様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > インテリア

スポンサード リンク

風水によるインテリアで運気アップ

風水といえば、Dr.コパの登場で一気に認知度が増し、今やすっかり、日本の文化に定着しました。

「鬼門」「裏鬼門」などの風水用語も、家の新築や引っ越し等に関係なく、よく耳にするようにもなりました。

風水は、占いの一種だと思っている人がいますが、もともと古代中国発祥の、自然との調和や気の流れなどを重視した伝統ある思想体系です。

しかし、最近では、家相学・方位学にとどまらず、身近なインテリア用品のコーディネートや、部屋の模様替えなどにも、手軽に利用されるようになってきています。

風水インテリア・グッズには、アクセサリーや小物などの日用品から観葉植物、開運置物まで、さまざまなものがあります。

玄関や寝室・水回り等、部屋によって異なりますが、開運のポイントとして全体的に言えることは、明るく清潔な印象を与えるインテリアにすること。

気を滞らせないように、採光や換気に気を配って、整理整頓を心がけることが、運勢アップにつながります。

風水インテリアで運気アップ

風水は、最近流行している占いの類だと思っている人もいるかもしれませんが、じつは、古代中国を起源とする、歴史ある思想体系です。

宇宙や自然と調和する中で、良い気の流れを取り入れて繁栄していこうとする、先哲たちの知恵の結晶とも言えるかもしれません。

日本では、Dr.コパによって注目を集めるようになり、今や家相学や方位学にとどまらず、風水によるインテリア・コーディネートや、いわゆる「風水占い」なども、手軽に行われるようになりました。

また、風水をもとにした開運グッズは、インテリア用品やアクセサリー、置物にいたるまで、さまざまなものが販売されています。

インテリア用品の配置などは、部屋の間取りや家の構造自体を変えるのは困難ですが、比較的簡単に変えられるもの。

まずは身近なところから、風水を使って、運気のアップを目指しましょう。

インテリアコーディネーターの資格試験と適性について

インテリア・コーディネーターとは、居住者にとって快適な住空間を作るためにさまざまな提案を行うアドバイザーのことです。

経済産業省が資格制度を認定しており、インテリア産業協会が年に1回、「インテリアコーディネーター資格試験」(民間資格)を実施しています。

インテリア・コーディネーターの仕事とは、顧客のニーズを聞き、住む人のライフスタイルやスペース、予算などを考え合わせてインテリア計画を立て、それを具体的に実現していくことです。

女性に人気のある職業で、資格を持っていると業界での評価も高くなります。

適性としては、人との直接的な関わりが多いため、専門知識だけではなく、コミュニケーション能力も求められます。

契約書や見積書の作成にも携わるため実務能力も不可欠とされ、また、インテリア業界は流行の波が激しいため、探求心や柔軟性なども必要となってきます。

インテリアコーディネーターを目指す人へ

インテリアコーディネーターとは、居住者の希望を聞いて、ライフスタイルや予算に合わせた快適な住空間を提案するプロフェッショナルです。

コーディネートのセンスや、インテリアに関する専門的な知識が問われるだけではなく、見積書などを作成する実務能力なども身につけなければいけません。

「インテリアコーディネーター資格試験」は、年に1度、インテリア産業協会が主催しており、経済産業省が資格制度を認定しています。

合格率はおよそ20%で、女性が約8割を占めます。

就職先としては、リフォーム会社や住宅関連のメーカー、建築設計事務所などが多く、インテリアコーディネーターの資格を持っていると、業界・職場での評価や信頼度も高くなります。

カラーコーディネートで配色のセンスアップ

カラーコーディネートとは、ファッションやメイク、インテリアなどから、商業デザインに至るまで、さまざまな分野において、色彩の特性や配色の基本を押さえたコーディネートを行うことです。

ブラウスとスカートの色のトーンを揃えたり、料理を盛りつけるときに、足りない色の野菜を1品添えたり……などと、私たちは無意識に、日常の様々な場面で、カラーコーディネートを行っています。

近年、個々に合ったパーソナルカラーの診断が流行したり、カラーセラピーやオーラソーマなども話題になりました。

色彩や配色に関係した資格試験の主なものには、東京商工会議所主催の「カラーコーディネーター検定試験(3級〜1級)」と、 A・F・T主催の「色彩検定(ファッションコーディネート色彩能力検定)(3級〜1級)」、ADEC主催の「色彩士検定」などがあり、年々、受験者は増加傾向にあります。

色に関するスペシャリストで、配色や色彩のアドバイスやコーディネートをする人を、カラーコーディネーター、カラリスト、カラーコンサルタント、カラーアナリストなどと呼びます。

カラーコーディネート・配色を学ぶために

カラーコーディネートとは、私たちの周りにあふれるたくさんの色を、色の特性や配色のルールにしたがって分類し、様々な分野で効果的に使うことです。

色彩や配色に関する資格には、カラーコーディネーター検定試験、色彩検定(ファッションコーディネート色彩能力検定)、色彩士検定等があります。

これらの資格試験は、インテリアデザイナーやファッションデザイナー、グラフィックやウェブデザイナーを志す人を初めとして、幅広い職業の社会人や高齢者の方も受験しており、人気の資格の一つとなっています。

最近では、カラーセラピーやオーラソーマ、パーソナルカラー診断や風水、ラッキーカラー占い等々も流行しました。

配色・カラーコーディネートに関する社会の関心は、ますます高まってきています。

インテリアコーディネーター資格試験

インテリアコーディネーター資格試験は、インテリアコーディネーターを認定するための資格試験です。

インテリアコーディネーターは近年注目を集めている民間資格の一つで、経済産業省認定資格で(社)インテリア産業協会が実施しています。

インテリアコーディネーターは、内装施工業・住宅建設・住宅設備・百貨店・インテリアメーカー・専門店などで必要とされているほか、厚生労働省派遣事業の対象業務にインテリアコーディネーターが追加されたこともあり、どんどん活躍の場を広げています。ちなみにインテリアコーディネーター資格試験の受験者数は、例年1万5000人前後。

インテリアコーディネーター資格試験は年に1回行われ、一次試験(10月)と二次試験(12月)があります。インテリアコーディネーター資格試験に合格したインテリアコーディネーターたちは、日本人の豊かで快適な住環境のプロデュースに一役買っています。

インテリアコーディネーター資格試験の詳細

インテリアコーディネーターは、経済産業省認定の資格で(社)インテリア産業協会が実施しています。インテリアコーディネーター資格試験を受けることでインテリアコーディネーターの資格を得ることができます。

インテリアコーディネーター資格試験の受験資格は、特にありません。

インテリアコーディネーター資格試験は年に1回行われ、一次試験(10月)と二次試験(12月)とがあります。一次試験はマークシート方式で200分、二次試験は論文(80分)とプレゼンテーション(製図・140分)となっています。

インテリアコーディネーター資格試験では、インテリアに関するさまざまな知識(商品・販売・インテリア計画・住宅構造・室内環境など)が問われます。このインテリアコーディネーター資格試験をクリアすると、晴れてインテリアコーディネーターになれるというわけです。

インテリアコーディネーター資格

インテリアコーディネーターとは、経済産業省認定の資格で(社)インテリア産業協会が実施。インテリアコーディネーター資格試験に合格することで、インテリアコーディネーターになることができます。

インテリアコーディネーター資格は、どのようなところで役立てることができるのでしょうか?

インテリアコーディネーター資格保有者の主な就職先・活躍の場としては、

・内装施工業

・住宅建設

・住宅設備

・百貨店

・インテリアメーカー

・専門店

(また、厚生労働省の派遣事業の対象業務にもインテリアコーディネーターが追加された)

といったものがあります。

インテリアコーディネーターの需要は、今後もますます増えてゆくことでしょう。インテリアコーディネーター資格は、インテリア業界への就職を考えるなら、持っていて損はない資格です。

インテリアコーディネーター資格を取ろう!

インテリアコーディネーター資格は民間資格の一つで、(社)インテリア産業協会が主催するインテリアコーディネーター資格試験に合格することで取得することができます。

インテリアコーディネーター資格は、インテリアが好きで、インテリア関連の企業への就職を考えている人なら、持っていて得をすることはあっても損はしない資格と言えるでしょう。

インテリアコーディネーターの主な業務としては、住まいのインテリア計画の作成やインテリア商品選択のアドバイスなどがあります。

現代では、インテリアにこだわる消費者は決して少なくありません――インテリアのコーディネイトによって、家や部屋の印象が随分違ってくることはもちろんですが、それにともなう気分の変化はとても大切なことです。特に明るい部屋は明るい気分やより良い家族関係に結びつきますから、インテリアコーディネーターの存在は重要です。

インテリアコーディネーターは、これからも活躍の場を増やしていくであろう仕事と言えるでしょう。

インテリア家具

「インテリア(interior)」とは、室内構成・室内装飾といった意味です。

インテリアを支える重要な要素の一つに家具があります。より良いカーテンや壁紙、カーペットなどのカラーコーディネイトは誰もがある程度考えるでしょうが、インテリアにとことんこだわるなら、家具の選び方や配置などにも気を配りたいものです。

家具はインテリアにおいては比較的高価なものですし、通常は壊れでもしない限り、そう頻繁に買い換えるものではないでしょう。しかし時には、特定の家具がその部屋のトータルコーディネイトのバランスを崩しているようなこともあります。

とはいえ、まだ使える家具を捨てるのはもったいないですよね。そんなときには、家具の配置を変えたり、レースや飾り布などの小物を使ったり、場合によっては塗り替えたりといった工夫をしてみるといいでしょう。

インテリア家具の選び方

家具のすべてと家とを同時に調達するというのなら、それなりの美的センスをお持ちの方なら、適切なインテリアのコーディネイトを考えながらこれらを選ぶでしょうし、それはさほど難しいことではありません――例えば洋風の家には洋風の家具、といったように。

しかし、上記のようなことは、そうめったにあることではありませんよね。大概は手持ちの家具に新しい家具を追加するかたちでインテリアをコーディネイトすることになると思います。こういう場合、どういうインテリア家具を買ったらいいか、頭を悩ませますよね。

インテリア家具を追加で選ぶ際は、

・他の手持ちの家具の傾向(色合い、デザイン、材質など)

・買った家具をどこに配置するか

・買った家具の用途

・カーテンや壁紙など、部屋全体のカラーリングや雰囲気

といったようなことに気を配ると良い買い物ができると思います。

インテリア雑貨

インテリア雑貨は、インテリアをコーディネイトする上で、スパイス的な役割をするもの。インテリア雑貨は、適切に使えばお部屋の印象がガラッと変わってとてもステキな雰囲気に!

インテリア雑貨の例としては、

・時計

・絵や写真

・置物

・食器

・花瓶

・テーブルクロス

・クッション

・シャンデリア

・観葉植物

これらのインテリア雑貨は、ものによっては必ずしも必要なわけではありませんが、どうせなら、心が落ち着いたり、やる気が出たりといった、ポジティブな気持ちにさせてくれるような部屋を作りたいもの。インテリア雑貨は、あなたに快適な生活を提供してくれる、心強い味方なのです。

気分が沈みがちなときは、自分へのご褒美に、ステキなインテリア雑貨を選びに行くのもいいかも。

インテリア雑貨で快適な暮らしを

インテリア雑貨は、自分で選んでも楽しいし、プレゼントなどにもらっても嬉しいものですね。

インテリア雑貨の中には、生活必需品とまではいかないものもありますが、それでも、こうしたインテリア雑貨の存在が、わたしたちの気分に大きく作用することも少なくありません。

インテリア雑貨の中でも、特に心理面に作用しそうなものとしては、お香やキャンドル、ランプなど。こうしたインテリア雑貨は、視覚や嗅覚など、五感に作用して、疲れた心を安らがせてくれます。インテリア雑貨をうまく選べは、生活にうるおいが生まれます。

また、生活必需品とも言えるインテリア雑貨の場合は、デザインと機能性の双方にこだわりたいですね。便利かつ遊び心満点のインテリア雑貨は、あなたの心を豊かにしてくれることでしょう。

インテリアショップ

「インテリアショップ」は、文字通りインテリア専門店。

インテリアショップは、結婚や引越しなど、新しい生活のために訪れるのもいいものですが、これといった用事がなくても、インテリアショップを覗くのは楽しいもの。

インテリアショップを選ぶ際、その建物の外観や内部のレイアウトは重要です。印象の良いインテリアショップなら、そのインテリアショップの店員さんのアドバイスも信用できるでしょう――だって「インテリアショップ」を名乗るのに、そのお店自体の印象が悪いなんて、論外だと思いませんか?

インテリアショップには、あなたのお部屋をステキな空間にしてくれる家具や雑貨がいっぱい。インテリアショップの商品を、自分の部屋に置いたときのことを想像しながら、商品を選ぶのは楽しいものです。

オンラインのインテリアショップ

インテリアショップは、インテリアに特化したショップ。ネット通販がすっかり普及した現在、インテリアショップをオンライン上で展開している個人・企業も少なくありません。事実、検索エンジンで「インテリアショップ」と検索すると、やっぱり結構ありますね。中にはこんなサイトも。

インテリアショップ検索エンジン
http://www.interior-shop.jp/

家具や小物、日用品などは、できればリアルのインテリアショップに足を運んで現物を見ることができればベストなのでしょうが、近くにインテリアショップがなかったり、あるいはインテリアショップに行っても気に入ったものがない場合は、オンラインのインテリアショップを利用すると、探し物も買い物もラクです。それにネット通販って、届くまでのワクワク感が味わえるなど、案外楽しいものですよ。

 
メニュー
風水によるインテリアで運気アップ
風水インテリアで運気アップ
インテリアコーディネーターの資格試験と適性について
インテリアコーディネーターを目指す人へ
カラーコーディネートで配色のセンスアップ
カラーコーディネート・配色を学ぶために
インテリアコーディネーター資格試験
インテリアコーディネーター資格試験の詳細
インテリアコーディネーター資格
インテリアコーディネーター資格を取ろう!
インテリア家具
インテリア家具の選び方
インテリア雑貨
インテリア雑貨で快適な暮らしを
インテリアショップ
オンラインのインテリアショップ