様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 海外旅行

スポンサード リンク

航空券購入、飛行機搭乗の際の注意点(海外版)について

海外旅行をする場合、航空券の購入や飛行機搭乗の際にはいろいろな注意が必要です。その注意を怠ると、思いも寄らないトラブルに巻き込まれたりするものです。

ここでは、航空券購入の際に注意すべき点について考えてみましょう。

インターネットの普及により、海外旅行の航空券の購入も、旅行会社のHPから申し込むケースが増えてきています。そして、中には申し込みをしてお金を支払ったにもかかわらず、航空券が届かなかったり、二重払いを余儀なくされたりする場合があります。

だれしも旅費を安く上げるために、できるだけ安価な航空券を求めようとするわけですが、当然ながら旅行会社にもピンからキリまであり、そこが十分に信用できるものであるかどうかを、しっかりとチェックしておくことが大切です。

HPを見て、会社概要が薄っぺらいものであったり、電話対応や支払い方法に疑問を感じた場合は、要注意です。また、相場をはるかに下回る安さの場合には、何か裏があると考えるのが妥当でしょう。

せっかくの海外旅行ですから、安全かつ確実に航空券を手にしたいものですね。

航空券購入、飛行機搭乗の際の注意点(海外版)

海外旅行で飛行機に搭乗する際には、注意すべき点がいくつかあります。その一つが手荷物に危険物等が含まれていないか、という点です。

例えば、関西国際空港では、以下のようなセキュリティーチェックを行っています。

まず、チェックインする前、預かり用の手荷物検査の段階で以下のものははじかれます。

1.可燃性物質類(マッチ等)、2.高圧ガス類(消化器、ライター用充填ガス、ライター、カセットコンロ用ガス、ヘリウムガス等)、3.火薬類(花火、クラッカー等)、4.酸化性物質(漂白剤等)、5.引火性液体(ライター用燃料、ペイント類等)、6.毒物類(クロロホルム等)、7.腐食性物質(バッテリー、水銀等)、8.放射性物質、9.その他有害物質

特に米国就航便については、ライターが禁止になっていますので、注意が必要です。

また、刃物類は、機内持ち込みは不可で、窓口に預ける荷物の中に入れることになります。

チェックイン後、ハイジャック防止検査があります。この段階でナイフ類などの危険物が見つかれば、放棄を要求されます。

以上、搭乗の際には十分注意するようにしましょう。

海外旅行の人気国トップ――アメリカ

海外旅行の人気国は、トップがアメリカ、続いてタイ、イタリア、フランス、ドイツの順になっています(※アップルワールド社調べ)。

ここでは、人気トップのアメリカの魅力について少し触れてみることにしましょう。

アメリカは、日本の約25倍の広さがあり、行く場所によって、それぞれに違った旅の風情を楽しむことができます。

ネバダの砂漠、ロッキー山脈、五大湖、ナイアガラの滝、グランドキャニオンやモニュメントバレーに代表される大渓谷、といった大自然のほか、ワシントンDC、ニューヨーク、ロサンゼルス、ラスベガス、サンフランシスコ、シカゴ、アトランタ、ニューオーリンズ、マイアミといった魅力的な大都市も点在しており、観光スポットは無数にあります。

エンターテインメント、スポーツ、グルメ、 音楽、自然、歴史、文化、アドベンチャーなど、あらゆる分野でわたしたちを楽しませてくれる“夢の国”、それがアメリカなのです。

それゆえに、「海外に行くならアメリカ」ということで、人気国のトップの座を堅持しているのでしょう。

海外旅行の人気国・トップ2〜5

海外旅行の人気国は、トップがアメリカ、続いてタイ、イタリア、フランス、ドイツの順になっています(※アップルワールド社調べ)。

ここでは、人気国2位以下の4つの国について簡単にご紹介することにしましょう。

タイにはバンコク、チェンマイ、バタヤ、プーケット、サムイなどの観光地があり、それぞれに自然の素晴らしさのほか、独特の文化が醸し出すエキゾチックな体験の数々を楽しむことができます。

イタリアは、ローマ、ミラノ、フィレンツェ、ヴェニスといった伝統ある都市が目白押しで、それぞれに歴史の都としての情緒を堪能することができます。

フランスは、何と言ってもパリでしょう。凱旋門、エッフェル塔、オペラ座など歴史的な建造物のほか、グルメやショッピングを楽しむことができ、観光都市としての魅力は尽きません。

最後、ドイツにも観光スポットがたくさん存在しています。ベルリン、フランクフルト、ケルン、ミュンヘンなどの主要都市では、今でも中世の町並みや古城を至る所で目にすることができ、まるで何百年も昔にタイムスリップしたかのような感覚を覚えます。

海外旅行に出かける際の注意点――チップ

海外旅行に出かける際の注意点として念頭に置いておいたほうがいいものに、文化・習慣の違いがあります。「郷に入っては郷に従え」のことわざどおり、旅先の国ではその国の習慣に従うのがマナーです。

例えばチップ。日本では馴染みのない風習ですが、海外では当たり前です。チップは、日本で言うならサービス料・奉仕料のことで、相手のサービスに対して感謝の気持ちから現金を渡すものです。

チップは、飲食店やホテルを利用したとき、お店でショッピングをしたとき、タクシーを利用したときなどに、本来の料金に上乗せして支払います。だいたい10%から15%が相場といわれています。

もちろん、チップの額が今後のサービスに影響を与える場合がありますので、何度も利用する店等については、ある程度多めに支払う(1〜2%上乗せする)ことも必要になってくるでしょう。

海外にはこのほかにも数多くの注意すべき点がありますので、旅行前には旅先の国の風習について、経験者に聞くなどして、十分調べておくようにしましょう。

海外旅行に出かける際の注意点――治安

海外に渡航する日本人は、年間1700万人にも上っています。

海外旅行に出かける際の注意点として真っ先に挙げられるのが、治安です。要は、犯罪に巻き込まれないために、安全対策を怠らないということです。

諸外国は、日本と違って生活水準の低い国が多く、そのため治安の悪いところもたくさんあります。日本のように治安のいい国で生活していると、ついつい警戒心がなくなってしまうため、海外に出た場合には、格好の“えじき”にされてしまいがちです。

日本人が最も多く被害に遭っているのは、スリや置き引きなどの窃盗犯罪です。手荷物から気を外した隙に持ち去られるわけですが、ひどいものになると睡眠薬を飲まされる場合さえあります。

このほかにも、バーなどの飲食店でぼったくられたり、麻薬犯罪者に仕立て上げられたりと、その手口は枚挙にいとまがありません。

常に「ここは(犯罪多き)海外なんだ」ということを念頭に置いて、行動したいものですね。

マイルについて

海外渡航を頻繁に行う人や国内でも航空機をたびたび利用する人の場合、通称「マイル」あるいは「マイレージ」と呼ばれている制度を知っておくと便利です。

この「マイル」あるいは「マイレージ」というのは、正確には「フリークェント・フライヤー・プログラム(FFP)」といいます。直訳的に表現すれば、「常習的に飛行する人のための制度」となります。

これは、簡単にいえば、その航空会社をよく利用してくれる旅行者に対し、ポイント制を設けて、一定以上たまった人には品物や航空券を贈呈するというものです。ちょうど、一般のスーパーなどで設けられているポイント制と、同じようなものです。

この場合のポイントの単位となるのが距離を表す「マイル(1マイル=約1609メートル)」で、路線の距離に応じたポイントがもらえることになります。

マイルについて――メリットと注意点

海外渡航や国内旅行等で航空機を頻繁に利用する人は、通称「マイル(あるいはマイレージ)」の会員(正確にはFFP会員)になっておくと便利です。

マイルというのは、一般のスーパーで行っているポイント制のようなもので、飛行距離に応じてポイントが与えられ、それに応じて特別のサービスが航空会社から提供されるという制度です。

会員になると、会員限定のいろいろなサービスを受けることができます。一般客とは別の窓口でスピーディーに手続きできたり、あるいは専用のラウンジを利用できたりするわけです。さらには、ポイントによっては、無料航空券を手に入れることさえ夢ではありません(なかなか大変ですが……)。

このマイルについては、各航空会社間で提携を行っており、その提携会社を利用するときも積算されていくことになります。

ただし、一つ弱点といえば、このマイルにも有効期限があることです。期限内にサービスを享受しないと、せっかくためたポイントがすべて“水の泡”ということにもなりかねませんので、注意が必要です。

 
メニュー
航空券購入、飛行機搭乗の際の注意点(海外版)について
航空券購入、飛行機搭乗の際の注意点(海外版)
海外旅行の人気国トップ――アメリカ
海外旅行の人気国・トップ2〜5
海外旅行に出かける際の注意点――チップ
海外旅行に出かける際の注意点――治安
マイルについて
マイルについて――メリットと注意点