様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 音楽

スポンサード リンク

音楽療法とは

音楽療法とは、文字通り、音楽を使って人の心身の不調を癒す精神療法の総称です。

音楽は、聴く人に、心の高揚や落ち着きなどの効果をもたらします。また、自ら演奏する際は、言葉では言い表せない思いを表現することができます。こうした音楽の性質を心身の不調の治療に取り入れたのが音楽療法です。

音楽療法という言葉が使われるようになったのは、それほど昔のことではありませんが、実は音楽療法の歴史はかなり古く、古代ギリシアにまでさかのぼります。音楽療法の歴史は結構古いんですね。

音楽療法は近年では日本でも多くの人に注目され、「音楽療法士」なる職業の人も存在します。人の病気はメスや薬だけではなかなか治らないもの。音楽療法は、有力な医療行為の一つとして、今後の発展が期待されています。

手軽な音楽療法

音楽療法を本格的に受ける場合は、当然のことながら、その道の専門家から受けることになります。今は日本にも「音楽療法士」という職業の人が存在しています。

しかし、「医者や専門家に診てもらうほどではないけれど、音楽の力で不調が治るといいな」くらいに思っている方も多いはず。それはちょうど、ちょっとした病気を治すのに、病院へは行かずに薬局に薬を買いに行くようなものです。

音楽療法にとっての「薬局」は、CDショップや楽器店、あるいは書店や「癒し」の専門店など。音楽CDの品揃えは豊富で、用途も「胎教」「ヒーリング」「安眠」「リフレッシュ」など様々。あるいは自分の好きなアーティストのCDをチョイスするのもいいでしょう。静かな夜に、さわやかな朝に、お気に入りの場所で、好きな飲み物を片手に肩の力を抜いてのんびり音楽に耳を傾ける――それだけで心が少しずつ甦っていくことでしょう。

音楽療法では、楽器の演奏や歌も有効です。大声で歌ったり、思い切り楽器を演奏してみたりすると、心のモヤモヤが吹き飛んでしまうことも。

音楽療法は、あまり堅苦しく考えず、最初はこんなふうに、薬局に行くような感覚で試してみたらいいでしょう。

音楽事務所

音楽事務所とは、芸能事務所のうち、特に音楽関係の仕事に携わる芸能人が所属している事務所。アーティストが音楽活動をスムーズに進めるためのバックアップを行う。「音楽プロダクション」とも。

音楽事務所は多数あるため、当然アーティストが所属事務所を変わることもある。しかし、特に人気があるアーティストの場合、音楽事務所を変わる際、前の音楽事務所との間にトラブルが起きることも珍しくない。そのことがマスコミに取り上げられることによって、アーティストの名がさらに売れたり、逆に名誉が損なわれたりすることもある。

音楽事務所を変わることは、サラリーマンでいえば単なる「転職」に過ぎないのであるが、芸能人の場合は名が売れているだけに、時には業界やファンを巻き込む大騒ぎになるのが、一般人と違うところ。

音楽事務所の業務

音楽事務所の業務は、主に所属のアーティストの音楽活動の全面的なバックアップである。また、音楽事務所の中には、アーティストがその経験を活かして後進を育てるために設立されたものもある。

音楽事務所の主な活動としては、

・公式サイト、プロフィール、カタログなどの作成

・歌唱もしくは演奏技術の向上のための指導および育成

・スケジュール管理

・各種トラブルに対する対処

・放送局、レコード会社、出版社など、各種メディアに対する営業

・ギャランティーの交渉および請求

音楽事務所に所属することで、アーティストは、本来ならすべて自分でしなければならない音楽活動以外の仕事を、音楽事務所に肩代わりしてもらうことができる。そのため、自らは音楽活動に集中・専念し、芸をさらに磨くことができるという利点がある。

音楽ジャンル

音楽ジャンルには様々あります。現在日本でよく聴かれている音楽ジャンルを大別すると、

・クラシック

・ポピュラーミュージック

・邦楽

・演歌

・民族音楽

といった感じでしょうか。しかしながら、上記の音楽ジャンルは非常に大雑把な分類であり、実際はもっと細かく分けられます。たとえば「クラシック」なら、「ルネサンス」「バロック」「古典派」「ロマン派」「印象派」「国民楽派」など、「ポピュラーミュージック」なら「ジャズ」「ロック」「J-POP」「イージーリスニング」「ゴズペル」などといった感じです。

音楽ジャンルのうち、特にポピュラーミュージックは、音楽ジャンルが非常に細かく分かれていて、それぞれに根強いファンがいます。ファンの中には病的なこだわりを持つ人もおり、たとえば同じ「ロック」でも、「パンク・ロック」の熱狂的なファンは、パンクを知らない人が、パンクを他の種類のロックと一緒に論じたりすると、激怒したりすることもあるほどです。

音楽ジャンルとは、このように、単なる分類にとどまるものではなく、音楽を愛する人たちのこだわりの具現化とも言えるでしょう。

音楽ジャンルの細分化

音楽ジャンルが今のように非常に細かく分かれるようになったのは、やはり20世紀に入ってからのことでしょう。それまでは、庶民が音楽を聴いたり演奏したりすることのできる機会というのは非常に限られていました。特に聴くことに関しては、演奏家と直接会わない限り無理なことでしたし、そう頻繁にあることでもありません。また、庶民が聴くことのできる音楽ジャンルも、非常に限られたものでした。

音楽を聴くという行為は、「蓄音機」「レコード」の普及によって、どんどん庶民の中に浸透していきました。レコードによって、庶民もいろいろな音楽を好きな時に楽しめるようになったのです。また、ラジオの普及も、レコード同様、庶民が音楽に親しむための環境を整えることになりました。

音楽に対して、庶民の耳が肥えてくると、アーティストの方でも、必然的に、様々な新しい音楽を提供するようになります。それと並行して、庶民が音楽を聴くための環境も、時代とともにどんどん進化しました。こうしてアーティストたちが凌ぎを削った結果が、現在の多種多用な音楽ジャンルなのです。

ipodとは

ipodとは、言わずと知れた携帯型デジタル音楽プレイヤー。CMなどでもお馴染みですね。

ipodの開発・製造・販売元はアップルコンピュータ。現在販売されているipodは「第五世代」にあたり、音楽を聴くだけではなく、動画や画像の閲覧も可能です。

ipodにはほかに「ipod shuffle」「ipod nano」といった小型廉価版があります。これらは当然、オリジナルのipodと比べると性能は落ちますが、最も安い「ipod shuffle」でも容量は1GBあり、最大240曲を保存できます。

ipodは小型でオシャレで高性能。容量も携帯型デジタル音楽プレイヤーとしてはかなり大きいですから、「いつでもどこでも音楽を聴きたい」「たくさんの音楽・動画データを保存したい」という方には、まさにうってつけと言えるでしょう。

ipodの使い道

ipodはアップルコンピュータが製造・販売している携帯型デジタル音楽プレイヤー。でも、「携帯型」とはいえ、動画や画像の再生・閲覧も可能というスグレもの。ipodの容量は最大で80GB(07年1月現在)もあり、音楽なら最大20,000曲、写真なら最大25,000枚、ビデオなら最大100時間分を保存できます。

ipodはこれだけ高性能ですから、他の携帯型デジタル音楽プレイヤーと同じような使い方をしていてはもったいない。ここは是非、他の携帯型デジタル音楽プレイヤーではできないようなことをしてみたいところ。

ipodでできることは、音楽を聴くことだけではありません。動画の再生もできるのですから、通勤時間などを利用して、ipodでお勉強してみてはどうでしょう。

最近では、講義の動画をipodで再生できるような形式で無料配信している大学も出てきています。日本では東京大学もやっていますね。

UTオープンコースウェア(東大の講義の配信)
http://ocw.u-tokyo.ac.jp/index.html

興味のある方は、一度ipodで再生してみてはいかがですか?

音楽療法

音楽療法とは、音楽の持つリズムとハーモニーで出来上がっている波動によって、脳波の波動に共鳴して波形を変化させることで、病気の治療や予防をすることを目的としています。

音楽には人の心をリラックスさせ、活力を引き出す不思議なパワーがあります。この誰もが経験している効果を医療や福祉の現場で積極的に活用するのが「音楽療法」なのです。

実際に認知症の人が音楽を聴くことで、活き活きとした反応を見せるなど、一定の成果が報告されており、高齢者と一緒に生活する過程でも応用ができると注目もされています。

音楽療法が始まったのは、1950年代の米国と言われ、日本ではまだ歴史も浅いですが、全日本音楽療法連盟によると、一定の臨床経験などの審査を経て、約340名の音楽療法士が誕生しているそうです。

音楽療法2

音楽を聴くことで楽しい気持ちになったり、スッキリしたりという経験を、多くの人が持っています。音楽療法とは、音楽を聴いて心や身体を健康にすることだけではなく、実際に楽器を演奏したり、歌を歌うことも含まれます。

音楽療法は近年、様々な医療現場で取り入れられてきており、今後注目すべき療法の一つになっています。

1995年に設立された全日本音楽療法連盟(全音連)によって「音楽療法士」というものが誕生しました。音楽療法士は、心理的障害、身体的障害、発達障害、老化現象にもとづく日常生活の問題点を改善するための様々な場面で活躍しています。

音楽事務所

音楽事務所は、わたしたちの日常生活における様々なイベント時において、音楽的演出を企画・提供してくれます。

イベントにおいて、音楽による演出は非常に重要です。プロの音楽家たちがスタンバイしている音楽事務所を利用することによって、様々な相談ができるし、効果的な演出も可能になります。

音楽事務所は、法人で利用する場合でも、個人で利用する場合でも、それぞれのプランに合わせた演奏や演出などのプログラムを請け負ってくれるでしょう。

顧客の立場に立ったプログラムで様々な要望に応えるためには、経験豊富な音楽事務所を選ぶことが出来るかどうかがポイントといえます。

音楽事務所2

音楽事務所では、法人向けの音楽プログラムと、個人向けの音楽プログラムを用意されていることが多いです。イベントといっても様々あるわけですが、中でも代表的なイベントにおける効果的な音楽演出を用意し、顧客のニーズに対応できるようにしているのです。

法人向けの音楽プログラムとしては

・ディナー、パーティーでのオリジナルの演出

・式典、記念行事などの企業イベントでの演奏

・入社式、入学式、卒業式の記念演奏

・ホテル、飲食店の集客のお手伝い

・展示会、催し物、百貨店でのイベント

・産婦人科、病院、老人ホームでの演奏

個人向けの音楽プログラムとしては

・ご自宅でプライベートレッスン

・ホームパーティー、ホームコンサート

・大切なバースディの演出

・結婚式、披露宴、お披露目会の演出

・社交ダンスなどのサークルのバック演奏

・新年会、忘年会、クリスマスパーティー

・同窓会、懇親会のバック演奏

音楽事務所は、こういった様々なイベントに対応できる行動力と企画力、そしてもちろんプロの実力をも有しているので、安心して相談すると良いでしょう。

音楽ジャンル

音楽ジャンルとは、文化と歴史の裏づけがある固有の音楽形式です。現代の音楽は、様々なジャンルが複雑に絡んで成立しており、大変数多くの音楽ジャンルがあります。

音楽ジャンルは、社会での娯楽や、宗教、儀式などを通じて日常生活に密接に繋がっていて、多くの特徴のある形式や様式を生み出してきました。特に近代のレコード、その後のCDなどの普及によって、数多くの曲が創られ加速的に流通することで、音楽ジャンルも加速的に分化されていきました。

例えば、企業のテレビやラジオの広告用のテーマソングは、以前は単なるコピーに過ぎなかったのに、今では音楽的には大きな影響を与えるジャンルにもなっているのです。

音楽ジャンル2

音楽ジャンルをインターネットで調べて、数を数えてみると200種類以上はありました。そのジャンル全てを列記するのは大変なので、その一部だけでも紹介してみましょう。

アニメソング、インディーズ 、映画音楽、エレクトロニックポップ 、演歌、オペラ、雅楽、ガバ、歌謡曲、クラシック音楽、クラブミュージック、グループ・サウンズ、軍歌、ゲームミュージック、ゴスペル、行進曲、コマーシャルソング、コミックソング、コンピュータミュージック、サンバ、賛美歌、J-POP、J-ROCK、ジャズ、シャンソン、吹奏楽、タンゴ、ディスコ、テクノ、電子音楽、童謡、ドドンパ、ニューミュージック、ハードコア、ハードロック、ハードメタル、バラード、パンク、ブルース、邦楽、ヒップホップ、ボサノバ、マンボ、民族音楽、民謡、モダン・ジャズ、ラテン音楽、ルンバ、レゲエ、ロック、ロックンロール、和製ポップス、ワールドミュージック(五十音順)

好みの音楽ジャンルの一つ、二つは、上記の中にあったかと思います。

また、音楽ジャンルの好みが同じ人には親近感をもつものです。初対面の時の自己紹介で好きな音楽ジャンルをいうのも、相手と親しくなるひとつの方法ですね。

 
メニュー
音楽療法とは
手軽な音楽療法
音楽事務所
音楽事務所の業務
音楽ジャンル
音楽ジャンルの細分化
ipodとは
ipodの使い道
音楽療法
音楽療法2
音楽事務所
音楽事務所2
音楽ジャンル
音楽ジャンル2