様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 引越し

スポンサード リンク

引越しのスケジュールを立てる

引越しにおいては、スケジュールをきちんと立てることは、非常に大切です。一人暮らしで、引越しもすべて一人で行うというならともかく、多くの場合は家族や同居者、そして引越し業者など、複数の人と関わりながら引越しが進行するわけですから、引越し作業をスムーズに行うためにも、スケジュールはきちんと立てておきたいものです。

引越しのスケジュールを立てる上で重要なのは、まず、ムリのない、余裕を持たせたスケジュールを組むこと。特に荷造りに関しては、引越し直前に急いで行うようなことがあると、荷物の紛失(特に小さなもの)につながります。可能であれば、荷づくりのチェックリストを作るくらいの時間を確保しておきたいものですね。

引越しのスケジュール

引越しは、単に家から家へ荷物を移動するだけではありません。物件の手配、転居先での居住に必要な諸々の手続き、引越し業者の手配、それまで住んでいた場所をたたむための手続き、荷造り等々……引越しをスムーズにすすめるためには、きちんとしたスケジュールを立てる必要があります。

引越しは、転居先が決まってから実際に転居するまで、少なくとも2週間は欲しいところです。そして、引越しに割くことができる日数の中で、綿密なスケジュールを立てます。

引越しを一から十まですべて自分だけの力で行うのは至難の業です。大概の場合は、家族・業者・知人・友人・親戚などの手を借りることになるでしょう。引越しのスケジュールは、単に引越し作業の能率化だけのためではありません。しっかりしたスケジュールは、皆が気持ちよく作業をする手助けとなります。

引越し業者の選び方を考える

引越しの際に気になることの一つに、「引越し業者の選び方」があると思います。

引越しというものは、ほとんどの人の場合、人生においてそんなに頻繁にあることではありません。ですから、引越し業者の選び方についても、よく知らない人が多いと思います。

引越しは面倒な作業や手続きが多くて、何かと疲れるもの。それゆえ、疲れている時は、ともすれば「引越しは適当な業者に頼めばいいや」といった引越し業者の選び方をしてしまいがちです。

しかし、上手い引越し業者の選び方をすれば、引越しの経費が節減できることはもちろん、引越し自体が気持ちよく進められます。疲れることが多い引越しですから、ここは適切な引越し業者の選び方をして、ストレスの少ない引越しを実現したいですね。

引越し業者の選び方

引越し業者の選び方としては、やはり料金と信頼性に重点を置いた業者の選び方になるのではないでしょうか。

引越しといっても、ケースは様々。大家族や企業・事務所といったような大規模の引越しから、一人暮らしの小規模な引越しまで、様々な引越しのかたちがあると思います。ですから、当然それぞれのケースで、引越し業者の選び方も変わってきます。

引越し業者にも、大規模なものから小規模なものまであります。引越し業者の選び方の目安として、以下のような引越し業者の特徴を押さえておくといいと思います。

・大規模の引越し業者:大企業だけあって、カバーしている地域は広く、作業も梱包も丁寧、信頼性も高い。ただし電話での見積もりは受け付けてもらえず、直接来てもらうことになるケースが多い。また、値引き交渉もしづらい。

・中〜小規模の引越し業者:大規模のところと比べると、梱包や作業がやや大雑把な傾向があるが、電話で大まかな見積もりをしてもらえるところが多いので、そのときの電話の対応で、実際に見積もりに来てもらうか否かを判断すると良い。値引き交渉は比較的容易で、特にヒマな日は大幅な値引きをしてくれるところも。

引越しは何かと疲れることが多いですが、ちょっとだけ気力を振り絞って、賢い引越し業者の選び方をしたいものですね。面倒でなければ数社に見積もりに来てもらうといいと思います。

引越し料金の節減

引越し料金は、引越し業者によってかなり違うようです。何かと物要りな引越し、ただでさえいろいろお金がかかるのですから、できれば引越し料金はできるだけ安く抑えたいところです。

引越し料金は、「作業スタッフの人数」「車両の種別」「運送区間」「居住人数」「部屋の間取」「引越し予定日」「建物構造の問題(エレベーターの有無)」「入口(エレベーター)からトラックまでの距離」「エレベーターからの移動距離」「開始時間の指定の有無」といったようなことで変わってきます。ですから、この辺を念頭において業者と交渉すると、引越し料金を抑えることができることもあります。特に中・小規模の業者は、規模が小さいだけに融通がききやすく、比較的値引き交渉がしやすいので、引越し料金を低く抑えたい方は、こうした業者に当たってみるのも一つの方法だと思います。

引越し料金削減の工夫

引越しには何かとお金がかかります。それは引越し料金も例外ではありません。引越しは業者に頼むと結構な額になりますから、賢く業者を選んで、できれば値引き交渉もして、できるだけ引越し料金を低く抑えたいものですね。

引越し料金を安くするポイントとしては、主に

・中〜小規模の引越し業者に見積もってもらう(大規模の会社と比べ、比較的値引き交渉がしやすい)

・引越し作業時間の短縮をはかるため、事前の準備をしっかりしておく

・引越しの日を引越し業者の都合に合わせる(会社によっては格安に)

・引越し作業の時間を業者にまかせる(作業時間を指定すると高くつくことが多い)

といったところでしょうか。

引越し料金を安くする究極の方法は、ズバリ「引越し業者を利用しない」こと。具体的には、「軽貨物運送」やレンタカーを賢く使うという手です。ただし、引越し料金が格安になるかわりに、荷物が多い場合は、肉体的にはかなり辛い作業になりますので、その点よく考えて、引越し業者に頼むか否かをご判断ください。

引越しの手続きはお早めに

引越しに際しては、様々な手続きが必要になってきます。引越しは単に家から家へ荷物を移動すればそれで終わりというわけではなく、むしろこうした諸々の手続きの方が結構大変かもしれません。引越し業者も、さすがに「手続き」までは代行してくれませんから(笑)。

引越しに必要な様々な手続きを全て終えるためには、最低でも1週間は見込んでおいた方がいいでしょう。引越しの際に必要な手続きをすべてきちんとリストアップし、スケジュールを組んでおきましょう。特に引越し前にできる手続きは、さっさと済ませておくと、後が何かと楽です。

引越しの手続きのラインナップ

引越しの際は、様々な手続きが必要です。一人暮らしでもいろいろありますが、これが大家族となると――!!

以下に、引越しの際に必要になると思われる手続きの代表的なものを挙げてみます。

・転居先そのものの手配

・転入届、転出届

・国民年金、国民健康保険、印鑑登録の諸手続き

・郵便局への転居届

・運転免許証の住所変更

・自動車の登録変更

・引越し先のガス・電気・水道・電話・新聞などの手配

・(子供がいる場合は)学校の転校の手続き

・それまでの住居のガス・電気・水道・新聞などの解約

引越しの際に必要な手続きは、主なものでもこれだけあります。これらの手続きは、普段慣れていないだけに、日程的に余裕を持って行いたいものです。そのためにも、自分の家で必要な引越しの手続きはきちんとピックアップし、スケジュールを立てておくとスムーズに終えられると思います。

引越しの荷造りのコツ

引越しで最も面倒なのは、何と言っても荷造り。荷造りに関しては、人によって本当に向き不向きが分かれますね。しかし、引越しの荷造りのコツを押さえてしまえば、案外スムーズに梱包・発送、そして荷解きができることと思います。

引越しの荷造りのコツの一例としては――

・タンスや棚などの収納家具は、中身だけ出しておけば、あとは引越し業者が梱包をしてくれる。自分で運ぶ場合は、引き出しや戸が引越し中に開かないように、テープや紐で止める。

・食器類などの割れ物は、新聞紙などに包んで丈夫で小さめのダンボールに入れる。割れ物の隙間にも新聞紙やダンボールなどを詰める。

・冷蔵庫は遅くとも引越し前日までに空にして、霜を取っておく。

引越しの荷造りのコツには、このほかにもいろいろあります。荷造りは、引越しの一大イベント。引越しの荷造りのコツを押さえて、ストレスのない引越しを実現させましょう。

引越しの荷造りのコツ2

引越しの荷造りのコツを押さえておくと、引越しにかかる時間がグンと短縮されます。

引越しの荷造りのコツの例としては、

・テレビ、ビデオ、DVDプレイヤー、コンポなどの、配線が比較的複雑な電化製品は、コードに番号をつけて、必ず本体と一緒に梱包する。衝撃に弱いものなので、エアキャップでくるむと良い。

・鉢植えの植物は、水が漏れなければダンボールに詰めることができるので、引越しが近づいたら、水は控えめにする。途中で倒れないよう、鉢植えの隙間には新聞紙などで詰め物をする。

・パソコンは、梱包する前にデータのバックアップを忘れずに。梱包の際は買ったときの箱を使うのがベストですが、それがなければ、エアキャップや厚手のタオルなどで他の荷物よりも厳重に梱包する。

引越しの荷造りのコツは、このほかにも、荷物の性質によっていろいろあります。事前に引越しの荷造りのコツをネットなどで調べるなどして、引越しで生じる荷物のダメージを最小限に食い止めたいものですね。

引越し先でのご近所への挨拶

引越しが済んだら、いよいよご近所への挨拶です。

ご近所への挨拶の際は、多くの場合、何か挨拶の品を持って回ります。この品はタオルや石鹸などが無難です。この時「のし」をつけると、名前を覚えてもらいやすいです。

引越しで不安なのは、あなただけではありません。近隣の人たちも、実は「どんな人が引越してきたのだろう」と多少は不安な気持ちがあるものです。よって、なるべく早く、遅くとも引越しの翌日にはご近所への挨拶を済ませると、安心されます。

ご近所への挨拶に伺う先ですが、一軒家なら向かいの3軒と両隣。集合住宅なら両隣と上下の階、そして管理人さん(大家さん)というのが一般的のようです。

引越し先でのご近所への挨拶は、今後の気持ちよい近所付き合いのためにも、とても大切なこと。ご近所への挨拶は、面倒がらずにきちんとしておきたいものですね。

引越し前のご近所への挨拶

引越しの日取りが決まったら、旧居のご近所への挨拶です。

引越しの際は、何かとバタバタしてご近所の迷惑になることは避けられませんし、特に親しい近所付き合いをしていた場合は、お互いに寂しいもの。お世話になったご近所への挨拶は、きちんとしておきたいものです。

引越しの際の、旧居のご近所への挨拶は、新居のご近所への挨拶とは違い、挨拶の品を持って行くことはあまりありません。ご近所への挨拶は、通常は引越し2日前〜前日くらいがいいでしょう。

引越し前のご近所への挨拶はだいたい以上のような感じでいいでしょうが、特に親しくしていた家だけは例外です。引越し直前に突然「引越します」ではあまりにも寂しいもの。引越しが決まった時点で、そのことを伝えておくといいでしょうし、挨拶の品を渡すのもいいと思います。

単身引越

引越というのは、誰しも人生において何度か経験する日常行事のひとつですね。

引越の中でも、単身の場合は、家族もちの引越より荷物が少ないといえます。そうはいっても、冷蔵庫や洗濯機など、一通りの家財は家族もちと同様にあるわけですから、それなりの量にはなるでしょう。

単身の引越の場合、「単身者引越」と特化されて料金的に安く設定されているプランがあります。「軽トラック1台・スタッフ1名ついて、東京・川崎・横浜エリア内で定額25,000円(税込)」といった例などがあります。

単身引越の場合、仕事はあるし、引越に係る諸手続きもあるし、荷作りもしなくてはならないしと、一人では手が回らないといった事情もあるでしょう。「単身引越」のプランには、荷作りもやってくれるプランもあります。もちろん、ただ運ぶだけのプランよりは割高になっています。

「単身引越」のプランを選ぶ場合は、荷物の量や引越時期までに自分のできること等を考慮し、スムーズに引越できるように、自分にあったプランを選定したいものですね。

単身引越2

引越をする場合、どの引越業者に依頼するかは重要です。なぜなら依頼した引越業者の対応いかんで、気持ちよく新生活のスタートを切れるかが左右されるからです。よって、引越業者の選定には、職場や知人からの情報もある程度参考にするといいでしょう。

単身で引越する場合、「自分は引越ギリギリまで仕事」ということが多いでしょう。単身引越の場合、荷物こそ家族もちより少ないですが、何から何まで自分がやらなければならないといったケースが多く、家族もちの引越より下手すると負担は大きいかもしれません。

引越業者の「単身引越」のプランには、多忙な単身者のために、荷作りからやってくれるプランもあります。もちろん、自分で荷作りするよりは割高になります。

引越は、新生活を始めるのに避けられないことではありますが、なるべくその費用は節約したいもの。引越料金を左右するのは、やはり荷物の量。余裕があるなら、この引越の機会に、不要なものを処分してしまいたいですね。

引越センター

引越は、多くの場合、面倒な印象をもつ人が多いのではないでしょうか。引越する場合、家や部屋にそれなりに収まっている家具や小物・洋服などの荷物を、荷作りしなくてはなりません。これはなかなか労力の要ることですね。

引越の「荷物」に関する面倒さをある程度肩代わりしてくれるのが、引越センターです。

引越センターには様々なプランがあります。荷作り・荷解きまでやってくれるプランや、荷作りを終えた荷物を運ぶだけのプラン等、その内容によって料金も異なってきます。プラン内容をネット等でさくっと確認した後は、引越センターに電話やメールで詳細を聞いてみるといいでしょう。

引越センターと直接連絡をとることで、具体的な金額も見えてきますし、引越のちょっとしたアドバイスも得られるかもしれません。

引越センター選びは、まずコンタクトをとってみることからですね。

引越センター2

引越に関する経費はなるべく抑えたいというのが、皆さんの本音でしょう。まず、経費を抑えるには、引越センターなどは頼まず、自力で全部やるのが一番安上がりです。しかし自分で荷作りから運搬までやるとなると、これはなかなか大変ではないでしょうか。

引越センターに引越を依頼するのは、多忙な現代人にとって、今や避けられないことといえるでしょう。

引越センターはたくさんありますが、どの引越センターを選んだらいいのでしょうか。金額だけで判断していいのでしょうか。

どの引越センターを選んだとしても、結局「人」が担当しているというのがポイントです。運搬の車を運転するのも人、荷物を梱包・運搬・荷解き・設置するのも人なわけです。そういう意味で、まわりで引越センターを利用した人がいるなら、その感想・情報を参考にするといいでしょう。

また、引越センターに依頼の電話やメールをした際の対応をチェックするのも重要です。その入り口の段階で心証が悪ければ、その後も不信感をもってしまいがちです。こちらの疑問に思うことやお願いしたいことに、誠実に対応しようとする姿勢が感じ取れる引越センターを選びたいですね。

 
メニュー
引越しのスケジュールを立てる
引越しのスケジュール
引越し業者の選び方を考える
引越し業者の選び方
引越し料金の節減
引越し料金削減の工夫
引越しの手続きはお早めに
引越しの手続きのラインナップ
引越しの荷造りのコツ
引越しの荷造りのコツ2
引越し先でのご近所への挨拶
引越し前のご近所への挨拶
単身引越
単身引越2
引越センター
引越センター2