様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム >

スポンサード リンク

本と通販

本は変質しづらいので、通販に大変適した商品と言えます。

本を選ぶ際は、本屋に足を運んで実際に手に取って見ることが理想ですが、必ずしも行った本屋に欲しい本があるとは限りませんし、特に地方の場合は、本屋の規模や数に満足できないことも少なくありません。

本の購入をめぐるこのような不都合を解消してくれるのが、本の通販です。本の通販は、現在はインターネットによるものが主流で、大手書店のWEBサイトやAmazonなどの通販サイトなど、利用しやすく品揃えも豊富なネットショップが多数あります。特にAmazonなどは、本の実物を閲覧できない代わりに、購入者の評価を見ることができますし、品切れの場合も、多くの場合は古本を買うことも可能です。

本の通販は、特に地方の人にとっては、画期的なシステムと言えるのではないでしょうか。

本の通販の利用

本の通販を利用する場合、いくつか留意点があります。

本の通販の場合、欲しい本は、本のタイトルさえわかっていれば、ほぼ確実に手に入れることができます。たとえ絶版本でも、Amazonなどでは多くの場合、古本で手に入れることもできます。また、家にいながら注文・購入できるので、書店に足を運ぶ煩わしさもありません。最近は、宅配サービスの向上によって、注文した本が手元に届くまでの期間も、かなり短縮されてきました。

本の通販には短所もあります。まず送料。特に文庫本など比較的安価な本を買う場合、支払金額において送料が占める割合が大きくなりますので、かなりの割高感があります。また、当然のことながら、本の現物を手に取って見ることもできないので、読んでみて「期待はずれ」ということも少なくありません。

本の通販を利用する際は、以上の長所や短所を考慮して、本屋と並行するかたちで利用したいものです。

電子書籍とは

「電子書籍」という単語は、パソコンや携帯電話などの端末の普及に伴って、近年よく聞かれるようになりました。

本の中で、電子書籍と呼ばれるものは、パソコンや携帯電話のディスプレイ上で読む、デジタルデータ化された本のことで、「Adobe Reader」などの専用のビューアーを使って閲覧します。

電子書籍は、特にパソコンの場合、ハードディスクの大容量化のおかげで、場所を取らずにたくさんの本を保管できます。出版社にとっては、印刷・在庫管理・流通等のコストの削減、絶版の問題の解消などの利点がありますし、ユーザー側としても、本棚が要らないというのは画期的でしょう。

電子書籍は、他にも紙を使わないことによる資源の節約といった利点もあり、従来の本が常に抱えていた諸問題を解決する新しいメディアとして、今後の発展が期待されています。

電子書籍の長所と短所

電子書籍は、近年その需要と供給を伸ばしてきた新しい本の形式ですが、当然のことながら、長所と短所があります。電子書籍は、用途に応じて、紙の本と上手に使い分けたいところです。

電子書籍と紙の本を比べた際の、電子書籍の主な長所と短所は、以下のとおりです。

長所

・場所を取らない

・絶版が生じない

・紙を使わないので資源の節約になる

・テキストの場合、多くの場合は単語検索ができる

・デジタルデータなので老朽化しない

・品切れがない

短所

・電子書籍化されている本の絶対数がまだ少ない

・「付箋を貼る」「書き込みをする」「一度に複数の本やページを参照する」など、従来の本でよく為されてきた使い方が、電子書籍では操作性において今ひとつ

電子書籍はまだまだ発展途上のジャンルですので、今後しばらくの間は、紙の本と並行して利用されることになるでしょう。

古本について

古本とは、使用済みの本のうちで、特に古本屋で売られているものを差します。

古本は元々は、主に本の持ち主が古本屋に売り、古本屋がその本を店頭販売するといった形で流通していました。古本屋の値段設定は、古本屋によってまちまちのため、古本屋を利用する人が自分の欲しい本を理想の価格で入手するのは非常に困難でした。

古本市場においては、近年「ブックオフ」のような大手が現れました。「ブックオフ」と従来の古本屋の大きな違いは、その価格設定です。「ブックオフ」の価格設定は、すべて本の定価に準じて「ブックオフ」独自の基準でなされており、どんな本でも決して定価の約半額を超えることはありません。そのため利用者には概ね好評で、その店舗数も伸び続けています。

古本のネット通販

本を古本で購入したい場合、古本屋に行くことになりますが、古本屋は出版社から仕入れているわけではないので、希望の本を古本屋で入手するのはなかなか困難です。古本屋が多い都市部ならともかく、古本屋があまりない地方では、新品を買うことを余儀なくされることも少なくありません。

古本は、近年のネット通販の発達の中で、その流通を飛躍的に伸ばした分野です。特にネットオークションなどのシステムの出現は、個人でも古本屋を介さずに、手持ちの本を不特定多数の人に売ることができる状況をもたらしました。ネット上では、古本屋に安く買い叩かれるような本でも、場合によってはかなりの高額で売ることもできるので、古本の売り手が急増しました。

古本市場のこうした変化によって、地方の人にも古本が利用しやすい環境が整ってきました。

古本を売るショッピングサイトには、Amazonのように、本の販売に会員も参加し、ユーザー側が新品か古本かの選択ができるようなシステムのところもあります。こうしたサイトの良さは、欲しい古本を、古本屋を回ることなく入手できることです。そのため、古本のネット通販は、多くの人に利用されるようになってきています。

本は通販で

本ははっきり言って重い。紙束のかたまりだ。文庫本が1〜2冊程度なら買い物も軽い。しかしたくさん買うとなると、文庫本も重くなる。買い物をして重い荷物を持つのはたいへんである。これを解消してくれるのが通販だ。通販だと宅配してくれるのが何よりうれしいではないか。

本の題名がわかっていれば、通販で簡単に購入できる。通販だとクリックするだけでOK。あとは送り先の名前・住所・連絡先を入力すればよい。購入する値段によって送料無料となるシステムもあるから、お得である。1冊からでも送料無料のキャンペーンをしているところもあるので、利用するときはなるべくお得なところを選ぶのがよい。

本を通販で購入できるところは、有名なのがアマゾン(Amazon.co.jp)、楽天ブックス、ビーケーワン、セブンアンドワイ、イーホン、クロネコのブックサービス等といったところか。支払方法も、クレジットカード、代引き、銀行振込、コンビニ払い等がある。

例えば、セブンアンドワイの場合、セブンイレブンでの受け取りになるが、近くにセブンイレブンがある場合は、仕事帰り等に立ち寄っていけばよいので使える。手数料がかからないからよい。

大型書店である紀伊国屋や三省堂等でも通販で購入ができる。三省堂の場合、各JRの駅コンビニでの受け取りが可能だ。昼間は仕事で不在がちな方にとっては、ありがたいサービスだ。

通販は、書店で実際に手にとってじっくり本を選ぶというのが出来ないのが難点だが、本の中身がわかっている場合は、通販で本を購入するのは便利だ。

本の通販

本の通販利用者は増えてきています。書店に足を運ぶのもいいのですが、時間がないとか、探し歩くのが面倒であるから、という人も中にはいるようです。書店で本を見つけて、通販で購入という場合もあるでしょう。宅配を使うほうが便利な時もありますね。

「本の通販カタログ」というサイトでは、検索窓にタイトルを入れて、検索するサイトの検索ボタンをクリックすると、お目当ての本が出てきます。便利なお勧めサイトです。

新刊本なら通販で予約するという手も使えますね。

本を通販で購入する場合、決済方法は代引きかクレジットが主流です。他にコンビニ決済や、古本だったら郵便振込などもあります。

また、通販ではレビューと称して、書評を載せているサイトが増えています。どんな本なのかを知る一つの手段として、一度この口コミ評価に目を通してみるのも良いと思います。

電子書籍について

電子書籍とはパソコンや携帯で読める本のこと。マンガや小説、雑誌、写真集等のジャンルが多い。電子書籍だと24時間365日、いつでも入手できるのも便利だ。また本に比べて低コストなので、値段が安いのもうれしい限りだ。携帯で見れるのはコミックが主流だが、携帯に入れて持ち運ぶというのは、おしゃれで便利と言えよう。

電子書籍を読むには専用のソフトなどが必要となる。販売サイトによっては専用のソフトをダウンロードすることが条件となっている。主なソフトとしては、Adobe Reader、ブンコビューア、ebi.jブックリーダー、蔵衛門10デジブック等がある。パソコンのスペックがある程度よくないと動作が遅いこともあるので、古いパソコンを持っていて、これから電子書籍を読もうと考えている方は、スペックをあげておくのがいいだろう。

上記の電子書籍はネットワーク型というが、パッケージ型の電子書籍もある。DVD-ROMやCD-ROMになっているものだ。種類としては百科事典等が多い。薄いDVD-ROMやCD-ROM一枚に、大きな本が丸ごと入っているのだ。まさに便利な世の中になったとつくづく思う。もっと小型化されるのも遠い夢ではないと思うのは、私だけだろうか。

電子書籍販売サイト

電子書籍は、24時間いつでもダウンロード可能な便利な本である。紙の本に比べるとまだまだ数は少ないが、今後も電子書籍化されていく本は確実に増えていくと思う。

電子書籍を販売しているサイトは、検索してみるといくつかある。各サイトのタイトル数もあわせてみると、以下のようになっている(2006年11月末の時点)。

・電子書店パピレス(56808点)

・eBookJapan(14829点)

・楽天ダウンロード(?点)

・Space Town ブックス(14417点)

・Bitway-books(?点)

・ウェブの書斎(?点)

・徳間web書店(?点)

・光文社電子書店(2075点)

・双葉社電子書店(?点):文庫専門

・二見書房おもしろ本屋(?点)

等々。

「?」とあるのは、掲載されていないので不明である。こうしてみると、電子書店パピレスが一番豊富である。日本で初めて電子書籍を販売したのも、このサイトである。

電子書籍を購入するときの決済は、クレジットカードが主流となっている。他にwebマネーや、プロバイダ決済もある。

販売サイトによっては、無料で立ち読みできる書籍もある。ちなみに、販売ではなく無料でダウンロードできるサイトに「青空文庫」がある。すべてボランティアでまかなっているサイトで、著作権が切れたものを扱っている。

古本あれこれ

古本とは、古本屋で売っている本で、使い古しの本だ。中にはほとんど読まれていない綺麗な本もある。古本の値段は、多くの場合、新刊だと値段が高くなっており、古くなるほど安くなる。ただし、専門書によっては高額になることもあり、絶版本ともなると、数千円の本が数万円となることもある。

古本屋で有名なのは、東京神田の書店街である。いくつもの古本屋があり、取り扱っている本も、店によって様々である。古本屋を巡ってみるとわかるが、専門書がワゴンセールとして破格の値段で売られていることもある。見つけた時は得をした気分になれる。

ブックオフの本も、時期が過ぎれば、「え、こんなに安いの?」と目を疑うこともある。100円商品の本がたくさん売られている。ただお目当ての古本は、見つけた時に買わないと、後になって無くなっていることが多い。

古本は今はネットでも入手可能である。Amazonやブックオフなどを使うのも手だが、「日本の古本屋」というサイトでも、検索が可能。2400軒の古本屋から検索しているので、まずはここから探すのがいいだろう。古本はもともとタイトルがわかっているから探しやすい。古本屋といえど、送ってくる本は1冊でも丁寧に梱包されてくるので安心である。

本は、時期が過ぎれば古本として出回ることが多いので、「新刊でなくてもいいや」という諸氏は、安い古本を入手するのもよいと思う。

古本処分

古本を処分する場合、古本屋に売るのが一般的です。買い取りしてくれる店もいろいろあります。

古本屋の大手というと、全国に店舗があるブックオフです。「本を売るならブックオフ」というキャッチフレーズで、今では古本屋の主流となっています。持ち込んでもOKだし、宅配でもOK。宅配を使う場合は、本が50点数以上となっています。ネットで申し込んでから1週間ほどでペリカン便が集荷に来てくれ、送料もかからないので安心。買い取り側としては、「きれいさ」が基本で、その次に新しい本ということだそうです。古い本だと、買い取り価格も安くなります。

Amazonでは「マーケットプレイス」と称して、古本等を売買出来るシステムを作っています。商品の状態と出品価格、配送条件を入力するようになっています。ただクレジットカード決済のみとなっているので注意が必要です。

読まなくなった古本を売ろうと考えている方は、カバーをつけておく等、日頃から本の取り扱いを丁寧にしておいたほうがよいかもしれませんね。

 
メニュー
本と通販
本の通販の利用
電子書籍とは
電子書籍の長所と短所
古本について
古本のネット通販
本は通販で
本の通販
電子書籍について
電子書籍販売サイト
古本あれこれ
古本処分