様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 野球

スポンサード リンク

野球の歴史

日本の野球の歴史は、1872年(明治5年)に始まります。アメリカで近代野球が確立したのは1901年といいますから、それより昔のお話。

東京大学の前身である開成学園のアメリカ人教師ホレース・ウィルソンが、学生に打球を捕らせた記録があり、これが日本での野球の歴史の始まりとされています。ベースボールの試合は1873年明治6年。当時はまだ、裸足に着物というスタイルだったそう。

それまで「ベースボール」と呼ばれていたスポーツを「野球」と和訳したのは、俳人・正岡子規ではなく、第一高等中学校(第一高等学校・のちの東京大学教養学部)で選手だった中馬庚(ちゅうまん ・かなえ)。1894年(明治27年)。

中馬庚が1897年(明治30年)に出版した研究書『野球』は、野球界の歴史的文献といわれているそうです。

ちなみに、正岡子規の雅号のひとつは「野球(のぼーる)」。しゃれてます。

今の東京大学から始まった野球の歴史。今もっとも日本全国で観戦される国民的スポーツとなっています。

野球の歴史の話

野球の歴史は、ボールを打つ遊びのあった、古代エジプトに源流を求められるといいます。

今のような形の野球の歴史は、イギリスのラウンダースという球技が17世紀にアメリカに伝来したのち、それを元にしてタウンボールがアメリカ東部で生まれ、さらにベースボールへと変化したのが始まり、といわれています。

野球の歴史の始まりは、はっきりしていません。よく似たスポーツでイギリスで人気のあるクリケットが原型であるとする説もあります。しかし、クリケットは、野球と同源のスポーツであるという研究もあります。

12世紀、イギリスで行われていたトラップボールに起源を求める研究もあります。

変遷を遂げてきた野球の歴史。これからも長い歴史のうちに、今とは異なったスポーツが生まれることでしょう。

野球のルール

野球のルールでは、選手がナインと呼ばれるように、1チーム9人で構成されます。2チームで1つの試合ができます。

野球の試合は、2つのチームが攻撃と守備を繰り返して、勝敗を決めます。

攻撃と守備は、先攻と後攻にわかれ、先攻が攻撃しているときは「表」、後攻が攻撃しているときは「裏」となります。

野球のルールの基本は、守備の投手が投げたボールを、攻撃側の打者(バッター)がバットで打つことで、打者および、1塁、2塁、3塁と先に進んだ選手が、本塁にまで戻ると得点になります。

野球でアウトとは、打者や、塁に出た走者(ランナー)がそのプレーを続ける資格を失うことで、3回アウトになると、先攻と後攻が入れ替わるルールです。

1回の攻撃と守備はイニングと呼ばれ、9回(イニング)で終了となり、得点の多い方が勝ちとなります。

野球のルールの歴史

野球のルールが、現在のような形につくられたのは、1845年のアメリカに始まるといわれます。

野球のルールは、当時消防士であったアレキサンダー・カートライトが、消防士の運動不足解消のため、タウンボールのルールを、アウト3つで攻守交代とするなど、細かく改良してプレーしたことに由来します。カートライトは、ニッカボッカーズというチームをつくるほどベースボールの普及につとめました。

1857年、最初の野球ルールブックを作成したのは、ヘンリー・チャドウィック。チャドウィックは、初のスポーツライターとしても活躍し、カートライトとともに野球の父といわれています。

野球のルールは、その後、何度も改良を重ねて、今のようなルールになったといわれています。

なお、愛媛県松山市の郷土芸能である、野球拳のルールは、三味線と太鼓の曲に合わせて歌い踊り、じゃんけんで勝敗を決めるというもので、服は脱ぎません。1チーム3人ずつ出場し、松山城で松山春まつり本家野球拳全国大会が開かれています。

日本のプロ野球

日本のプロ野球は、セントラル・リーグ(セ・リーグ)、パシフィック・リーグ(パ・リーグ)の2大組織に分かれ、さらに、セミプロの四国アイランドリーグ、東北ベースボールアカデミーリーグも含まれます。

プロ野球の球団は、人気のセ・リーグでは、読売ジャイアンツ、中日ドラゴンズ、広島東洋カープ、東京ヤクルトスワローズ、阪神タイガース、横浜ベイスターズの6球団。

プロ野球の球団は、実力のパ・リーグでは、北海道日本ハムファイターズ、東北楽天ゴールデンイーグルス、西武ライオンズ、千葉ロッテマリーンズ、オリックス・バファローズ、福岡ソフトバンクホークスの6球団。

2004年、政界・経済界・労働界まで巻き込んだプロ野球再編問題で大荒れし、日本プロ野球史上初のストライキがおこなわれたのは、記憶に新しいところ。

野球ファンとしては、従来の球団の活躍や、その後誕生した東北楽天ゴールデンイーグルスの発展など、球場でのすばらしいプレーに目を向けたいところです。

プロ野球のスーパースター

プロ野球の低迷時代といわれる中、いまだにプロ野球のスーパースターといえば、野球の神様・長島茂雄に世界の本塁打王・王貞治。

闘病の長島ジャパンは、オリンピック敗退でしたが、王ジャパンは、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で日本のプロ野球を世界一にしました。

王貞治と、連続試合出場世界新記録を達成した衣笠祥雄は、プロ野球選手として、国民栄誉賞を受けています。

プロ野球でも大リーグで活躍する現役のスーパースター選手といえば、イチローに松井秀喜。イチローも国民栄誉賞の候補に上がりますが、辞退しています。

中畑清、原辰徳、野村克也、山本浩二、張本勲、松坂大輔、桑田真澄、清原和博、古田敦也、佐々木主浩、川上憲伸、金本知憲なども、プロ野球のスーパースターとして人気。

魅せる野球にとことんこだわる、新庄剛志のプレーとファンサービス。スーパースター不在といわれる中でも、オールスターゲーム人気投票もトップクラスの新庄剛志、プロ野球のスーパースターとして球界史に残るでしょう。

野球といえば甲子園

野球といえば甲子園こと阪神甲子園球場。阪神タイガースの本拠地にして、春の選抜高等学校野球大会、夏の全国高等学校野球選手権大会で、全国的におなじみ。

甲子園大会は、今や国民的行事となっています。

野球が特に好きでもなくても、ついつい見てしまうのが、夏の甲子園、春の甲子園。

連日、地元のどの高校が勝ち進むか地域ニュースに心を躍らせ、全国大会が始まると、応援歌につられてテレビやラジオやネット中継、新聞報道にはり付け。

出身高でなくても、地元が勝ち進むと心おどらせ、強豪高のまさかの敗退や、逆転劇に手に汗にぎる。春に熱風をもたらし、暑い夏をさらに熱くする風物詩です。

甲子園大会でのプレーは数々の伝説を生み、将来のプロ野球選手の卵の活躍の場として、注目を浴びています。

甲子園といえば野球?

甲子園といえば、高校野球全国大会。春休みと夏休みのシーズンにおこなわれる全国大会は、高校生や野球ファンのお父さんのみならず、地元民や、女子ファンの熱い視線を浴び続けます。甲子園の土は、高校野球球児の思い出の品として、よくお持ち帰りされます。

『ドカベン』や『タッチ』など、甲子園をめざす高校野球球児を描いたマンガもヒットを飛ばしました。

甲子園こと阪神甲子園球場は、1924年(大正13年)にできた野球場。十干、十二支のそれぞれはじめである、甲子(きのえね)の年にできたので、それにちなんで甲子園と名づけられました。名前のとおり、阪神タイガースの本拠地。プロ野球のみならず、ビッグアーティストのコンサートも開催されます。甲子園は、兵庫県西宮市の地名でもあります。

マンガ甲子園というのもあります。これは、全国高校漫画選手権大会のことで、平成4年に始まり、毎年4月に予選が始まり、8月に決勝戦があります。

そのほか、パソコン甲子園や、写真甲子園などというのもあります。

野球といえばメジャーリーグ

野球の本場アメリカ。メジャーリーグは、ナショナルリーグとアメリカンリーグの全30チームからなります。

ナショナル・リーグは1876年、アメリカン・リーグは1901年発足ですから、アメリカの野球リーグは1世紀以上の歴史を誇っています。

メジャーリーグで歴史的に有名なプロ野球選手は、ベーブ・ルース。元祖ホームラン王として有名なほか、通算最高長打率の世界記録を持つことでも知られています。

そして、ベーブ・ルースの記録を塗り替えた、メジャーリーグのハンク・アーロン。

ハンク・アーロン賞はメジャーリーグの賞として、もっとも活躍した打者に与えられる賞です。

ハンク・アーロンは、プロ野球選手を引退してからは、自身の記録を破った王貞治選手とともに世界少年野球推進財団を主宰するなど、野球界に貢献しています。

野球・メジャーリーグで活躍する日本人

野球の話題となるときまって出てくる、イチロー選手。

いうまでもなく、アメリカ・メジャーリーグ(大リーグ)はシアトル・マリナーズの外野手です。イチローの活躍が主要ニュースとして扱われるほど、数々の記録を打ち立てた、今、日本で最も人気のある野球選手です。WBCにも出場し、日本の野球ファンをわかせました。

同じく野球といえば、ゴジラこと、メジャーリーグはニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜選手。こちらも、当日の活躍はもちろん、ケガや練習ぶりまで連日記事になるほどの超実力人気選手。

メジャーリーグ2人目のメジャーリーガーの野茂英雄選手の活躍も忘れてはいけません。日本のプロ野球選手がメジャーリーグで活躍する基礎を築きました。

コロラド・ロッキーズの松井稼頭央選手は日本人初の内野手、マリナーズの城島健司選手は日本人初の捕手として、メジャーリーグで活躍する日本のプロ野球選手です。

 
メニュー
野球の歴史
野球の歴史の話
野球のルール
野球のルールの歴史
日本のプロ野球
プロ野球のスーパースター
野球といえば甲子園
甲子園といえば野球?
野球といえばメジャーリーグ
野球・メジャーリーグで活躍する日本人