様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 出産

スポンサード リンク

高齢出産とは

高齢出産といえば、最近では、皇室の秋篠宮妃紀子様が39歳で出産されたことで注目を浴びましたが、紀子様の場合は、初産ではなく3人目の出産ということでありましたけれども。

高齢出産というのは、何歳からの出産をさすのでしょうか。日本産科婦人科学会では35歳以上の初産婦を「高年初産婦」と定義しています。妊娠・出産の最適齢期は20歳代といわれています。35歳以上の初産を高齢初産と定義していますが、卵子が妊娠する能力は、33歳から低下するといわれています。

高齢になれば、妊娠の可能性も低くなり、そして妊娠・出産に異常を起こしやすくなるという可能性は否定できません。しかし、もちろん何の問題もなく妊娠・出産するケースも少なくありません。

高齢妊娠・高齢出産をとにかく「危険視」して不安がったり否定するのではなく、高齢からくる様々な危険性を踏まえそれに対処しつつ、無事出産する心構えが必要ということだと思います。

高齢出産について

高齢出産とは、35歳以上での初産をさしていわれるものです。高齢出産の要因は、女性の高学歴化、晩婚化がその要因といわれています。

確かに女性の高学歴化、そして女性の社会進出は当たり前となり、結婚よりも仕事、子供よりも仕事、という女性も多いかもしれません。

しかし、結婚して子供もほしいのだけど、経済的にやっていけない、出産後、職場復帰できるかわからない(復帰できないなら、お金を貯めるのは今しかない)という不安から「子供、産めないよね」という声も、実際職場でよくききます。そういったためらい・不安から、結局「産むか産まないか」を逡巡し、高齢出産を招いている面もあるように思います。

高齢出産の危険因子としては、遷延分娩・分娩停止、分娩時出血量の増加、帝王切開率の上昇等があります。また新生児の生後1週未満の死亡率というのも、高齢出産では高くなっています。

高齢出産とは、こういった危険性をおしての、ある意味「命をかけての」出産なわけですから、せめて産んだ後、何の心配もない社会環境を用意してあげたいものですね。

出産予定日とは

出産予定日は、分娩予定日ともいわれ、赤ちゃんが生まれてくると予定される日のことです。

出産予定日の正確に把握することは、妊婦や胎児を出産まで管理する産科医にとっても、また生まれてくる子供を迎える家族にとっても最重要事項です。

出産予定日は、妊婦の「最終月経の初日に280日(40週)を加えた日」と日本産科婦人科学会産科婦人科用語委員会で定義されています。この算定方法は、月経周期日数が28日でほぼ変動のない人にはあてはまりますが、月経周期日数というのは、月々変動したり30日周期や25日周期の人だっています。

しかし、出産予定日の計算を上記のように定義しているのは、月経周期日数が28日の女性が比較的多いという実態からきてますので、大方の場合当てはまる計算方法といえましょう。

上記計算方法の簡単な計算方法は、

月…最終月経の初日の月+9(あるいは-3)

日…最終月経の初日の日+7

最終月経の初日が2月14日の場合の出産予定日は、月は2+9で11月、日は14+7で21日、よって11月21日となります。

出産予定日の算定方法

出産予定日の算定方法は、通常は最終月経初日から算定しますが、月経周期日数が28日でなかったりよく変動する人にとっては、これでは正確に出産予定日を算定できません。

出産予定日の算定方法として、超音波診断法によるものがあります。これは、妊娠初期には胎児の発育上の個体差が小さく、この性質を利用して、胎児の大きさから出産予定日を算定するものです。

胎児の個体差が小さいというのは、妊娠初期の赤ちゃんの大きさは同じということです。生まれた時に赤ちゃんの大きさが違うのは、40週の間の発育速度の差であり、妊娠初期から「大きい」「小さい」というのはないわけです。

例えば、超音波で測定した胎児像の頭部先端から臀部までの距離(胎児頭殿長:CRL)が、現在13mmの場合、平均8週めというふうに算定されます。そこから出産予定日も算定されるわけです。

出産予定日の算定方法として、その他、性交日がはっきりしている場合や人口受精した場合その日から算定する方法や、基礎体温表を利用して算定する等々あります。

出産祝いについて

出産祝いの時期は、赤ちゃんの生後7日後からお宮参りを行う生後1ヵ月までの間に贈るようにします。

出産はおめでたいことではありますが、いくらおめでたいこととはいえ、出産前に贈るのはタブー。出産までにどんなことがあるかはわかりませんので、注意してください。

出産祝いを、直接届ける場合は、お母さんと赤ちゃんが退院して2〜3週間後を目安にしてください。赤ちゃんを迎えた新生活にまだまだ不慣れでしょうから、事前に相手の都合を確認し、さらに長居はしないようにしましょう。

出産祝いを送り届けることも何ら失礼ではありません。出産後3週間以内を目安としてください。のしは「御出産祝」「祝御出産」などとします。

出産祝いは何をするかについては、まず相手がほしいものを贈るのがベストです。しかし確認ができないならば、知人・友人の場合なら、ベビー服やベビータオルなどたくさんあっても困らない実用性の高いものが喜ばれます。

ベビー服には男の子用・女の子用とありますから、できれば性別をきいて選びましょう。もし確認できない場合は、白や黄色などが無難です。

出産祝いあれこれ

出産祝いは、生後一ヶ月くらいまでに贈るものですが、出産の知らせを後になってきくこともあります。遅くなってしまった出産祝いも、その旨をカードなどに書いてお詫びとともに贈るといいでしょう。

出産祝いに限らず、お祝いというのは、祝う「気持ち」を贈ることですので、お詫びを添えて心をこめて贈れば失礼にあたりません。

出産祝いとして、お母さんたちにアンケートをした結果、もらって嬉しいトップはベビー服となっています。その他、現金・ギフト券も喜ばれます。またおむつなどの消耗品、おもちゃなども喜ばれています。

出産祝いとして、もらって嬉しくなかったトップもまた、ベビー服となっています。その理由は、趣味が合わないから、季節・サイズが合わないから、というものです。好みに関しては、相手に確認するか、日頃のその人の趣味などから推測するしかないかと思います。季節については、赤ちゃんの生まれた時期や成長を考えて、ちょうどいいものを選ぶ気配りが必要なようです。

しかし、出産祝いとして「いただけるものは何でもうれしい」と答えたお母さんが大半ですので、出産を祝う心こめて贈れば、きっと喜んでもらえるでしょう。

出産一時金とは

出産一時金とは、子供を出産した時に給付されるお金のことをいいます。

出産や妊娠は「病気」ではないため、病院で出産したとしても病気扱いとはならず、健康保険は適用されず(出血が多い場合など、適用される場合もあり)全額自己負担です。

この出産費用を補助する意味合いで、健康保険・共済組合・国民健康保険等加入している健康保険より支給されるのが、出産一時金(出産育児一時金)です。

出産一時金は、実際に出産する女性が被保険者(健康保険加入者)本人である場合、出産育児一時金と呼ばれ、被保険者(健康保険加入者)の被扶養者が出産する場合は、家族出産育児一時金と呼ばれます。給付の内容は同じです。

健康保険加入していた者が、退職後6ヶ月以内で出産した場合は、出産一時金は、健康保険の被保険者として、在職中加入していた健康保険より支給されます。

出産一時金の金額は、1子ごとに35万円です。ただし、平成18年9月30日以前の出産については30万円です。加入する健康保険の組合によってはプラスαのところもあります。

出産一時金について

出産一時金(出産育児一時金、以下同じ)は、申請することで支給されます。加入している健康保険に、必要書類を提出して出産一時金の申請をしましょう。

たとえば国保に加入しているとしても、役所に出生届を出したところで、出産一時金が自動的にもらえるわけではありません。手続きは別物なのです。

出産一時金は、出産することで支給されます。ここでいう「出産」とは、正常に出産された場合の他、早産、流産、死産の場合も妊娠期間が85日以上あれば、支給の対象となります。お金と我が子は引き換えにはなりませんけれども、支給申請をしてください。

出産一時金の申請時効は出産から2年以内です。2年過ぎると申請しても支給されないので注意してください。

出産一時金の申請をして、実際にもらえるのは1.2ヶ月かかるとみておきましょう。よって、医療機関に支払うのには通常間に合いません。日頃より計画的に出産費用を用意する必要があります。

なお、どうしてもお金を用意できない場合、出産費資金貸付制度という制度があります。

これは、加入の健康保険が、出産一時金の8割まで無利子で貸付けてくれるものです。ただし、国保の場合はこの貸付がなされていない市区町村もありえますので、注意してください。

出産祝いギフト

出産祝いには何を贈ったらよいのか。何が相手に喜ばれるのか。ギフトを贈る場合、いつでも悩むところだ。生まれたばかりの赤ん坊は1年でかなり大きくなる。そうなると、1歳頃でも着ることができる服もよいだろう。実際、出産祝いギフトでは服が最も多いそうだ。

出産祝いギフトで服を選ぶ場合、肌に良い物を選ぶのはもちろんだ。ベビー服は何枚あっても困らない。というのも、何らかの事情で洗濯ができないときなどがあるかもしれない。しかも赤ん坊は汗をかきやすいのだ。着替えが多いと、育てる側としても嬉しいものだ。

出産祝いでは服が喜ばれるが、バスローブという手もある。赤ん坊を風呂上りにすっぽりとつつむのに便利だ。小さいときはおくるみとして、大きくなったらバスローブとして使える。どうせギフトを贈るなら、長く使ってもらえるものを贈りたい。そういう点ではバスローブは出産祝いギフト向けの商品といえよう。

出産祝いのギフトにはいろいろあるが、相手が欲しいものを贈るのがベストだろう。実際、同じようなものが重なってしまったとか、趣味にあわない、荷物が増えただけ等といったケースもあるようだ。相手に何がいいのかを聞いてみるのが得策であろう。ただし、聞いた場合、自分の予算と合わない場合もある。そういう場合は、自分が気に入ったものを贈ればよい。

出産祝いギフトあれこれ

出産祝いのギフトは何がよいか。親しい間柄なら、本人に何が欲しいかを聞くのも良いだろう。無難なところでは、ベビー服がある。服は何枚あってもよい。ちょっとしたブランドものなどを贈るのもよいだろう。最近では、セットでいろいろなアイデアものが出されている。お風呂セットや食事セット等だ。生まれる前から、男の子か女の子がわかっていれば、ふさわしい色を選べばよいし、わからない場合は、無難なホワイトを選ぶとよい。

出産祝いのギフトとして他には、赤ちゃんの成長記録をつけるアルバムも人気がある。わが子の成長を色々と書き込めるようになったものである。手形や足形まで記録できるものもある。他のギフトとしては、シュガークラフトもある。赤ちゃんの靴をあしらったシュガークラフトは、とても見事な出来栄えだ。他には、デザインが豊富なフォトフレームもある。日本人にはまだなじみは少ないが、外国人の場合、小さい頃の写真などを額に入れて部屋に飾ってあるのをよく見る。欧米化した現代なら、こういった出産祝いギフトもよいかもしれない。

出産祝いのギフトでおもちゃを贈る場合、安全性が高いものを選びたい。赤ちゃんの頃は、おもちゃも口に入る可能性が高いからだ。最近では木のおもちゃがブームを呼んでいるらしい。おしゃぶりをはじめ、振ると音が出るおもちゃ等、自然のものをギフトにするのもいいだろう。

ただ、出産祝いギフトを贈る場合、一つ言えることは、相手のニーズにあわせたほうが間違いないということだ。物があふれて困ったというケースもあるからだ。

出産祝いのお返し

出産祝いを受け取った場合、まずはお礼の連絡を入れておくとよいです。電話でもよいです。さらに手紙を送ると丁寧です。お返しをするしないにかかわらず、一報を入れるだけでも相手に好印象を与えます。

出産祝いのお返しをする場合、金額はもらった額の半分から3分の1ぐらいが目安です。しかし一律同じでもよいでしょうし、相手に合わせてでもよいです。お返しの表書きは、紅白の蝶結びののしつきで水引の上に「内祝」として赤ちゃんの名前を書きます。出産祝いのお返しを考えているのなら、早めに準備にとりかかるとよいでしょう。育児で忙しい日々を送り、つい忘れていた、という場合もあるからです。

ところで出産祝いのお返しには、何を贈ったらよいでしょうか。よく選ばれるものとしては、タオルや贈り物が選べる商品カタログがあります。タオルを選ぶ場合、例えば海外ブランド商品や、肌触りのよいモノを選ぶとよいでしょう。商品カタログを贈る場合は、内容が充実しているかどうかをチェックしておきましょう。

出産祝いのお返しは、相手によって、商品を選ぶのもよいです。例として、会社やサークルなどのグループだったら、みんなでわけあえるお菓子や飲料類。上司や先輩ならば、家庭持ちなら実用的な石鹸やボディシャンプーといった生活用品、二人暮らしなら、ペアの食器という感じで。お返しも、相手が喜んでいただけるものを選ぶとよいですね。

出産祝いのお返しについて

出産祝いのお返し、それは、いただいた方への感謝の気持ちを込めて贈る内祝い。ところで、本来内祝いというのは、身内でおこなわれるもの(字のごとく「内なるお祝い」)で、結婚や出産といったおめでたい事があったときに、報告と共に皆さんにも一緒に喜んでいただこうとお祝い品を贈ることなのです。現在では、出産祝いをいただいた方へのお返しというのがなぜか一般的となっています。

出産祝いのお返しの時期は、本来はお宮参りをする生後一ヶ月頃です。現在にあわせるなら、生後一ヶ月頃に、出産祝いを贈ってくれた相手に対して、まとめてお返しを送るというふうになっているようです。

出産祝いのお返しをする場合、何を贈ればよいのかとなってきます。昔は縁起物といえば紅白の饅頭や砂糖菓子が使われていました。今では、お菓子や紅茶などの食料品関係、石鹸やタオルといった消耗品が一般的です。使い切って残らないものが良いようです。孫の顔がみたいという両親等には、子供の顔写真を添えて商品を送っても良いでしょう。

出産祝いのお返しといっても、何がいいか決められないこともあるでしょう。まずは予算をいくらにするか決めて、そこから買えるものをセレクトしてみましょう。例えば1個が2000円のティーカップ、1個が2000円のビアグラスといったものです。「普段そこまでお金を出して買わない」というものも、ねらい目です。

 
メニュー
高齢出産とは
高齢出産について
出産予定日とは
出産予定日の算定方法
出産祝いについて
出産祝いあれこれ
出産一時金とは
出産一時金について
出産祝いギフト
出産祝いギフトあれこれ
出産祝いのお返し
出産祝いのお返しについて