卵を含む料理で反応するのか、卵がメインの料理で反応するのか、生卵だと反応するのかで、卵の除去の仕方が異なります。生卵にのみ反応するなら、卵に火を通せばアレルギー反応が出ない可能性も残されています。

アトピーの原因(アレルギー反応)となる食べ物を特定するには、食べた物と症状をなるべく詳細に記録しておくといいでしょう。

アトピーの原因となる食べ物は、卵や牛乳など動物性たんぱく質を含む栄養に優れたものであることが多く、むやみに制限すると、栄養の偏りが生じることもありえます。食事療法の際は、まずアレルギー検査をして、本当に摂取を控えるべき食べ物かどうかの確認をするといいでしょう。

アトピーと食事2

アトピーの食事療法で大切なのは、まずアレルギー反応が出る食べ物を特定し、その食べ物の摂取の制限をすることです。

アトピーの原因が食べ物ではない場合もあるので、アトピーの治療として、常に食事療法が必要なわけでもありません。

幼児の食事で気をつけたいのは、同じものを食べ続けないことです。アレルギーは、原因物質が一定量を超えた場合に生じるわけですから、特に害のないものでも同じものをたくさん食べると、アレルギーがおきやすい状態になります。

アトピーの食事療法として基本的なことは、以下のとおり。

・食べ過ぎないこと、よく噛んで食べること。

・糖分を少なめに。お菓子類(チョコレート、ケーキ、アイスクリーム、ジュース)や糖分の多い果物(バナナ、メロン)の摂取を減らすこと。

・油脂分の摂取を減らすこと。

・動物性タンパク質ではなく植物性タンパクを。動物性タンパクなら、肉より魚。

・無農薬・無添加食品を選ぶこと。

・洋食よりも和食、パン食よりもご飯とみそ汁にすること。

アトピーとステロイド

アトピーの代表的な治療薬はステロイドです。ステロイドとは、副腎皮質ホルモンといい、わたしたちの副腎という臓器から分泌されるホルモンのことをいいます。

ステロイドには、炎症を抑える、免疫作用を弱める、アレルギー反応を抑えるという作用があります。ステロイドがアトピーの治療に使われるのは、この炎症を抑えるという効能があるからです。

しかしステロイドは、アトピーの湿疹やかゆみを抑える効能は絶大ですが、副作用が出ること、止めるとリバウンドがくるということで、今やアトピー治療としては、悪玉的存在になってしまっています。

ステロイドの副作用としては、皮膚がうすくなる(皮膚萎縮)、皮膚の下の血管が大きくなり皮膚が赤くなる、にきび・毛の周りが赤くて痛い、湿疹の部分がジクジクする、顔に脂肪がつく(ムーンフェイス)といったことがあげられます。

ステロイドは種類によって強さが異なり、ランクがつけられています。ステロイドを使用するには、症状とランクを考慮する必要があります。

アトピーとステロイド2

アトピー治療において、ステロイドは強力な効果があります。ステロイドのもつ炎症を抑える性質が、アトピー症状の湿疹・かゆみにすぐに効くため、重宝がられてきました。しかし昨今では、ステロイドを毎日患部に塗布していると副作用が出るということで、脱ステロイドのアトピー患者が増えています。

とはいえ、「ステロイドは危険!」と思っていきなりステロイドを使用しなくなると、「リバウンド」というものが生じます。アトピー症状悪化の他、頭痛、耳鳴り、めまい、吐き気、発熱といった症状も出ることがあります。

ステロイドを使用する場合は、症状にあったランクのステロイドを使用するのが重要です。さらに医師がきめ細かく指導すること、その指示を守ること、疑問や不安は医師にすぐ確認すること等に気をつければ、ステロイドは極めて有効な治療薬となります。

ステロイドの悪い風評で、自己判断で止めてリバウンドするより、医師にまずはその旨相談する方が良いでしょう。

アトピーとスキンケア

アトピー症状を改善するには、肌を清潔に保つこと、そして肌の負担を減らすことが必要です。いわゆる「スキンケア」といわれるもので、軽度のアトピーでは、このスキンケアを十分するだけで大きく改善されます。

アトピーになると、皮膚が乾燥してバリバリの状態になります。そこで、スキンケアとして、毎日シャワー浴びるか入浴するといいでしょう。

入浴の際は、せっけんで体を洗います(こすりすぎない、すすぎはしっかり)。しかし、せっけんで体を洗うことは清潔面では有効ですが、保湿面では逆に乾燥してしまいます。そこで何らかの保湿剤によって潤いを補うことが必要になります。

保湿には、市販もしくは病院処方の保湿剤・化粧水・ベビーオイルなどを使用します。保湿剤が肌に合わない場合は、使用は中止して医師に相談します。

アトピーのスキンケアとして、日焼け対策も重要です。日焼けというのは紫外線によって肌が炎症を起こしている状態です。日焼け止めクリームを塗って外出するようにしましょう。肌に合わない場合は、使用をやめて医師に相談しましょう。

アトピーとスキンケア2

アトピーの治療として、スキンケアも重要です。スキンケアをしっかり行うことで、アトピーの症状が悪化しない、改善されるという効果があります。

アトピーのスキンケアとして、衣服を木綿製にするというのがあげられます。直接肌に触れる衣服は、特に敏感になっているアトピー肌にとって十分な刺激となります。肌に刺激が少なく、吸湿性に優れた木綿性の下着や衣服がいいでしょう。しかし、オムツについては綿製は逆にむれてしまいますので、配慮が必要です。

その他スキンケアとして、衣服が汗でぬれたらこまめに着替える、洗濯する時は、すすぎをしっかりして洗剤が残らないようにする等があげられます。

また、かゆみのために皮膚をひっかいてしまうことがありますから、爪は切っておくのもスキンケアのひとつでしょう。

また肌に触れるもの、たとえば布団やカーテン、あるいはぬいぐるみなどを適宜洗濯しておくのも、スキンケアの一環といえます。

アトピーと化粧品

アトピーの方にとって、直接肌につける化粧品は慎重に選びたいものですね。

アトピー肌向け化粧品を選ぶ時のチェックポイントは、低刺激、天然成分、無添加、環境にやさしい、使用感の心地よさ、無香料(もしくは微香)、弱酸性とあげられます。

アトピー向け化粧品は、まず低刺激であることが重要です。今時の化粧品は、アトピー向けでなくても「お肌にやさしい」ことが重視されてますから、ほとんど低刺激ともいえますので、その中でもより良いものを選びましょう。成分表示で水の次に書いてある成分が低刺激であるかチェックしましょう。

アトピー肌向け化粧品を選ぶには、天然系のものを選ぶといいでしょう。天然の化合物(石けんやアミノ酸系界面活性剤)、天然配合(コラーゲンなど)のものなどは、お肌にやさしいといえます。

アトピー向け化粧品は、無添加のものを選ぶのも重要です。無添加とは表示指定成分の化合物を含まないものです。

アトピー向け化粧品を選ぶには、香りのきつい化粧品には注意しましょう。香りそのものが肌に影響を及ぼすわけではありませんが、香りが強い場合、刺激のある成分が配合されている可能性があるからです。

アトピーと化粧品2

アトピーの方は肌がとても敏感。敏感なだけではなく、炎症や湿疹を起こしている場合もありますね。そこで「アトピーの人は化粧できるの?」という心配もあるでしょう。

アトピーの方の場合、もちろんアトピー症状を悪化させるような化粧品は使用しない方がいいですが、化粧品を慎重に選べば、スキンケアにも役立ち、アトピー改善に効果的が出る場合もありえます。心配な方は、主治医に相談してみるのもいいでしょう。

「アトピー用化粧品」とうたっている商品を見かけますが、安く量産されている「アトピー用化粧品」にはちょっと注意が必要です。安い化学物質を原料として使用していると金額的に安くなりますが、本当に無添加や天然系の原料の場合、価格はある程度高くなるものです。

「アトピー用化粧品」というキャッチコピーがあっても、安物買いしてアトピー症状が悪化しては大損です。成分や原料を確かめて購入するようにしてくださいね。

 
メニュー
アトピーと貴陽石
アトピーと貴陽石2
赤ちゃんとアトピー
赤ちゃんとアトピー2
アトピーの治療
アトピーの治療2
アトピーと漢方
アトピーと漢方2
アトピーと病院
アトピーと病院2
アトピーと温泉
アトピーと温泉2
アトピーと食事
アトピーと食事2
アトピーとステロイド
アトピーとステロイド2
アトピーとスキンケア
アトピーとスキンケア2
アトピーと化粧品
アトピーと化粧品2