様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > アウトドア

スポンサード リンク

アウトドアの道具

アウトドアを楽しむためには、アウトドアに適した道具選びが大切です。

アウトドアでも、オートキャンプなど、多少荷物が重くても問題ないケースなら、特にアウトドア用に新しい道具を買わなくても、日頃使っている道具をそのまま持っていけばいいでしょう。また、キャンプ場によっては調理器具などの貸し出しをしているところもあります。

アウトドアで、登山など、自分である程度の荷物を背負って行動しなければならないケースでは、アウトドア専用の、小型で軽い道具を、必要に応じて購入した方が疲労が少なく安全です。

アウトドア専門店には、普段の生活では思いもつかないような便利な道具を売っていますから、そういったお店をのぞいてアウトドア用の道具を調達するといいでしょう。

アウトドアは自然と触れ合うことが目的ですから、道具を持ち込みすぎるのも考えもの。アウトドアでは必要最低限の道具を使うにとどめ、できる限り現地調達というのも野性味があっていいものです。たとえばこんなふうに。

・コンロ 現地でかまどを作り、燃料も現地の枯れ木などを利用する

・食器 串焼など、食器のいらないメニューにするか、もしくは木の枝や葉を利用する(衛生面には注意)

・調理器具 鍋などは必要最低限だけ持って、あとは「石焼き」「蒸し焼き」など、石や土や竹などを使って料理してみては?

アウトドアの道具選び

アウトドアの道具選びの際は、洗面用具・救急用品・ナイフ・ライト・水筒などの基本的な装備のほかは、「衣食住」を最優先に考えるといいでしょう。

・衣

アウトドアで行く場所は、夏でも夜は冬のように冷え込むことが多いので、防寒・防水を第一に考えます。靴やインナー、アウターまで、通気性が良く、乾きも速く、かつ保温性の高い軽い素材を選びましょう。

特に雨具は防寒具も兼ねるので、絶対にケチって粗悪品を買わないように。通気性の悪いものは、汗をかくような長距離の移動の際、蒸れて悲惨な目に遭います。

・食

アウトドア用の道具では「コッフェル」という、鍋と食器を兼ねた軽量でコンパクトなものが最もポピュラーでしょう。オートキャンプなら「ダッチオーブン」を使うのも楽しいものです。

バーナー(ストーブ)は固形燃料、液体燃料、ガスを使うものがあり、燃料ボトルも補充式と使い捨てがありますので、場所や日程に適したものを選びましょう。

・住

アウトドアでは多くの場合、テントを張ってシュラフ(寝袋)で寝ることになります。

シュラフは通気性・防水性・保温性・重さがポイント。軽くて暖かい羽毛と、多少濡れても保温性が保たれ、乾きも速い化繊のものがあります。「シュラフカバー」と使えば、さらに暖かく寝られます。

テントは通気性・防水性・設置のしやすさなどがポイント。簡易式のものなら「ツェルト」という、ポールがない(木などに張る)超軽量でコンパクトなものもあります。

アウトドアの道具選びは、特に遭難者が出ているような場所に行くときは、慎重に行うようにしましょう。登山の経験が豊かな人や、専門店の店員などの専門家に相談するといいでしょう。

アウトドアの料理

アウトドアの醍醐味の一つは、野外で料理すること。アウトドアで食べる料理は、家やレストランでの食事とは全く違うおいしさがあります。

アウトドアで料理する際の主な注意点を、以下に挙げておきます。

・火の元に気をつける:一歩間違うと山火事を起こしかねません。

・ゴミは持ち帰る:環境を汚す原因になるし、生ゴミの場合は熊が出没する原因にもなります。

・合成洗剤は使わない:これも環境を汚すことになります。たとえキャンプ場などの設備が整った場所でも、山では水が貴重なので、洗い物は最低限にとどめ、できるだけ家で洗うようにしましょう。

・食中毒に注意:食材は現地調達でない限りは、運んでいるうちに鮮度が落ちてきます。クーラーボックスを利用したり、火を十分に通したりなど、家での料理以上に注意を払いましょう。

アウトドアの料理では、以上の点に注意して、おいしく楽しい食事を満喫したいですね。

アウトドア料理のメニュー選び

アウトドアで食べる料理は格別です。アウトドア最大の楽しみと感じる人も多いでしょう。

メニュー選びでは大まかには2つのパターンが考えられます。

・自力で移動するケース

食材は人力で運ぶので、できるだけ軽いものが望ましい。特にアウトドアライフが長期間に及ぶ場合は、鮮度の面でも、フリーズドライ、インスタント、レトルトなどが重宝される。アウトドア専門店などでは珍しい商品を売っているので、普段食べないようなものが楽しめるが、こうしたアウトドア料理はコストが高め。

・乗り物を使うケース

かなり重いものを運ぶことができるので、選択の幅はかなり広い。せっかくのアウトドアの料理だから、ジンギスカンやバーベキュー、燻製など、強い火力を必要とし、ニオイや煙もたくさん出るような、豪快なものがいい。アウトドア料理の際は、材料は少し大きめにカットすると、より野性味が味わえる。

ただし、材料の持ち運びにはクーラーボックスを使うなど、食中毒には十分気をつけたい。

アウトドア料理では、以上の条件を考えてメニューと食材を選んでみたらいいでしょう。アウトドア料理の材料は、現地調達してみるのも楽しいものです。

バーベキューをする場所

アウトドアでバーベキューをする場合、場所はどこでもいいというわけではありません。

バーベキューができるようなオートキャンプ場は、現在全国に1000箇所以上あります。こうした場所は、家族連れなどが大人数でバーベキューをするための設備が整っているので、バーベキューをするのに向いていますし、後片付けも楽です。

バーベキューをする際は、気に入った場所でバーベキューをしたいと思う人も多いでしょう。しかし、山や公園などでは、焚き火や調理を禁止している場所が結構多いのが現状です。調理をする設備がない場所でバーベキューをする場合、前もって火を使っても大丈夫か確認をするようにしましょう。

アウトドアでは、ゴミ、特に生ゴミの始末はきちんとしましょう。生ゴミを散らかすことによって、エサを求めて熊が出没するようになった例もあります。

バーベキュー場

バーベキュー場というものが、巷にはあります。キャンプ場など、アウトドアを楽しむための施設の中でも、特にバーベキューが楽しめるように設備を整えた場所です。アウトドアを楽しむ場合、特にバーベキューをメインにしたいならば、バーベキュー場のような場所を選んでもいいでしょう。

バーベキュー場は、バーベキューはしやすいですが、場所によってはいろいろな制限があります。バーベキュー目当てでない場合は、かえって窮屈な思いをすることもありますので、注意が必要です。

バーベキュー場は、場所によっては材料や道具の持ち込みが認められていなかったり、炉のないところや直火を認めないところなどがあります。バーベキュー場の条件によっては、予定していたバーベキューのやり方と、実際のやり方が変わってくることもあるので、バーベキュー場を利用する際は、事前に詳細を問い合わせた方がいいでしょう。

アウトドアイベント

アウトドアイベントは、春から秋、特に夏になると盛んに行われます。

アウトドアイベントで代表的なものは、音楽関係のイベント。特に新潟県の苗場スキー場で行われる「フジ・ロック・フェスティバル」は、日本最大級のロックフェスティバルで、特にアウトドアが好きでない人でも楽しめてしまうのがいいところ。

アウトドアを学ぶ上で忘れてはいけないのが、展示会。「大阪アウトドアフェスティバル」は、日本最大級のアウトドア総合展示会で、毎年3月に開催されます。アウトドアグッズの展示販売に始まって、カヌー・マリンレジャー・キャンピングカー・バスフィッシング・バイク・自転車など、様々なアウトドアの楽しみ方に対応した内容になっています。

アウトドアが好きな方は、一度は参加してみても損はないでしょう。

アウトドアイベントでのマナー

アウトドアイベントでは、当然のことながら、参加する際のマナーというものがあります。「ゴミを散らかさない」「係員の指示に従う」などは当然のこととして、ほかにも気をつけたいことが……。

アウトドアイベントを行う場所は、近所に一般の人が住んでいることも少なくありません。そして、アウトドアイベントが行われる時間帯は、夜であることもしばしば。

アウトドアイベントに参加する人にとっては、特別な日の特別なイベント。少々浮かれたい気持ちにもなるでしょうが、近隣の人にとっては単なるバカ騒ぎでしかないかもしれません。

アウトドアイベント自体はしっかり楽しんでいいものですが、それはイベントの開催時間帯と開催場所にとどめておきましょう。イベントが終わり、会場を離れたら、近隣の住民の迷惑にならないように、静かに速やかに立ち去りましょう。

アウトドアの道具

アウトドアの道具と言えば、キャンプ用品とフィールドギア用品に分けられるでしょう。

キャンプ用品は、アウトドアの道具としては必需品ですから、良い物を選びましょう。

車で行ってキャンプするのか、登山のスタイルでキャンプするのかで、用意するアウトドアの道具は大きく変わります。

以下、代表的なアウトドアの道具を書き出してみましょう。

・キャンプ用品

テント、テントアクセサリー、タープ、シュラフ(寝袋)、マット&ベッド、テーブル&チェア、ランタン、ストーブ&コンロ、燃料、クッキング用品、テーブルウェア(食器)、野外料理、クーラーボックス

・フィールドギア用品

ナイフ&刃物 、時計、光学機器(双眼鏡など)、ナビゲーションツール、エマージェンシーグッズ、ライト、マルチツール、アクセサリー、ライター、灰皿、フラスコ&スキットル、電池&バッテリー

アウトドアの道具2

アウトドアの道具の中から、登山での必需品を書き出して見ましょう。

テント、マット、リュック、シュラフ(寝袋)、ランタン、シングルコンロ、固形燃料、はんごう、ナイフ、時計、地図、コンパス、マルチツール、ライター、水筒、フラスコ、エマージェンシーグッズ、ライト、食料、着替え、など

アウトドアのリュックは、上記の登山グッズのようにたくさんの物を入れるわけですから、出来るだけ機能的で丈夫でコンパクトなものを選んだ方がいいでしょう。

アウトドアの道具として、最近は電池を使ったものも多いです。アウトドアの際は、充電池と太陽電池の充電器なども携帯していると便利です。

アウトドア料理

アウトドア料理は、その目的によって色々と種類があります。外で作る料理は、アウトドアの最大の楽しみといえるのではないでしょうか。

アウトドア料理の例としては――家族と一緒の場合はカレーやシチューなど簡単に作れる料理、釣りに来た場合は釣った魚を使った料理など。それ以外にも、バーベキュー、鍋料理、肉料理、煮込み料理、ご飯ものや麺類など、様々なものが楽しめるでしょう。

家族や友人たちと自然に囲まれた中で一緒にアウトドア料理を作って食べることは、何よりも楽しいひと時。その楽しさと大空の下での開放感が絶妙のスパイスとなって、アウトドア料理を美味しく感じさせてくれるのでしょう。

アウトドア料理2

アウトドア料理では、普段の日常生活ではできない体験も可能になるでしょう。アウトドア料理の例としては、スモークチーズや魚の燻製などにもチャレンジすることも出来ます。また、鳥の丸焼きや何十人分の鍋や煮物を作ることも出来るのです。

こういったアウトドア料理は、普段なら家を汚したり、臭いが残ったり、作る必要がなかったりして、作る機会はほとんどないものですね。

一人で作って食べる料理よりも、大勢の人達と協力し合って作り上げる料理の方が、楽しくて美味しいものです。それがアウトドア料理の醍醐味ではないでしょうか。

自然と触れ合いながら、手作りの料理を美味しく食べることが出来るアウトドア料理は、ひょっとして最も贅沢な料理かもしれませんね。

アウトドアといえばバーベキュー場

「アウトドアするなら、バーベキュー!」とバーベキューを好む人も多いようです。バーベキュー場も多々あって、バーベキューの道具と材料さえ持って、バーベキュー場に向かえば、簡単にできるところが魅力のひとつですね。

しかし、バーベキュー場をインターネットで探してみると、「日本バーベキュー協会」というものに辿りつきました。

ここでは、バーベキューの基礎知識と技術を身につけた「バーベキューインストラクター」の初級・上級、さらにインストラクターにコミュニケーション能力をプラスした「バーベキューマスター」が存在して、全国のバーベキュー場やホテルなどで、プロとして活躍しているそうです。

バーベキューの作り方も、炭の着火の仕方から、火加減の調整などの「極意」があるとのこと。興味のある方は、是非訪ねてみてくださいね。

バーベキュー場

アウトドアでバーベキューを行うのに、一番のポイントは場所探しです。バーベキューは自然に囲まれた場所で行うから楽しくて美味しいわけですが、どこでやっても良い訳ではないようです。

アウトドアでバーベキューを行うには、いくつかマナーがあります。火を使うので、火の元安全管理が徹底した場所で楽しむのが、重要なマナーです。

また、バーベキューで使った食器や道具は、ペーパー類で汚れを落として、家に持ち帰ってから洗うように心がけましょう。くれぐれも料理の残りを川に捨てたり、食器を川で洗剤を使って洗わないようにしましょう。

後からアウトドアに来た人達が気持ちよく使えるようにすること、そしてその場の自然環境を汚さないように心がけることは、最低限のマナーですね。

アウトドアのイベント

アウトドアでのイベントは、山や海や川などに出かけ、そこで自然に触れ合いながら行うもの、といったイメージがありますが、そういったものだけとは限りません。

一歩外に出れば、そこはアウトドア。そこには様々なイベントが存在するのです。自然が少ないといわれる都会にだって、アウトドアイベントはあるものです。

環境との共存が叫ばれる今日(こんにち)、アウトドアのイベントは新しいライフスタイルなのではないでしょうか。

キャンプ場やホテルでは、自然とエンターテイメントをテーマとした各種のプロモーションを企画をしている場合があります。事前に確認していくと、現地でのイベントを含めたアウトドアライフを楽しめることでしょう。

アウトドアのイベント2

アウトドアのイベントとしては、シーズンごとのイベントがあります。

特にネイチャー(自然)をテーマにしたものが多く、様々なオリジナルな企画が催されています。

1月は正月に関するイベント

7月は七夕に関するイベント

8月は花火や納涼に関するイベント

9月は秋の食材を使ったイベント

10〜11月はハロウィンに関するイベント

12月はクリスマスイベント

このように、季節や地域に応じた趣向のアウトドアイベントが企画されています。

ここにあげただけでも、1年の半分は、アウトドアイベントの季節といえます。開催時期や時間、開催場所などを確認して、気軽にアウトドアのイベントに参加してみてはどうでしょう。

 
メニュー
アウトドアの道具
アウトドアの道具選び
アウトドアの料理
アウトドア料理のメニュー選び
バーベキューをする場所
バーベキュー場
アウトドアイベント
アウトドアイベントでのマナー
アウトドアの道具
アウトドアの道具2
アウトドア料理
アウトドア料理2
アウトドアといえばバーベキュー場
バーベキュー場
アウトドアのイベント
アウトドアのイベント2