様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > アフィリエイト

スポンサード リンク

アフィリエイトとは

アフィリエイトとは、元々は「提携させる(affiliate)」という意味の英単語ですが、現代の日本では、一般的には「アフィリエイト・プログラムを使って稼ぐこと」、もしくはその仕組みを指す言葉として使われています。

アフィリエイト・プログラムとは、WEBサイトの作成者が、主にショッピングサイトなどの広告主と提携し、その広告主が扱う商品の広告を自分のサイトに掲載、その成果(訪問者のクリックや購入、登録など)に応じて報酬を受け取る仕組みです。

アフィリエイトを始めるには、WEBページを持っていることが大前提ですが、基本的にはサーバー代を除けばほとんど元手がかからないため、アフィリエイトは多くの人の間で副収入の道として注目されています。

アフィリエイトとは2

アフィリエイトとは、ショッピングサイトなどの広告主と提携(affiliate)し、その広告を自分のWEBページに掲載することによって広告収入を得る仕組み(アフィリエイト・プログラム)を指し、一般的にはアフィリエイト・プログラムで収入を得ることも含めて、単に「アフィリエイト」と呼ばれています。

アフィリエイトで儲けたいと考えている人が、自分のページに複数の広告を載せたい場合、本来はたくさんの広告主と提携しなくてはなりません。また、広告主の方も、自分の店の商品の広告をWEBサイトに掲載してくれる人を探すのは大変です。そこで、双方の手間を省くために、仲介を手がけるサービス業者(アフィリエイト・サービス・プロバイダ/ASP)も登場し、アフィリエイトは誰でも気軽に始められるものになったのです。

SEO、SEMとは

「SEO」「SEM」という言葉は、WEBサイトを持っている人、特にアフィリエイト・プログラムを利用している人なら、聞いたことくらいはあるのではないでしょうか。

SEOとは、「Search Engine Optimization(サーチエンジン最適化)」の略で、YahooやGoogleなどのような検索サイト(サーチエンジン)において、特定のWEBサイトが上位に表示されるように、サイトの内容をカスタマイズする技術です。

SEMは「Search Engine Marketing(サーチエンジン・マーケティング)」の略。SEMの方は、サーチエンジンから特定のWEBサイトを訪れる人の数を増やすマーケティングの手法で、SEOもこれに含まれます。

アフィリエイトで収入を得る上では、今やSEO、SEMは常識。アフィリエイトをするなら、SEO、SEMの知識・技術を積極的に取り入れるべきでしょう。

SEO、SEMの効果

アフィリエイトで本気で稼ぐために欠かせないのがSEO、SEMといった技術です。

SEO(Search Engine Optimization/サーチエンジン最適化)、SEM(Search Engine Marketing)とも、YahooやGoogleなどの検索サイト(サーチエンジン)を利用して、自分のWEBサイトへの訪問者を増やすための、WEB作成上の技術・手法です。

アフィリエイトにおいて、SEO、SEMを押さえておく利点とは何でしょうか――アフィリエイトにおいて収入を得るには、自分のWEBサイトに掲載している内容および商品・広告に対する関心がある人に、できるだけ多く訪問してもらう必要があります。その点、サーチエンジンの検索結果ページからの訪問者なら、特にその分野に関心を持っている人が多いので、アフィリエイトにおいては、良い見込み客となるわけです。

SEO、SEMは、このような理由によって、アフィリエイトにおいては効果的な手法なのです。

携帯アフィリエイトとは

携帯アフィリエイトとは、名前のとおり、携帯向けのサイトに広告を貼り、訪問者が広告をクリック、もしくは広告経由で購入・登録などのアクションを行うことにより、ある一定の報酬を得る仕組みのことです。アフィリエイトは元々はパソコン用のサイトが中心でしたが、携帯電話の普及と携帯サイトの増加により、携帯アフィリエイトも注目されるようになりました。

携帯アフィリエイトの魅力は、元手がかからないことはもちろんですが、何よりサイトの作成が簡単だということ。パソコン用のサイトを作るのが面倒な人でも、携帯アフィリエイトなら気軽に始められるのではないでしょうか。

携帯アフィリエイトの始め方

携帯アフィリエイトの仕組み自体は、パソコンのアフィリエイトと同じで、元手はほとんどかかりません。特に無料レンタルサーバーを使う場合は、完全無料で始められます。

携帯アフィリエイトを始めるには、まず携帯向けのサイトが必要です。携帯サイトの作成の仕方はパソコンと若干違うので、その点は注意が必要です。次に携帯アフィリエイトサービスに登録。そこでの審査が通ったら(無審査のところもあります)、広告を自分のサイトに貼ります。

携帯アフィリエイトは、パソコンでのアフィリエイトの経験がある人はもちろん、ない人でも、このように割合簡単に始めることができます。興味をお持ちの方は、今日からでもトライしてみてはいかがですか?

ブログとは

アフィリエイトで稼ぐ人が増えるのと並行して、「ブログ」の人口も増えてきました。

「ブログ」とは、「ウェブログ(weblog)」の略で、元々は「web上の記録」といった意味合いで使われていました。しかし近年は、ある特定のフォーマットを使ったWEBページのことを指すようになっています。

ブログの特徴は、何と言っても通常のWEBサイトに比べて開設や更新が簡単なこと。所定のフォームにテキストを打ち込んだり写真を貼り付けたりするだけで、簡単にWEBページが作れてしまいます。一般のブログサービスを利用するなら、面倒なHTMLやCSSなどの知識も要りませんし、完全無料のところも少なくありません。また、SEO対策も、それなりに施されています。

ブログはこのように誰でも簡単に始められるため、非常にアフィリエイト向きだと言えるでしょう。ただし、ブログサービスによっては、アフィリエイトを許可していないところもあるので、アフィリエイトの際は注意が必要です。

ブログでアフィリエイト

ブログの目的がアフィリエイトなら、やはりアフィリエイトに特化したブログの設置の仕方を検討する必要があります。

アフィリエイトにおいて最も重要なことは、「選んだブログサービスでアフィリエイトが可能かどうか」でしょう。特に無料サービスでは、アフィリエイトを許可していないところもありますので、注意が必要です。また、仮にアフィリエイトを許可していても、SEO対策が甘かったり制約があったりということもありますので、ブログを設置する前に、利用者の評判を聞いておくのもいいと思います。

アフィリエイトをブログで始めるのに一番いいのは、ブログサービスを利用せず、ドメインの取得からサーバの用意、ブログのフォーマットの作成までを自分で行うことです。もちろんこれには、それなりの知識と技術が必要ですから、万人にオススメはできませんが、本気でアフィリエイトで儲けたいと思っている方は、この選択肢を検討してもいいのではないでしょうか。

グーグルアドセンスとは

グーグルアドセンス(Google AdSense)とは、、アフィリエイトプログラムの一種で、グーグルが提供している、クリック報酬型のインターネット広告サービスです。最近はグーグルアドセンスを利用しているアフィリエイトサイトがとても増えているため、WEBページを閲覧したことのある人なら、一度は見たことがあるのではないでしょうか。特にアフィリエイトをしている人や、将来的にアフィリエイトを始めようと思っている方は、多少はグーグルアドセンスの存在を意識していることと思います。

グーグルアドセンスの最大の特徴は、コンテンツの内容に合わせて、自動的に、そのコンテンツに最もふさわしい広告を表示してくれることです。そのため、多くのアフィリエイトサイトの管理人に重宝されています。

グーグルアドセンスで稼ぐ!

グーグルアドセンスは、グーグルが提供している、クリック報酬型のインターネット広告で、多くのアフィリエイトサイトで利用されています。グーグルアドセンスは、様々なカスタマイズやレイアウトが可能なので、工夫次第でサイトのデザインを崩さずに広告を目立たせることができます。

しかし、グーグルアドセンスの最大の特徴は、何と言っても、コンテンツの内容を分析して、そのコンテンツにふさわしい広告を表示してくれること。アフィリエイトにおいて、グーグルアドセンスのクリック率を高めるためには、やはりこの特徴を利用しない手はありません。

グーグルアドセンスを使ってアフィリエイトを成功させるには、テーマとキーワードを絞ったコンテンツを作成し、クリックされやすいデザインを心がけること。もちろんSEO対策は大前提ですよ。

MT(ムーバブルタイプ)とは

「ムーバブルタイプ(Movable Type/通称MT)」とは、ブログ作成・管理用ソフトの一つです。

アフィリエイトをしている人が多い昨今、人と同じことをしていては、なかなか儲かりません。ブログサービスを利用してアフィリエイトをするのは手軽ですが、様々な制約があるので、アフィリエイトで儲けることを追究するうちに、どんどん物足りなく思うようになるはずです。

アフィリエイト上級者にオススメなのが、MT(ムーバブルタイプ)を使ったブログ作り。MT(ムーバブルタイプ)自体は個人でアフィリエイトのために使う分には無料ですし、何より、SEO対策をはじめ、一から十まで自分で好きなようにカスタマイズできます。

MT(ムーバブルタイプ)を使うには、多少の知識や技術は必要になりますが、本気でアフィリエイトをする気のある方は、MT(ムーバブルタイプ)の利用を視野に入れてもいいと思います。

MT(ムーバブルタイプ)をはじめよう

MT(ムーバブルタイプ)とは、ブログ作成・管理用ソフトウェアの一つで、WEBサーバにインストールして利用するタイプのものです。ブログサービスと比べると、格段に自由度が高いので、本気でアフィリエイトで稼ぎたい人には最適なソフトではないでしょうか?

MT(ムーバブルタイプ)は、個人で日記を書いたりアフィリエイトをしたりする分には無料でダウンロードできます。もちろん、ブログサービスと比べれば、様々な知識と技術が要求されますが、勉強する気があるなら大丈夫です。

MT(ムーバブルタイプ)を利用する際は、サーバ選びは慎重に。「さくらインターネット」「ロリポップ」など、そのサーバ専用のMT(ムーバブルタイプ)インストールマニュアルが用意されているサーバを選ぶと、インストール時の苦労がほとんどありませんので、MT(ムーバブルタイプ)初心者はこういったサーバを選ぶといいでしょう。

MT(ムーバブルタイプ)をインストールできたら、いよいよブログの作成です。ぜひ儲かるアフィリエイトサイトを作ってみてください。

アフィリエイトでのアクセスアップ

アフィリエイトはアクセス数がある程度あって初めて成り立つものですから、アクセスアップはとても大切な作業です。

アクセスアップのために、SEO対策が不可欠なのは言うまでもありませんが、その他にもいくつか大切なことがあります。

アクセスアップのためには、たとえば以下の手法が挙げられます。

・サイト内容の充実(質・量)をはかる

・アクセス数の多いサイトへのトラックバックや相互リンク

・自動登録型リンク集へのサイト登録

・Yahooなどの検索エンジンへのサイト登録

アクセスアップには、ほかにも様々なテクニックがありますので、いろいろ工夫してるといいでしょう。

サイトのアクセスアップ

アフィリエイトにおいて、サイトのアクセスアップは切実な問題ですが、仮にアクセスアップが実現できて、多くの訪問者を獲得できても、訪問者があなたのサイトで何らかのアクションをしてくれなければ、アフィリエイトの意味がありません。そのためにも、質の高い集客につながるアクセスアップをしたいものです。

アクセスアップで心がけたいのは、やはりサイトの質でしょう。たとえば以下のような点に留意して、サイト内容を検討してみてはいかがでしょうか?

・訪問者にとって「一度訪れたらそれっきり」ではなく、何度でも通いたくなるような内容

・サーチエンジンから特定のキーワードで来た人に役立つ内容

・買い物目的の訪問者に役立つ内容

・訪問者に買い物をする気を起こさせる内容

キーワードとは

アフィリエイトサイトにおいて、キーワードは重要です。ここで言う「キーワード」とは、そのアフィリエイトサイトで扱う話題や商品を最も的確に表したもので、特にSEO対策においては、このキーワードをいかにサーチエンジンに認知させるかが勝負になってきます。

キーワードは、通常、一つもしくは複数になると思われますが、あまりキーワードの数が多すぎると、SEO対策も大変ですし、思うように効果が上がらないという結果になります。ですから、アフィリエイトサイトを作る際は、そこで扱う商品や話題をできる限り絞り込み、キーワードがあまり多くならないようにすると良いでしょう。

もっとも、「キーワードに頼らず、サイトの内容の面白さで勝負する」というなら、その限りではありません。

キーワードの使い方

アフィリエイトで大切なことの一つが、SEO対策です。サーチエンジンから特定のキーワードで来た人は、良質なお客さんになる可能性が高いですから、ここはサーチエンジンで特定のキーワードを検索した際、上位に表示されるようなサイト作りをしたいものですね。

キーワードの使い方の王道は、テキストにキーワードを多く散りばめることです。そうすることによって、特定のキーワードで、サーチエンジンの上位に表示されやすくなります。そうなると、特定のキーワードについて関心のある人だけが顧客として訪問することになるので、あなたのサイトで広告のクリックなどの何らかのアクションを起こす可能性も高くなるというわけです。

アフィリエイトのための無料ツール

アフィリエイトをする人口が増えてきている昨今では、アフィリエイトに役立つ無料ツールを提供するサービスも多く見られるようになりました。実際多くのアフィリエイターが、こうした無料ツールを使って稼いでいます。

アフィリエイトに役立つ無料ツールには、例として以下のようなものがあります。

・検索キーワードチェックツール

・キーワードアドバイスツール

・アフィリエイトページの自動作成ツール

・サーチエンジン一括登録サービス

・無料アクセスカウンター(サーチエンジンからのアクセス数もカウント)

・Google PageRank Checker

無料ツールは、まだまだたくさんあります。アフィリエイトをする際は、こうした無料ツールの中から、自分に必要かつ使い勝手が良いものを選ぶといいでしょう。

無料ツールを選ぶ

アフィリエイトをする際に使うツールはたくさんありますが、特にありがたいのがアフィリエイト支援のための無料ツールでしょう。

「無料ツール」と一言で言っても、実にたくさんの無料ツールがあります。そして、無料なだけに、中にはあまり役に立たないものも少なくありません。

無料ツールは、基本的にはサイト管理の時間短縮に貢献してくれますが、「役に立たない無料ツールを使うくらいなら、多少面倒でも手作業の方がまだマシ」ということすらあります(経験者は語る……)。

無料ツールについての情報収集は、ハマると大変です。そこで手軽に情報商材を購入するのも一つの手ではありますが、「無料」という言葉ですぐに飛びつかず、「本当に自分に必要なものなのか」「どういう仕組みでアフィリエイトを支援するのか」などを見極める目を養うことも大切です。そのためには、多少面倒でも、ある程度「手作業」を経験しておくことも悪くないでしょう。

グーグルアドワーズとは

グーグルアドワーズとは、アフィリエイト収入を得るためのツールの一種です。グーグルアドワーズは、文字通り「グーグル」によって運営されています。

グーグルアドワーズは有料広告の一種で、「検索連動型PPC広告(PPC=Pay Per Click/クリック課金)」と言われる検索エンジンを活用した広告です。ちなみにPPCは、別名「クリック課金型キーワード広告」「リスティング広告」などとも呼ばれ、日本では2003年あたりから本格的に利用されるようになっています。

グーグルアドワーズは、グーグルの検索画面に表示されます。グーグルアドワーズは前述のように有料なので、グーグルに料金を支払うことになりますが、料金を支払った分、集客効果は高いようです。

グーグルアドワーズの利点

グーグルアドワーズとは、アフィリエイト収入を得るための一つの方法です。

グーグルアドワーズは、グーグルによって運営されている有料広告。グーグルに料金を支払うことで機能します。

グーグルアドワーズの仕組みとしては――グーグルで特定のワードを検索すると、そのワードに対応した広告が、検索画面のトップやサイドなど、見えやすいところに表示されます。

グーグルアドワーズの料金は入札形式で決まります。だから、ワードの人気度によっては料金も高額になります。

グーグルアドワーズは、このように、若干リスクはあるものの、上手く活用すれば、確実に利益を見込むことができます。これまでアフィリエイトで成功しなかった人は、自分のサイトのために広告料を払うことも考えてみてはいかがでしょう。

メールマガジンとアフィリエイト

メールマガジンとは、名前の通り、メールで配信する「定期刊行物」で、通称メルマガとも呼ばれています。インターネットが一般的になるにつれ、メールマガジンも増えてきました。

メールマガジンは、誰でも無料で発行することができます。メールマガジン配信サービスで代表的なものとしては、やはり「まぐまぐ」でしょう。メールマガジン初心者は、まずはこうしたサービスを利用してメールマガジンを発行してみるといいと思います。

近年では、メールマガジンを使ったアフィリエイトをする人も増えています。メールマガジンでのアフィリエイトは、工夫しだいではウェブサイトによるアフィリエイトに比べると購読者を絞りやすいので、アフィリエイトで稼ぎたい人は、一度試してみる価値はあると思います。

メールマガジンで稼ぐ

メールマガジン(略して「メルマガ」)は、インターネットが普及した現代ではすっかりお馴染みのものになりました。メールアドレスを持っている人でメールマガジンというものを見たことのない人は、おそらくいないのではないでしょうか。

メールマガジンは、基本的には購読(といっても無料のものが多いですが)の手続きをしないと送られてきません。しかし、時には購読手続きをした覚えがないものが送信されてくることも珍しくありません――メールマガジンで稼げるヒミツは、実はこんなところにあるのです。

ネット上で何らかのサービスを利用する際は、多くの場合、メールアドレスという「個人情報」を要求されます。こうしてメールアドレスを教えることで、あなたはそのサービス提供者にとっての「見込み客(他のサービスに関しても)」となるのです。そこで、購読した覚えのないメールマガジンが送られてくることも(もちろん購読解除できますよ)。

このようにメールマガジンは、配信する相手を、不特定多数ではなく「見込み客」だけに絞り込むことができるのです。上記は、見込み客の絞り方のほんの一例ですが、見込み客だけに絞ったアフィリエイトリンク付きメールマガジンの配信は、フツウにアフィリエイトをするよりは効率よく儲けられる可能性が高いようです。

ページランクとは

「ページランク」とは、有名なサーチエンジンの一つであるグーグルが採用している、ウェブページの重要性を測るアルゴリズムです。ちなみにページランクは、グーグル社の登録商標でもあります。

ページランクのネーミングの由来は、グーグルの創設者の一人ラリー・ページ(Lary Page)氏からきています。ページランクの名は「ウェブページの“ページ”からきている」とよく勘違いされますが、実はこんなところからきているのです。

ページランクは「多くの良質なページからリンクされているページは、やはり良質なページである」という概念によって、すべてのページの重要度を判定します。

アフィリエイトにおいては、サイトのアクセスアップのために、そのサイトを検索エンジンの上位に表示させることが重要です。よって、アフィリエイトにおいては、ページランクにおいて良い判定を得ることも視野に入れたいものです。

ページランクの仕組み

「ページランク」とは、検索エンジン「グーグル」が採用している、ウェブページの重要度を判定するためのアルゴリズムで、グーグル者の登録商標です。

ページランクは「多くの良質なページからリンクされているページは、やはり良質なページである」という概念に基づいてすべてのページを評価します。ページランクがウェブページの重要度を判定する基準は、具体的には主に以下の3点です。

(1)そのページの被リンク数

(2)リンク元のページが質が高いかどうか

(3)リンク元ページでのリンク数

ページランクのこのような性質から、重要度が高いと判定されたウェブページは、本当に実用性が高いものになっています。

アフィリエイトにおいて、検索エンジンは無視できない存在。ページランクのこのような性質を理解し、効率的なサイト作りをしたいものです。

RSSとは

「RSS」とは、ウェブサイトの更新情報を簡単にまとめて配信するための、いくつかの文書フォーマットの総称です。

RSSにはいくつかの種類・ヴァージョンがあり、現時点では「RSS 1.0」「RSS 2.0」が主に使用されています。

RSSで記述された文書は、主に以下のような内容から成っています。

・ウェブサイトの各ページのタイトル

・ウェブサイトのアドレス

・見出し、要約

・更新時刻

こうしたRSS文書によって、多数のウェブサイトの更新情報を統一的な方法で効率的に把握することができます。

RSSに対応しているサイトには「RSS」「XML」などの文字の入った画像データが貼られていることが多いです。特にブログに多いですね。

RSSの用途

「RSS」とは、ウェブサイトの見出しや要約などのメタデータを構造化して記述するXMLベースのフォーマットの総称で、主にサイトの更新情報を公開するために使われます。

RSSは、ウェブサイトの最新情報を配信するのに便利です。

このような理由から、RSSの主な用途としては、ウェブログでの更新情報の配信が挙げられますが、そのほかにも、新聞社に代表されるニュース配信サイトやテレビ局・ラジオ局、その他各種企業などにおいても、最新情報をRSSを使ったヘッドライン情報として配信する事例も増えています。また、RSSは、音声データファイルを公開する方法の一つ「ポッドキャスティング」においても使われています。

ドメインとは

ドメイン(domain)とは、ウェブ上の、いわば住所のようなものです。ウェブ上で機能するものですから、どんなドメインも、世界でただ一つしかありません。

ドメインと同じような役割を持つものに「IPアドレス」がありますが、これは数字の羅列であり、非常に扱いにくいため、アルファベット・数字(時に一部の記号)で表示できるドメインが用いられるようになりました。

ドメインは、URLやメールアドレスにおいて表示されます。

例としては

http://www.yahoo.co.jp/

www@yahoo.co.jp

これらの「www.yahoo.co.jp」もしくは「yahoo.co.jp」の部分がドメインにあたります。

ドメインの取得

アフィリエイトをするなど、自分のサイトを持つ際は、自分のオリジナルのドメインを持つと、何かと有利です。

ドメインの取得は簡単です。ドメイン取得サービスはたくさんあるので、自分の懐具合に合ったドメイン取得サービスを選び、そこで自分の希望するドメインに空きがあるかどうか確認した上で、登録の申込みをします。ドメインは世界にたった一つのものですから、どのドメイン取得サービスで検索しても結果は同じです。

ドメインとサーバーを同時に手配したい人には、ドメインとサーバーをセットで提供しているサービスもあります。こうしたサービスでは、手続きの簡略化や値引きなどの各種サービスが受けられることが多いので、オススメと言えます。

コンテンツ連動型広告とは

アフィリエイトをする際には、通常はサイトに添付する広告を選ばなくてはなりません。その広告は、通常、添付するサイトの本文に密接な関係のあるものを貼ることになります。

しかし、アフィリエイトにおいては、必ずしも自分が求める広告がASP(アフィリエイト・サービスの代理店)において容易に見つかるわけではありません。それでも、アフィリエイト広告はできるだけ短時間で探したいですよね。

そんなアフィリエイターたちにとって福音とも言えるのがコンテンツ連動型広告。

「コンテンツ連動型広告」とは、文字通り、コンテンツ(サイトの内容)に合わせて、自動的にそれに適した広告を検索・表示してくれるタイプのシステムです。

コンテンツ連動型広告の代表的なものには「グーグルアドセンス」があります。こうしたコンテンツ連動型広告はやはり人気があり、多くの人がアフィリエイトにおいて用いているのが現状のようです。

コンテンツ連動型広告の使い方

「コンテンツ連動型広告」とは、アフィリエイトプログラムの一種で、文字通りコンテンツ(サイトの内容)に適した広告を表示するプログラム、システムを指します。

コンテンツ連動型広告の良いところは、何といっても、自分でいちいち広告を探さなくていいこと。コンテンツ連動型広告を貼っておけば、コンテンツ連動型広告のほうで勝手にそのコンテンツに合った広告を表示してくれます。

コンテンツ連動型広告の代表例はグーグルアドセンス。しかし、このタイプのコンテンツ連動型広告は、コンテンツの文字数が一定量に達していないと、うまく機能しないだけでなく、最悪使用をストップされることも。コンテンツ連動型広告の使用の際は、こうした点に留意する必要があります。

最近では、コンテンツ連動型広告に特化した記事の作成サービスもあるようですので、アフィリエイトにおいて、コンテンツ連動型広告で稼ぎたい方は、こちらを利用するという手もあります。

成果報酬広告とは

アフィリエイトにおいては、どの商品を選ぶかということが大きなポイントですが、それと同じくらい大切なことが、どのタイプの広告を選ぶかということ。

アフィリエイト広告を、報酬の受け取り方によって分類すると、大きく分けて2種類あります。一つはビジターのクリックによって収入を得る「クリック課金広告」、そしてもう一つが、ビジターが買い物をすることによって報酬が得られる「成果報酬広告」。

成果報酬広告は、ビジターが広告をクリックするだけでなく、さらに購入という行為をしないと報酬が得られませんので、クリック課金広告と比べると一見敷居が高いように思えるかもしれません。しかしその反面、成果報酬広告の報酬単価は高く設定されています。

成果報酬広告は、上手く使えばよい収入源になります。さらに成果報酬広告だけでなく、クリック課金広告と併せて使えば、最強と言えるでしょう。

成果報酬広告を活用しよう

「成果報酬広告」とは、アフィリエイト広告の一種で、ビジターがその広告をクリックし、かつ買い物をした段階で報酬が得られる広告を指します。

成果報酬広告から収入を得ることは、クリック課金広告よりは敷居が高いです。しかしその分、報酬の単価は高く設定されています。その単価は商品の種類や額によってピンキリですが、中には1回の販売で数千円〜数万円の稼ぎになるようなものも――クリック課金でコツコツ稼ぐのもいいでしょうが、こういう話を聞けば、成果報酬広告も悪くないと思うのではないでしょうか。

成果報酬広告を上手く使うコツとしては、最初から買い物目的の人を集めることや、ビジターに購買意欲を起こさせることなどが挙げられます。また、成果報酬広告とクリック課金広告を併せて使うのも効果的です。

サーバーとは

アフィリエイトをウェブサイトを使って始めるには、サーバーが必要です。

サーバー(server)とは、元々はサービスの提供者を意味しますが、アフィリエイトにおいては一般的に「レンタルサーバー」を指します。

サーバーはウェブサイトを設置するためのスペースで、通常はレンタルします。もちろん自分で設置することもできますが、ネットワークに関するある程度のスキルが必要になってきます。

レンタルサーバーには、有料のものと無料のものがあります。もちろん無料サーバーでもアフィリエイトは可能ですが、やはり無料なだけに、有料と比べるとサービス内容にはある程度の制限があります(容量・広告・独自ドメイン不可など)。無料サーバーは、ウェブサイト初心者ならいいかもしれませんが、慣れてくるとだんだん不満が出てくることも。

サイトが有名になってからの引越しは、何かとリスクが大きいもの。本気でアフィリエイトを始めたいなら、レンタルサーバーは最初から有料のものを選ぶことをオススメします。

サーバー選び

アフィリエイトにおいて「サーバー」という場合、通常は「レンタルサーバー」を指します。

サーバーはもちろん自分で設置することもできますが、自作サーバーはメリットが大きい分、管理がうまくできないとリスクも大きい(ウィルスの侵入など)ので、アフィリエイトおよびパソコン初心者〜中級者は、手っ取り早くサーバーをレンタルすることをオススメします。

レンタルサーバーには無料と有料のものがありますが、無料のサーバーはサービス内容に制限があり、特にアフィリエイトの場合は、本気で稼ごうとすれば、何かと不満が出てくるものです。レンタルサーバーは、安いものなら月々数百円で済みますし、それなりに満足のいくサービスが受けられますので、本気の方は、最初から有料のサーバーをレンタルすることをオススメします。

レンタルサーバーの中で特に人気が高いものに「ロリポップ」があります。サービスが充実しているわりに、とても安い! オススメです。

ロリポップ!レンタルサーバー
http://lolipop.jp/?mode=home

ロングテールとは

「ロングテール」とは、「あまり売れない商品が、店舗での欠かせない収益源になる」という考え方を指します。

「ロングテール」の名の由来は、下記の画像ような、商品売り上げのグラフから。

「ロングテール」グラフ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Long_tail.PNG

このグラフは、縦軸が販売数量、横軸が商品名で、商品名は左から販売数量順に並んでいます。グラフの黄色の部分が売れない商品で、数量的には売れる商品よりもずっと多くなっています。このグラフの売れない商品の部分が長い尻尾(Long Tail)のように見えることから「ロングテール」と呼ばれるようになりました。

「ロングテール」の考え方は、店舗への集客を考える際に、よく取り沙汰されます。つまり、「売れないもの」の存在が、ヒット商品の売り上げを支えているというわけです。

しかし近年では、こうした「ロングテール」の法則も成り立たなくなりつつあるようです。

「ロングテール」の限界

「ロングテール」とは、基本的には「あまり売れない商品が、店舗での欠かせない収益源になる」という考え方を指します。

「ロングテール」をもう少し具体的に説明すると――かつては「2:8の法則」などと言われていた、「2割の商品が8割の売り上げを稼ぐ」という法則がありました。この商品群の売り上げを、縦軸:販売数量、横軸:商品名とし、かつ商品名を販売数量順に並べたグラフを描くと、売れない商品群の部分が下記のURLの画像の黄色部分のようになります。この様子が長い尻尾(Long Tail)のように見えることから、「ロングテール」と呼ばれるようになりました。

「ロングテール」グラフ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Long_tail.PNG

しかしながら、インターネットの時代においては、この「ロングテール」の概念があてはまらなくなってきています。なぜなら、ネットビジネスやカタログビジネスにおいては、流通コスト、在庫コストを、従来のビジネスと比べると圧倒的に低く抑えることができるので、ニッチなアイテムを数多く集めることによって、必ずしも売り上げをヒット商品に依存する必要がなくなってきているからです。

ASPとは

「ASP」とは、「アフィリエイト・サービス・プロバイダ(Affiliate Service Provider)」の略で、インターネットで広告を配信するためのサービス・プロバイダ、いわゆるアフィリエイト・サービスの代理店です。

ASPについて、もっと具体的に説明すると――アフィリエイトをする際は、どのような媒体を使う場合でも、まずは広告が必要です。その広告を提供しているのがASPというわけです。つまりASPは広告主とアフィリエイターの仲介をしているわけですね。

ASPは巷に数多くありますので、アフィリエイトを始める際は、自分が売りたい商品や貼りたいサイトの内容などを考慮し、目的に合ったASPを検討・登録するといいでしょう。

ただし、ASPには当然ながら審査があります。審査に通るのはそう難しいことではありませんが、それでも一定の基準を満たしていないと通りませんので、ASPが提示する条件をよく確認することが大切です。

ASPの選び方

「ASP」とは、「アフィリエイト・サービス・プロバイダ(Affiliate Service Provider)」の略で、アフィリエイトをしたい人に広告を提供してくれるサービスです。

アフィリエイトをする際は、ASPに登録するのが一般的です。ASPは数多くありますので、アフィリエイト初心者はどのASPがいいのか迷ってしまうところでしょう。とはいえ、ASPによって、扱っている商品は若干違うので、まずは「何を売りたいか」をある程度明確にすれば、あまり迷わずにASPを決めることができると思います。

ASPで有名なものには、アマゾン・電脳卸・楽天などがあります。

ただし、同じASPでも「グーグルアドセンス」のような「コンテンツ連動型広告」の場合は、自分で商品を選ぶのではなく、アドセンスがあなたのサイトの内容から適切な広告を選んでくれますので、こうしたサービスも積極的に使うといいでしょう。

情報商材とは

「情報商材」は、近年よく聞かれるようになった言葉ですね。

「情報商材」とは、情報自体を売り物にした商品で、主にインターネットを介して売買されます。その形式はCD・DVD・冊子・PDFファイル・音声ファイルなど多岐にわたります。

情報商材は、一般書店に並ぶ書籍と比べるとかなり割高ですが、書籍に比べると内容が斬新で実用的なものも多く、多くの人に支持されています。

とはいえ、情報商材は、個人でカンタンに出すことができるだけに、その情報の信用性が低いものも少なくありません。だから「買って後悔」ということも。

情報商材は決して安価なものではありませんから、情報商材を購入する際は、詐欺まがいのものでないかよく吟味して購入したいものです。

情報商材の内容

情報商材とは、主にインターネットを介して売買される情報のことを指します。

情報商材で取り上げられる情報の例としては、

・株やオークション、アフィリエイトなど、お金を儲ける方法

・ダイエット

・パチンコ・パチスロの攻略

・異性にもてる方法

・自己啓発

どうですか? どれもなかなか魅力的ですね。もちろんこのほかにも、情報商材はいろいろあります。

こういうことは、誰もが知りたがること。だからこういう情報商材は、たとえ書籍より高くても買う人は買うのです。特に「先着○名」などと言って売っていたりすると、あたかもその情報商材に希少価値があるように感じてしまいますから。

情報商材の作成・販売は誰にでもできます。しかし、それゆえに、詐欺まがいの売り方・内容のものも多く、売るだけ売って行方をくらましてしまうような人も少なくありません。情報商材を買う際は、その信頼性や必要性を十分に吟味してから買いたいものですね。

e-BOOKとは

「e-BOOK」とは、「電子書籍」と同義です。

e-BOOKは、従来の書籍のように紙を媒体とせず、データ形式で配布され、パソコンや専用の端末などで閲覧する形式の書籍です。

e-BOOKはデータなので、インターネットで配信・購入することが可能です。e-BOOKは、まさにインターネット時代を代表する商品と言えるでしょう。

e-BOOKを利用したことのない人の中にも、電子辞書の利用経験がある人はある程度いるのではないでしょうか。e-BOOKは、電子辞書とだいたい同じようなかたちで閲覧することになります。

e-BOOKはデータなだけに、利用する端末によっては、手軽に持ち歩くことが可能です。普通の本ならとても重くて持てないような大量の書籍データを持ち歩くこともできるので(電子辞書のことを考えたら想像がつくでしょう)、e-BOOKは新しい時代の書籍のスタイルとして注目を浴びています。

e-BOOKの種類

e-BOOKは、近年注目を浴びている、新しい書籍のスタイルです。e-BOOKは「電子書籍」とも呼ばれています。

e-BOOKは、普及し始めの頃は、その冊数も大変少なく、e-BOOKを利用したくても、読みたい本がないということも少なくありませんでした。しかし近年では、e-BOOKを販売・配布しているサイトも増え、それとともにe-BOOKとして読むことのできる書籍(マンガなども含む)も飛躍的に増えてきました。

e-BOOKの長所は、何と言っても場所を取らないこと。特にe-BOOK専用の端末や携帯電話などを利用すれば、本を持ち歩くよりもラクに、いつでもどこでも読書ができます。

e-BOOKのこうした利点から、e-BOOKの今後の発展が大変期待されています。

HTMLとは

「HTML」は、インターネットを利用したことがある方なら、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

HTMLとは、「Hyper Text Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)」の略で、ウェブページを作成するためのマークアップ言語です。

HTMLの基本的な使い方としては、「タグ」と呼ばれる規定の文字列を用いて、テキストデータの任意の文字列をくくります。こうしてできたテキストは「HTML文書」と呼ばれ、「html」もしくは「htm」の拡張子が付けられます。

このHTML文書をウェブブラウザ上で実行すると、ブラウザ特有の表示がなされます(ブラウザによって若干の違いはありますが、基本的にはだいたい同じです)。

HTML文書は、元はテキストデータですから、テキストエディタで編集することが可能です。しかし、テキストエディタのみで編集を行うには、HTMLに関するそれなりのスキルが要求されるため、編集がよりカンタンな「ホームページビルダー」「Dream Weaver」などのHTMLエディタも多くの人に愛用されています。

HTMLの賢い使い方

HTMLとは、「Hyper Text Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)」の略で、ウェブページを作成するための言語です。

HTML文書の構造自体はとても単純なものなので、ウェブページを作ること自体はさして難しいことではありません(それは多くの人がウェブサイトを開設している現状を見ても明らかです)。しかし、サイトのアクセスアップや管理の簡易化などを望む場合は、HTMLの使い方には工夫が必要になってきます。

以前はウェブサイトを作る際は、テキストのカテゴライズからデザイン・レイアウトまでをすべてHTMLで行うのが主流でした。しかしCSS(Cascading Style Sheets/カスケーディング・スタイル・シート)が普及すると、デザイン・レイアウトはCSSにて行い、HTMLでは単にテキストのカテゴライズのみ行うというやり方が主流になってきました。

HTMLとCSSを併用することは、サイトのアクセスアップや管理の簡易化につながります。よってHTMLとCSSはそれぞれうまく活用して上手に使いたいですね。

XHTMLとは

「XHTML」とは、「Extensible Hyper Text Markup Language(エクステンシブル・ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)」の略で、HTMLをXMLに適合するように定義し直したマークアップ言語です。文字通り「Extensible(伸張性のある)な」HTML(Hyper Text Markup Language)ということですね。

XHTMLは、HTML同様、W3C(World Wide Web Consortium)によって作成された企画です。

HTMLは、元はXMLの親にあたる「SGML」から派生した言語で、XMLのいわば兄弟にあたります。しかしHTMLのほうは、ウェブブラウザメーカー主導で独自の拡張がなされた結果、XMLとは若干整合性を欠いた仕様になりました。そこでXMLに準拠した文書を作成する言語仕様として、XHTMLが作成されることになったのです。

とはいえ、現時点では、特にブラウザ上での表示に問題がない限り、既存のHTML文書をXHTMLに移行する必要はあまりないようです。

XHTMLのメリット

XHTML(「Extensible Hyper Text Markup Language」の略)は、ウェブページ記述言語の一つ。XHTMLは、ウェブブラウザメーカー主導で独自の発展を遂げてきたHTMLに、XMLの拡張性・柔軟性を取り入れたものです。

XHTMLは、HTMLと比べると、書式がかなり厳密になっています――こういうと、これまでHTMLに慣れ親しんできた人たちは、XHTMLの導入に抵抗を感じるかもしれませんね。では、XHTMLには、どんなメリットがあるのでしょうか。

XHTMLは、HTMLで生じた不整合に修正を加えたもの。よって、このXHTMLを導入することによって、ブラウザによるHTML文書の表示の違いは解消されます。この表示の違いは、サイトを運営する上では結構悩みのタネになるものですが、これがXHTMLによって解消されることで、ウェブサイトの作成の負担が軽減することになります。またXHTML文書では、MathMLやSVGなど、XMLのサブセット仕様を自由に埋め込むことができるのも特徴です。

CSSとは

CSSとは、「Cascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート)」の略です。

CSSは、主にウェブページの修飾の指定をするための言語で、W3Cによる勧告の一つです。このCSSは、HTML文書の中に組み込むこともできますし、HTML文書と独立させて使うこともできます。

こうしたCSSの性質から、現在では、「体裁はHTML、修飾はCSS」と、CSSとHTMLを、役割・ファイルとも完全に分けてウェブページを作成するのが主流になっています。このようなCSSの使い方によって、HTML文書はよりシンプルに書きやすくなり(たとえ初心者でもテキストエディタだけで十分書けます)、CSS文書によってより複雑なデザインを実現することができるようになりました。

CSSの利用は、サイトのリニューアルも容易にしてくれるので、特にデザインを頻繁に変えたい人にとっては、CSSはかなり使い勝手がいいと思われます。

CSSのメリット

CSSとは、「Cascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート)」の略で、単に「スタイルシート」と呼ばれることもあります。

現在のウェブサイト作成では、HTMLとCSSを併用することが主流となっています。CSSはなぜここまで一般的になったのでしょうか?

HTMLがウェブページの修飾・体裁の双方をサポートしているのに対し、CSSは修飾がメインです――こういうと「それならHTMLだけでウェブサイトを作ればいいじゃないか」と思われるでしょうが、実はCSSによる修飾の指定とHTMLの修飾の指定はかなり異なるのです。そして修飾をすべてCSSで行うことによって、以下のようなメリットが生じます。

・複数の文字列の修飾を同時に管理・リニューアルすることができる

・HTML文書がシンプルになるので、作成・管理が楽

・HTML文書の簡略化でサーチエンジンが内容を解析しやすくなり、検索結果でも順位が上がりやすくなる

CSSのこのような威力は、CSSを外部ファイルにしたときに発揮されます。CSSは、特にアフィリエイトで稼ぎたい人にとっては必須と言えるでしょう。

ドロップシッピングとは

「ドロップシッピング(Drop-shipping)」とは、アフィリエイト同様、ネットで集客し、売れた商品の代価のいくらかを収入として得るという、新しいネット収入の一形態です。ただし、アフィリエイトが「広告収入」であるのに対し、ドロップシッピングは商品の販売によって利益を得る仕組みです。

とはいえ、ドロップシッピングでは、在庫を持つ必要がありません。ここが従来のネットショップとの違いです。

ドロップシッピングのこうした仕組みから、一般的には、アフィリエイトよりも1商品あたりの収益の取り分がかなり高くなっています(当然ですね)。そのため、アフィリエイトからドロップシッピングに移行する人も増えてきています。

ドロップシッピングは、よく「ドロップショッピング」と間違えられますが、「ョ」は不要ですので、お間違えのないように(笑)。

ドロップシッピングのメリット・デメリット

「ドロップシッピング(Drop-shipping)」とは、ネットショップの形態の一つです。

ドロップシッピングは、運営の仕方はアフィリエイトに似ていますが、アフィリエイトと比べると、若干敷居が高いようです。

ドロップシッピングの主なメリットとしては、

・在庫を持つ必要がない

・価格が自由に設定できる

・発送は業者がしてくれる

一方、ドロップシッピングにはアフィリエイトと比較すると、デメリットも。

・クレームや問い合わせに応じなければならない

・ASPによっては返品されたものを買い取る義務が生じる

ドロップシッピングのデメリットとしては、これらが最大のものでしょう。特に商品が手元にないのに、問い合わせに応じることは、結構大変かもしれませんね。

つまり、アフィリエイトが単なる広告収入であることに対し、ドロップシッピングは、在庫・発送がないだけで、事実上は自分で商品を販売していることになります。そのため、クレームや問い合わせに対応する義務が生じるわけです。

SNSとは

SNSとは「ソーシャル・ネットワーキング・サービス(Social Networking Service)」の略で、インターネット上のコミュニティの一形態です。

SNSは、近年急速に利用者を増やしてきました。SNSの中でも特に有名なものには「mixi」があり、これはSNSとしては、日本最大の会員数を誇っています。

SNSの利点は、ネット上で多くの同好の友と出会えること。フツウに生活していても、なかなか趣味が同じ人には出会えるものではなく、寂しい思いをしている人も少なくないわけですが、SNSにおいては、さまざまなコミュニティがあり、自分と嗜好が同じ人に比較的容易に出会うことができます。

SNSのこうした特徴により、SNSの利用者は現在でもどんどん増え続けています。

SNS参加の心構え

SNSとは「ソーシャル・ネットワーキング・サービス(Social Networking Service)」の略で、近年注目を集めている、インターネットを利用した新しい交流のかたちです。

SNSは、フツウに生活していたら絶対にお友達になれないような人と知り合うことができるので、元々社交的な人はもちろんですが、リアルの世界では友人を作るのが苦手な人にも喜ばれています。SNSでの出会いがきっかけで、リアルの世界でもお付き合いが始まることも珍しくありません。この辺がSNSの人気の理由の一つでしょう。

SNSの代表的なものには「mixi」があります。しかしこの「mixi」、参加者のクオリティを一定に保つために招待制を採用していながらも、管理者・利用者双方に問題も多いようで、時には不快な思いをさせられた挙句、退会に追い込まれることも(「mixi八分」といったような現象)。人間の本質は、リアルでもネット上でも大差ないということでしょうか。

SNSを利用する際には、SNSに過剰に依存しないようにしたいものです。

ブログランキングとは

ブログランキングとは、登録されたブログのアクセス数などを集計し、ランキング形式で表示するWEBサイトのことです。

ブログランキングには、livedoor Blogやamebloなどのブログホスティングサービスが提供しているものや、ブログからランキングサイトへのアクセス流入量を集計した形式のものがあります。

ブログランキングサイトに参加し、上位にランキングされると、アクセスアップが期待できます。

主なブログランキングサイトには次のようなものがあります。

・人気ブログランキング http://blog.with2.net/

・ブログ王 http://www.doramix.com/rank/

・ブログランキング【くつろぐ】 http://kutsulog.net/

・ブログランキング ドット ネット http://blogranking.net/

・ブログランキングオンライン http://rankingonline.jp/

・FC2ブログランキング http://blogranking.fc2.com/

・にほんブログ村 http://www.blogmura.com/

ブログランキングのシステム

ブログランキングのランキング表を見ますと、「In」と「Out」の数値が表示されています。「In」とは登録したブログから「人気blogランキング」にアクセスしたポイント数で、「Out」とは「人気blogランキング」サイトから登録したブログにアクセスされたポイント数を表します。順位はInポイント数で決定されます。

ブログランキングのポイントは、1アクセスにつき10ポイント(pt)で、登録カテゴリへの割振り率によって加算されます。つまり、カテゴリを1つ選択した場合、あるブログから人気ブログランキングに1回アクセスがあると10ptが加算されます。2人がアクセスすると20pt加算されます。

しかし、カテゴリを2つ選択して、各々80%、20%と割り振った場合、カテゴリ別には8ptまたは2ptしか加算されません。

ブログランキングでは、同じサイトから一日に何回アクセスしても1回としかカウントされません。また、ブログランキングとは他薦が基本なので、自分のサイトからアクセスしてもカウントはされません。

ブログランキングの順位を上げたいのなら、カテゴリの選択は1つにしておくほうがいいでしょう。

トラックバックとは

トラックバックとは、自動的に相互にリンクを貼れる機能で、リンク元に「リンクしました」のお知らせを通知する機能です。

つまりトラックバックとは、別のWEBログへリンクを張った際に、リンク先の相手に対してリンクを張ったことを通知する仕組みのこと。トラックバックでは、リンク元記事のURLやタイトル、内容の要約などが送信されます。

ブログの場合、「トラックバック」という「リンクお知らせ機能」を使うと、「あなたのページを紹介しました」という情報が自動的に相手に送られます。そして相手のブログでは、その情報を自動的に「記事」の下のほうにある「トラックバック」というコーナーに反映させることができます。

一方、通常のホームページの場合、トラックバックは手動で行わなければならず、相手にメールなどで連絡しなければ、自分の書いた記事は知ってもらえません。また、相手がリンクしてくれなければ、相手に自分のページをリンクしてもらうこともできません。そのため、ブログほど相互リンクは行われていないのが現状です。

トラックバックのメリット

トラックバックとは、自分が書いた記事に対して自動的に相互にリンクを貼れる機能で、リンク元にリンクを貼ったということが通知されます。

トラックバックによるメリットには、

○アクセス増加を狙える

あっちこっちにトラックバックを送ってリンクを増やすことで、アクセス増加を狙えます。

○検索の上位ヒットを狙える

たくさんのトラックバックを送る→多数のブログからリンクされている→「人気ブログなのでは?」と検索エンジンが誤解するので、そのブログが検索結果の上位にヒットするようになり、アクセス増加が狙えます。

○アフィリエイト収入が増えたり、ランキングで上位に入れたりする

アクセスを増やすことで、さまざまなランキングやアフィリエイト収入のアップを狙えます。アメーバブログというサービスの利用者なら、ランキング上位に入ることで賞金まで貰えます。

以上のようなことなどがありますが、大量のトラックバックが来たからといって、必ずしもそれが自分にメリットがあるブログとは限りません。意味のないものは削除してもかまわないでしょう。

pingとは

ping(ピング)とは、正確には「Packet INternet Groper」といい、ネットワーク疎通を確認したいホストに対してIPパケットを発行し、そのパケットが正しく届いて返答が行われるかを確認するためのコマンドをいいます。

pingは、具体的には、接続されているかどうか調べたいコンピュータのIPアドレスを入力すると、ICMPを使って通常32バイト程度のデータを送信。相手のコンピュータから返信があるかどうか、返信がある場合はどのくらい時間がかかっているかなどのデータをもとにネットワークを診断することができます。

pingを打ち、返事が返ってこなければ、そのコンピュータとの間の接続に問題があるか、そのコンピュータが正常に動作していないということになります。

ただし、pingは必ずしも使用できるとは限りません。pingによって、不正アクセスなど外部からの悪意あるユーザーにさまざまな情報を知られるリスクを低減するため、ネットワーク管理者によってはpingの使用を禁止している場合もあるからです。

言うまでもありませんが、自分が管理していないホストやネットワークへのアクセスは慎重に行わなければなりません。

ping送信

pingとは、インターネットやイントラネットなどのTCP/IPネットワークを診断するプログラムいいますが、一般的には、記事投稿時に送信する更新pingのことをpingと呼んでいます。

ブログを更新したことを通知することを「Pingを打つ」といい、pingはブログの特徴の一つでもあります。

インターネット上には、色々なブログの更新情報を収集し、誰でもそれを見ることができるようになっているサイトがあります。そういったサイトを「pingサーバ」もしくは「pingサイト」と呼びます。

pingサーバにpingを打っておけば、そのサイトを訪れる人すべてに、自分のブログの更新情報を自動的に知らせることができるのです。この機能をping送信といいます。

ping送信は、送信先を設定しておくだけで、記事のタイトル・概要・アドレスなど、ブログの更新情報が各pingサーバーに登録されます。

ping送信するだけで劇的にアクセス数が増えるわけではありませんが、各ブログ検索サイトはpingサーバーの更新情報を元にデータベース化しているので、ping送信によって記事がブログ検索サイトの検索対象になりえます。

ping送信先を増やせば増やすほど、訪問者が訪れる可能性が高くなるのを期待できるでしょう。

検索エンジンの種類

検索エンジンの種類は、大別すると、ロボット型とディレクトリ型の2つに分類されます。

ロボット型の検索エンジンは、定期的にインターネット上のWebページを巡回し、その全文情報をサーバーへ蓄積しており、キーワードによってページ単位での検索が可能となっています。

これに対してディレクトリ型の検索エンジンは、趣旨などによってサイトがカテゴリー別に分類されており、さらにサイトの紹介文なども提供されています。このタイプの代表的なものにはyahooがあります。

yahooのようなディレクトリ型の検索エンジンは、基本的にサイトの運営者から申し込みのあったホームページが分類され登録されます。しかしyahooの登録サイトになるには、サイトのクオリティも問われます。

最近ではロボット型でもyahooのようなディレクトリ型同様の情報提供をしているところが増えてきました。またディレクトリ型の検索エンジンにも検索機能が搭載されるようになってきています。自分の目的に応じてそれぞれの検索エンジンを使い分けると、欲しい情報がより手に入れやすくなることでしょう。

検索エンジンyahooの特徴

検索エンジンyahooは、ディレクトリ型検索エンジンの代表的なものです。

ディレクトリ型エンジンとは、カテゴリー別に分類され、サイトの紹介文なども掲載されているものをいいます。

検索エンジンyahooの特徴は、登録制でなく推薦制をとっていることです。つまり審査があるということです。エディタ、サーファーなどと呼ばれる人間の検閲者が、ユーザーにとって有益であると認めたサイトのみをデータベースに登録します。この審査が非常に厳しいため、ほとんどの個人ページは登録されないという状態にもなっています。

しかし、yahooのこのシステムのおかげで、登録されているサイトは質の高い情報が多いということも言えます。これは、サイトの登録において、人の手による審査が行われるためです。

しかし一方で、登録をすべて人の手に頼るため、インターネット上のすべての情報を綱羅しているわけではなく、絶対的に情報量が少ない、ということも言えます。

また、検索エンジンyahooの特徴として、アクセス数があります。ものすごいアクセス数があるのは新着のときだけなのです。新着のときは1日1000アクセスも夢ではありませんが、それを過ぎれば1日50〜100アクセスぐらいになるようです。

ロボット型検索エンジンとは

検索エンジンgoogleは、ロボット型検索エンジンの代表的なものです。

なお、検索エンジン(サーチエンジン)とは、インターネット上にある数え切れないほどの膨大なホームページから、自分の欲しい情報が載っているページをキーワードなどを使って検索するWebサイトをいいます。

googleのようなロボット型検索エンジンは、専用のアプリケーションソフトがインターネット上のWebサイトを自動的に巡回してデータを収集するタイプ。ちなみにデータを収集するソフトウェアをロボットと呼びます。

googleのようなロボット型検索エンジンは、Web上に存在する全ての文書データを照会することのできる全文検索タイプです。たとえばgoogleの検索結果には、アクセス数や被リンク数などに基づいて重要度が付与され、そのランクに従って昇順に一覧表示されます。しかし、実際のランクづけの判断基準は、各々のサーチエンジンによって異なるようです。

検索エンジンgoogleの特徴

検索エンジンgoogleの特徴は、まずロボット型検索エンジンであることです。

ちなみに検索エンジン(サーチエンジン)には、ディレクトリ型検索エンジンとロボット型検索エンジンがあります。

また、検索エンジンgoogleの特徴として、各Webサイト内を、指定したキーワードなどの検索条件に従い全文検索できることが挙げられます。

しかし、ロボットは人間と違い、各サイトやページに書かれている内容の意味や相互の関連までは把握できないため、ディレクトリ型サイトに掲載されているようなサイトの分類や要約などを提供することはできません。

しかし最近では、検索エンジンgoogleも、ソフトウェア技術の進歩により、内容をベースに自動的に関連のあるもの同士を結び付けて分類を行うようになりました。

一方、検索エンジンgoogleの特徴である全文検索は、長所である反面、検索語によっては実に膨大な結果が出てきてしまい、思うような情報を入手できないという欠点もあります。

それでも、一覧表示されたWebサイト名の下に、要約機能を用いてページ本文の概容を表示したり、キーワードとの関連性に応じて重要度を分析したりといった要素を加え、使い勝手をよくしているようです。

検索エンジンgoogleは、条件を絞り込めば些細な情報でも幅広く検索することができるでしょう。

検索エンジンmsnとは

検索エンジンmsnとは、マイクロソフト社の開発によるもので、MSNサーチと呼ばれています。2005年に日本語の正式版が提供された、ロボット型検索エンジンです。

検索エンジンmsnは、50億以上のドキュメントをインデックス化しており、検索ボタンのプルダウンメニューから、「ウェブ検索」「ニュース検索」「辞書検索」「コンピュータ用語検索」など、目的に合わせて検索対象を切り替えることができます。

また、検索エンジンmsnでは、「MSNエンカルタ百科事典」の情報が検索結果として表示されます。エンカルタは約80万件以上の情報を、地理情報・歴史上の人物や著名人・統計情報・計算や単位の変換・方程式の解などのカテゴリから提供。この「MSNエンカルタ百科事典」と「MSN Music」はインスタントアンサーとして検索結果に統合して表示されます。

MSNサーチツールバー

MSNサーチツールバーとは、マイクロソフトが配信している、Microsoft Internet Explorer用のプラグインで、Windows Server 2003/XP/2000とInternet Explorer(IE)5.01以上に対応。これをインストールすることで、ローカルPC内のファイルを検索できるツールバーがWindowsのエクスプローラやIE、Outlookに付加されます。

MSNサーチツールバーは、検索エンジンであるMSNサーチを使ってウェブを検索できるほか、ローカルファイルのインデックスを作成して高速に検索をすることも可能。検索できるファイル形式は200種類以上で、インデックス化するファイルの種類やフォルダをユーザーで設定できます。検索結果画面にはプレビュー画面やサマリーが表示され、対応するアプリケーションで直接開くこともできる――つまり検索エンジンであるMSNサーチのより進化したかたちといえます。

また、MSNサーチツールバーは、検索エンジンであるMSNサーチの検索結果ページにデスクトップ検索の結果が統合されます。Webやニュース、エンカルタなどと並んで「デスクトップ」のタブが表示され、Webとローカルファイルを一元的に検索することができます。

さらに、MSNサーチツールバーは、Internet Explorerにタブブラウジング機能を追加したり、ポップアップウインドウを防止する機能が付いているほか、MSN MessengerやMSN HotmailなどMSNの各サービスとの連携機能も備えています。単に検索エンジンMSNサーチを使う以上の便利さですね。

一方、マイクロソフト社は2006年に、企業向けのMSNサーチツールバーも提供しています。

スパムとは

スパム(spam)とは、公開されているWebサイトなどから手に入れたメールアドレスに向けて、営利目的のメールを無差別に大量配信すること。ネット上では、いわゆる「勝手に送られてくる迷惑メール」のことを指します。

スパムは、受信者の都合を考慮せず一方的に送られてくるため、極めて悪質な行為とされています。また、スパム行為では同じ内容のメールを一度に大量に配信するため、インターネットの公共回線に負荷がかかる点も問題となっています。

最近はiモード携帯電話など、インターネット接続機能を持つ携帯電話に対するスパムが社会的な問題になっているようです。

スパムは、インターネットでのさまざまなサービスへの登録をしたり、掲示板やホームページでメールアドレス公開を行ったりすることで、必ずといっていいほど届くようになる上、一方的に送りつけられてくるために防ぐのが難しいのが現状です。

スパムの防止

スパムとは、インターネットを利用したダイレクトメールのことで、勝手に送られてくる迷惑メールのことをいいます。

スパム業者の多くは、メールアドレス収集プログラムを使ってメールアドレスを収集し、メールを無差別大量に配信しています。

一方的に送りつけられてくるスパムを防止することは、現状では難しい状況にあります。しかし、いくつかの方法はあります。

消極的なスパムの防止策としては、「スパムメールには返事をしない」「HTML形式のスパムは開かない」「インターネットで公開するアドレスはフリーメールにする」などといったものがあります。

また、別のスパムの防止策として、無料メールアドレス収集防止ソフト「HTMLエンティティ生成」の設置があります。これはホームページでアドレスを公開する際に使用するソフトで、ページに記載するメールアドレスを自動収集プログラムにわからない記述に変換してくれます。

さらにスパムの防止のために、スパムメールの判別・分別を自動で行ってくれる無料スパムフィルター(POPFileなど)やスパムフィルター付き無料メールソフト(Thunderbirdなど)を設置するという方法もあります。

迷惑なスパムに腹がたつ人は多いと思いますが、ある程度の自衛はちょっとした心がけで行うことができますので、ぜひ実行してみてください。

DSPとは

DSPとは、「ドロップシッピング・サービス・プロバイダ(Drop Shipping Service Provider)」の略で、ドロップシッピングを手軽に始めたい人のためのサービスです。

DSPでは、ドロップシッピングにおいて必要な商品や業者の紹介・提供を主に行っています。ネットショップを始めるにあたり、自分で商品の生産や仕入れができるならいいのですが、多くの人にとっては、そのようなことは手軽に始められるようなことではありません。しかし、DSPを利用すれば、手元に在庫を持つことなく、手軽にネットショップを開くことができます。

DSPの利用の仕方は、基本的にはASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ/Affiliate Service Provider)と大差ありません。ただしドロップシッピングはアフィリエイトとは違い、広告収入ではなく、商品を売ることによる儲けが収入となりますから、DSP選びはASPより慎重に行うことをオススメします。

DSP選び

DSPとは、「ドロップシッピング・サービス・プロバイダ(Drop Shipping Service Provider)」の略。DSPが注目されるに従い、最近はDSPの種類も段々増えてきました。有名なASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ/Affiliate Service Provider)の中には、DSPを併設しているところも出ています。

DSPはASPと違い、広告、小売のための商品の提供・紹介を中心としたサービス。そのためASPと比べると、どうしてもサイト管理者の責任が大きくなってきますし、ASPと比べると、儲けが大きい分リスクも大きくなりがち。

DSPによって、サイト管理者のリスクはまちまちなので、特にドロップシッピング初心者がDSPを選ぶ際は、どのDSPなら自分がドロップシッピングが続けられるかをよく見極めて選ぶようにするといいでしょう。

ちなみにDSP比較は、以下のサイトなどを参考にしてみてください。

ドロップシッピング比較サイト「DSH」
http://www.dropshipping-hikaku.com/

ドロップシッピングとアフィリエイトの違い

ドロップシッピングとアフィリエイトは、一見同じように見えますが、実際にはかなり違います。

ドロップシッピングとアフィリエイトの違いは、何と言っても、その収入の得方でしょう。ドロップシッピングは事実上はネットショップの運営と同じです。つまり自分で商品を売って儲ける。だから当然、決済や商品の発送の段取り、問い合わせ、クレーム処理など、ショップオーナーがすべき業務はサイトオーナーが請け負います。ドロップシッピングと一般的なネットショップとの違いは、DSPにもよりますが、事実上は在庫の有無だけです。

それに比べ、アフィリエイトのほうは、あくまでも広告収入を得ることを目的としています。だから基本的には自分のサイトに広告を貼るだけ。商品の発送や決済などは、すべて広告主側がやります。

ドロップシッピングとアフィリエイトにはこのような違いがありますから、ここだけ知ったら「アフィリエイトのほうがラクでいい」ということになるでしょうが、世の中そんなに甘くありません。アフィリエイトはドロップシッピングと比べると、商品一つあたりの売り上げで得られる収入も少ないのです。こうした収入面も、ドロップシッピングとアフィリエイトの大きな違いと言えましょう。

ドロップシッピングとアフィリエイトの違いとは

ドロップシッピングとアフィリエイトには、いくつかの点で違いがあります。

まず、ドロップシッピングは商品の販売で、アフィリエイトは広告を掲示してその広告で収入を得るということが違います。

ドロップシッピングとアフィリエイトにはこうした違いがあるので、当然サイト作成上においても、細かい違いが出てきます。

ドロップシッピングの場合は、事実上ネットショップですから、本気で売ろうと思うならサイトをネットショップ仕様にする必要があります。一方アフィリエイトは広告を貼るだけですから、ドロップシッピングと比べると始めやすいと言えます。

ちなみに、ドロップシッピングはDSP(ドロップシッピング・サービス・プロバイダ)、アフィリエイトはASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)を利用して行うという点も、両者の違いの一つです。

A8ネットとは

A8ネットとは、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)の一つです。

A8ネットは、ASPとしては有名どころで、日本最大級の規模を誇っています。それゆえアフィリエイトでA8ネットを利用している人の数もかなり多いようです。

A8ネットには、「クリック報酬型」「成功報酬型」「クリック&成功報酬型」のすべての種類の広告が用意されています。アフィリエイト初心者でも、A8ネットの広告なら使いやすいですね。

A8ネットのアフィリエイト広告を利用していると、ドロップシッピングも始めたいと考えるようになるかもしれませんが、そんなときは「A8ドロップス」が便利。

同サイト内でアフィリエイトとドロップシッピングを行う際にはサービスプロバイダを統一することで、管理が楽になります。また、携帯アフィリエイトを始めたいなら、「Moba8.net」もあります。このような「姉妹品」があるのもA8ネットの魅力の一つと言えるでしょう。

A8ネットの利用法

A8ネットは、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)としては老舗の部類に入り、規模も日本最大級。多くのアフィリエイターがA8ネットを利用しています。

A8ネットは、他のASP同様、登録には審査があります。とはいえ、審査はさほど厳しくないので、広告が貼れる程度にサイトやブログの体裁が整っていれば、よほどヘンな内容のサイトでない限り、だいたい審査は通りますので、あまり心配はいりません。

A8ネットに登録後は、広告を準備します。A8ネットの参加広告主は1,000社以上もあるので、自分のサイトの内容に合った広告を必ず見つけることができるでしょう。

A8ネットは操作も簡単で、サポートもバッチリ。広告の種類も、「クリック報酬型」「成功報酬型」「クリック&成功報酬型」とすべて揃っているので、初心者から上級者まで、すべての人が自分に合った方法で利用できます。

バリューコマースとは

バリューコマースは、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)の有名どころの一つ。

バリューコマースは、日本ではじめてアフィリエイトプログラムのサービスを開始した、アフィリエイトの老舗。そのため、バリューコマースは、アフィリエイトのノウハウを十分備えています。

バリューコマースは元々審査が厳しかったのですが、最近は他のASPを意識してか、審査は大分緩やかになってきたようです。アフィリエイト広告を貼れる常識的なサイト構成と内容であれば、審査に通ることもさほど難しいことではありません。

バリューコマースの審査が通ったら、早速広告探し! バリューコマースの広告の特徴の一つは、特に旅行系の広告が充実している点。基本的に広告数・ジャンルともに多いですが、旅行関係のサイトで儲けるなら、バリューコマースがオススメです。

バリューコマースの魅力

バリューコマースはASPの中でも大手の一つで、老舗でもあります。

バリューコマースは、審査が他のASPと比べると厳し目ではありますが、それだけにサービスの質もなかなかのもので、多くの利用者数を誇っています。

バリューコマースの最大の魅力は、何といってもYahooショッピングやYahooオークションなどYahoo関連のアフィリエイトができること。これができるASPは、バリューコマースだけです。

バリューコマースのそのほかの特徴としては、メールマガジンやモバイルサイトにも対応していることや、リンクの種類(バナーやテキストリンク)が豊富であること。もちろん広告主や商品数も、アフィリエイターにとっては十分満足できるものです。アフィリエイトをしたいなら、バリューコマースに登録しておいて決して損はしないでしょう。

リンクシェアとは

リンクシェアは、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)の大手の一つ。アフィリエイターなら一度くらいはリンクシェアの名を聞いたことがあると思います。

リンクシェアは、他のASP同様、登録の際には審査があります。とはいえ、リンクシェアの審査はさほど厳しくはなく、アフィリエイト広告を貼れる常識的なサイト構成と内容であれば、まず問題はないでしょう。

リンクシェアは、アフィリエイト初心者にも簡単に利用することができます。その上、広告数も、ASPの中ではかなり多いほうなので、自分が必要としている広告を探すことも、さほど困難なことではありません。アフィリエイトを始める、もしくはもう既に始めている人なら、リンクシェアに登録しておいて得をすることはあっても損はないでしょう。

リンクシェアの魅力

リンクシェアは、ASPの大手の一つ。それだけに、広告数の多さもさることながら、それ以外にも多くのユーザーを魅了するような長所がいくつもあります。

リンクシェアの最大の利点は、報酬の支払に関することでしょう。アフィリエイト収入は、通常はある程度まとまった額にならないと支払がなされませんが、リンクシェアなら1円から支払OK。たとえ支払額が少額でも、実際の収入を現金として目にすることは、特に初心者にとってはモチベーションの向上につながります。

リンクシェアの支払には、さらに「外税」としての消費税が付きます! つまり実際の報酬額より5パーセント多く振り込まれるということ。これは大きな利点です。

また、リンクシェアでは、振り込み手数料は無料。

リンクシェアの広告のタイプは「成功報酬型」「クリック報酬型」の2タイプ。また、動画、Flash、ブログパーツなど全10種類のリンクも用意されているので、自分のニーズに合った、サイトのデザインを崩さないアフィリエイトサイトの作成が可能です。

ジャネットとは

ジャネット(JANet)とは、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)の一つ。

ジャネットは最近急速に会員数を伸ばしているASP。ジャネットの人気の秘訣は、何と言っても他のASPよりも報酬が概ね高めに設定されている点です。アフィリエイトでがっちり稼ぎたい人には、同じ広告でも、ジャネットのものを使うことをオススメします(ただしたまに例外あり)。

ジャネットは、広告主の多さに関しては他の大手ASPに一歩譲りますが、ジャネットにしかない広告もあるので、すぐに利用することはなくとも、取りあえずジャネットに登録しておけば、後々役に立つことでしょう。

ジャネットも他のASPの例にもれず、登録の際には審査があります。しかしジャネットの審査はかなりゆるいので、広告が貼れる程度に体裁が整っていれば、まず審査は通ると見て間違いないでしょう。

ジャネットの魅力

ジャネット(JANet)とは、2003年12月にできた、高額ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)。ジャネットは、最近会員数を急速に伸ばしています。

ジャネットの人気の背景には、他のASPにない魅力がいくつかあることです。その最たるものは、報酬額が他のASPと比べると概ね高額となっていること。ある特定の商品の広告を貼る場合、ジャネットの広告を選ぶと、他のASPの広告よりも高額の報酬を受け取ることができるケースが多いのです。

ジャネットのリピータシステムは、すべての広告のおいて60日間。この長さは魅力的です。中には他社のほうが報酬額が多い広告もありますが、リピータシステムのことを考えてあえてジャネットの広告を選ぶという人も少なくありません。

ジャネットは報酬の振り込み手数料も無料。これだけいいことが揃っていながら、審査も緩い――アフィリエイターにとって、ジャネットは外せないASPだと言えるでしょう。

ビッダーズとは

ビッダーズはASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)の一つで、ショッピングモールが運営しています。

ビッダーズは、ユーザーにとって利用しやすいシステム構成となっているため、初心者でも気軽にアフィリエイトを始めることができます。また、ビッダーズは審査もないので、この点も初心者にとっては嬉しいところ。「アフィリエイトのことはまだよくわからないけど、まずは広告を貼ってみたい」という方には特にオススメです。

ビッダーズはショッピングモール系のASPながら、報酬は現金でもらえます。ちなみに最低支払額は3,000円となっています。

ビッダーズはASPとしての知名度は今ひとつながら、このようにいろいろ使い勝手が良いため、今後伸びることが予想されるASPの一つと言えるでしょう。審査のない今のうちにビッダーズに登録しておいても損はありません。

ビッダーズの特徴

ビッダーズはショッピングモール系のASPの一つ。

ビッダーズの最低支払金額は3,000円。報酬がポイント制であることが多いショッピングモール系ASPの中で、現金で報酬がもらえるというのはなかなか魅力的です。

また、ビッダーズには登録時の審査が必要なく、加えてECサイトの審査もなし、副サイトの登録も不要――つまり誰でも、どんなサイトでも使えるのです。

ビッダーズはシステムも優秀。そのユーザー寄りの運営は、ユーザーの間で高く評価されています。

ビッダーズの難点をあえて挙げるとすれば、その知名度の低さでしょうか。有名モールなら、お客さんが既にIDを取得していたりして買い物がスムーズですが、ビッダーズはそこは他のモールに一歩譲ってしまいます。とはいえ、そこはネットショップ、本当に欲しいものならお客さんは買いますから、他のASPと併用するなどして、うまく稼ぎたいものです。

楽天アフィリエイトとは

楽天アフィリエイトは、日本最大級のアフィリエイトプログラム。楽天で取り揃えている商品は非常に幅広く、かつ多いので、アフィリエイターに重宝されているASPの一つとなっています。

楽天アフィリエイトの規模は、

・パートナー数:約113万人

・リンク数:約1,000万点

・店舗数:約5万店

このような数字を見ても、アフィリエイトするなら楽天アフィリエイトは外せないということが納得できるでしょう。実際、楽天アフィリエイトだけに特化した書籍や情報商材も出回っています。

楽天アフィリエイトはショッピングモール系ASPですから、報酬は現金ではなくポイント制。最低支払額は1ポイント(1円)となっています。楽天で買い物するなら支払いはポイントで問題ないでしょうが、できれば現金で報酬がほしいところですね。しかし楽天ポイントを現金化する方法もいくつかあります(図書カードを買ってチケットショップで売るなど)。ちょっと面倒かもしれませんが、それを差し引いても、楽天の店舗数やリンク数は魅力的でしょう。

楽天アフィリエイトを始めよう

楽天アフィリエイトは日本最大級のアフィリエイト・プログラム。楽天独自のプログラムで、ショッピングモールである楽天の全商品がそのまま扱える仕組みになっています。

楽天アフィリエイトの魅力は、何と言っても取り扱っている商品の数とジャンルの幅広さでしょう。楽天の規模は実に、

契約企業数:58,376社

商品数:16,927,116点

(以上2007年6月12日現在)

これだけあれば、どんなサイトでもアフィリエイトを始められますね。楽天アフィリエイトは、初心者から上級者まで、誰にとっても使いやすいASPと言えます。そのため、楽天アフィリエイトのみでアフィリエイトを行っている人も決して少なくありません。

楽天アフィリエイトの報酬はポイント制なので、現金化するには図書カードを買ってチケットショップに売るなど、ちょっと面倒くさい手続きが必要になります。楽天アフィリエイトを利用する際は、この点を念頭において利用するといいでしょう。

ワードプレスとは

ワードプレス(WordPress)とは、オープンソースのブログ作成ソフトです。

アフィリエイトをするには、まずはサイトが必要ですが、一つのサイトでまとまった額を稼ぐのは、よほど内容が充実した人気サイトでもない限り到底無理な話です。だから普通は、複数のサイトを作ることになります。そこで出来合いのブログサービスを使う手もありますが、こうしたサービスは、取得できるブログの数に制限があったり、SEO的に弱点があったりと、何かと使い勝手が悪いもの。しかしワードプレスで作ったブログなら、こうした制限がありません。

ワードプレスは、元々はユーザーインターフェイスがすべて英語でした。しかしその後、「WordPress Japan」によって日本語のインターフェイスが実現され、ワードプレスは英語が苦手な人でも扱いやすくなったのです。ワードプレスと同じブログ作成ソフトである「Movable Type」からワードプレスに流れてくるユーザーも多く、ワードプレスは今後の発展が期待されているソフトと言えます。

ワードプレスの利用には、PHPとMySQLの使える環境が必要です。サーバを借りる際は、この点を注意してください。

ワードプレスの特徴

ワードプレス(WordPress)とは、現在利用者を増やし続けているブログ作成ソフトウェア。

ワードプレスの利点は、何と言ってもライセンス料が無料だということでしょう。ワードプレスはもちろん商用利用もOKです。

また、ワードプレスは、同じブログ作成ソフトであるMT(Movable Type)と比べると動作が軽いので、「再構築」がイヤだという人にも人気があります。

ワードプレスで作ったブログは、サーバ代・ドメイン代さえ払っていれば、無料のブログサービスのように知らない間にIDを削除されるということはありません。またワードプレスはWeb標準に準拠したソースコードで検索エンジンにも強く、SEOもバッチリ。加えてテンプレートやプラグインも豊富で、無料ブログよりもずっと自由度が高いので、ワードプレスはアフィリエイトを本格的に始めたい方にオススメです。

ワードプレスの利用には、PHPとMySQLの使える環境が必要なので、サーバを借りる際は、この点をしっかり確認しましょう。

mixiで自分のサイトを紹介しよう

mixiは、2004年2月にサービスを開始し、今も話題のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。mixiは招待制を取っているため、誰でも参加できるわけではないものの、その利用者数(有効ID数)は2007年5月現在で1,000万人にのぼっています。

mixiはこのように多くの人が集まる場所ですから、mixiも使い方しだいでアフィリエイトにも貢献できます。

サイトやブログを立ち上げる場合、アフィリエイトで稼ぐことを第一に考えると、特にテーマが決まっていないサイトやブログを作るよりは、テーマをできるだけ絞り込んで、買い物目的の人を集めやすくするほうが効率的です。そこで特定のキーワードに従ってサイトを作り、SEO対策もしてサーチエンジンから顧客を引き寄せやすくするわけですが、それだけでは訪問者を待っているだけ、いわば受身の状態です。

しかしmixiをうまく使えば、自分のほうから自分のサイトにお客さんを呼び寄せることも可能。「mixiでアフィリエイトはご法度」と言われているようですが、コミュニティや日記を利用すれば、堂々と自分のサイトを紹介することもできます。ただしコミュニティの趣旨に合わないあからさまな宣伝は退会の原因にもなりかねませんので、そこは注意してください。

mixiとアフィリエイト

mixiはたくさんの人が集まるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。mixiはいわばネット上の社会です。

mixiの特徴の一つが「コミュニティ」という、あるテーマに関する同好の士で構成されている集まりが多数存在すること。もちろんmixiにはコミュニティの検索機能もありますから、自分と同じ趣味を持った人たちの集団を探すのは結構簡単です。もしそういうコミュニティがなくても、そのときは自分で作ってしまえばいい――いわば「この指とまれ」というわけですね。

mixiのこうしたコミュニティの機能を利用して、自分のアフィリエイトサイトを紹介することも可能です。例えばジュエリーを売りたい場合は、ジュエリーにはまっている人たちのコミュニティに参加してみる――彼らがジュエリーに興味があるのはもうわかっているわけですから、無差別に宣伝するよりはよほど効果があるでしょう。

mixiで自サイトの宣伝をする場合、気をつけなければならないのは、そのコミュニティの趣旨に関係ない宣伝・書き込みはしないこと。mixiはアフィリエイトのための場所ではありませんから、あからさまな宣伝行為は嫌われますし、場合によっては退会に追い込まれることもありますから、その点は注意が必要です。

ビズコムとは

ビズコムとは、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の一つ。ビズコムのオープンは平成18年6月6日で、SNSとしては新しいものです。

ビズコムは「インターネットビジネス」に興味がある人たちが集まるところ。元々ビジネスのためのSNSなわけですから、ビズコムを使って稼がない手はありません。そして実際、SNS大手のmixiと比べたら、アフィリエイトに関する情報交換などもしやすいようです。

ビズコムはmixi同様招待制なので、招待がないと入れませんが、招待してくれる人は探せば結構いるものなので、頑張って探してみてください。

ビズコムは、前述のように、アフィリエイトなどの、サイトを使って稼ぎたい人には最適な情報交換の場として機能しています。本気でアフィリエイトしたい人は、ビズコムに入会してみてはいかがでしょうか。

ビズコムの詳細はこちら。
http://info-sniper.com/bizcom/

ビズコムで情報交換

ビズコムとは、2006年にオープンした、特にインターネットビジネスに興味を持っている人たちのためのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。

ビズコムは招待制のため、招待がないと入会できませんが、インターネットビジネスに興味のある方なら、招待をしてくれる人を探すのは(リアルでもネットでも)、そう難しいことではないと思います。

ビズコムはmixi同様、多数の「コミュニティ」があります。しかし、ここはビズコムですから、単に友達を作ったり趣味で盛り上がったりするのではなく、ビジネスに関する情報交換が盛んです。もちろんアフィリエイト関連の情報交換も可能ですから、アフィリエイトで儲けたい人は、ビズコムに入会してみる価値はあります。

ビズコムはITのスキルの高い人も多いので、それなりの礼儀をわきまえていれば、彼らから知りたい情報をいろいろ教えてもらうこともできるでしょう。

ビズコムの詳細はこちら。
http://info-sniper.com/bizcom/

シーサーブログとは

シーサーブログとは、無料のブログサービスの一つです。

シーサーブログの長所は、何と言ってもアフィリエイト広告を貼ることができること。また、1つのアカウントでいくつでもブログを作ることができることも、シーサーブログがアフィリエイターたちの間で人気となっている一因でしょう。

シーサーブログは、ブログ初心者・アフィリエイト初心者にも簡単に扱うことができますが、HTMLやCSSの編集もできるので、上級者も満足できることかと思います。

シーサーブログは独自ドメインもOK。容量も画像は2GB、記事は無制限とのことですから、無料ながら、なかなか優秀なのではないでしょうか。特にブログや記事をたくさん作る必要があるアフィリエイターにとっては、こうしたシーサーブログのスペックは嬉しいですね。「無料のブログから始めたい」という方にはオススメです。

シーサーブログでアフィリエイト

シーサーブログは数ある無料ブログサービスの一つですが、「アフィリエイトOK」ということで、アフィリエイターたちの間では定評があります。

シーサーブログは、単に「アフィリエイトOK」なだけではありません。容量内(記事無制限・画像2GB)なら1つのアカウントでいくつものブログを持つことが可能です。1つのサイト・ブログでまとまった収入を得るのはなかなか難しいですから、シーサーブログのこうした特徴は嬉しいですね。

シーサーブログは、SEOの面でも優秀です。独自ドメインがOKなことはもちろん、URLがサブドメイン形式で表示されるのも、SEO的には有利です。もちろんHTMLとCSSも編集できるので、無料ながら、本当にアフィリエイト向けのブログですね。

シーサーブログでは、自分でアフィリエイト広告を貼れるのはもちろんですが、デフォルトでSeesaaショッピングの広告が入るようになっていますので、こちらからも収入が見込めます。

ライブドアブログ

ライブドアブログとは、無料のブログサービスの一つです(ただし有料版もあり)。

ライブドアブログは、アフィリエイトOK。ライブドアブログなら自分の好きな広告が自由に貼れるので、その点でアフィリエイト初心者には向いています。

ライブドアブログはテンプレートも多めなので、テンプレートにこだわりたい人や頻繁に変えたい人にとっては嬉しいですね。

ライブドアブログの容量は2.1GB。これだけの容量があれば、普通にアフィリエイトする分には、まず問題ないでしょう。もちろんHTMLやCSSの編集も可能なので、アフィリエイト上級者なら、SEO対策もできます。

ライブドアブログは、無料版にはアクセス解析機能はありません。この点ちょっと不便に感じるかもしれませんが、外部のアクセス解析ツールの導入は可能です。アクセス解析ツールは、ヘタに不便なものが付いているよりは、自分の好みで選んだほうがいい場合が多いので、この点はあまりマイナスポイントではないでしょう。

ライブドアブログとアフィリエイト

ライブドアブログはアフィリエイトOKの無料ブログサービス。特にアフィリエイト初心者には、ライブドアブログが向いています。

ライブドアブログの良いところは、アフィリエイト支援が充実していること。ライブドアデパートはもちろん、何とアマゾンやビッダーズなど、他社のアフィリエイト商品リンクが、ブログの管理画面から簡単に作成することができるようになっています。ライブドアブログのこの機能は、初心者にとってはとても嬉しいですね。

ただし、ライブドアブログには弱点も。無料版では、URLの表示形式がサブドメイン型でないので、この点はSEO的に弱いところ。アフィリエイト目的でライブドアブログを選ぶなら、上記の点を考慮した上で、最初のうちはお試しで無料版を使い、慣れてきたら独自ドメインやサブドメインの使える有料版に移行するといいでしょう。

FC2ブログとは

FC2ブログとは、無料のブログサービスの一つ。FC2ブログは、アフィリエイトもOKなので、多くのアフィリエイターが利用しています。

FC2ブログの大きな特徴は、何と言ってもテンプレートの多さ。公式・共有含めて何と2,000種類以上ものテンプレートが利用できます。テンプレートを自分で作るのも楽しいですが、これだけの種類があるなら、わざわざ自分で作らなくても、自分が気に入ったものが何かしらありそうですね。特にテンプレートを自分で作ることができない人にとっては、FC2ブログのテンプレートの多さはとても嬉しいものです。

FC2ブログは、SEO的にも優秀です。何といっても、URLがサブドメイン表示されるのが嬉しい。これはアフィリエイトにおいてはかなり有利です。もちろんFC2ブログは、HTMLやCSSの編集も可能、かつ容量は1GBありますので、無料ながら、アフィリエイトに適したブログと言えるでしょう。

FC2ブログでアフィリエイト

FC2ブログは数ある無料ブログサービスの一つで、アフィリエイトもOKです。

FC2ブログはアフィリエイトに適したブログです。その主な理由としては、

・URLがサブドメイン表示で、Javascriptの使用もOK

・アマゾンWebサービスの機能(管理画面からアマゾンの商品を検索、リンクの作成・挿入ができる。もちろん他社の広告を手動で貼ることもできます)

・HTML、CSSの編集が可能

FC2ブログの容量は1GBありますので、普通にアフィリエイトをする分には十分でしょう。また、FC2ブログは、ブログユーザーの間で不評な「再構築」の作業が必要ないので、その分操作が軽いのも嬉しいかぎりです。

FC2ブログは、以上の理由から、アフィリエイトに適したブログと言えます。テンプレートの数も探すのに苦労するほどあるので、アフィリエイトだけでなく、普通のブログとして使うにも申し分ないでしょう。

ロリポップとは

ロリポップとは、最近注目されている低料金のレンタルサーバーです。

ロリポップは10日間の「お試し期間」があるので、契約前に自分がしたいことができるかどうか試すことができます。ちなみにロリポップは、「Movable Type」「WordPress」「XOOPS」といったブログ作成ソフトもインストールでき、かつロリポップ専用のオンラインマニュアルも用意されていますので、設置がとても簡単です。またロリポップでは「ロリポブログ」があるので、こうしたブログ作成ソフトを使いこなせない方でも簡単にブログを設置することが可能です。

ロリポップは、独自ドメインプランなら、サブドメインが無制限に作れます。アフィリエイトをしたい方は、この点は嬉しいですね。サーバーのレンタル料金も、月額300円しませんし(200MBの場合)、ドメインのほうも、同じ系列の「ムームードメイン」なら安ければ年額800円ほどでドメインが取得できてしまいます。

ロリポップは、低料金で手軽に、かつ自由にアフィリエイトを始めたい方には最適なサーバーと言えるでしょう。

ロリポップでアフィリエイト

ロリポップは低料金で有名なレンタルサーバーで、ロリポップはアフィリエイトにも向いています。

アフィリエイトのためのサイト・ブログの設置の際に、無料のサービスを使わずにわざわざサーバーをレンタルする人は、ある程度Webサイトに関するスキルのある人なのでしょうが、特にブログの設置は多少心得がある人でもちょっと大変。でもロリポップなら、「Movable Type」「WordPress」「XOOPS」の設置のための親切なオンラインマニュアル(ものすごく親切です!)が用意されていますし、「ロリポブログ」という誰にでも利用できるブログサービスもあるので、玄人さんから素人さんまでブログを作ることができます。

ロリポップは、独自ドメインプランなら無制限にサブドメインを作ることができますし、ドメインを持っていない人でもURLはサブドメイン表示されますから、アフィリエイトに適したレンタルサーバーと言えるでしょう。特に初めてサーバーをレンタルする人やお金のない学生さんにオススメです。

さくらサーバー

さくらサーバーは「さくらのレンタルサーバ」の略称で、「さくらインターネット」が行っているサーバーレンタルサービスです。

さくらサーバーにはいくつかのプランがあり、その中から自分のニーズに合ったものを選ぶことができます。また、さくらサーバーは、いずれのプランにも、2週間のお試し期間があるので、特定の機能を使いたい人にも安心です。

さくらサーバー最低額は、「ライト」で300MB・月額125円。缶ジュース1本分の値段で「いきなり削除」の心配のない自分のサイト・ブログ・メールアドレスが持てるのが魅力です。

さくらサーバーの魅力は、上記のことに加え「さくらのブログ」が標準搭載されていること。これならブログ初心者でも安心して気軽にブログを運営することができますね。さくらサーバーはアフィリエイターにもオススメできるサーバーです。

さくらサーバーでアフィリエイト

さくらサーバーは、正式名称を「さくらのレンタルサーバ」といい、低額のレンタルサーバーとして注目されているものの一つです。

さくらサーバーには「ライト」「スタンダード」「プレミアム」、そして「さくらのレンタルサーバ・ビジネス」の「プロ」の4つのプランがあり、特に「ライト」に至っては300MBで月額125円! さくらサーバー、特に「ライト」は、学生さんなどには嬉しい容量および価格設定になっています。

さくらサーバーはアフィリエイターにも人気があります。その人気の秘訣は「さくらのブログ」。さくらサーバーのどのプランにも標準搭載されています。さくらのブログはテンプレートも豊富で操作も簡単。複数のブログが作れます。

ただしさくらサーバーは、プランに応じて使える機能に差がありますので、単に安いからといって「ライト」にせず、4つのプランの中から自分に合ったプランを選ぶようにしましょう。

エックスサーバーとは

エックスサーバーとは、サーバーレンタルサービスの一つ。

エックスサーバーは、はっきりいって、価格面では「ロリポップ」や「さくらサーバー」と比べれば、月額1,050円からと、それほど安いサーバーとは言えません。しかしエックスサーバーのサービス内容は「すごい!」と言わざるを得ません。

エックスサーバーの特長は、何と言っても独自ドメインが無制限に使えること。複数のサイトを運営するなら、これは強みです。「サブドメインが無制限に作れるなら独自ドメインは一つでいいじゃないか」と思われるかもしれませんが、サイト運営をしていると、サブドメインでは困る場合も少なくありませんから、通常はレンタルサーバーをいくつも借りなければなりません。しかしエックスサーバーは、この点はクリアしています。

エックスサーバーはこのほかにも「CGIがcgi-bin以外でも動作可能」「php.ini の設定が自由に変更可能」など、サイト管理者やアフィリエイト上級者などのコアユーザーにとってはとても嬉しいサーバーなのです。

エックスサーバーの特長

エックスサーバーは、価格面では「ロリポップ」や「さくらサーバー」など他の低価格サーバーより高め(月額1,050円より)です。しかしエックスサーバーは、情報起業家やサイト管理者、アフィリエイト上級者などのコアユーザーにとっては安いくらい豊富で強力な機能を誇っています。

エックスサーバーの主な長所としては、

・独自ドメインが無制限に使用可能(サブドメイン、メールアカウント、FTPアカウントともに無制限で、Webメールを標準搭載)

・国内高速36Gバックボーン

・ディスクスペースは1.5GBから

・MySQLは5つから使用可能

・共用SSLも可能

・転送量課金はなし!

・バックアップ――1日1回別のHDDに全データをバックアップ

・オリジナルCGI・SSIも使用可能(cgi-bin以外でも動作可能)

・PHP――php.iniの設定を変更可能。モジュール組み込みもOK

・人気プログラムの自動インストール機能付(osCommerceやZen-Cart、WordPress ME、XOOPSなどを、ワンボタンで無料インストール)

エックスサーバーには、もちろんこれ以外にもいろいろお得な点があり、「これで1,050円〜なんて安すぎる!」と評判です。企業の方やコアユーザーはもちろん、サイト運営に慣れてきた方も、ぜひエックスサーバーに乗り換えたいところです。

検索エンジンの種類

検索エンジンとは、「yahoo」や「google」、「MSN」などに代表される、インターネットで公開されている情報をキーワードなどを使って検索するためのサービスです。

検索エンジンは大きく分けて2種類あります。

一つはyahooに代表されるような、カテゴリーによって分類されている「ディレクトリ型」、もう一つがgoogleやgooなどに代表される、キーワードによって検索する「全文検索型」。とはいえ、最近では「全文検索型」でも「ディレクトリ型」の情報提供をしているところが増え、一方「ディレクトリ型」にも検索機能が搭載されるようになってきているので、両者の検索エンジンの違いはかなりなくなってきているのが実情のようです。

しかしながら、同じキーワードでも、検索エンジンによって結果はかなり違います。調べものなどをするとき、なかなか必要なサイトが見つからない場合は、利用する検索エンジンを変えてみるのも一つの手です。

検索エンジン最適化

検索エンジンには、大きく分けて「全文検索型(キーワードによって検索)」と「ディレクトリ型(カテゴリーによって分類されている)」があり、前者ではgoogle、後者ではyahooが有名です。とはいえ、どちらのタイプの検索エンジンも、両者の機能を備えるものが増えてきているため、両者の違いはだんだん少なくなってきているのが実情ですが。

検索エンジンは、アフィリエイトで儲けたい人にとっては無視できないもの。どんなサイトでも、ビジター全体において、検索エンジンから来るビジターの割合は多いものです。ですから、自分のサイトを象徴するキーワードにおいて、どの検索エンジンでも上位に表示されるようなサイトを作りたいと思うのは、サイト管理者であれば当然のことでしょう。

検索エンジンによって、検索結果はかなり違ったりします。よって多くの場合は、yahooやgoogleのような、利用者の多い検索エンジンの仕組みを意識しつつ自分のサイトを構成していきます。このような検索エンジンを意識したサイト構成の作業は「SEO(Search Engine Optimization/検索エンジン最適化)」と呼ばれています。

無料レポートとは

無料レポートは、アフィリエイターにとって見逃せないものの一つと言えるでしょう。

無料レポートとは、何らかの有用な情報を、主にPDFファイルなどにまとめ、一般に公開されている文書です。もちろん無料レポートは、誰でも無料で読むことができます。

無料レポートを書くことが、なぜアフィリエイトに有利になってくるのでしょうか。無料レポートは元々、メールマガジンの読者を増やす手段として、そのメルマガの執筆者によって書かれるものでした。よって無料レポートは、メルマガによるアフィリエイトや情報商材の販売などに有用な手段と言えるでしょう。

無料レポートを書くのに、特に資格が必要なわけではありませんが、少なくとも相手に「これは有用だ!」と思わせる情報と、相手を引き込む多少の文章のテクニックは必要です。現在はいくら無料レポートとはいえ、なかなかお役立ちのものも多いですから、無料だからといって手は抜けませんね。

無料レポートを書こう

無料レポートとは、主にPDF形式で配布される、有用な情報のことです。無料レポートには秀逸なものも少なくなく、良質なものなら、ヘンな情報商材よりもよほど役に立ちますので、無料レポートの利用者は多いです。

無料レポートは、通常、その無料レポートを書いている人が発行しているメルマガ(メールマガジン)への登録を条件にダウンロードが許可されます。こうしたことによって、メルマガの読者が増えるわけです。メルマガアフィリエイトをしている人や情報商材を売っている人などにとっては、無料レポートは有用なアイテムと言えるでしょう。

無料レポートには、前述のような効果があるので、無料といっても内容をおろそかにはできません。無料レポートは単なるアフィリエイトと違い、若干の情報とテクニックが必要ですから、誰にでも書けるというわけではありません。しかし、無料レポートが書けるようになると、ネットで稼ぐ上で何かと有利に。興味のある方は無料レポートに挑戦してみてはいかがでしょうか。

リセールライト付きソフトウェア

リセールライト(Resale Rights)とは、日本では「再販権」とも言い、その商品を再販することができる権利を指します。

ソフトウェアの場合、商品を購入すると、通常は個人使用のみが許可され、他人に譲渡したり転売したりすることはできません。まして無料配布などもってのほか。しかしリセールライト付きのソフトウェアなら、そのリセールライトの内容にもよりますが、再販あるいは無料配布ができるようになります。

リセールライトの種類としては再販権のみの「リセールライト」をはじめ、「ベーシックライト」「ロイヤリティライト」「マスターリセールライト」「マスター“プライベートラベル”リセールライト」「フルマスターリセールライト」「ギブアウェイライト」「プライベートライト」といったものがあります。

リセールライトの詳細はこちら、
http://meki2.com/resaleright.html

リセールライトとは

リセールライト(Resale Rights)とは「再販権」のこと。通常ソフトウェアや画像、映像などは、買ったものを無料配布したり譲渡したり、加工して販売したりする権利がありません。しかし、リセールライト付きのものなら、そのリセールライトの種類にもよりますが、こうしたことが可能になります。

近年ではリセールライト付き商品を使ったビジネスが盛んになってきています。ただし、リセールライトにはいくつか種類がありますので、商品の販売の際には、その商品に付加されているリセールライトの種類をよく知っておく必要があります。

リセールライトには、「リセールライト」をはじめ、「ベーシックライト」「ロイヤリティライト」「マスターリセールライト」「マスター“プライベートラベル”リセールライト」「フルマスターリセールライト」「ギブアウェイライト」「プライベートライト」の8種類があります。これらは種類によって無料配布のみ可能だったり、加工もOKだったりと、できることが変わってきますので、自分のニーズに合ったリセールライト付き商品を選ぶといいでしょう。

リセールライトの詳細はこちら、
http://meki2.com/resaleright.html

 
メニュー
アフィリエイトとは
アフィリエイトとは2
SEO、SEMとは
SEO、SEMの効果
携帯アフィリエイトとは
携帯アフィリエイトの始め方
ブログとは
ブログでアフィリエイト
グーグルアドセンスとは
グーグルアドセンスで稼ぐ!
MT(ムーバブルタイプ)とは
MT(ムーバブルタイプ)をはじめよう
アフィリエイトでのアクセスアップ
サイトのアクセスアップ
キーワードとは
キーワードの使い方
アフィリエイトのための無料ツール
無料ツールを選ぶ
グーグルアドワーズとは
グーグルアドワーズの利点
メールマガジンとアフィリエイト
メールマガジンで稼ぐ
ページランクとは
ページランクの仕組み
RSSとは
RSSの用途
ドメインとは
ドメインの取得
コンテンツ連動型広告とは
コンテンツ連動型広告の使い方
成果報酬広告とは
成果報酬広告を活用しよう
サーバーとは
サーバー選び
ロングテールとは
「ロングテール」の限界
ASPとは
ASPの選び方
情報商材とは
情報商材の内容
e-BOOKとは
e-BOOKの種類
HTMLとは
HTMLの賢い使い方
XHTMLとは
XHTMLのメリット
CSSとは
CSSのメリット
ドロップシッピングとは
ドロップシッピングのメリット・デメリット
SNSとは
SNS参加の心構え
ブログランキングとは
ブログランキングのシステム
トラックバックとは
トラックバックのメリット
pingとは
ping送信
検索エンジンの種類
検索エンジンyahooの特徴
ロボット型検索エンジンとは
検索エンジンgoogleの特徴
検索エンジンmsnとは
MSNサーチツールバー
スパムとは
スパムの防止
DSPとは
DSP選び
ドロップシッピングとアフィリエイトの違い
ドロップシッピングとアフィリエイトの違いとは
A8ネットとは
A8ネットの利用法
バリューコマースとは
バリューコマースの魅力
リンクシェアとは
リンクシェアの魅力
ジャネットとは
ジャネットの魅力
ビッダーズとは
ビッダーズの特徴
楽天アフィリエイトとは
楽天アフィリエイトを始めよう
ワードプレスとは
ワードプレスの特徴
mixiで自分のサイトを紹介しよう
mixiとアフィリエイト
ビズコムとは
ビズコムで情報交換
シーサーブログとは
シーサーブログでアフィリエイト
ライブドアブログ
ライブドアブログとアフィリエイト
FC2ブログとは
FC2ブログでアフィリエイト
ロリポップとは
ロリポップでアフィリエイト
さくらサーバー
さくらサーバーでアフィリエイト
エックスサーバーとは
エックスサーバーの特長
検索エンジンの種類
検索エンジン最適化
無料レポートとは
無料レポートを書こう
リセールライト付きソフトウェア
リセールライトとは