様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 電話

スポンサード リンク

インターネット電話とは

インターネット電話とは、IP電話の一つで、インターネットを電話網として利用するものを差します。パソコン同士で通話するものが主流ですが、電話機を利用できるサービスも存在しています。

インターネット電話のうち、パソコン同士で通話するものは、「ボイスチャット」と呼ばれることもあります。ただし実際のボイスチャットとは違い、一対一での通話となります。

インターネット電話を利用する際は、通常、専用のソフトのインストールが必要です。現在はSkype(スカイプ)など、無料のソフトウェアもあり、特にパソコン同士の場合は、インターネット接続料金を別にすれば、通話料は無料です。こうした利点から、近年パソコンユーザーの間で、インターネット電話の利用が広まっています。

インターネット電話の使い方

インターネット電話の使い方は簡単です。サウンドカード、マイク、スピーカーもしくはヘッドフォンがあり、ネットにつながっているパソコンなら、どれでもインターネット電話を利用することができます。

インターネット電話を使用する手順は、基本的には以下のとおりです。

(1)インターネット電話サービスへの会員登録

(2)専用ソフトのダウンロードとインストール

(3)専用ソフトを起動し、IDとパスワードを入力

(4)通話したい相手のIDを呼び出す

(5)通話

インターネット電話では、パソコン同士の通話料は、インターネット接続料金を除けば、相手が世界中どこにいても無料です。

インターネット電話サービスでは、パソコンと一般電話、もしくは一般電話同士の通話も可能なものもあります。その場合は専用の電話機が必要になるなど、多少の準備が必要です。しかし、電話機を使う場合でも、通話料は無料、もしくは格安になりますので、企業から一般家庭まで、使用者は確実に増えてきています。

携帯各社の違い

携帯各社の違いは、ユーザーにとって、どの携帯電話を選んだらいいかを判断する決め手となる、重要な情報です。

携帯電話は、電話料金と本体価格の著しい低下により、90年代後半に急速に日本中に広まりました。それと同時に、携帯各社は、顧客を獲得するための熾烈な競争を強いられることになりました。

携帯各社の違いを打ち出す、このような動きによって、携帯電話機の多様化・高性能化が進み、最近では電話機一つでカメラ・オーディオプレイヤー・ウェブページ閲覧・メール送受信など、通話以外の複数の機能を持つものが主流になっています。

携帯各社の違いを浮き彫りにする競争は、ユーザーに、携帯電話の選択の幅が広がるという、嬉しい結果をもたらしました。携帯電話への加入の際は、携帯各社の違いをよく見極め、自分に合った機種・サービスをじっくり検討したいものです。

携帯各社の違いを知ろう

携帯各社の違いを前もって知ることは、より快適な携帯電話選びの基本です。

携帯各社の違いを調べるには、以下の点に着目するといいでしょう。

・携帯電話本体の機種の豊富さ

・携帯電話の本体価格と通話料

・料金コース

・携帯電話本体の、通話以外の機能

・携帯電話本体のデザイン

・携帯電話本体の操作性

・盗難や紛失など、トラブルの際の、携帯電話各社の対応の違い

・アフターケア

・電波の届きやすさ

携帯電話各社の違いを知るポイントは、上記以外にもあるかと思います。まずは自分のニーズをしっかり把握した上でポイントを絞り、携帯各社の違いを検討してみたらいいと思います。

携帯各社の違いについては、口コミからも有力な情報が得られます。新規加入や携帯電話会社を変更する際は、携帯各社の違いを考慮して、慎重に選びたいものです。

海外で使える携帯電話のレンタルサービス

海外で使える携帯電話は、元々多くの人が必要としていたものでした。海外旅行をする人はとても多いですし、特に仕事で海外に行く人にとって、携帯電話は手放せないものですから、ぜひ海外にも持って行きたいですよね。

「海外で使える携帯電話が欲しいけれど、そんなに頻繁に海外に行くわけでもないから、必要な時だけ借りられないかな」――そういう人たちにとって福音とも言えるのが、海外専用携帯電話のレンタルサービスです。大概の場合は、滞在期間や場所によって、機種・料金・コースが各種用意されています。

海外で使える携帯電話のレンタルサービスは、今や一つのビジネスとして確立された感があり、利用者も増加傾向にあります。

海外で使える携帯電話、普段なかなか携帯電話が手放せないあなたも、海外旅行の際にレンタルしてみてはいかがですか?

海外で使える携帯電話の機種

海外で使える携帯電話は、近年の需要の増加も相まって、簡単に購入できるようになりました。

海外で使える携帯電話は、ちょっとした旅行ならばレンタルで済ませればいいのですが、仕事などで日本と海外を頻繁に行き来する人などにとっては、電話は大切な仕事道具ですから、海外で使える携帯電話を常に持ちたいところですよね。そういう人は、いっそのこと、海外で使える携帯電話を、自分で購入してしまった方がいいでしょう。

海外で使える携帯電話には、日本では使えないものと、日本でも海外でも使えるものがあります。また、一言で海外用と言っても、機種によって、使える地域が違ったりもするので、その点は注意が必要です。

海外で使える携帯電話を購入する際は、レンタルの時よりも慎重に選ぶようにしたいものです。

電話加入権

電話加入権とは、NTT東日本・西日本の固定電話に加入・設置するための権利のことで、電話加入権を購入する際に必要な料金は「施設設置負担金」といいます。

電話を家庭に引くには、まずこの電話加入権をNTTから購入しなければなりません。NTTの固定電話の場合、電話機自体はさほど高額ではありませんし、通話料は使い方次第ですが、電話設置のハードルともなるのが、この高額の電話加入権です。電話加入権はコースにもよりますが、どれも数万円かかります。

とはいえ、世の中には、電話の加入権の買取・販売をしている業者も存在します。この業者を介すると、電話の加入権を定価よりもかなり安く手に入れることができます。

電話の加入権をこれから購入しようと考えている方は、そういった業者をあたってみてもいいでしょう。

電話加入権の値下げ

電話加入権とは、NTT東日本・西日本の固定電話に加入・設置するための権利のことで、これなしでNTTの固定電話を引くことはできません。

電話加入権は、コースにもよりますが、数万円から高いものでは10万円を超えるものまであり、多くの家庭にとっては、新規に電話を引く際の大きな負担でした。

電話加入権は、このように、電話機や月々の電話料金と比べると、一般的にはかなり高額に感じられるものでしたが、2005年3月に、大幅に値下げが行われました。その結果、電話加入権は、ほとんどのコースで従来の半額ほどの価格になったのです。

電話加入権の支払をしたくない人のために、NTTでは「加入電話・ライトプラン」というコースも設けています。これは電話加入権が必要ない代わり、月々の電話料金が高めに設定されています。

 
メニュー
インターネット電話とは
インターネット電話の使い方
携帯各社の違い
携帯各社の違いを知ろう
海外で使える携帯電話のレンタルサービス
海外で使える携帯電話の機種
電話加入権
電話加入権の値下げ