様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム >

スポンサード リンク

ちぎり絵とは

絵の中で、「ちぎり絵」と呼ばれるものは、文字通り細かくちぎった紙片を台紙に張り付けて、一枚の絵に仕上げるものです。ちぎり絵は、だれでも幼稚園や小学校の頃に、一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

絵は、近年の日本人の平均寿命の増加に伴い、「長い老後」の趣味として、多くの人に愛好されています。絵の中でも、特にちぎり絵は、紙を手で細かくちぎる際の指の動きが脳の活性化を促し、認知症の発症を防ぐ一助になることも期待できます。

ちぎり絵について詳しく説明している本・教材や、ちぎり絵を専門に教える講座もありますので、「絵心がないけどちぎり絵をやってみたい」という方は、そういったものを試してみるのもいいでしょう。

ちぎり絵の楽しさ

ちぎり絵は、子供の伸び伸びした作品もいいものですが、和紙を使った「大人のちぎり絵」の美しさは、また格別です。和紙はちぎったときに毛羽が立つので、それが絵に独特の風合いを添えてくれます。ちぎり絵は、和紙の美しさを最大限に引き出す、日本が誇る芸術の一つと言ってもいいのではないでしょうか。

ちぎり絵の描き方は、基本的に以下のとおりです。

(1)和紙をちぎる

(2)ちぎった和紙を糊で台紙に貼り、絵を作っていく

ちぎり絵を言葉にすると簡単ですが、だからこそ、描く人によって多種多様なものが出来上がるのですね。

ちぎり絵は、絵というよりは、工作に近いかもしれません。筆やペンなどの筆記用具を使って描く絵も楽しいものですが、指先をフルに使って描くちぎり絵は、子供の遊びを思わせ、描く人を童心に返らせてくれることでしょう。

騙し絵とは

絵の中には「騙し絵」と呼ばれるものがあります。騙し絵とは、フランス語の「トロンプ・ルイユ(目だまし)」の和訳で、シュルレアリスムでよく使われた手法です。

騙し絵は、見る人に様々な錯覚を起こさせます。騙し絵の代表的なものには、以下のようなものがあります。

・現実では存在し得ない構造の建築物などを描いた作品

・果物や野菜などを複数寄せ集めて人間の形などに模した作品(「寄せ絵」「はめ絵」などとも言う)

・面積や長さなどに対して、見る人に錯覚を起こさせる作品

・描かれている1つの対象物が、2つの異なったものに見える作品

騙し絵の有名な作例としては、エッシャーやアルチンボルド、日本では歌川国芳などのものが知られています。騙し絵は単に技術的に優れているだけではなく、「騙される」という楽しみがあるので、騙し絵だけを寄せ集めた画集も出ています。

騙し絵の楽しみ方

絵の中には、「騙し絵」という、見る人に錯覚を起こさせるものがあります。もちろん騙し絵を描く側は、それを狙って描いています。

騙し絵の中には、前もって「騙し絵」だと言われても、どのように見えれば正解なのか、パッと見ではわかりにくいものも多くあります。そういう騙し絵を見て、どのような見え方が正解なのかを「ああでもない、こうでもない」と考えるのも、なかなか楽しいものです。最近はこうした騙し絵を展示するWEBサイトも増えてきました。

騙し絵の楽しみ方は、見るだけではありません。自分で騙し絵を描いて、人に見せるのも楽しいものです。騙し絵は、その原理を知れば、だれにでも描けるものです。興味のある方は、オリジナルの騙し絵を描いて、周囲の人の反応を窺ってみては?

絵の描き方

絵の描き方には、特に決まった形式というものはありません。しかし、「絵が上手になりたい」と思っている人は案外多いもの。自分に合った絵の描き方がなかなか見つからない人は、以下のことを試してみてもいいでしょう。

(1)たくさんの人の絵(芸術作品からイラスト・マンガ・アニメまで)を見て、自分が描きたい絵のイメージ・ジャンルを明確にする

(2)自分が描きたい絵のジャンルに応じた絵の描き方の本を読む

(3)さらに学びたい場合は、「絵画教室」や通信講座などを利用する

絵を本格的に学びたい人は、美大や芸大、専門学校などに行くのもいいでしょう。

「絵をとにかくたくさん描けば、自分に合った絵の描き方が確立され、上達するのではないか」と、多くの人は考えがちです。しかし、絵の描き方には「ポイント」というものが確かに存在するので、絵の描き方のポイントを人や本から前もって学んだ上で、たくさんの絵を描くプロセスに入った方が、上達のスピードは速いです。

絵の描き方の学び方

絵の描き方は人によって実に様々で、これといって決まった方法があるわけではありませんが、どんな絵を描くにしても、デッサン力は強力な味方になってくれます。

絵の描き方を本格的に勉強する人の多くは、デッサンから始めます。デッサンとは、対象物の形状と明暗を1色の線で描いたものを差しますから、「デッサン力」の方は、「対象物の形状と明暗を正確に観察して表現する能力」と解釈すればいいでしょう。

絵の描き方を学ぶ際、最初にしっかりデッサン力を身につけておけば、その後どんな絵が描きたくなったとしても、モデルさえあれば、自分の思うように描くことができるようになります。

絵を描く上で、デッサン力が必ずしも必要というわけではありませんが、自分の絵の表現の幅を広げたいと思う方は、積極的にデッサンをするといいでしょう。

大人のぬり絵とは

「大人のぬり絵」という言葉が、最近あちこちで聞かれるようになりました。

絵の中でも、特に「ぬり絵」は、多くの人が幼少の頃に経験したことがあるものではないでしょうか? 「セイカ」などの文具メーカーからは、昔から子供向けに、アニメや特撮などのキャラクターのぬり絵が各種発売されており、子供の遊びの定番として、今も親しまれています。

大人のぬり絵は、こうした子供向けのぬり絵と何が違うのでしょうか? 大人のぬり絵は、何と言っても、色をぬるための絵が違います。大人のぬり絵では、世界の名画から風景画、果てはマンダラやステンドグラスまで、芸術性の高い絵がたくさん出回っています。もちろん、大人のぬり絵では、色をぬった後は、とても美しい一枚の芸術作品になります。

大人のぬり絵は、今、密かなブームになっています。

大人のぬり絵の種類

絵の中で、「大人のぬり絵」と呼ばれるものは、文字通り、大人が楽しむためのシックなぬり絵です。

大人のぬり絵の楽しさは、単に絵に色をぬることだけではなく、絵の種類の豊富さや芸術性の高さにあります。大人のぬり絵の種類には、たとえばこんなものも。

・アルフォンス・ミュシャなど、アール・ヌーヴォーの名作

・マンダラ

・ステンドグラス

・世界の名画

・浮世絵

・風景画

大人のぬり絵、まだまだたくさんの種類の絵がありますよ。マンダラやステンドグラスなどは、単にぬり絵を楽しむだけではなくて、ヒーリング効果も期待できるそうです。

大人のぬり絵には、出来合いの絵をに色をぬるだけではなく、色をぬりたくなるような絵を自分でスケッチするものもあります。そういった大人のぬり絵には、絵の描き方のガイドなども付いています。

大人のぬり絵は、今後、ますます多様化しそうですね。

ドット絵とは

ドット絵の「ドット(dot)」とは、本来は「点」という意味です。デジタル画像はすべて四角いドットで構成されていますが、この最小の単位を「1ドット」といい、この1ドット単位で1点1点を描いて作られた絵が「ドット絵」というわけです。……と、少々わかりにくい説明ですが、「主にゲーム画面などでよく見かける、肉眼でドットが判別できるような粗い絵」と言えば、お分かりになる方も多いのではないでしょうか?

ドット絵とは、あくまでも手作業で描いたものを言います。写真もたしかに最小の単位は1ドットですが、これは人間が描いたものではないので、ドット絵とは言いません。

ドット絵を描いてみよう

ドット絵は、本来は、ハードウェア・ソフトウェアの性能が低かった時代に、解像度を高くすることができないゲームのために生まれたグラフィックの作成方法でした。そのため、ハードもソフトも高性能になっている現在では、当然ドット絵の需要も少なくなっています。とはいえ、ドット絵が完全に廃れたわけではなく、現在でもドット絵を愛好している人は少なくありません。

ドット絵を描くには、多少のコツとテクニックが必要です。しかし、高いマシンスペックや特別な道具、高度なデッサン力など、CGを描く際に当然のように要求されるものを必ずしも必要としないため、誰でも気軽に始められるのがドット絵の良いところ。「CGをやってみたいけれど、腕に自信がない」という方は、ドット絵から始めてみてはいかがですか?

浮世絵

浮世絵とは、江戸時代に発達した風俗画の様式の一つで、有名な画家としては、葛飾北斎・安藤広重・喜多川歌麿などがいました。皆さんも時代劇や歴史の教科書などで、浮世絵を必ず一度は見たことがあるはずでしょうから、実物を見れば「ああ、これか」と納得されることと思います。

浮世絵の題材としては、遊里・劇場などの情景や、役者・美男美女・力士などの似顔絵が中心でしたが、歴史画・風景画・花鳥といったものもありました。こうした浮世絵は、品位があるとは言いがたいものの、当時の民衆の嗜好や暮らしぶりがうかがわれ、なかなか興味深いものです。

浮世絵とは

浮世絵とは、日本の風俗画の様式の一つで、江戸時代に花開いた民衆文化です。浮世絵の題材は、遊里や劇場、役者・力士・美女の似顔絵、風景や花鳥などで、当時の庶民の目を楽しませるようなものでした。

浮世絵の様式には、大きく分けて2種類あります。一つは肉筆画、そしてもう一つは版画です。特に版画は、1765年に浮世絵師の鈴木春信が中心になって開発した「多色摺版画」の技術により、多くの素晴らしい作品を世に送り出すことになりました。この技術を使った浮世絵は、その美しさから「錦絵」とも呼ばれ、人々を大いに喜ばせたのです。

デッサンとは

「デッサン」はフランス語。日本語訳すると「素描」、つまり単色の線を組み合わせて、ものの形や明暗を表現した絵を指します。

デッサンは絵画・彫塑の基礎であり、多くのアーティストが優れたデッサンを残しています。皆さんも、写真と見間違えるほどのリアルなデッサンを目にしたことがあるのではないでしょうか? 芸大や美大などで美術を学ぼうとする学生に、まず最初に課せられるのもデッサンです。

デッサンは、対象物の明暗や凹凸、輪郭などを立体的に正確にとらえて紙に描き起こしてゆく作業であるため、これを繰り返すことによって、確実に観察眼が養われます。こうして培われた観察眼は、作品において多種多様な表現をするための大きな手助けとなってくれるのです。

デッサン力

デッサンに関しては、よく「デッサン力」という言葉が使われますが、これは言葉のとおり、デッサンをする能力――つまり、ものの明暗や凹凸、輪郭などを正確に観察・再現する能力のことです。

デッサン力は、絵を描く人にとってはあった方がいい技術ですが、特に彫塑や3DCGなどの立体を扱う仕事や、アニメーターにとっては必要不可欠とさえ言えるでしょう。なぜなら、デッサン力がないと正確に立体物を作ることはできませんし、アニメーションの場合はキャラクターをキレイに動かすことができなくなってしまうからです。

デッサン力を養うためには、対象をよく観察し、デッサンを重ねること。最初はあまり上手く描けなくても、回数を重ねるごとに、確実に観察力が鋭くなってゆくでしょう。

デッサンの勉強は独学でも可能ですが、専門の先生に付いて、自分のデッサンの欠点を指摘してもらったり、コツを教えてもらったりすると、ヘンなクセも付かず、飛躍的に上達が早まります。

絵文字とは

「絵文字」とは、何らかの情報を提示したり注意を促したりするための視覚記号(サイン)の一種です。絵文字は、「ピクトグラム(Pictogram)」「ピクトグラフ(Pictograph)」「絵単語」とも呼ばれています。

絵文字は、一般的には、地色と明度差のある1色で、表したい情報を単純な図として表現します。

絵文字は、国による文化の違いから、基本的には国ごとに異なりますが、国際的にある程度意味が統一された絵文字の例としては、

・非常口サイン(さまざまな施設の非常口に設置されている、緑色で描かれた、非常口から走って避難する人の絵文字)

・車椅子サイン(身体障害者用トイレなどに設置されている、車椅子に乗った人をあらわす絵文字)

・禁煙サイン

といったものがあり、これらは日本でも親しまれています。

絵文字の良さ

「絵文字」とは、情報を伝達したり、注意を促したりするためのシンプルな記号的な絵のことです。

絵文字でよく見かけるものとしては「非常口サイン」「車椅子サイン」「禁煙サイン」といったものがあります。

絵文字の良いところは、その国の文字が読めない子供や外国人などにも、その内容が伝わること。また、絵文字は基本的に地色との大きな明度差がある単色で非常にシンプルに描かれているので、わりあい遠くから見ても、その意味がわかるものがほとんどです。

絵文字のこのような性質から、国際的に意味が統一された絵文字も少なくありません。こうした絵文字は、空港や国際的なイベントなど、さまざまな国から人が集まるような場所では、特に役に立っています。

似顔絵とは

似顔絵は、文字通り、顔を似せて描いた絵です。広義では「肖像画」も含みますが、現在では「似顔絵」といったら、「肖像画」といった改まったものではなく、イラストのような、わりと軽いタッチのものを指すことが多いようです。

似顔絵は、個人はもちろんいろいろな業界で非常に高いニーズがあるものです。また、似顔絵も、非常に写実的なものから、その人の顔の特徴をデフォルメしたコミカルなものまでさまざま。「似顔絵描き」という職業もあります。

似顔絵は、人が描いたものを見るのは楽しいものですが、自分で描くには、それなりの技術が必要です。学校の授業で人物画を描いた経験がある方も多いとは思いますが、できたものを並べてみたとき、実際の人物に似ている絵がどれだけあったか、思い起こしてみれば、その難しさをわかっていただけるのではないでしょうか?

とはいえ、似顔絵は、コツさえつかんでしまえば、誰にでも描けるもの。似顔絵を上手く描きたいという方は、似顔絵講座などを利用するといいでしょう。

似顔絵講座

似顔絵は、新聞や雑誌、書籍などにもよく出てくる絵ですね。特に芸能人や政治家、スポーツ選手などの有名人の似顔絵は、いろいろなところで見ることができます。

似顔絵は、写実的なものから、その人の顔の特徴をいささかオーバーに描いたデフォルメ作品までさまざまですが、メディアに露出しているものには後者が多いですね。

似顔絵を描く際には、その人の顔をよく観察して特徴をとらえ、それを「ちょっとやりすぎかな」と思うくらい大げさに表現すると、案外うまくいきます。例えば目がパッチリしている人だったらアイラインを強調して目を大きく描く、唇が厚めの人だったらタラコ唇にする、エラが張っている人だったら輪郭を思い切って四角にしてしまうといった具合。

似顔絵が描けるといろいろ楽しいですし、人にも喜ばれます。腕と売り込み方しだいでは、似顔絵を描くことを職業にすることもできます。

本格的に似顔絵を習いたい方は、似顔絵講座を利用するといいでしょう。今ならネットでも似顔絵の通信講座を見つけることができるので、こうしたものを利用すれば、家にいながらにして似顔絵を学ぶことができます。

世界の名画

絵にもいろいろありますが、多くの人の心をつかんで放さない絵の代表的なものが、「名画」と言われるものでしょう。

名画は多くの場合、「世界の名画」「日本の名画」のような使われ方をします。特に「世界の名画」は、テレビや書籍はもちろん、世界中の多くの美術館や博物館で見ることができ、学校の授業などでも資料として扱われるため、その知名度は他のジャンルの絵よりも格段に高いものと言えます。例えばダ・ヴィンチの「最後の晩餐」などは、世界遺産にも登録され、日本でも知らない人のほうが珍しいでしょう。

「世界の名画」として名高いものとしては、前述のダ・ヴィンチの絵のような、ルネッサンス期以降の西洋の絵、特に油絵やテンペラ画が挙げられるでしょう。これらの名画は、現代の絵画の技法の基礎を築いたもので、聖書をテーマとしたものも多く、神々しささえ感じられます。逆に宗教とは無関係の近世の名画も、私たち人間の本質に迫っているものが多く、これもまた多くの人の心を打つものです。

これらの名画は、現代でも多くの画家(プロ・アマ問わず)に多大な影響を与え続けています。

名画を楽しもう

絵は、描くのも楽しいものですが、名画を見るのも同じくらい楽しいものです。特に有名なアーティストが描いた名画は、単に上手いだけではなく、そのアーティストが持っている情熱などが伝わってきて、ただ見ているだけでも、得るものが大きいですね。

名画と呼ばれるものの多くは、アーティストごとの画集として出版されていますし、博物館や美術館で見ることもできます。もちろん「世界の名画」と呼ばれるものは、本物を見る機会がとても限られていますが、それだけに本物を見たときの感動もひとしお。絵の上達のためにも、名画の鑑賞はさまざまな意味で欠かせません。

世界の名画の代表的なものとしては、古いものなら、ダ・ヴィンチ、ミケランジェロなどのルネサンス期のアーティストの作品や、ルーベンス(「フランダースの犬」でも有名ですね)やレンブラントなどのバロック期のアーティストの作品があります。その後もモネやルノワールやドラクロワなど多くのアーティストの手によって、さまざまな名画が生み出されています。

これらのアーティスト達が残した名画の魅力は、今なお色あせることがなく、アーティストはもちろん、ありとあらゆる分野に携わる人々にインスピレーションを与え続けています。皆さんも、何か困ったことがあったら、名画を見に行くといいかもしれませんよ。

同人誌の絵

「同人誌」と言えば、今やマンガ同人誌を指すほどで、マンガの同人誌の人気ぶりにはすさまじいものがあります。

同人誌の作家には、プロ顔負けの絵の上手さを誇る人も決して少なくありません。これらの作家の絵には、多数のファンが付いています。そして同人誌を経て、プロとして絵・マンガを描くようになる人も、たしかに存在します。

同人誌は商業誌とは違い、利益を得ることは二の次。だから同人誌の場合、必ずしも絵が上手くなくても基本的には問題はないはずなのですが、やはり同人誌を始めると、絵の上達を望む気持ちが出てきます。利益が出なくても自分の絵にファンが付くのは嬉しいもの。また読者としても、マンガの絵柄というのは同人誌を選ぶ大きなポイントです。読者はプロの作品を見ていますから、目が肥えていますしね。

こうした背景から、同人誌の絵のクオリティは、全体的に見ると年々上がり続けています。

同人誌向けの絵

同人誌にもいろいろありますが、近年では同人誌と言えばマンガ同人誌を指すほど、マンガ同人誌はポピュラーなものになりました。

「コミケ」のような同人誌即売会に数十万単位の人が集まるなど、マンガ同人誌の人気はとどまることがありません。それは買う側だけでなく売る側にしても同じで(買い手と売り手がかなりダブっているのも、この世界の特徴です)、プロになるためではなく、同人誌を出すためだけに絵の練習をする人も少なくありません。

同人誌にもいろいろなジャンルがありますが、やはり「同人誌向けの絵」というのは存在し、「萌え系」「耽美系」の絵などは、同人誌でも好まれる傾向があるようです。

同人誌も商業誌と同様、単に絵が上手いだけでは、いい内容のものを作ることはできません。それでも絵が上手ければ多少ストーリーやコマ割りなどがヘンでも許されてしまうのもまた事実。それに、同人誌作家の中にはプロ並みに絵が上手い人も多く、そういう人はそれなりの人気を獲得しています。

はがき絵とは

はがき絵とは、文字通り、はがきに描く絵のことです。はがきは小さいですから、いつでもどこでも手軽に描けるのが、はがき絵の魅力の一つですね。

はがき絵は基本的には何を描いてもいいし、どのような描き方をしてもいいものです。しかし、はがきは紙でできていますし、サイズも決まっていますから、はがき絵を描く際は、おのずと画材やモチーフは限られてきます。

はがき絵は、画材によっては、郵送中に絵が傷んでしまうことも。個人的には、はがき絵を描くなら、雨や擦れに強い色鉛筆(水彩ではないもの)やアクリル絵の具、耐水性のインクなどをオススメします。

はがき絵は、ただ描くのも楽しいですが、人に出してこそ、はがき絵の本領を発揮するというもの。はがきを出す相手は、基本的にある程度親しい人ということになりますから、はがき絵を描く際は、単に上手い絵を描くだけではなく、相手の心をなごませるような要素を盛り込むといいでしょう。

はがき絵に使うはがき

はがき絵とは、文字通りはがきに絵を描くこと、もしくははがきに描かれた絵そのものを指します。

はがきは最も身近な画材のひとつ。年賀状や暑中見舞いなどのはがきに絵を描いた経験は、多くの方がお持ちなのではないでしょうか。はがき絵はこのように、親しい人・大切な人に心を込めて送るという側面があります。もちろんはがき絵は、手元に置いて額などに入れて楽しむこともできます。

はがき絵は、初心者であれば、郵便局で買える普通のはがきでも特に問題を感じないでしょうが、ある程度絵が上達してくると、普通のはがきでは描きづらく感じるものです。そんな人たちのために、画材屋などでは、はがき絵専用の画用紙や和紙など、絵が描きやすい紙で作られたはがきが売られています。「こういう紙にはがき絵を描きたい」という希望が出てきた際は、こうしたものを利用するといいでしょう。

また、こうしたはがきが手に入らないときは、好みの画用紙をはがき大に切ってはがき絵を描き、しかる後に切手を貼って出すことも可能です。

絵手紙とは

「絵手紙」とは、広義では絵入りの手紙のことですが、多くの場合「はがき絵」のことを指します。

絵手紙は、版画や印刷とは違って手間がかかるものですから、出すとしたら、よほどのことがない限りは、ごく親しい人に限られることになるのではないでしょうか。それだけに、絵手紙を描く際は、手元に置いて楽しむ場合を除いては、その絵手紙を差し上げる相手に対する心遣いが大切になります。逆にそこさえ押さえておけば、絵手紙のモチーフに何を選んでも問題ないでしょう。

絵手紙には、特に決まった描き方や画材があるわけではありません。しかし絵手紙は、基本的にはがき大の紙に描くことになるので、特に郵送する場合は、アクリル絵具や耐水性インク、水彩でない色鉛筆など、雨や擦れに強い画材を選ぶことをオススメします。

絵手紙のテクニック

絵手紙は多くの場合、「はがき絵」と同じ、はがき大の紙に描かれた手紙のことを指します。

絵手紙には決まったモチーフや画材、描き方などはありませんから、自分の好きなように描けばいいでしょう。しかし、上手く絵手紙を描きたいなら、それなりのポイントは押さえておく必要があります。

絵手紙を描くための初歩的なテクニックは、画材選び。画材の選び方によっては、あまり上手くない絵であっても味わい深いものに仕上がったりすることもよくあります。

私が個人的にオススメなのは、和紙のような紙に墨で描く絵手紙。毛筆は一見難しそうですが、腕に自信のない方の場合は、できるだけ単純な絵をダイナミックに描くと、線の強弱と毛筆のにじみがいいアクセントを沿え、なんとも温かみのある絵手紙に仕上がります。興味のある方は、一度お試しください。

桜の絵を描こう

桜は日本の国花。特に毎年春に咲き誇るソメイヨシノは、桜の代表的なものとして、多くの人に親しまれています。

桜はまた、絵のモチーフとしても人気があります。桜は開花時期がとても短いことから、そのはかなさゆえの美しさを絵にとどめておきたいと思う人が多いのも頷けますね。

桜の絵を描くのに、特に決まった描き方や画材があるわけではありません。しかし、桜は日本を象徴する花であるだけに、洋画よりは日本画においてモチーフとして好まれる傾向があるようです。

とはいえ日本画は、画材の高価さなどもあり、絵としては一般的ではありません。それでも和風の美しさを出したいなら、水彩絵具や和紙、墨汁などの画材を使うことで、桜独特の淡い色彩を表現することができます。水彩絵具でも、特に透明水彩を使えば、とても美しい仕上がりが期待できるでしょう。もちろん、色鉛筆やパステルのような他の画材でも、独特の絵を描くことができます。

桜の絵を楽しむ

桜は日本を象徴する花であり、日本の国花にもなっています。また、桜は春の風物詩でもあります。

桜は、古来から詩歌に読まれたり絵に描かれたりして、多くの人から愛でられ続けてきました。

桜の絵は、多くの有名作家が描いていますし、工芸品などにも桜の絵をあしらったものはとても多いです。100円玉も桜ですね。桜の花自体は、ごく限られた期間しか楽しむことができませんが、こうした絵や工芸品は、日本中いたるところで一年中見ることができます。

桜の絵の美しさの決め手となるのは、やはりその淡いピンク色でしょう。この桜の絵のピンクが、周囲の景色にどのように映えるかもまた一つのポイント。油絵に代表される洋画を見るのも楽しいですが、たまには桜の絵のような、日本独特の美に触れるのもなかなかいいものです。

イラストとは

「イラスト」とは「イラストレーション(illustration)」の略で、本来の意味は「挿絵」「図解」といったものですが、現代の日本では、挿絵や図解にとどまらず、単品の絵も「イラスト」と呼ばれています。もっともアカデミックな作品や個人の世界を追究する「芸術作品」はイラストとは呼ばず、それ以外の、いわば「ポピュラー美術」といったものがイラストと呼ばれているのが現状です。

イラストは、個人で描いて楽しむことも多いですが、それ以上に商業的な目的で描かれるものが多いです。雑誌・書籍などの紙媒体はもちろん、お店の紙袋や商品のパッケージ、看板など、イラストはありとあらゆるところに描かれています。

イラストはこのように、あらゆる分野で需要があるため、イラストを描くことを職業としているイラストレーターの数もとても多いです。

イラストレーターになるには

イラストは、出版業界にとどまらず、工業・商業・農業・林業・漁業など、あらゆるジャンルで需要があるため、イラストレーターになること自体は、そう難しいことではありません。

イラストレーターになるためには、決まった方法というものがあるわけではありません。しかし、イラストレーターになるには、ある程度のイラストのテクニックか、そうでなければ飛びぬけた個性が必要になるので、並外れた熱意がある人以外は、多くの場合、大学や専門学校などでイラストの勉強をするのが一般的のようです。

イラストレーターといってもピンからキリまで。工業製品の取扱説明書の挿絵などといった名前が出ないような仕事は比較的敷居が低いですが、名前が売れるようなイラストレーターになるのは容易なことではありません。場合によっては大規模なコンテストで入賞したりといったことも必要になってきます。

必ずしもいい学校を出る必要はありませんが、イラストレーターとして有名になりたいなら、スキルアップ・キャリアアップは常に視野に入れておく必要があるでしょう。

花の絵

絵のモチーフとして人気のあるものに、花があります。花は少女マンガの背景から、芸術作品と言われるような絵まで、さまざまなものに描かれていますね。

花の絵は、画面に華を添える目的のものから、花そのものが主役になっているものまでさまざま。しかし、それがどのような花であっても、花の絵は実物同様、見る人の心をなごませてくれますね。

花の絵は子供も好んで描いているように、モチーフとしてはわりあい描きやすい部類に入ります。

花の絵は、風景のようにパースもあまり考えなくていいし、人物画よりはずっとモチーフの特徴をつかむのが簡単なので、多少腕が未熟でもそれらしく見え、それでいて美しく仕上がります。

「絵をこれからはじめる」という方は特に、花の絵から始めてみるのはいかがでしょうか。描きやすいだけでなく、花を眺めているうちに、やさしい気持ちになってくることでしょう。

花の絵と画材

花の絵は、デフォルメしやすいこともあって、幼時から老人まで、絵が好きな人の多くにモチーフとして好まれています。

花の絵を描くのに、特に決まった描き方や画材があるわけではありませんが、どのような雰囲気を出したいかによって、選ぶ画材はある程度決まってくると思います。

たとえば、和風に演出したいときは日本画、洋風なら油絵、ファンタジック・メルヘンチックならパステルや色鉛筆、素朴な感じなら鉛筆や木炭、ペンなどを使って単色で……といった具合。ちなみに水彩絵具は、和洋いずれの絵にも使えるスグレモノです。もちろん、これはあくまでも例ですから、基本的には自分の使いやすい画材を使って花の絵を描いたらいいでしょう。

花の絵は、描く人見る人双方をやさしい気持ちにさせてくれる、不思議な絵。趣味として花の絵を描くことは、あなたの生活にうるおいを与えてくれることになるでしょう。

龍の絵

龍は、中国の伝説上の生物で、絵のモチーフとして昔から好まれてきたものの一つです。

龍は当然、中国の絵に見られるものですが、日本や朝鮮など、中国の影響を受けた国でも昔から描かれてきました。よって日本でも現在も優れた龍の絵を見ることができます。

龍は神秘的な生き物として位置づけられてきたため、龍の絵は単なる観賞用としてではなく、何らかの意味を込めて描かれたものも少なくありません。

龍は想像上の生き物ですので、実物を観察して絵を描くというわけにはいきません。そこでまずは「見本」を見て龍の絵を描くことになります。

龍の絵の見本としては、本格的なものなら、浮世絵や中国の絵画を参考にしたらいいでしょう。しかしやや砕けたものなら、十二支の「辰」の絵を参考にしてみてもいいと思います。

龍の絵を描く

龍とは中国の想像上の生き物で、日本でも十二支の「辰」としてお馴染み。昔から中国文化の影響を受けている日本でも、数々の龍の絵が描かれてきました。

龍は絵のモチーフとしては、水墨画や浮世絵、陶器などといったジャンルで多用されてきましたし、今でも優れた作品が作られ続けています。想像上の生き物である龍は、実物を観察して描くわけにいきませんから、龍の絵を描きたい場合は、こうした作品を参考にするといいでしょう。

龍の絵を描く際、知っていたほうがいい知識の一つとして、指の本数が挙げられます。龍の指は、昔は、

中国:5本〜4本

朝鮮など中国の近隣諸国:4本

日本など中国からやや遠い国:3本

となっていました。これは、古代中国では5本指の龍(五爪の竜)は皇帝をあらわしており、これが朝鮮に伝えられたとき4本指に、さらに日本に伝わったときには3本指になっていたということからきています。

もちろん今では、中国に皇帝はいませんから、5本指の龍を描いても何のお咎めもないわけですが、このことは知っていても損はないでしょう。

 
メニュー
ちぎり絵とは
ちぎり絵の楽しさ
騙し絵とは
騙し絵の楽しみ方
絵の描き方
絵の描き方の学び方
大人のぬり絵とは
大人のぬり絵の種類
ドット絵とは
ドット絵を描いてみよう
浮世絵
浮世絵とは
デッサンとは
デッサン力
絵文字とは
絵文字の良さ
似顔絵とは
似顔絵講座
世界の名画
名画を楽しもう
同人誌の絵
同人誌向けの絵
はがき絵とは
はがき絵に使うはがき
絵手紙とは
絵手紙のテクニック
桜の絵を描こう
桜の絵を楽しむ
イラストとは
イラストレーターになるには
花の絵
花の絵と画材
龍の絵
龍の絵を描く