様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > アクセサリー

スポンサード リンク

魅惑のシルバー・アクセサリー

アクセサリーの中でも、白く上品な輝きを放つ、シルバー・アクセサリー。

古くから銀は、魔よけや幸運を呼ぶ貴金属として世界中で愛されてきました。

金属中で一番光の反射率が高く、古く硫化して黒ずんだものでも、磨けば元の輝きを取り戻すところも、古来珍重された理由です。

光沢仕上げのほか、いぶし銀という、わざわざ黒色がかった深い味わいのある色をつくる銀製法もあり、シルバー・アクセサリーの中でもしぶい大人のイメージを演出します。

シルバー・アクセサリーの歴史は古く、古代メソポタミア文明のウルの遺跡で、紀元前2600年ごろの宝飾品が見つかっており、金などとともに価値あるものとして扱われてきました。

古代インドやエジプトでは、ゴールドよりもシルバーの方が価値が高いとみなされていたこともあったとか。

銀が広まったのは、16〜17世紀ごろ。メキシコでポトシなどの大銀山が発見されたことにより、大量の銀がヨーロッパにもたらされることになりました。そして、アメリカインディアンの種族によって、現在の銀細工技術が始まりました。今では、インディアンジュエリーとして世界的に有名です。部族によって手法が分かれ、ターコイズ(トルコ石)を配したシルバー・アクセサリーなど、力強い味わいがあります。

シルバー・アクセサリーによく使われる銀は、スターリングシルバー(シルバー925)といいます。銀含有量は92.5%で、強度を持たせるために、銅など他の金属を7.5パーセント含みます。銅のほかに金やパラジウムを入れた、ピンクシルバーというピンク色のシルバーもあります。

ブリタニア(シルバー950)は、他の金属を5パーセント含み、彫金などハンドメイド・アクセサリーに向きます。

純銀であるサラ(シルバー1000)は、アクセサリーにはやわらかすぎて、通常は加工に向きません。アクセサリーにするには、通常の5倍以上の手間と技術が必要だそうです。

一口にシルバーといっても、鉛やニッケルなどを含んだり、メッキされている場合があります。金属アレルギーの方は精度の高いシルバー・アクセサリーを選ぶ必要がありますね。99%純銀に近いものを選ぶとよいでしょう。

手づくりもできるシルバー・アクセサリー。純銀線という金属の糸を編みこんでつくる純銀クロッシェは、新しいシルバー・アクセサリー技能です。純銀クロッシェ技能認定講座というのもあります。

見て楽しむ、選ぶ、買う、つくるシルバー・アクセサリー。本物のシルバー・アクセサリーを身につけたら、心はもうセレブですね。

大人のシルバー・アクセサリー

アクセサリーの中でも、大人の魅力を放つ、シルバー・アクセサリー。

頭の上から、ティアラ、イヤリング、ピアス、ネックレス、ペンダント、ラリエット、ブローチ、ブレスレット、バングル、アンクレットとさまざまな形態のアクセサリーがあります。本物の銀の輝きは、大人のファッションのポイント。どんなシルバー・アクセサリーを買おうか、つけようか、考えただけでもドキドキしますね。

アクセサリーは女性だけのものではありません。シルバー・アクセサリーは男性にも似合います。ドラマや舞台、雑誌で、イケメンの胸に光るシンプルなシルバー・ネックレスなんて、やっぱりかっこいいですよね。シルバーが変色して黒光りするのも魅力のうちなんだそうです。また、変色しやすいシルバーを、専用の布や液で磨いて新品同様にお手入れしてあげるのも、愛着がわくというもの。

銀製品のブランドとして有名なのは、ティファニー。ここは女性向け、男性向け、ユニセックスといろんなシルバー・アクセサリーが出ています。

シルバー・アクセサリーの代名詞ともなったクロームハーツも多くの芸能人が愛用しています。

国産のシルバーブランドも負けてはいません。国際宝飾展において、6年連続「ジュエリーベストドレッサー賞」の贈呈商品に選ばれたクロスフォーニューヨークなど、いろんなブランドがでています。

シックに、カジュアルに、洗練されたシルバー・アクセサリー。本物のブランドをとっておきの日に身につけてみたいものです。

つくりたいビーズアクセサリー

アクセサリーの中でも、ビーズアクセサリーつくりが人気です。

ビーズアクセサリーの魅力とは何でしょうか。

ビーズ素材そのものの、繊細さ、綺麗さ、光沢、かわいさ、上品さ。これらが乙女チックな心をとらえます。

スワロフスキーガラスと呼ばれる、オーストリアのスワロフスキー社のラインストーンやストラス。ベネチアングラス。チェコガラス。フランスのビーズ。美しい輸入ものが大人気です。

アンティークビーズとも呼ばれる、30〜90年昔につくられたヴィンテージビーズ。

そして天然石のビーズ。フェイクパール。座金のメタルパーツ。どれも小さな宝石のように素敵です。

それらのきらきらとしたビーズをひとつひとつ組み合わせて、自分だけのネックレスやブローチといったオリジナルアクセサリーができあがるのです。

ビーズアクセサリーの製作には、テグス、ワイヤーなどを使います。

キットで売られているものもありますが、レシピの本やサービスもたくさん出ています。

パーツとカラーセンスをちょっと変えるだけで、自分だけのオリジナルアクセサリーができあがります。かわいいものから、豪華なものまで、作る楽しみもさることながら、つける楽しみ、プレゼントする楽しみも広がります。

つくってみたいビーズアクセサリー

アクセサリーでも、自分で手作りすることが魅力のビーズアクセサリー。

ビーズは、カラーバリエーションが豊富で、透明感のある赤や緑、青、黄色、紫、シルバー、ゴールドと、いろんな濃淡があり、ひとつぶひとつぶが輝きを放っています。

形もさまざま。よくある丸ビーズのほか、四角、しずくの形、勾玉、星型、三日月型、楕円、そろばん型、ハート、はては人形や金魚のビーズまで、楽しさも広がります。

イタリアの職人がベネチアングラスを使って、ひとつひとつ手作りしたという、ベネチアンビーズ。その小さなひとつぶの凝った模様や形状の美しさといったら、それだけで芸術品ですね。クリムトやモネといった名前のビーズもあります。どんなアクセサリーができるのか、ドキドキします。

テグスやワイヤーにいろんな色や形のビーズを通すだけで、オリジナルのアクセサリーが楽しめます。大人でも子供でも楽しめるビーズアクセサリー。まずは、自分の指にはめる指輪から、おそろいデザインのブレスレッドに、ネックレス、携帯ストラップ、いろんなオリジナルグッズ、つくってみたいですよね。

ビーズアートにも資格があります。文部科学省許可(財)日本余暇文化振興会認定のビーズスキル認定講座で、プロを目指すことができます。

配色やデザインのセンスやテクニックを磨いて、アクセサリー・デザイナーや、ビーズインストラクターになるのも、楽しそうで素敵ですね。

ハワイアン・ジュエリーの歴史

アクセサリーの中でも、ハワイで100年の伝統を誇るハワイアン・ジュエリー。

ハワイ土産としても最適のアクセサリーです。

ハワイといえば、カメハメハ大王。某マンガの仙人の必殺技ではありません。ハワイアン・ジュエリーは、このカメハメハ大王を初代とするハワイ王朝最後の女王、リリウオカラニ女王(1838-1917)によって始まります。ちなみに有名な「アロハ・オエ(あなたが愛されますように)」はこの女王の作詞作曲。

イギリス王室とも親交が深かったハワイ王朝のリリウオカラニ女王は、1862年、ヴィクトリア女王の夫君であるアルバート王子の喪に際し、イギリス王室と同じようにその死を悼み、金に黒のエナメルで「ホオマナオ・マウ(永遠の思い出)」と文字を入れたバングル(ブレスレットの一種)をつくり、身につけました。

また、リリウオカラニ女王は、感謝の気持ちを込めて、「アロハ・オエ」と刻んだバングルを、親しい女子校の校長であるアトキンソン女史に贈りました。

17世紀後半イギリスで流行した、故人の追悼や愛の言葉や思い出の言葉を彫り込んだアクセサリーであるセンチメンタル・ジュエリーが、19世紀にヴィクトリアン・モーニングジュエリー(服喪用アクセサリー)となり、さらに、リリウオカラニ女王によってハワイで定着し、今やハワイの国民的アクセサリーとなりました。

ハワイアン・ジュエリーは正式にはハワイアン・エアルーム・ジュエリー(先祖伝来の家宝)と呼ばれ、親から子へ子から孫へ、または、大切な人へと、お守りのように受け継がれています。

世界的な観光地として有名で、平和な常夏の楽園のイメージのあるハワイ。でも、その歴史をみると、国を奪われたリリウオカラニ女王の哀しみが宿ることがわかります。

美しいハワイアン・ジュエリーを見ながら、ハワイアン・スピリッツのやさしい女王に思いをはせるとき、ハワイの夕焼けのような、ちょっぴりセンチメンタルな気分になりますね。

素敵なハワイアン・ジュエリー

アクセサリーのひとつとして、ハワイ土産としてぜひほしい、ハワイアン・ジュエリー。略してハワジュ。

オーシャン・ライフを思わせる、プルメリアやハイビスカスの花、伝統的なハワイアンスクロール(渦巻き模様)、神聖な葉であるマイレ・リーフ、シェル(貝殻)、幸運を呼ぶというホヌ(海がめ)、ドルフィン。

ハワイの風物である、サーフボードや、ビーチサンダルをあしらったペンダント。小麦色の素肌に輝く、リングや、ブレスレッド、ネックレス。

ハワイアン・ジュエリーは、どれも華やかでいて、涼しげなアクセサリーです。素材がシルバーなら白い波のさわやかさ、ゴールドなら太陽のきらめきを思わせます。

ふちをデザインに沿ってカットした、スカラップという技巧が、ハワイアン・ジュエリーの美しさを引き立てます。

もちろん、14金に黒のエナメルで文字を入れたり、文字を浮き彫りにした、ブレスレットに指輪といった伝統的なハワイアン・ジュエリーも素敵です。アロハ・スピリッツをあらわす言葉を刻んだアクセサリーを身につけたら、心もとってもやさしくなりそうです。

ハワイ王朝の伝統技を受け継ぐアクセサリー、ハワイアン・ジュエリー。ひとつひとつ、オーダーメイドでつくられます。ハワイ語の素敵な愛の言葉を、熟練職人が丁寧に刻んだ結婚指輪などもらったら、気分は最高ですよね。

そのほか、ハワイのアクセサリーには、ハワイのいろんな花をあしらった粘土製アクセサリーや、フラダンスには必須のフラワーレイ、いい匂いのマイレのレイ、魔よけのククイの実を使ったレイなどもあります。

ハワイ旅行のおみやげに、現地で買ってみたいものですね。間違っても中国製のハワイアン・ジュエリーなんてハワイで買ってきたくはないものです。

ヘア・アクセサリーのいろいろ

アクセサリーの中でも、髪につけるヘア・アクセサリーには、いろいろな種類があります。

ティアラ、ボンネ、カチューシャ、コーム、バレッタ、ヘアピン、U字ピン、パッチンピン、リボン、ヘアゴム、シュシュ、マジェステ、リボンネット、クリップ、ダッカール(コンコルド・くちばし)クリップ、ヘアビーズ、ヘアバンチ。

日本の昔ながらの櫛や、簪(かんざし)、笄(こうがい)。造花や生花の花飾り。

エクステンション、ヘアピース、ウィッグ。

バンダナや、スカーフ、ターバン、帽子や、バイザーなんかもヘア・アクセサリーといえましょう。サングラスも、という人もいるかもしれませんね。

お値段も、100円の安価なものから、○万円台のブランドものまでいろいろ。

メイドインジャパンのほか、フランスやイタリー製など、海外ブランドものも山ほど近くのお店なんかで手に入る時代ですが、やっぱり選ぶときにはとっても迷いますよね。何でもいいってわけにはいきません。

アクセサリーによって、髪型など印象が変わってしまうのですから、女性にとっては、その選び方は大切なもの。ヘア・アクセサリーは、ヘア・アクセントです。

また、髪質や髪の長さによっても使えるものが変わってくるのですから、見た目の美しさだけでなく、実用性がないと、不相応のものになってしまいます。

洋装と和装で小物が違うように、仕事や学校、プライベートな場に応じて使えるものは変わってきます。その場に応じたアクセサリーの選び方は、ファッションセンスの基本ですね。

でも、個性にあった、新しい髪型をつくりたいのは、どの時代の女性も思うこと。

いろんなヘア・アクセサリーで研究して、素敵な女性を演出したいものです。

和のヘア・アクセサリー

アクセサリーの中でも、夏のヘア・アクセサリーとして最近人気なのが、かんざし。花火大会の日は、浴衣姿にかんざしが一番ですよね。デザインによっては、普段着にも似合います。

江戸時代の女性の髪飾りであったかんざしには、いろんな種類がありました。平打かんざし、玉かんざし、チリカン、ビラカンといった形。金、銀のほか、ギヤマンや鼈甲、象牙にサンゴといった素材。蒔絵、螺鈿、漆、透し彫りなどの装飾。

これらは、江戸時代の着物と髷にとってもよく似合い、江戸情緒と粋をかもしだします。

そして、当時の男性が女性に贈るプレゼントといえば、かんざしでした。工芸美術品ともいえるアクセサリーは、いつの時代も女性に喜ばれる贈り物です。

明治以降は、和洋折衷のヘア・アクセサリーが生まれました。セルロイド製のバラの花や、ダイヤなど宝石をちりばめたかんざしなど。幅広なリボンもこの時代を思わせるスタイルです。

今でも、成人式や、大学の卒業式の和装や、日本舞踊などの衣装にも、かんざしなどの和のヘア・アクセサリーは欠かせません。

京都の舞妓さんは、各月によって季節の花をあしらったかんざしをつけます。

最近のかんざしは、プラスチックや木や竹を素材として、天然石やラインストーンをあしらったり、ポップやキュートなど、カジュアルに使える平成の香りのするデザインがたくさん出ています。小粋でレトロなデザインも人気です。

和のヘア・アクセサリー、専用BOXに飾るのも素敵ですね。

外国のお友達へのプレゼントにもどうぞ。

インディアンジュエリーとは

インディアンジュエリーはネイティブアメリカンといわれる人たちが天然石を使って作る装飾品のことをいいます。

インディアンジュエリーは、シルバーとトルコ石の組み合わせたジュエリーが代表的なものです。他にもサンゴをはじめ、オニキス、ロードナイト、インカローズ、ラピスといった天然石を使用したジュエリーもあります。インディアンジュエリーはひとつひとつがハンドメイドで心込めて丁寧に作られていて、そのデザインはインディアン独特のスピリチュアルな世界を表現しています。

インディアンジュエリーといっても品質はいろいろ。その中でも特にアメリカ南西部で生活しているインディアンの「ホピ族」、「ズニ族」、「ナホバ族」、「サントドミンゴ族」の作るジュエリーが、世界的に高く評価されているそうです。

インディアンジュエリーは、最近は日本人にもファンがいるほどの人気になってきています。アクセサリーとしてファッションに気軽に取り入れやすいデザインだからでしょう。

インディアンジュエリーの魅力

インディアンジュエリーの魅力は、ひとつひとつが手作り作品。同じジュエリー作品はなく、似ていても、微妙にデザインが違います。また、インディアンジュエリーはいろんなファッションにもあわせやすいことではないでしょうか。

インディアンジュエリーのデザインは、インディアンの生活の中ではぐぐまれてきた自然界のモチーフがデザインされています。モチーフとして、太陽、動物(蛇、熊、鷲等)、植物、雲、水、昆虫(蛛等)等があります。

ジュエリーのモチーフは、インディアンの生活においては日常触れあっている自然そのものであり、彼らの持つ自然崇拝やスピリットが、インディアンジュエリーに表現されているのです。あなたもお気に入りのアクセサリーに、インディアンジュエリーを加えてみませんか。

ジュエリーについて思う

ジュエリーとはリング、ピアス、ネックレス、ブローチ等、宝石類を使った装身具のこと。アクセサリーは装身具全般で、宝石類を使っていなくてもいいのだ。ジュエリーというのはアクセサリーより高級なもの、と思えばよい。

ジュエリーと聞くと、ダイヤモンド、エメラルド、ルビーといったものが思い浮かぶ。宝石と呼ばれる石は、地球上に存在する自然の賜である。石は採掘され、職人によって磨かれ、装飾されて素晴らしいジュエリーとなる。古代から装飾品は存在し、今も、素晴らしいデザインのジュエリーが次々と生まれ、女性たちの憧れの的となっているのだ。

ジュエリーひとつ身に付けるだけで女性が美しく見えるのは、わたしだけなのか?

ジュエリーこぼれ話

アクセサリーは世界中至る所に存在している。その中で、価値ある一品といわれるものがジュエリーだ。ジュエリーは宝石類を使用している。アクセサリーはそうじゃない場合も含む。

ジュエリーは人類の歴史とともに歩んできたと言ってもいい。古代王朝時代、いや、もしかしたらもっとはるか昔からジュエリーはあったのかもしれない。ジュエリーに魅了されてきた人々。ダイヤモンドをはじめ、サファイア、ルビー、エメラルドなど、石がジュエリーとなって放つ美しい輝きはいつの時代になっても、人々を魅了してきたのだ。実際、ジュエリーに関して様々なまつわり話が存在する。中でも有名なのは、ホープダイヤモンドであろう。

アクセサリーとブランド

アクセサリーの歴史は古く、旧石器時代には既に骨製のビーズやピンなどが使われていました。日本では縄文時代の腕輪やピアスなどのアクセサリーが多数出土しています。

時代は下り、資本主義の現代日本では、アクセサリーは大変な人気商品の一つとなっています。そのため、アクセサリーのブランドも、国内外を問わず、歴史の古いものから最近できたものまでさまざま。もちろんブランド物でないアクセサリーも多数出回っていますが(というより、こちらのほうが圧倒的に多い)、特に女性にとってはブランド物のアクセサリーを持つことは一種のステータス――近年はアクセサリーを付けること自体を楽しむだけでなく、そのアクセサリーに「ブランド」という付加価値があることを楽しむという傾向があるようですね。

ブランド物のアクセサリー

アクセサリーにはいくつかの意味がありますが、その主なものとしては、

・身に付けること自体を楽しむ

・富や権力の象徴として身に付けて人に見せる

・富として蓄える

というものがあります。

しかし、ブランド物のアクセサリーに関しては、またちょっと違った意味合いがあります。ブランド物のアクセサリーの場合、その材質(宝石や貴金属)自体の価値もさるものながら、「ブランド物であること」そのものに価値が見出されるという傾向があります。

人気があるアクセサリーのブランドの代表格としてティファニーが挙げられます。これは、映画「ティファニーで朝食を」のブレイクという現象もあって、いまやアクセサリーの材質やデザインはともかく、「ティファニーであること」そのものに価値があるわけですね。だからよく「ティファニーのオープンハートが欲しい」なんて言葉が巷で聞かれるわけです。

とはいえ、ブランド物は、ダテに高価なわけではありません。材質はもちろんですが、一流のデザイナーによる作品を取り扱っているわけですから、センスの良さも抜群。

アクセサリー選びに自信のない方は、ブランド物を選んでおけば、趣味の良さという面ではまず間違いはないでしょう。

アナスイのアクセサリー

アクセサリーのブランドの一つに「アナスイ(ANNA SUI)」があります。

アナスイのネーミングは、このブランドを興したファッションデザイナーの名前(アナ・スイ)からきています。

アナスイの特徴は、蝶やバラといったモチーフと紫系の色使い。ムードは艶っぽく、ちょっと妖しい美しさ。

アナスイは婦人服・化粧品・小物などを扱っており、特にアナスイの香水は有名で人気がありますが、素晴らしいアクセサリーもいくつか出ています。しかし、アナスイを扱っているショップでは、メインが化粧品や香水で、アクセサリーを取り扱っているところが少なく、たとえ入荷されてもすぐに売り切れてしまうので、ある意味アナスイのアクセサリーはレアアイテムと言えるかもしれません。

アナスイのアクセサリーが欲しい方は、見つけたらその場で迷わず買ってしまうくらいでちょうどいいかもしれませんね。

アナスイのアクセサリーを入手したい

アナスイは特に香水が有名で、人気があります。しかし、アナスイがアクセサリーも扱っていることは、意外に知られていません。

アナスイのアクセサリーは意外と種類が少なく、国内では取り扱っている店舗も少ないこともあり、ある意味レアアイテム化しているようです。

ネットでアナスイのアクセサリーを探しても、なかなか見つからない、あってもすぐに売り切れてしまうという現状を見ると、実はアナスイのアクセサリーは想像以上に価値のあるものではないかとさえ思ってしまいますね。

アナスイの特徴は、パープルカラーとバラと蝶。キュートにもセクシーにもアレンジできる、女性にとってはとても魅力的なアイテム。アナスイのアクセサリー、一つ持っていると、女っぷりが上がること請け合いです!

ジェムケリーのアクセサリー

「ジェムケリー(Gem CERRY)」とは、京都の宝飾品メーカー。

ジェムケリーは、設立は1992年と、比較的最近できた会社です。ジェムケリーは、創業当時は呉服の訪問販売が主体でしたが、その後宝飾ブランドのジェムケリー部門を設立し、今に至っています。

ジェムケリーのアクセサリーの代表的なものとしては、アレキサンドライトをあしらった「ケリークール」が挙げられます。

アレキサンドライトは、ジェムケリーが登場するまでは、並外れた美しさ(日光の下では暗緑色、白熱灯や蝋燭の明かりの下では鮮やかな赤色になる)と希少性こそあれ、決して知名度の高い宝石ではありませんでした。しかしジェムケリーは他のアクセサリーメーカーとの差を打ち出すために、このアレキサンドライトに着目。非常にゼイタクな「プリンセスカット(原石の実に60パーセントをロスするカット)」を施した、ファッション性の高いジェムケリーのアレキサンドライトのアクセサリーは大ヒット商品となり、「ジェムケリー=アレキサンドライト」という図式さえ成立させたのです。

ジェムケリーのアクセサリーは、アレキサンドライト以外ではダイヤモンドも主力商品として扱われています。ジェムケリーのアクセサリーは、素材の質はもちろん、デザインも大変洗練されており、多くの人に愛されています。

ジェムケリーのアクセサリーの特徴

ジェムケリーは近年急成長を遂げているアクセサリーを中心としたブランド。

ジェムケリーのアクセサリーの主力商品は、アレキサンドライトの「ケリークール」。アレキサンドライトは日光の下ではブルーグリーン、白熱電球の下では赤紫と、神秘的な変化を見せてくれます。このような魅力的なアレキサンドライトをあしらったリングやピアス、ネックレスといったアクセサリーは、その洗練されたカットとデザインも手伝って、大人気商品となっています。

ジェムケリーは、アレキサンドライト以外にも、ダイヤモンドやルビー、サファイヤなどのアクセサリーを取り扱っています。

ジェムケリーではいずれのアクセサリーにも、質の高い石を使い、しかも「プリンセスカット」「アマラントカット」といったような石の魅力を最大限に引き出すカットが施されており、それがジェムケリーの魅力になっています。

天然石アクセサリー

天然石アクセサリーは、アクセサリーの中でも人気のあるものの一つです。

天然石アクセサリーには、リング、ネックレス、ブレスレット、ピアス、イヤリングといったものがあり、その価格もさまざま。しかし「天然石アクセサリー」という場合、大概は「半貴石」のものを指し、ダイヤモンドやルビーなどのようなゴージャスなカットも施されていないため、宝石店で売られているようなアクセサリーと比べるとかなり割安です。

天然石アクセサリーは、多くの場合、その石は「パワーストーン」とも呼ばれ、その天然石ごとに特別な効力や意味合いがあるとされています。そのため、天然石アクセサリーを身に付けることに対して、単なるファッション以上のとらえ方をしている人も少なくありません。実際、天然石アクセサリーを選ぶときも、そのファッション性以上に、石の持つ意味合いを重視する人が多いようです。

天然石アクセサリーの自作

天然石アクセサリーは、宝飾店で売っているジュエリーと比べてワイルドなデザインとなっているものが多いので、自作する人も結構います。

天然石アクセサリーの材料は、今では手芸店でカンタンに手に入ります。こうした専門店では、天然石のビーズやペンダントトップ、アクセサリーを作るために必要な石を留める台やチェーンといった金具の類、天然石アクセサリーを作るのに必要な道具などを取り揃えています。

天然石アクセサリーの自作は静かなブームになっており、天然石アクセサリーの製作のための書籍も多数出版されています。

天然石アクセサリーの自作に必要な知識としては、作り方そのもの以外では、それぞれの天然石(パワーストーン)が持つ意味や効力。天然石アクセサリーに、単なるファッション性だけではなく、お守りとしての効力も求める人も少なくありません。どうせなら自分のニーズに合った天然石アクセサリーを作りたいものですね。

激安アクセサリー

アクセサリーと一言でいっても、値段はピンキリ。そのクラスは大きく分けて、

(1)庶民にはとても手の届かないような、目の玉が飛び出るような値段のもの

(2)結婚指輪のように、滅多には買えないけれど、一生のうちに一度くらいは欲しいもの

(3)誕生日などの特別な日にあげたりもらったりするような値段のもの

(4)お小遣いで気軽に買えるもの

以上の4通りといったところでしょうか。

アクセサリーの以上の4つの分類のうち、(4)に該当するものは、「激安アクセサリー」として、店頭やネットなどで出回っています。

激安アクセサリーの多くは、スターリングシルバーなどでできており、ノーブランドです。また、エスニック雑貨店などでも、激安のアクセサリーを見ることができます。

激安アクセサリーは、チープではありますが、個性的なデザインが多いのが魅力。激安アクセサリー、上手に選べば、ヘタにブランド物を買うよりも、ずっとあなたの魅力を引き出してくれますよ。

激安アクセサリーの選び方

アクセサリーにもいろいろありますが、とってもお手ごろな値段で買えるのが「激安アクセサリー」と銘打っている類のもの。

激安アクセサリーにはノーブランドのものが多く、材質も台や鎖は主にシルバーで、石もそれなりの質のものですが、決して侮ることなかれ。たしかに激安アクセサリーは、基本的にはフォーマルには向かないものが多いですが、それ以外の場面ならば、上手に選べばチープさを全く感じさせずにあなたの個性を引き立ててくれます。また、品の良いものを選べば、ビジネスシーンでも大活躍。

時に「激安アクセサリー」と称して有名ブランドのものが売られていることがあります。しかし、値段や業者にもよりますが、こうした激安アクセサリーは、ニセモノであることも少なくないようです。

激安アクセサリーを買う際は、最初から「この値段ならニセモノでも仕方ない」と割り切るか、ニセモノを見分ける目を養うことが大切です。

アクセサリショップ

アクセサリーを買うなら、やはり専門店がいいでしょう。アクセサリショップには、数多くのアクセサリーが取り揃えられています。

アクセサリショップといっても、お店によって傾向はかなり異なります。「アクセサリショップ」というよりは「ジュエリー専門店」といったほうがいいような高級店もあれば、アジアや南米といったところからの輸入品を扱っているアクセサリショップもありますし、また欧米のアンティークアクセサリーを取り扱っているシャレた店も。さらに、「チープでキッチュ」を売りにしている、プラスチックや安い合金などでできたオモチャのようなアクセサリーを売る店もあります。

アクセサリショップは、上記のように、「どこの店に行っても同じ」ということはありません。自分の欲しいアクセサリーの大まかな傾向と価格を明確にした上でアクセサリショップを選べば、予算オーバーすることなく買い物をすることができるでしょう。

オンラインのアクセサリショップ

アクセサリショップにもいろいろありますが、近年ではインターネットの普及とともに、アクセサリショップにもオンラインのものが増えてきました。

オンラインのアクセサリショップを利用するメリットとは、何といっても、自分が気に入るアクセサリーを、家にいながらにして探すことができるという点。オンラインショップは商品を直接手に取って見ることができないことが難点ですが、アクセサリに関しては、多くの場合はわかりやすい写真付きで、材質も明確にされています。特にブランドもののアクセサリーなどは、安心して買うことができます。

また、エスニック調のものなど、お手ごろ価格のアクセサリーに関しても、信頼できるオンラインショップが増えています。もちろん送料はかかりますが、自分の足であちこち探し歩くことを考えたら、(特に時間や交通費が多くかかるような場合は)送料もさほど高くは感じないでしょう。

オンラインのアクセサリショップを上手に利用して、時間と交通費を節約したいものですね。

手作りビーズアクセサリー

アクセサリーは買ったりもらったりするのも嬉しいですが、手作りするのも結構楽しいものです。

手作りアクセサリーの中で、近年静かなブームになっているものの一つが、ビーズを使ったアクセサリー。ビーズブームの火付け役となった「スワロフスキービーズ」をはじめ、「チェコビーズ」「ベネチアンビーズ」「パールビーズ」「天然石ビーズ」などといったビーズを使った手作りアクセサリーの本も売れています。また、結婚式などセレモニーのためのアクセサリーを手作りする人も少なくありません。

手作りのビーズアクセサリーは、貴金属店で売られているものと比べるとかなり安価ですし、見た目にも宝石のような重厚さはありませんが、その完成度は高く、逆に宝石にはない独特の繊細な美しさがあります。特にスワロフスキーは、皇太子妃の雅子さまもお付けになっており、こうしたビーズアクセサリーは、華々しさという点においては申し分ないものと言えるでしょう。

手作りアクセサリーを楽しもう

手作りアクセサリーと一言でいっても、彫金教室などで腕を磨いてプロ顔負けのものを作るような本格的なものから、手作りアクセサリー専門店などで材料を揃えて作る素朴なものまでさまざま。

アクセサリーの価値は、よく値段や材質、ブランドなどではかられたりしますが、手作りアクセサリーの価値は、値段や材質よりもデザインのほうが重視される傾向があります。

手作りアクセサリーでは、ビーズを使うことも多いのですが、ビーズは種類にもよりますが、宝石に比べるとどれも決して高価なものではありません。しかし、すぐれたデザインのもとに繋げられた数々のビーズの手作りアクセサリーには、有名ブランドのアクセサリーに勝るとも劣らない完成度の高さがあります。そのビーズがたとえ「グラスビーズ(日本で昔からオモチャとしても親しまれてきた値段の安いビーズ)」であったとしても、周りの人をアッと驚かすこともできるのです(実際私が作ったものは好評でした)。

手作りアクセサリーは、カジュアルはもちろん、デザインによってはフォーマルなシーンでも大活躍します。興味のある方は、一度手作りアクセサリー専門店へ足を運んでみてはいかがでしょう。

アクセサリーの作り方の教則本

アクセサリーを買ったりもらったりした経験は多くの方にあると思いますが、どんなに高いブランド物のアクセサリーでも、「ペンダントトップがもう少し大きかったら」とか「もうちょっとくすんだ感じだといい」とか「ルビーじゃなくてサファイヤが良かった」といったような、「ちょっと気に入らない」という点が出てくることも少なくありません。

アクセサリーは、特別な設備が必要なものを除いては、手作りすることが可能です。

アクセサリーを手作りするメリットは、どこの店にも売っていない、自分だけのオリジナルのものを作ることができること。こうしたニーズにともない、アクセサリーの作り方の教則本も多く出回っています。

アクセサリーの作り方には「原則」があり、基本的にはそれほど難しいものではありません。それゆえアクセサリーの作り方で何が重要になってくるかというと、やはりデザイン。最初はアクセサリーの作り方の本などを参考にしながら作るといいでしょうが、慣れてきたら、ぜひ自分でデザインに挑戦してみてください。

アクセサリーの作り方

アクセサリーは、特別高級なものを除いては、基本的に自作が可能です。手作りアクセサリーの専門店などでは、自作のための道具・材料から、アクセサリーの作り方の本まで手に入れることができます。

アクセサリーを作る際は、材料費もそれなりに出ますので、アクセサリーの作り方をきちんとおさえ、失敗して材料費をムダにすることがないようにしたいものですね。

アクセサリーの作り方は、当然のことながら、何を作るかによって大分変わってきます。ビーズアクセサリーのように、わりと初心者にも入りやすいものもあれば、彫金のように、ちょっとしたテクニックが必要なものまでさまざま。

アクセサリーの自作にはじめて挑戦するという方は、自分にも作れそうな、やさしいアクセサリーの作り方を説明している本などを参考にしてみるといいですね。

メンズアクセサリーを選ぶ

メンズアクセサリーは、日本でも高度経済成長期以降に需要が増え、今や男性がアクセサリーを付けることは当たり前の時代になっています。

メンズアクセサリーは、女性のアクセサリーと比べると、若干ハードな作りになっているのが特徴。メンズアクセサリーは、フォーマルな場よりもカジュアルシーンでよく付けられる傾向があるせいか、シルバー製など、値段もお手ごろなものが多いですね。

また、メンズアクセサリーでは、ワイルドな天然石を使ったものは多いですが、女性のアクセサリーのような宝石の美しさを強調したものはあまり多くないようです。

メンズアクセサリーは、クセのあるデザインのものも多いので、女性が自分に似合うものを見つけるのはちょっと難しいかもしれません。でも、それは逆に言うと、とても選びがいがあるということ。自分の容姿やファッションを視野に入れて、ぜひともご自分にピッタリのメンズアクセサリーを見つけてください。

メンズアクセサリーを通販で

メンズアクセサリーを扱うネットショップは数多く存在しています。メンズアクセサリーをリアルの店舗で選ぶのもいいですが、都会ならともかく、地方などでは店舗の数が少なくて、買い物も大変ですよね。特になかなか気に入ったものに出逢えないという方は、メンズアクセサリーのネットショップで手軽に選んでみては?

ネットでメンズアクセサリーを選ぶ際は、

(1)あらかじめ欲しいメンズアクセサリーのブランドを特定しておく

(2)どのショップがいいか、事前に評判を調べておく

(3)自分に似合う材質やデザインをあらかじめ絞っておく(金が似合う人や銀が似合う人といったものはたしかに存在します)

(4)ファッション雑誌などを見て、手持ちの服とのコーディネートを研究しておく

といったようなことを事前にしておくと、店頭で手に取って選ぶのでなくてもメンズアクセサリーをスムーズに選ぶことができるかと思います。

シルバーアクセサリーの値段

シルバーは貴金属の中でも値段がお手ごろで、しかし磨くとプラチナ以上に輝くので、シルバーアクセサリーは、多くの人に愛好されてきました。

シルバーアクセサリーのほとんどは、加工しやすいスターリングシルバー(銀含有量は92.5%)で作られます。しかし、同じスターリングシルバーを使ったシルバーアクセサリーでも、製造元や流通ルートによってかなり値段が違います。たとえばティファニーのような有名ブランドのシルバーアクセサリーは、安くても1万円前後で、数万円するものも珍しくありません。逆に、アジアや南米から輸入された民芸品のシルバーアクセサリーは、安いものなら数百円で買えます。

シルバーアクセサリーの値段はピンキリですが、要はその人の好みなので、必ずしも有名ブランドのものがいいというわけでもありません。ぜひ、あなたに似合うステキなシルバーアクセサリーを探してみてください。

カレン族のシルバーアクセサリー

シルバーアクセサリーを手がけている個人や企業は数え切れないほどありますが、近年密かにファンを増やしつつあるのが、カレン族のシルバーアクセサリー。

カレン族とは、タイ北部からミャンマーにかけて、主に山岳地帯に居住している少数民族です。このカレン族の人々が作っているシルバーアクセサリーは、「カレンシルバー」などと呼ばれており、日本でも、民芸品店やネット通販などで、このシルバーアクセサリーを簡単に手に入れられるようになりました。

カレン族のシルバーアクセサリーの特徴は、何と言ってもカレン族特有の文様が刻まれていること。このシルバーアクセサリーの文様は、何と紀元前の頃からカレン族に伝わっているものだそうで、それぞれに自然崇拝を背景とした深い意味があります。

シルバーアクセサリーがお好きな方は、一度カレン族の素朴なシルバーアクセサリーを手に取ってみてください。

ビーズアクセサリー専門店

ビーズアクセサリーは、近年静かなブームになっています。ビーズアクセサリーのブームに伴って、たくさんのビーズアクセサリーの本も出版されるようになりました。

ビーズアクセサリーの魅力は、お値段が手ごろな割にゴージャスなこと。結婚式用にビーズアクセサリーを手作りする人も少なくありません。

ビーズアクセサリーの専門店なるものも存在します。わたしが先日浅草橋に行った際は、JR浅草橋駅周辺に、いくつものビーズアクセサリー専門店が並んでいるのを見ました。中にはビルの複数のフロアがビーズアクセサリー専門店で占められている所も。

ビーズアクセサリー専門店では、ビーズアクセサリーはもちろん、ビーズアクセサリー制作のためのビーズや金具、制作用の道具なども各種取り揃えています。ビーズアクセサリーに興味をお持ちの方は、こうした専門店をあたると良いでしょう。

ビーズアクセサリーのビーズ

ビーズは、日本では、以前は「おもちゃの宝石」といったような扱いで、ビーズアクセサリーも子供のおもちゃといった感じでしたが、近年ではスワロフスキーに代表される、品質が高くて美しい外国製のビーズも出回り、大人の女性が身に着けるアクセサリーとして人気が高まってきています。

ビーズアクセサリー用のビーズには、実に多くの種類があります。プラスチック製のものをはじめ、ガラス・角・陶器・シルバー・貝・さんご・パール・木・貴石および半貴石……もちろん材質やカットなどによって、値段も様々です。

ビーズアクセサリーの醍醐味は、多くの種類のビーズを組み合わせられること。あなたのセンスでこれらのビーズをキレイに組み合わせ、あなただけのステキなビーズアクセサリーを作ってみてください。

ハワイアンジュエリーとは

ハワイアンジュエリーは、ハワイのお土産としても人気がありますね。

ハワイアンジュエリーは、17世紀、ハワイのリリウ・カマカエハ大酋長(後のリリウオカラニ女王)が、イギリスのヴィクトリア女王の夫アルバート王子の喪に服す際に特別に作らせたジュエリーから始まりました。

ハワイアンジュエリーのモチーフは、ハワイで神聖視されているティーリーフやマイレの葉、花ではハイビスカス、ハードオブパラダイス、プルメリアなど。

このようにハワイのイメージをダイレクトに表しているハワイアンジュエリー――ハワイの思い出の品として、これ以上ふさわしいものはないでしょう。

ハワイアンジュエリーの広まり

ハワイアンジュエリーの正式な呼び名は「ハワイアン・エアルーム・ジュエリー」(先祖伝来の家宝)。本来は、親から子へ、子から孫へと、代々受け継がれていく特別な宝物でした。

また、ハワイアンジュエリーは、誕生日や卒業式などの記念品として、あるいは大切な人への贈り物としてなど、大切な思い出を残すための特別な品としても、重要な意味を持っていました。

ハワイアンジュエリーは、元々はこうした神聖なものでしたが、やはり時代のせいでしょうか、今ではハワイアンジュエリーは、ハワイの特産品として、ハワイ以外の人にも親しまれるようになりました。

ヘアアクセサリーのテクニック

アクセサリーの中でも、多くの女性が日常的に使っているのがヘアアクセサリー。ヘアアクセサリーには、本当にたくさんの種類がありますね。

ヘアアクセサリーは、髪を飾るという意味あいも大きいですが、髪をまとめるという実用的な意味もあります。髪をまとめるヘアアクセサリーとして代表的なものは、コームやバレッタ、クリップ、そして今流行りのコンコルドピン(ダッカール)など。

これらのヘアアクセサリー、もちろんそれぞれに差したりはさんだりといった基本的な使い方があるわけですが、実はこれらは使い方をひとひねりするだけで、とてもステキで高度なヘアアレンジができるんですよ。かんざしに至っては、これ一本で、他にはなにも使わなくても、「まとめ髪」ができてしまうんです!

ヘアアクセサリーの特徴をよくつかんで、あなただけのステキなヘアアレンジを楽しんでください。

ヘアアクセサリーの選び方

ヘアアクセサリーの種類は、それこそ星の数ほどありますし、値段もピンキリですから、新しくヘアアクセサリーを買う時は、いろいろ迷ってしまいますね。

ヘアアクセサリーを選ぶポイントを挙げろと言われたら、多くの人は第一にデザインを挙げるのではないでしょうか――それはたしかに正解です。しかし、ヘアアクセサリーは単に髪を飾るというだけではなく、髪をまとめるという実用的な側面もありますから、ヘアアクセサリーを選ぶ際は、その点にも留意したいところ。

ヘアアクセサリーの実用的な選び方としては、やはり自分の髪の毛のことを考えること――髪質、毛量、長さ、そしてしてみたいヘアアレンジ。たとえばバレッタを選ぶにしても、髪のことを考えずにデザインだけで選ぶと、「バレッタに対して自分の髪の量が多すぎてまとめ切れない」なんてことにもなりかねません。

ヘアアクセサリーをプレゼントとして選ぶ場合は特に、上記のことに気をつけたいものですね。

インディアンジュエリーの特徴

インディアンジュエリーとは、インディアン(ネイティブ・アメリカン)オリジナルのジュエリーです。

インディアンジュエリーは、ターコイズやサンゴをあしらったり、自然物をモチーフとした刻印を施したりすることが特徴で、多くの場合はベースにシルバーが使われます。

インディアンジュエリーで使うターコイズにも、いろいろな種類があります。オーソドックスな青や緑のターコイズから、珍しいものでは「ホワイトバッファロー」と呼ばれる白いターコイズまで。

インディアンジュエリーからは、手作りのぬくもりが感じられます。ワイルドでいて温かい――インディアンジュエリーが多くの人に愛される理由も何となくわかりますね。

インディアンジュエリーに込められた想い

インディアンジュエリーは、インディアン(ネイティブ・アメリカン)が手作りしている、インディアンのオリジナルのジュエリーで、自然物をモチーフとしたり、ターコイズやサンゴをあしらったりして作られていることが特徴です。

インディアンジュエリーは、インディアンが遠い過去から守り続けている、アニミズムの思想をベースに作られます。インディアンの世界観では、大自然の中に精霊が宿っています。インディアンジュエリーは、こうした精霊への想いや祈りを込めて作られるのです。

インディアンジュエリーのこうした背景から、現地では単なるアクセサリーとしてではなく、お守りとしても大切にされています。

ジュエリーと人間の欲望

ジュエリーとは、宝石と貴金属類を用いた装身具全般を指します。

ジュエリーは古今東西、多くの人々の心を魅了してきました。その歴史は古く、少なくとも古代エジプトや古代メソポタミアの時代から存在していたことが確認されています。

ジュエリーは美しいだけでなく、希少価値があるからこそ多くの人の心を魅了するのでしょう。ジュエリーは身を飾るだけではなく、多くの場合、富と権力の象徴としても用いられました。富と権力は、ほとんどの人間が欲しがるものですから、特に価値のあるジュエリーの場合は、多くの人で奪い合うようなこともありましたし、盗難の被害に遭うものも決して少なくはなかったのです。

ジュエリーを見る人々の目は、現代でも変わりません。それゆえ、ジュエリー専門店の警備は、他の店と比べると非常に厳重です。

ジュエリーの加工技術

ジュエリーの価値は、その材質にあるのはもちろんですが、ジュエリーの加工技術も見逃せません。

ジュエリーの加工技術は、人類の歴史とともに進化を遂げてきました。ジュエリーの加工技術は単なる実用性にとどまらず、もはや芸術の域にまで達していることは、皆さんもよくご存知なのではないでしょうか。

ジュエリーの美しさの決め手となる加工技術の主なものとしては、やはり宝石のカットとジュエリーのデザインでしょう。特に定番になっている宝石のカットに関しては、「よくもまあここまで研究したものだ」と感心するくらい。

美しくカットされた宝石をあしらったジュエリー――その美しさは、これからも多くの人々を魅了してゆくことでしょう。

 
メニュー
魅惑のシルバー・アクセサリー
大人のシルバー・アクセサリー
つくりたいビーズアクセサリー
つくってみたいビーズアクセサリー
ハワイアン・ジュエリーの歴史
素敵なハワイアン・ジュエリー
ヘア・アクセサリーのいろいろ
和のヘア・アクセサリー
インディアンジュエリーとは
インディアンジュエリーの魅力
ジュエリーについて思う
ジュエリーこぼれ話
アクセサリーとブランド
ブランド物のアクセサリー
アナスイのアクセサリー
アナスイのアクセサリーを入手したい
ジェムケリーのアクセサリー
ジェムケリーのアクセサリーの特徴
天然石アクセサリー
天然石アクセサリーの自作
激安アクセサリー
激安アクセサリーの選び方
アクセサリショップ
オンラインのアクセサリショップ
手作りビーズアクセサリー
手作りアクセサリーを楽しもう
アクセサリーの作り方の教則本
アクセサリーの作り方
メンズアクセサリーを選ぶ
メンズアクセサリーを通販で
シルバーアクセサリーの値段
カレン族のシルバーアクセサリー
ビーズアクセサリー専門店
ビーズアクセサリーのビーズ
ハワイアンジュエリーとは
ハワイアンジュエリーの広まり
ヘアアクセサリーのテクニック
ヘアアクセサリーの選び方
インディアンジュエリーの特徴
インディアンジュエリーに込められた想い
ジュエリーと人間の欲望
ジュエリーの加工技術