様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 転職

スポンサード リンク

転職のススメ

転職を考えている人は多いかと思いますが、雇用の条件がいろいろ厳しい昨今では、なかなか簡単に転職に踏み切れるものではありませんね。

転職は、たしかに安易にするのは考えもの。人生つらいことは付き物ですから、どんな会社に転職したとしても、多少のガマンは必要です。くれぐれも転職を甘くみないこと。

しかし、勤め先が法に触れるような無茶な労働条件を従業員に強いていたり、あるいはセクハラやイジメなど従業員の人権を踏みにじるようなことがあったりした場合は、泣き寝入りなどもってのほか。しかるべきところに相談したり、法的措置を取ったり、時には転職を考えてもいいかもしれませんね。

転職の準備

「転職」と一言で言っても、その動機は人それぞれ。「今の会社よりも条件の良いところから転職の誘いがあった」なんていうなら問題ないのですが、今の世の中、そんなことはとても稀なこと。多くの場合は、今の会社に何かしらの不満があったり、あるいはクビになったりなどして「会社に居られなくなった」ための、やむを得ない転職ではないでしょうか?

転職を考える場合は、事前に資格を取ったり貯金をしたり、新しい就職口をある程度考えたりと、それなりの準備はしておいたほうがいいでしょう。つまり、転職には計画性が必要です。くれぐれも転職の準備もせずに、衝動的に勤め先を辞めるようなことは避けたいものです。

転職の際の履歴書の書き方

転職の際は、当然のことながら、多くの場合履歴書が必要になります。

転職の際は、履歴書の書き方で明暗が分かれることも決して少なくありません。転職の際の履歴書の書き方については、よく考えておきたいものです。

基本的な履歴書の書き方の注意点としては、

・記入ミス・記入漏れがないことは基本中の基本。書いた後はきちんとチェック。

・「志望動機欄」「本人希望記入欄」への記入の際は、入社の意欲が伝わるように、ありきたりの表現は避け、オリジナリティを感じさせる表現を工夫する。

・空欄はできるだけなくし、書ける限り多くの「事実」を正確に書く。

といったところでしょうか。もちろんほかにもいろいろコツはありますので、履歴書作成のときは、その手の本やサイトを参照するといいでしょう。

履歴書は人事担当者へのプレゼンテーション。履歴書の書き方ひとつで印象も大幅に変わります。

転職を有利にする履歴書の書き方

転職の際は、多くの場合履歴書が必要になります。

「履歴書の書き方」というものが存在することはご存知ですか? 履歴書を書くことは、単に書式の空欄を埋めてゆくだけの作業ではありません。履歴書の書き方一つで、スムーズに転職できることもあるのです。

転職を有利にする履歴書の書き方の主旨としては「履歴書という限られた紙面において、できるだけ自分をアピールする」――これに尽きます!

転職の際の履歴書の書き方のコツの代表的なものを、以下にいくつか挙げます。

・字はできるだけ丁寧に。字がキレイなことに越したことはありませんが、たとえ字に自信がなくても、楷書で丁寧に書かれていれば、それだけでも誠実な印象を受けるもの。

・できるだけ空欄を残さない。書ける限りのことを正確に書くことで、熱意が伝わりやすい。

・「志望動機欄」「本人希望記入欄」は、特に自己アピール度が高い欄。入社の意欲を伝えるため、自分の言葉で丁寧に。

また、「履歴書の書き方」とは直接関係ありませんが、履歴書は写真も重要。目線はカメラ目線で、清楚な服装で写したものを用意しましょう。

医師の転職

転職は今や、多くの人が体験すること。それは医師とて例外ではありません。

医師の転職は、普通の人の転職とはちょっと勝手が違ってきます。医師は何と言っても医師免許がありますからね。医師の転職の際は、やはりこの免許を活かす形での転職を考えることが多いのではないでしょうか? せっかく持っている医師免許ですから、どうせなら有利に転職を進めたいですね。

医師の転職の場合は、一般の転職雑誌や転職サイトではなく、医師の転職を専門に扱っているところを当たるのがいいでしょう。もちろん、自分が望む条件と転職先が提示する条件がピッタリ合うとは限りませんが、こういった情報源は、医師の転職を大いに助けてくれることでしょう。

医師の転職の注意点

医師の転職――開業医にならない限りは、医師といえども「就職」という形態を取らざるを得ません。ですから、医師の転職は、その点は一般の転職と変わらないわけです。よって、医師の転職の場合も、転職先は慎重に決めたいものです。

医師の転職の際も、他の転職の例に漏れず、転職先の条件・雰囲気が重要になってきます。とはいえ、医師の転職の場合、転職先はほとんどの場合医院・病院になりますから、給与や労働時間などの基本的なこと以外にも、例として以下のことを考慮するといいでしょう。

・病院内は清潔か

・病院の立地条件(アクセスや環境)

・地域や患者に信頼されている病院か

・スタッフが生き生きしているか

・患者数に対してスタッフの数は十分か

医師の転職の場合、もちろん人によって、上記以外にも考慮したい点はいろいろあるでしょう。病院選びは医師の転職においてとても重要なことですから、下調べはしっかりしておきたいものです。

女性の転職

女性の転職は、男女平等が進んでいる現在でも、男性の転職と比べると何かと不利なことが多いですね。

女性の転職の場合、一般的な転職の理由に加えて、セクハラに代表される女性特有の理由というものが絡んでいることも少なくありません。

女性の転職がこうした理由による場合は、単に転職するだけというのもいいかもしれませんが、転職は誰にとってもある程度のリスクが伴う行為。ただ泣き寝入りするのは何だか悔しいですね。女性の転職においては、しかるべきところに相談することで転職を回避できることもありますし、ケースによっては、会社や特定の個人を法的に訴えることも視野に入れてもいいかもしれませんから、転職はよく考えて決めるといいでしょう。

女性の転職に必要なこと

女性の転職は、職種にもよりますが、男性の転職に比べて不利に感じることも少なくありません。

女性の転職を有利にしてくれる条件の主なものとしては、

・資格

・キャリア

・年齢

・容姿

といったところでしょうか。まあ、転職ですから年齢は努力してもどうにもなりませんし、容姿にしても限界があります。キャリアも、ある人はいいでしょうが、ない人はその事実を変えることはできません。そこで女性の転職の最後の決め手になるのが、やはり資格。

女性の転職において、資格はあると有利なもの――とはいえ、資格もピンキリ。持っていても就職に結びつかないものも多数存在しますし、誰でも取れるような資格は、需要に対して供給が余り気味。

女性の転職に際しては、ある程度の計画性を持って、就職に有利な資格やキャリアを用意し、転職先をある程度絞り、さらにできればある程度貯金などもしてから転職を実行に移すことが望ましいでしょう。

転職フェア

「転職フェア」とは、転職を考えている人のための代表的なイベントの一つです。

転職フェアには、転職を希望している人に対するガイダンスの役割があります。転職フェアの具体的内容としては、主に企業からの説明が挙げられます。

転職フェアを有効に活用するには、ただ漠然と適当な転職フェアに参加するよりは、ある程度希望の職種を絞った上で、それに該当する内容の転職フェアに参加すること。とはいえ、特にはっきりしたヴィジョンがなくても、転職フェアに参加することで、ヴィジョンが明確になることもありますので、人によっては「参加することに意義がある」とも言えるでしょう。

転職を自力で成功させる自信のない方は、転職フェアを活用してみては? 相手は転職のプロなので、きっと何か得るものがあるはずですよ。

転職フェア参加にあたって

転職フェアは、採用の際の面接とは違い、さほど堅苦しいものではありませんし、その場で就職先を決めてしまう必要もありません。だから、転職フェアに参加するにあたっては、特に緊張する必要もないのですが、最低限のマナーというのは存在します。

転職フェアは、やはり転職のためのイベント。企業の人と直接話すこともありますし、どんなことが後の転職のきっかけになるかわかりません。だから、相手に良い印象を与えておくに越したことはないでしょう。よって、社会人としての最低限のマナー――特に服装と言葉遣いには気を遣うといいと思います。転職フェアでの服装に関しては、特に決まりはありませんが、通常はスーツがベターでしょう。

転職の理由の見直し

転職は、どこに勤めても終身雇用が保証されない今の世の中では、かなり多くの人が経験することです。

転職するからには、誰にもそれなりの「転職の理由」というものが存在するはず。より良い転職を目指すには、まずはこの転職の理由を見直してみることも必要です。

転職は多くの場合はある程度のリスクが伴う行為ですから、普通ならそう簡単に転職したいとは思わないでしょう。しかし、その転職の理由が、単なる心の弱さからきている場合、一度転職をすると、「転職」がクセになってしまうことも。つまり、どの職場でも辛抱ができなくて、イヤなことがあるとすぐ辞めてしまう、ということですね。

もちろん、転職の理由に「倒産・解雇」「今の賃金では生活できない」「体力的・精神的にもたない」「法律に触れるような無茶な就労条件」といった、それなりに正当な理由があるなら、転職は一つの解決策となるでしょう。しかし単に「ちょっとイヤだから」などという理由では、次の職場でも長続きしないことが目に見えています。

どこの職場でも、全くイヤなことがないということはありません。転職を考える際は、その転職の理由をよく見つめ直し、今の仕事を続けることと転職すること、それぞれのメリット・デメリットを的確に見極めたいものですね。

転職の理由

転職の理由は人によってまちまちですが、大きく分けると「現在の会社の条件が、自分の希望のものと合わない」か「別の会社のほうが条件がいい」といったところでしょうか?

もちろん倒産や解雇などの、やむを得ない転職の理由もあるでしょうが、以下は「今の会社を自主的にやめるケース」で話を進めます。

転職をする前というのは、多くの場合、今の会社・仕事のことで結構疲れていたりして、転職先に対して「転職をすれば今の問題がすべて解決する」「転職をすれば今よりもいい暮らしができる」などという幻想を抱きがち。しかしちょっと待ってください。そのときの「疲れ」があなたの判断を狂わせ、間違った転職の理由に結びついてはいませんか?

転職は、いいことばかりではありません。段取りが悪いと収入が不安定な時期を長く経験しなくてはならないこともありますし、悪くすると、「転職しなければよかった」なんてことも。

転職を考えるときは、可能ならまず何日か休みを取って、疲れを癒して心を落ち着けて、冷静にその転職の理由の正当性を見つめ直してみることをオススメします。

転職の志望動機

転職の際は、ほとんどの場合、履歴書や面接があります。転職は「中途採用」ということになりますが、中途採用は新卒に比べると、何かと条件が厳しいことも多いので、「この人を雇いたい」と思わせる「何か」が必要になります。

転職の際に、転職を希望する会社の人事担当者のOKを出させるためのポイントの一つに、「志望動機」があります。

志望動機のアピールは、まずは履歴書の「志望動機欄」に書き込むことから始まります。その会社が本当に気に入っているなら、志望動機欄には正直に、思った通りに自分の言葉で書けばOKでしょう。でも、現実には、「さほど気に入ったわけではないけど、この会社くらいしか就職できそうなところがないから」なんてケースも少なくないのでは?

こんなときは、志望動機欄に、「自分なら、どんなふうに書かれたら採用する気になるか」ということを考慮しながら、自己アピールも兼ねて記入してみたらいいと思います。

転職の志望動機2

転職の際の志望動機は、人によってまちまちでしょう。本当にその会社が気に入って、熱意にあふれているなら、その気持ちを履歴書の志望動機欄に正直に書き、面接でもその志望動機をストレートに伝えればそれで済むでしょうが、現実には、「とにかく雇って!」ということも少なくないですよね。

志望動機は特になく「とにかく雇って!」という人は、履歴書や面接での志望動機のアピールに関しては、特に慎重に考えたほうがいいでしょう。ちょっとしたテクニックも必要かもしれません。

履歴書や面接は、いわば自己アピールの場。ウソを書いたり不自然な演技をする必要はありませんが、その会社の良さおよび自分のニーズとの合致点を探し出し、そこを強調するような志望動機を相手に伝えるようにすると、人事担当者の好感度も上がると思いますよ。

成功する転職の「理由」

転職ということば。終身雇用が絶対の時代にはあまりきかれませんでした。しかし新入社員の3割が3年以内に転職するといわれる昨今では、転職はかなり身近なものになっています。

転職とは仕事を変えることですが、結果として人生を変える、生き方を変えることもあるでしょう。だからこそ転職は成功しなければ意味がありません。

これからの人生に何を求めて転職をするのか――この転職理由こそ、転職の際に大事になってきます。

転職の本当の理由としては、低賃金・パワーハラスメント・過労など、ネガティブなものがほとんどだとは思いますが、ここをいかにポジティブな理由に変えて考えられるか。

嘘はつく必要はないと思いますが、低賃金・パワーハラスメント・過労などを回避して、いかにポジティブな働き方が出来るか。転職しようとする企業の担当者には、この理由を伝えなければ、転職の成功は難しいでしょう。

さまざまな転職理由

転職を成功させるには、まず目標が明確に設定されている必要があります。その目標こそ転職理由そのものです。

転職理由としては、「キャリアアップしたい」「今の会社ではやりたい仕事ができないから」「年収をアップさせたい」等がよく聞かれます。

転職の前によく考えなければいけないのは、今の会社では本当にその「転職理由」が解決できないのかということです。これを考えないで「転職さえ出来ればすべて解決する」と思っていては、転職は失敗に終わります。

転職理由をもういちど自分の頭の中で消化し、努力や工夫で何とかならないか考えるべきです。それでもダメなとき、はじめて本当に転職を考えなければいけないのではないでしょうか。

転職缶詰を利用しよう

転職情報が満載されたサイトに「転職缶詰」というサイトがあります。

転職缶詰
http://job.skip-inc.com/licence/list/licence_list0.html

転職缶詰のスローガンは「終身雇用が崩壊した日本では、自分のキャリアを伸ばすためにも積極的に転職すべきである。会社べったりの生活では、真の自立とはいえない。転職は、新しいトビラをあける希望である」。

転職缶詰では、

・転職に役立つ書籍の情報

・転職に役立つ資格に関する本の情報

・転職に役立つ各種業界に関する本の情報

上記のような、転職に役立つ各種書籍の情報が集められています。

また転職缶詰では、転職に関する本の売れ筋ランキング、人気ランキング、ピックアップなどのコーナーも用意されています。

転職サイト「転職缶詰」

「転職缶詰」というサイトがあります。皆さんご存じですか?

転職缶詰
http://job.skip-inc.com/licence/list/licence_list0.html

転職缶詰には、転職に役立つ各種書籍の情報が集められています。

転職缶詰のキャッチコピーは

「終身雇用が崩壊した日本では、自分のキャリアを伸ばすためにも積極的に転職すべきである。会社べったりの生活では、真の自立とはいえない。転職は、新しいトビラをあける希望である」

であり、終身雇用が崩壊したいま、積極的に転職しようとうたっています。

転職缶詰では、「転職に役立つ書籍の情報」「転職に役立つ資格に関する本の情報」「転職に役立つ各種業界に関する本の情報」といったような、転職に役立つ各種書籍の情報が集められています。転職を考えている人は、転職缶詰のこうした情報を利用して、ぜひとも転職を成功させてください。

30代は転職リミットか?

「30代は転職リミット」などとよくいわれます。これは本当でしょうか?

30代の転職というと、一般的には即戦力として「同業界・同分野の経験」が求められるもの。しかし、経験をどう活かすかによっては、異分野への転身も十分可能なのです。

さまざまな業界で規制緩和が進み、異業界への相互参入が活発になっています。

これは30代の転職者にとっては追い風です。

異業界への相互参入には、自社の社員の持たないノウハウを持った社員が必要になります。

「30代は転職のリミット」ではなく、「これからは30代こそ転職の大チャンス」と考えた方がいいのではないでしょうか。

30代転職の不安

30代の転職に関しては、「年齢がネックになるのではないか」と不安になったり、「募集している求人情報はあるのか?」と考えたり、「転職に失敗したらどうしよう」という不安がぬぐえなかったりして、不満を抱えたまま会社に残るサラリーマンやOLが非常に多いのが現状です。

しかし30代転職は、40代転職よりは確実に有利です。

30代で転職に迷い、40代になってリストラ――最悪のパターンです。

30代でもしっかりした転職理由があるのなら、どんどん転職すべきです。

30代は飛躍の時期と考え、どんどんステップアップすべきです。とくに新しい業界や異業界へ参入した企業などは、30代の求職者を求めています。

中高年の転職状況

中高年の転職に関して――全体的な求人数は相変わらずの増加傾向なのに、中高年の求人は増えていません。企業の本音としては、「若くて能力のある人材がほしい」といったところでしょうか。

このような中高年の転職状況の厳しさに打ち勝つには、どうすればよいでしょう。

中高年の採用を企業が避ける主な理由は、賃金の高さより、就業経験からくる扱いにくさだそうです。

よって、中高年の転職者には、「柔軟性・新しい環境への適応力・新しい組織の中での円滑なコミュニケーション能力があるかどうか」が重要なポイントになってきます。

また中高年に期待されるのは、即戦力と専門性。転職市場では「ジェネラリスト」より「スペシャリスト」が有利になっているようです。

中高年の転職支援

中高年の転職状況は、好景気とはいえ厳しいのが現実です。

中高年の転職希望者は増えているのに、中高年向けの求人数は横ばいです。

そんな中、中高年の転職を支援するサービスが、インターネットの世界ではいくつも立ち上がっています。

長年のビジネスの経験を必要としている企業もありますが、ミスマッチが原因で中高年転職者と企業がかみ合わないという実情もあります。

しかし、中高年の転職を支援するサービスを利用すれば、そのあたりのミスマッチも解消されるでしょう。またコンサルタントなどをつけて積極的に転職活動を支援してくれるサービスもあるようです。

フードサービス業界への転職

フードサービス業界への転職といっても、フードサービスには様々な種類・職種があります。

商品開発や店舗開拓などの裏方や、調理師・接客担当など表舞台に立つ人。また店長職もあります。

フードサービス業界への転職を考えるときは、まずは「そこで何をやりたいのか」を考えなくてはなりません。その上で、どんな食べ物を扱う会社に入りたいのかをイメージしましょう。

「接客のアルバイトが楽しかったからフードサービス業界だ」などと、漠然と転職活動をすると、うまくかないことが多いでしょう。特に異業種からフードサービス業界への転職を考えている人は、そのあたりをよく考えて転職活動すべきです。

フードサービス業界の転職状況

フードサービス産業の市場規模は24兆2,781億円(2005年現在)。この数字は市場規模としては大きな分類に入り、これからもっと伸びるといわれています。

フードサービス産業がこのように伸びているのは、家庭で料理をつくる世帯が減り、単身者などが増えたのが要因と考えられています。

よって今は、フードサービス業界への転職にはもってこいの時期。転職を考えている人は、フードサービス業界を視野に入れておいて損はありません。

フードサービス業界は、販売・接客・店舗運営をはじめ、店舗営業には欠かせないスタッフなど、職種も様々。フードサービス業界への転職希望者は、どういう職種に就きたいかも具体的にイメージしておきたいものです。

フードサービス業界が求めている人材は、マネジメント能力の高い人。また、調理師や管理栄養士といった、食の有資格者のニーズも高いです。フードサービス業界への転職を考えている人は、こうしたことも頭に入れておくとよいでしょう。

法務への転職

法務への転職に関しては、企業経営における法務戦略の重要性は加速度的に高まっているということもあり、転職状況はいいようです。

法務転職は、主に4種類の仕事に分けられます。すなわち契約法務・商事法務・戦略法務・コンプライアンスです。

自力で法務の転職先を探す方法もありますが、弁護士専門の転職など、法務に特化した人材・求人エージェントを利用するのも一つの手です。

企業のコンプライアンス(企業倫理・法令遵守の徹底)がさかんにいわれている今こそ、法務転職には最適の時期かも知れません。特にキャリアをいかした転職活動には向いている時期なのでしょう。

法務の転職なら専門の支援会社へ

法務への転職においては、自力で法務への転職を探す方法もありますが、インターネット上には弁護士専門の転職など、法務に特化した就職・転職支援サイトがいくつかあるので、そういったサービスを利用するのも一つの手です。

上記のような法務専門の転職サービスでは、弁護士事務所や特許事務所、企業内法務・知的財産部門の求人などに焦点をあて、分野毎に的確に、それぞれの企業・事務所の特徴を踏まえた求人情報を提供してくれます。

所属する事務所や会社によって、弁護士、弁理士やリーガルプロフェッショナルなどとして取り扱う事のできる業務や範囲は変わってきます。法務への転職希望者はその辺りの自分のキャリアや将来的な展望などをふまえ、専門のサービス業者に相談するのがよいでしょう。

失業から転職へ

失業――突然の会社倒産やリストラ、工場閉鎖などによって、はからずも失業してしまうひとが、好景気とはいえ少数ではない現代。「もしも」のときは、どうすればよいでしょうか。

失業してしまったら、まずはハローワーク。会社都合の退職であれば、すぐに失業手当の給付が受けられます。

しかし、失業手当が給付されるからといって、なにもしないのではいつか収入の道は絶たれます。失業手当給付の手続きの後は、転職のための活動です。

転職のためには、自分から積極的に動きましょう。ハローワークはもちろんですが、民間の就職・転職支援サービスもたくさんあります。

転職のためには、利用できるものは全て利用しましょう。失業から転職へ――この期間は短いほど有利です。

失業したときのための転職者向けの職業訓練について

失業してがっくりきているあなた。いい情報があるので、ちょっとのお時間おつきあいください。ただし失業保険に入ってた人だけです。すみません。

失業すると雇用保険が受給できますが、もっと別のいい特典があるのです。

時間ができる失業期間中は、転職に役立つスキルを身につけておくにはいい機会。実は失業保険に入っている失業者は、「公共職業訓練」といって、失業者が早く転職できるような職業訓練が受けられるのです。

ここでは各職種の仕事に就く上で必要不可欠な知識や技能を、より実践的な実習を通してマスターできます。よって転職先も見つかりやすい。また、失業手当が訓練修了まで延長される場合もあるので、心にゆとりを持って転職活動が出来ます。

転職応援サイト「イーキャリア」

「イーキャリア」とは、エンジニア・営業職・事務職・サービス職など、多岐にわたる転職情報を掲載した総合転職サイト。

イーキャリア
http://www.ecareer.ne.jp/

イーキャリアは、毎日更新される求人情報を簡単に収集できる機能に代表される、転職活動がラクになる便利な機能で、転職希望者をバックアップしてくれます。

またイーキャリアは、転職希望者がこだわりたい条件に合わせて、「仕事から探す」「勤務地から探す」「社名・キーワードから探す」「こだわり条件から探す」「異業種転職成功例から探す」「条件を組み合わせて探す」の6つの検索方法で仕事をリサーチできます。

イーキャリアには、転職希望者のキャリアアップに役立つコーナーも、営業職・エンジニアなどといった職種別に用意されています。

イーキャリアでいい転職を

イーキャリアは、ソフトバンクグループが運営する転職応援サイトです。

イーキャリア
http://www.ecareer.ne.jp/

イーキャリアは、エンジニア・営業職・事務職・サービス職など、多岐にわたる転職情報を掲載。

特に「スカウト機能」を利用すると、企業があなたのキャリアシート(Web履歴書)を検索してくれるので、効率的に転職活動ができます。

またイーキャリアでは、営業マンには「営業マン工房」、技術者のスキルアップ・キャリアビジョン創りには「エンジニア工房」、そして「キャリア開発室」では最新のキャリア情報などの記事を提供して、転職希望者を支援しています。

転職を考える場合

転職を考える場合、「辞めたい辞めたい」が先に立つと、後で後悔することも多々あります。この場合は、もう少しだけ我慢して、転職先を決定してから現在の会社に退職届を出すのが一番です。

転職を考える場合、次の職場が決まっていないと精神的にも経済的にも負担が大きいですね。また、職歴に空白期間が出来る事は、転職活動をする上でマイナスの要素にもなります。

内定が出てから新会社に移るのに、通常は1ヶ月前後かかります。これに合わせて、今抱えている仕事をきちんと処理し、「立つ鳥跡を濁さず」で気持ちのいい転職をしたいものです。

辞めて職が見つからなくて後悔――転職を考える場合、これだけは避けたいものです。

自発的に転職する場合と、雇用主の都合により転職する場合

転職には、自発的に転職する場合と雇用主の都合により転職する場合の、二つの「場合」があります。

前者は自分から会社を辞めること。後者は会社の倒産やリストラなどで、自分の都合に関係なく転職する場合のことです。

前者の転職の場合は、退職前に転職先を決めたり、しっかりしたキャリアプランがあったりと、計画的に転職活動を行うことも可能なので、まだいいのですが、後者の転職の場合、突然のことなので、パニックになる人も多いことでしょう。

後者の転職の場合、とりあえずハローワークに行くことをおすすめします。失業給付がすぐ貰えることや、求人の状況などが分かることもあり、精神的にも金銭的にも少しは楽になります。

第二新卒とは

第二新卒とは、新卒入社3年以内に退職した社会人のことを言います。

第二新卒とは、一般的には25歳までで、過去に正社員・派遣社員・契約社員のいずれかの経験がある人を指しています。

第二新卒は、現在多くの企業に注目されている層。彼らはまだ社会人として経験も浅く、仕事上のキャリアもありませんが、実力よりも「ポテンシャル(潜在的能力)」を重視して積極的に第二新卒の採用を行っている企業も少なくありません。

第二新卒は、若いとはいえ、まがりなりにも正社員・派遣社員・契約社員のいずれかの経験があるので、基本的なビジネスマナーが身に付いていると見なされています。また、若いということは逆に長所でもあり、その若さゆえんの柔軟性や吸収力で、企業の風土になじみやすく、成長しやすい傾向があるとも見なされます。こうした第二新卒は、企業にとってはむしろ新卒よりも期待できる人材として期待されているのです。

第二新卒にとって、こうした企業が存在していることは、転職のチャンスと言えます。「自分に合わないところに就職をしてしまったかもしれない」「自分の可能性が活かされる場がほかにあるのでは?」と思う第二新卒の人は、転職を考えてもいいかもしれませんね。

第二新卒の転職

第二新卒とは、新卒入社3年以内(25歳までで、正社員・派遣社員・契約社員いずれかの経験のある人)の層を指します。

特に現代(2007年あたり)は、第二新卒の転職に有利と言えます。その一番の理由としては、やはり「2007年問題」が挙げられます。

2007年からの「団塊の世代」の大量退職――これによって、それまで企業を支えてきたベテラン・重鎮と呼ばれる人材が多く失われます。そこをカバーするには、現在会社に残っている人たちだけでは不十分。早急な人材の補充と育成が望まれます。その点第二新卒なら、ビジネスマナーの基礎が身に付いており、また、若さゆえんの柔軟性もあって飲み込みが早く、新しい環境に馴染みやすいので、多くの企業が第二新卒に注目しているというわけです。

今後の若年層の減少も予想される今、第二新卒は企業にとってはぜひとも確保しておきたい層と言えるでしょう。

職務経歴書とは

職務経歴書とは、文字通り、過去の職務経歴を記したもので、職種によっては「技術経歴書」とも呼ばれるようです。転職の際はだいたい職務経歴書が必要になります。

職務経歴書は、いわば自分自身の「説明書」「パンフレット」「カタログ」といったところでしょうか。通販などでカタログを見た経験のある人ならおわかりでしょうが、カタログは消費者の購買意欲を左右する大切なもの。職務経歴書もこれと同様で、企業の人事担当者があなたを採用したいと思うかどうかを左右する、とても大切な書類なのです。

職務経歴書についてここまで説明すれば、もう職務経歴書をおろそかにしようとは思わないのではないでしょうか。職務経歴書を書く際は、謙遜などしないでできるだけ細かく自分の「スペック」を記入し、ぜひ相手に「この人を雇いたい!」と思わせるようなものを作成するようにしてください。

職務経歴書の書き方

職務経歴書は転職の際、多くのケースで必要になるものです。職務経歴書によって転職の成功は大きく左右されますから、職務経歴書を書く際は、確実に採用につながるようなものを作成したいものです。

職務履歴書の内容は、職種にもよりますが、おおよそ以下の通りです。

(経験豊富な場合)

・現在までの仕事上の経験と実績。

・持っている知識、能力、資格。

・会社にどのような貢献ができるか。

(経験が浅い場合)

・転職に対する思い、動機。

・転職のために努力してきたこと。

また、職務経歴書を書く際の主な留意点としては、

・A4版横書きが基本で、枚数は1〜2枚程度。

・箇条書きで簡潔に。

・職種によってはOA機器を使いこなせることをアピールするチャンスでもあるので、パソコンを活用し、読みやすいレイアウトで仕上げる。パソコンがなければ手書きでも可。

・ファイルされることを考え、左余白をとる。

・希望職種は職歴の前に。

・郵送するときは、挨拶状を添える。

・誤字、脱字は禁物。

職務経歴書を書く際は、以上の点を念頭に作成するようにしましょう。もちろん、事前に求人内容を把握・確認し、それに沿った内容のものを書かなければならないということは言うまでもありません。

転職

転職。会社勤めをしたことのある人で、このことを一度も考えなかった人はまれであろう。年功序列といった日本の会社の長所でもあった部分を切り捨て、欧米でいうところの成果主義とはまったく別物の成果主義がまかりとおる日本。

次第に働くモチベーションを奪われていく毎日。

「転職しても同じか」というあきらめと、「いや、他の会社に行けば違うのではないか」という期待。「辞めます」といえば会社はいつでも辞められるが、その後の転職の先に待っているものは何なのか見えない。

IT企業などでは、1年で半分以上も社員が入れ替わるのも当たり前のようだ。

これから社会人となる人、現状の仕事に不安や不満を抱える会社員。これからの時代、転職から逃れられる幸せな人はまれになっていくだろう。

転職の時代

転職の時代。ここ10年の不況の中、最近明るさを見せてきた経済状況ではあるが、一つの会社に生涯を捧げる人は、確実に少なくなっていくだろう。

転職のパターンとして、これからの時代の特徴がいくつかあると思う。不況の中、自分の本当に入りたかった会社に入れなかった、25歳から35歳の「不況世代」が、好景気を機に転職するパターン。また、この好景気の裏側にあるリストラや賃下げに伴い、転職をせざるを得ない人の転職。はたまた会社は自分の踏み台・階段としか考えない人の転職。

いずれにせよ転職の時代が来たことは間違いない。「連合生活アンケート調査」では7割の人が「10年後には転職する人が増加する」と答えているそうだ。各自スキルアップするなど、いつ来るか分からない転職のチャンスもしくは転職をせざるを得ない状況に対する備えが必要だ。

転職に成功する履歴書の書き方

転職をする場合、多くの会社では一次選考として履歴書による書類審査がある。コレに通らなければ、面接に絶対の自信を持っていたとしても採用されることはない。よって、転職の際は、まずは履歴書の書き方に一工夫したいところである。

転職に成功する履歴書の書き方を紹介しよう。

まず採用担当者が見て「会いたい」と思わせる内容のものでなければ書類選考で落とされてしまう。よって、このことを念頭に置いた履歴書の書き方をする必要がある。

最近はワープロで履歴書を書く人が増えているようだが、IT系や最近起業したような企業以外では、筆記用具は黒インクの万年筆がベスト。字は見やすい楷書で丁寧に。文字の大きさ、文字量など全体のバランスを整える。学歴・職歴は正直に。空欄は埋め尽くす。下書きをして何度も読み返してから本番へ。誤字・脱字はそれだけで不合格。

履歴書の書き方において、以上は最低限。本気で転職したいと思えばさらに、志望の動機・具体的な経歴をまとめた添え状も必須だ。

転職に失敗する履歴書の書き方

転職の際、必須といえるのが履歴書。履歴書の段階で半分以上は落とされると覚悟しておいた方がよいだろう。

履歴書とはそれぐらい転職にとって重要なものだ。転職が成功して採用されてからも、会社を辞めるまで履歴書は保存される。恥ずかしい履歴書は書きたくないものだ。

履歴書の書き方の重要ポイントは、採用担当者が見て「会いたい」と思わせる内容のものでなければならないということ。

よって、汚い文字で書かれた履歴書は論外。忙しい採用担当者には読む気が起きない。あとはスカスカの履歴書。なんの情熱もはいっていない履歴書も、採用担当者には読む気が起きない。

履歴書の書き方といった本がでているが、それは文の体裁など、基本中の基本部分だけ立ち読みでもすればいい。

履歴書の書き方に正解はない。履歴書の書き方といった本のとおり書いていては、まず転職は成功しないだろう。

医師の転職について

今や転職は当たり前の時代となっており、多くの人が体験することです。医師の転職とて例外ではありません。

勤務医と開業医の収入差は驚くものがありますが、開業するにはある程度の資金が必要になります(親が開業医の場合を除いて)。

医師の転職として第一のステップは、より条件のよい病院への転職でしょう。転職情報を得る手段として、インターネットが欠かせません。

医師の転職の場合は、一般の転職雑誌や転職サイトではなく、医師の転職を専門に扱っているところを利用するとよいでしょう。

そして少しずつステップアップしていき、いずれは開業医へというのが、医師の転職の王道ではないでしょうか。

医師の転職

医師の転職といっても、勤務している病院をただ変わるといったものだけではありません。

医師の転職においての最初の大きな分かれ道は、大学に残るか、どこかの病院に勤務するかの選択です。

大学に残ったからといって、教授への道が約束されているわけではありません。多くの大学勤務医はそれほど高くない賃金で働いています。

医師の転職先として、どこかの病院を選ぶ場合も同様です。医師の年収格差は、じつは驚くべきものがあります。もちろん僻地と都会の差もあるでしょう。

医師の転職においては、収入を取るかやり甲斐を取るか、そういった決断も迫られます。

病院を開業する場合もそうです。何処で開業するかで、収入や忙しさ、やり甲斐など、いろいろな要素や条件が変わってくることも考えねばなりません。

女性の転職

女性の転職。女性にとって、転職を考えるタイミングはいくつかあると思います。

女性の転職においては、結婚や出産がきっかけとなる例も少なくありません。この際には、社員の育児へのバックアップ体制の整っている会社、もしくは育児のための早退・休暇が認められるような会社などを選ぶことになります。

しかし、結婚や育児のための女性の転職に関しては、必要以上に積極的にならない方がいい場合もあります。「今働いている会社で勤務を続けていては、結婚や育児がどうしても出来ない」というなら話は別ですが、そうでない場合は、できればそのまま会社に残った方がいいでしょう。なぜなら、結婚や育児が、女性の転職のマイナス要因としてみなされる場合もあるからです。

女性の転職、辞めてしまったはいいが、次の会社が見つからなくてはどうしようもありませんから、先のことも見据えて慎重に行いたいものです。

女性の転職の今

女性の転職といっても、いまは男性との差はかなり縮まっているのではないでしょうか。

キャリア志向の女性の転職は、今や当たり前。彼女たちは、より自分を買ってくれる会社へとステップアップしていきます。

それは結婚や育児をしている女性の転職に関しても同様です。夫や両親、義父母、保育施設の力を借りながらバリバリ働いている女性はたくさんいます。

女性の転職に付きまとういろいろな問題も、今や過去の話になりつつあります。育児に協力しない夫は論外ですし、また育児休暇などが整っていない会社も論外という時代に移行してきているのです。

育児に協力しない男性や働く社員の育児体制などが整っていない会社などは、滅びていくだけではないでしょうか。

転職フェアとは

転職フェアとは、人を採用したい企業と、企業に就職したい人が、一つの場所に集まっておこなう合同企業説明会です。

プライバシーを守るため、1社ごとのスペースは三方向をパーテーションで区切られていることがほとんどです。

転職フェアとしては、新卒向け、転職者向け、Uターン就職向け、障害者就職向けなど、いろいろなものが開催されています。

転職フェアの開催場所は、東京などの大都市が多いですが、最近は地方でも活発に行われているようです。

転職フェアに参加するには、事前に登録を必要とする場合が多いようです。就職情報誌などでチェックすることをおすすめします。

転職フェアの利点

転職フェアとは、人を採用したい企業と、企業に就職したい人が、一つの場所に集まっておこなう合同企業説明会です。

転職フェアの利点は何でしょうか。一度に多くの人事担当や現場の人と話ができることと、その場で応募できること。この二つが大きいと思います。

転職フェアに行って会社のパンフレットを集めてくるだけの人もいるようですが、これではインターネット上の就職活動となんら変わりません。

転職フェアに行ったならば、できるだけ多くの人事担当や現場の人と話し、そこが自分が求める企業なのか、自分がその会社が求めている人材に該当するのかなどを判断したいもの。それができなければ、転職フェアに行った意味はありません。

転職の理由

転職の理由は人によっていろいろあるでしょう。過労、セクシャルハラスメント、パワーハラスメント、単身赴任、その他もろもろ。

しかし中途採用の面接では、必ず「あなたはどんな理由で転職しようと思ったのですか」といった質問で、転職の理由を聞かれることになります。

ここで本当の転職の理由をあけすけに話しても、採用されなければ意味がありません。転職の理由は、同じ仕事をしている他社の人と比べて賃金が低いなど、採用担当者が納得するものでなければなりません。

また、大抵の転職の理由はネガティブなものですが、採用担当者は一般的に、ネガティブな話は聞きたくないものです。

転職の理由が事実ネガティブなものだとしても、ポジティブな感じに表現を変える努力は必要でしょう。

転職面接時「転職の理由」で注意する点

転職の理由は人それぞれだと思います。しかし転職の理由が何であれ、転職の採用面接の時には、転職の理由を必ず聞かれると思って間違いないでしょう。

どうして現在の会社を辞めるのかというのは、採用する側にとっては、「自社に入社しても、またすぐに辞めてしまわないか」ということを判断するための材料になります。

また複数の転職経験のある人は、それまでの転職の理由も同様に聞かれることが多いようです。

転職の理由は、採用者側にとってはネガティブに映りがちなので、客観的にみて正当な理由として理解してもらえるように説明しましょう。

ネガティブな理由をうまくポジティブな表現に変えることも当然必要です。事前にすらすら答えられるよう充分に整理しておきましょう。

転職の志望動機

転職の志望動機は、採用面接時に必ずされる質問の一つです。

転職の志望動機は「どうしてこの仕事をしようと思ったのですか」や「どういう理由で当社に応募したのですか」といった質問によってチェックされます。

会社としては、少しでも長く会社に居られる人や、即戦力になる人を求めています。

採用担当者は、転職の志望動機から、「長く会社に居られる人であるか」「即戦力になる人かどうか」を判断します。

よって、転職の志望動機をあいまいなままにして面接に臨んでも、必ず失敗します。

転職の志望動機をなんども頭の中でシミュレーションして、スラスラいえるようにしておきましょう。

転職時の志望動機の重要性

転職の志望動機は「なぜ当社に入りたいのですか」という面接時の質問でチェックされます。

転職の志望動機は、人事担当者が採用可否の判断をする際の大きな要因になります。

道理に適っていない、筋が通っていない転職の志望動機では、運良く面接に行くことが出来たにしても、採用にまで至る事は珍しいでしょう。

大手企業の採用面接官に聞いてみると、採用の判断理由として、志望動機が一番大切だという人が多いようです。

企業としても、どれくらい本気で働きたいか、どのぐらい戦力になってくれるか、という点を重視しています。そこを見抜くポイントとして転職の志望動機が重要になってくるわけです。

 
メニュー
転職のススメ
転職の準備
転職の際の履歴書の書き方
転職を有利にする履歴書の書き方
医師の転職
医師の転職の注意点
女性の転職
女性の転職に必要なこと
転職フェア
転職フェア参加にあたって
転職の理由の見直し
転職の理由
転職の志望動機
転職の志望動機2
成功する転職の「理由」
さまざまな転職理由
転職缶詰を利用しよう
転職サイト「転職缶詰」
30代は転職リミットか?
30代転職の不安
中高年の転職状況
中高年の転職支援
フードサービス業界への転職
フードサービス業界の転職状況
法務への転職
法務の転職なら専門の支援会社へ
失業から転職へ
失業したときのための転職者向けの職業訓練について
転職応援サイト「イーキャリア」
イーキャリアでいい転職を
転職を考える場合
自発的に転職する場合と、雇用主の都合により転職する場合
第二新卒とは
第二新卒の転職
職務経歴書とは
職務経歴書の書き方
転職
転職の時代
転職に成功する履歴書の書き方
転職に失敗する履歴書の書き方
医師の転職について
医師の転職
女性の転職
女性の転職の今
転職フェアとは
転職フェアの利点
転職の理由
転職面接時「転職の理由」で注意する点
転職の志望動機
転職時の志望動機の重要性