様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム >

スポンサード リンク

薬剤師とは

薬剤師は、薬剤師法という法律で定められた、医薬品の提供や薬事衛生を管理し、国民の健康な生活のための職業です。

薬剤師は、医師の処方どおりの薬を患者に調剤したり、薬や服用方法について説明することで患者の健康に役立てます。

医師と患者の間に立ち、患者の体質や服用歴などから、医師が処方した薬が有効で安全かを監査し、不適切と判断した場合は修正を促すといった大切な役割もこなします。

医療過誤などが頻繁にニュースにとりあげられ、電子カルテなどの登場で現場はシステム化され、効率とミスを減らす手間のバランスが難しくなってきています。

薬剤師も、機械的に調剤して薬を渡すのではなく、患者の状態を観察し、話をし、説明するプロセスがとても重要性を増しています。

薬剤師が薬の監査をしたり、患者と接することにより、医師の指示ミスはもちろん、入力ミスやシステム的なエラー、新規に発表された副作用などに気づき、安全な医療を提供することができるようになっています。

薬剤師になるには

薬剤師になるためには、大学で薬学を学び、薬剤師国家試験に合格するプロセスを歩みます。

薬剤師国家試験は、6年生の大学で正規の薬学を学んだ人だけ受験でき、年に1回2日間のスケジュールで行われます。(薬学部は、平成18年より、従来の4年生から6年制に移行しています。)

大学では、薬理、薬剤学はもちろん、生化学、免疫、病理、微生物、放射線、臨床医学、公衆衛生、関連法規、病院実習など幅広い医学の知識を学ぶカリキュラムになっており、学生の間はかなり厳しい勉強が求められるようです。

大学卒業後の進路は、薬局、病院・診療所、製薬会社、大学院などで、近年は薬局への就職が増えていると言われています。

薬学部のある大学は年々増え続けており、調剤薬局の数も増えて頭打ちになりつつある上に、病院も電子カルテ化などで効率を上げているため、薬剤師は供給過剰になることが予想されています。

在学中の費用は、年間200万と仮定すると、6年で1200万。かなりのお金と労力のかかる資格です。

 医薬品のプロとして、しっかりとしたビジョンをもち、資格取得と就職に臨みたいものです。

妊娠検査薬とは

妊娠検査薬は、妊娠初期に受精卵から尿に分泌されるホルモンを検出し、お腹に赤ちゃんがいるかどうか調べる薬です。薬局などで買うことができます。

生理が遅れていて、もしかしたら?と思っても、産婦人科に行くのはためらってしまう人は少なくありません。

妊娠検査薬で検出するホルモンは、hCGというもので、受精卵が着床してから増え続けていきます。

検査に最適なのは、妊娠してから4週程度の時期とされています。

生理が遅れていると感じる頃は、前回の排卵から約4週経っているので、妊娠検査薬には余裕を見て、生理予定日のおよそ1週間後から検査できると書かれています。

妊娠検査薬で検査した結果、妊娠しているはずなのに陽性にならなかったり、判定が陰性なのに、生理が始まらなかったりすることがあります。

不妊治療で投与されているホルモンや、不規則な生理周期、胎児異常などが考えられますので、再検査をしたり、早めに産婦人科の受診を検討してみましょう。

妊娠検査薬の使い方

妊娠検査薬は、薬局などで誰でも購入して、妊娠しているかどうか検査できる薬です。

赤ちゃんが着床すると、妊娠を維持しようとするホルモン、hCGが分泌されて尿に混じって出るようになります。

妊娠検査薬は、妊娠4週という、前回の排卵から4週間経った頃に陽性となるように作られています。

生理が遅れているなと感じたら、もう1週間ほど余裕を見てから使うとちょうどいい日数となります。

基礎体温を測っている人は、高温期(排卵後、2週間続く)が3週間以上続いたときを目安にすると、より正確に検査することができます。

妊娠しているはずなのに、陽性の出方が少ない場合は、さらにもう1週間後に検査してみましょう。

市販の妊娠検査薬はほとんどが棒状で、1〜2回測定することができます。

スティックの先端におしっこをつけ、数分待ってから、判定窓に現れる色で判断します。

陽性反応が出た場合も、正常妊娠かどうかを確認するために、早めに産婦人科を受診するといいでしょう。

検査結果が陰性なのに、生理が始まらない、基礎体温の高温期が続く場合も、早めに産婦人科を受診しておくと安心です。

睡眠薬とは

睡眠薬は、睡眠導入剤と呼ばれ、寝つきの悪さや、眠りの浅さを改善する薬です。

睡眠薬というと、依存してしまう、大量に飲むと死んでしまうなどの不安を感じる人が多いと思います。

最近の睡眠薬は、依存や危険性の少ない薬が開発されていて、1万錠くらいまでなら一度に飲んでも死なないようです。致死量になる前にお腹がいっぱいになってしまいますね。

睡眠薬は、長時間効くもの、入眠時のみ短時間効果があるもの、早く目が覚めないようにゆっくり効くものなど、睡眠障害の状態によってさまざまなタイプがあります。

よい睡眠が取れないと、体の疲れが取れないだけでなく、感情が乱れたりして精神的にまいってしまいます。

薬局でも睡眠薬に近い働きの薬が売っていますが、数回飲んでも改善しない場合は、病院で受診し、効果的な治療を受けてみましょう。

睡眠薬の使い方

睡眠薬を使わなければ、とまで思う頃には、睡眠障害だけではなく、不規則な生活、体のだるさ、精神的不安定などのさまざまな症状に悩まされている人が多いようです。

睡眠時間は、日中にすっきり活動できる程度のものが、その人に合った睡眠を取れていると言えます。

日中眠くてたまらなかったり、寝つきが悪い、夜中に何度も目が覚めるなどの睡眠障害が続くようなら、医師の診察を受けて治療することをおススメします。

睡眠薬は、精神的な安定の目的で使われることもあります。また、向精神薬を睡眠障害の治療に使うこともあります。精神と睡眠はとても密接に関わっているのですね。

睡眠薬には、超短時間型、短時間型、中間型、長時間型などの効果が持続によって薬が分かれています。

睡眠障害のタイプによって、寝付きにくいだけのときは短時間、途中で何度も目が覚める場合は中間型、早く目が覚めたり、昼間の不安が強い場合は長時間といったように使い分けられます。

睡眠薬には副作用があり、翌朝に眠気や疲労感が残ったり、力が入りにくくなったり、睡眠薬の成分が体に残っている間に記憶や判断力が落ちたりします。

ほとんどの睡眠薬は、ベンゾジアゼピン系という化学構成でできていますが、非ベンゾジアゼピン系という、より副作用を軽くしようと開発された薬もあります。

長期的に睡眠障害を感じている場合は、薬局で購入できる睡眠改善薬ではなく、病院で受診して、自分に合った睡眠薬を処方してもらうことをおススメします。

薬物依存症とは

薬物依存症とは、脳に作用する働きのある薬物に対して依存する精神疾患のことです。

薬物には、麻薬や覚せい剤だけではなく、お酒に含まれるアルコール、タバコのニコチンなども含まれます。

習慣性のある薬物は、精神的、身体的に依存を深め、やめようと思ってもやめられないというレベルを超して、常に体内に薬物がないといられない状態にまで依存してしまいます。

薬物を体に取り込んだとき、はじめは少量で気分が高揚したり、落ち着くなどの精神的効果が得られます。

依存症となる原因として、この精神的効果を得るために繰り返し薬物を取ると、以前と同じ量では効かなくなるという薬物の耐性があげられます。

薬物依存症の身体的原因である耐性は、一定期間、薬物を取らなければ改善できますが、精神的な依存を改善することが難しいと言われています。

入院などで薬物を絶っても、退院後少しでも取ってしまうと、あっという間に元に戻ってしまうというから、恐ろしいものですね。

薬物依存症のいろいろ

薬物依存症には、アルコール、ニコチン、麻薬、覚せい剤などがあります。

どの薬物も、摂取すると脳に作用して気分や体調が変化します。

アルコールへの依存は、お酒の飲みすぎにより、仕事のミスや遅刻が多くなったり、家事などやるべきことが手につかない、対人関係の悪化などが起こります。

タバコは、ニコチンという薬物が含まれていて、抹消の血管を収縮させ、その結果、血圧が上がって気分が高揚します。

ニコチンの摂取を続けると、血流が悪くなって、吐き気、頭痛、不眠、苛立ちが起こり、さらにニコチンを摂取して改善しようとする薬物への依存が強くなります。

タバコをやめようとする人は、長い間、毛細血管が収縮していたため、体中に激しいかゆみが出ることもあるようです。

麻薬や覚せい剤というと、ヤバい人から買って、幻覚を見ながら廃人になるまで飲むようなイメージがあるかもしれません。

実は最近は、繁華街でダイエット薬や試験の成績がよくなる薬と声をかけられたり、主婦の間でダイエット、体調がよくなるとひそかに流通していたりと、意外と身近に存在しています。

体調や気分の悪さは、健康的な生活で改善できれば、お金も人生も豊かになるかもしれません。

薬剤師と薬局

薬剤師が調剤を行い、医薬品を販売する場所のことを薬局といいます。ドラッグストアなど、薬を販売しているところがありますが、ドラッグストアすべてが薬局というわけではなく、薬剤師がいないところは薬局とは言いません。

薬剤師がいなくても医薬品を販売できる場所もあります。調剤はできないが医薬品を販売できるところは「薬種商販売業」と呼ばれ、特定の医薬品のみ販売することができます。「薬種商販売業」は薬事法で定められた医薬品の販売業者のひとつで、都道府県が行っている薬種商の試験に合格しなければ、医薬品販売の許可は下りません。

薬剤師を採用しにくい、ドラッグストアなどでは、薬種商販売業の資格で営業しているところも多いようです。

薬剤師と規制緩和

薬剤師に関わる改正薬事法が2006年6月8日、国会で成立した。今回の改正では大衆薬(一般用医薬品)の販売規制緩和を柱としている。

薬剤師を配置した薬局や薬店などでなければ販売できなかった医師の処方箋が要らない大衆薬が、今後、諸条件の詳細を詰めて、2009年には販売できるようになる。

改正薬事法では、大衆薬を副作用のリスクに応じて新たに3つに分類し、最もリスクの高いAに分類された一般用医薬品以外は、コンビニエンスストアなどでの販売も可能となる。

薬剤師の役割としては、調剤だけでなく、薬や服用方法について説明することで、患者の健康に寄与する役目もある。薬局・薬店が今回の薬事法改正に伴い、

コンビニエンスストアなどに顧客を奪われないためには、個々の薬剤師の努力が必要となってくるのではないだろうか。

妊娠検査薬の仕組み

妊娠検査薬とは女性が妊娠しているかどうか、自分で判定できる市販薬で、薬局・薬店で購入できる医薬品です。

妊娠検査薬の仕組みは、妊娠がおきると胎盤から絨毛性ゴナドトロピンが分泌され、女性の体内から尿に混じって排出される絨毛性ゴナドトロピンの有無で妊娠している否かの判定を行います。

妊娠検査薬はたいていスティック状になっており、スティックの先の判定窓に尿をかけ、尿中に絨毛性ゴナドトロピンが含まれていれば、判定窓に色つきのラインが出る(陽性)仕組みになっています。色つきのラインがでなければ陰性であり、妊娠していないということになります。

しかし正常な妊娠かどうかまでは妊娠検査薬ではわかりません。また、人によって妊娠のごく初期では、尿中にまだ絨毛性ゴナドトロピンが出てきていなくて、市販の妊娠検査薬では検出されず、検査結果が陰性になることもあります。

いずれにせよ最終的な妊娠の判断は、産婦人科で確定診断をうけるしかありません。

妊娠検査薬の種類

妊娠検査薬にも、種類があるのをご存じでしょうか。通常の妊娠検査薬のほかに、早期妊娠検査薬というものがあります。通常の妊娠検査薬は生理予定日を過ぎてから、もしくは生理1週間後あたりでないと反応しません。しかし、早期妊娠検査薬は、受精後9日から12日で反応するため、生理予定日まで待つ必要がありません。使い方などは一般の妊娠検査薬とかわりなく、判定の精度もほとんどかわりません。

妊娠検査薬のほかに、排卵日検査薬というものもあります。これは尿中に含まれるLHホルモンの濃度を検査するものです。LHホルモンは排卵直前にもっとも値が高くなります。つまりLHホルモンの分泌される時期を知ることによって、妊娠の可能性が高くなる日がわかるのです。妊娠検査薬を使う人の多くは、早く赤ちゃんができたか知りたいからではないでしょうか。でも、そのまえに妊娠の可能性を高めなくては意味がありません。排卵日検査薬を使ってみるのもその手段のひとつとして考えてみてもいいかもしれません。

睡眠薬の種類

睡眠薬は略して眠剤、正式名称を睡眠導入剤といい、不眠症やうつ病などで眠れない人に、医師から処方される薬である。最近では市販薬としても睡眠改善薬が薬局・薬店で販売されており、一時的な不眠症状の緩和などの際に気軽に利用できる。ただ睡眠改善薬は一過性の不眠の場合のみに使用すべきであり、一週間以上不眠が続くようであれば病院に行き、睡眠薬を処方してもらう必要が出てくる。

睡眠薬は、作用の持続時間によって、超短時間型、短時間型、中間型、長時間型の4つに分類される。超短時間型・短時間型は入眠困難や、寝付きの悪いときに使われる。中間型や長時間型は入眠困難に加え、早朝覚醒など、睡眠があさい状態が長く続く人に用いられる。そのほか、うつ病などが原因の不眠には、精神安定剤などが用いられることも多い。

睡眠薬は習慣性になる、翌日まで薬効が続き日常生活に支障をきたすなど、副作用が出る場合もあるので、必ず医師の管理の下で使用すべき薬のひとつである。

睡眠薬の危険性

睡眠薬と聞くと、中毒、依存症、自殺など、悪いイメージをもってしまいます。

しかしそれは一昔前のこと、バルビタール酸系の睡眠薬は依存性が強かったが、最近の睡眠薬はベンゾジアゼピン系の薬が大部分で、その安全性は非常に高いのです。医師のコントロールのもとで飲めば、中毒になったり、習慣性がでることも少ないですし、アルコール類を併用したり、医師の指示外の薬と併用すると危険な場合もあるので注意が必要です。

睡眠薬が安全性が高い薬とは行っても副作用はあります。翌日のふらつきや眠気です。ふらついて倒れたり、車を運転中に眠気が起こって事故にあう危険性もあります。

睡眠薬の止めどきも注意が必要です。依存症ほどではないにしろ、睡眠薬で眠ることに慣れてしまうと、睡眠薬なしでは眠れなくなる反跳性不眠と言われる、離脱現象が起きまる場合があります。これも医師の指示に従い、睡眠薬の量を徐々に減らすなど、止め方次第で回避できます。いくら安全とはいっても、睡眠薬はあくまで医薬品です。医師の指示のもとに使わなければ危険な薬になることもあるのです。

薬物依存と犯罪

薬物依存症とは薬なしでは精神的、肉体的な安定が得られず、中毒状態になり、薬の効果がきえたあとに禁断症状がでたりする。禁断症状としては吐き気、下痢、頭痛など、さまざまなものがあある。

薬物依存になりやすい代表的な薬として、アヘン、コカイン、マリファナ、幻覚剤、大麻など、いわゆる麻薬とよばれるものがあげられる。日常の中で依存症になりやすいアルコールやニコチンと違い、多幸感や興奮作用など、使用時の刺激が強いのが特徴だ。

麻薬などの薬物依存に陥ると、薬物を手にいれるため、体や精神に障害をきたして、犯罪をおこすことがある。また、麻薬自体が法律で規制され、入手するのに多額なお金が必要なことから、犯罪に手を染める場合もある。

薬物依存は、それだけで人生をダメにしてしまう危険なものであることを認識しておく必要があるだろう。

日常の中の薬物依存

薬物依存というと、一般には、マリファナ、幻覚剤、大麻、覚醒剤、コカインなど、法律で規制されている薬への依存症を思い浮かべると思います。

しかし実は、身近なものにも薬物依存の危険性を含むものがあるのです。それはアルコールとニコチン(タバコ)です。

とくにアルコール依存症は薬物依存のなかでも最も問題になっているもののひとつです。

ふつうのサラリーマンや主婦が、アルコール依存症になる例が非常に多いのです。お酒に酔うことで一時的に現実から逃避でき、楽しい気分になるお酒ですが、度が過ぎるとそれは悪魔に変わります。常にアルコールを飲んでいないといられなくなり、幻覚を見たり、家族などに暴力をふるうようになる例もあります。

精神安定剤のかわりや睡眠薬のかわりにお酒を飲んでいる人は危険です。いつアルコールの薬物依存症になってもおかしくありません。

アルコールの薬物依存症に一度なってしまうと抜けるのは容易ではありません。入院したり、断酒のためのグループに入ったりと努力しても、またもとのアルコールの薬物依存症に戻ってしまう人が多いそうです。

薬物依存なんて自分には関係ないなどとは思わず、とくにお酒好きの人などは注意すべきではないでしょうか。

 
メニュー
薬剤師とは
薬剤師になるには
妊娠検査薬とは
妊娠検査薬の使い方
睡眠薬とは
睡眠薬の使い方
薬物依存症とは
薬物依存症のいろいろ
薬剤師と薬局
薬剤師と規制緩和
妊娠検査薬の仕組み
妊娠検査薬の種類
睡眠薬の種類
睡眠薬の危険性
薬物依存と犯罪
日常の中の薬物依存