様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 広告

スポンサード リンク

広告代理店とは

広告代理店とは、広告を掲載するメディアと、広告を載せたい企業の仲介をする会社のことです。

広告の種類は、新聞、雑誌、折込チラシなど個人の家に届くもの。テレビ、ラジオなど電波に乗って広告されるもの。電車のつり革や看板、スポーツ競技場など人の集まる屋外で広告されるものなどがあります。

最近では、インターネットや携帯向けの広告が成長を続けています。

広告代理店は、広告を載せたい企業の予算に合わせて商品イメージをデザイナーなどに依頼して広告の形にし、メディアに掲載します。

よく街中で、無料で配られている情報誌は、企画広告と言われ、企業や個人ショップに広告枠を切り売りして、多くの人に無料で手にしてもらうことで利益を得ています。

広告代理店の実際

広告代理店というと、電通や博報堂などの有名な企業があり、華やかなイメージを持っている人が多いかもしれません。

広告代理店は、記事を書いている2006年の時点で、新聞の総部数5000万部強の内、広告収入1兆円、テレビでは総広告費2兆円を民放主要局で分け合う形になっています。

より魅力的な記事や番組で、スポンサーの信頼を得、販売部数、視聴率などで結果を出さなければ利益が上げられない、厳しい競争が繰り広げられています。

企画広告の分野では、駅、コンビニ、家庭に無料配布される広告情報誌の枠を発行日までに売り切るノルマが課せられています。

企業がムダな出費を抑えるために削るのはまず広告費からと言われているため、広告枠の販売ノルマを達成できるまで夜も休日も返上しての努力がされているようです。

公共広告機構とは

公共広告機構とは、1300社程度の広告関連会社が参加している、非営利組織です。

広告には、企業が商品を売るための広告と、政治絡みの広告、それら以外の意見を伝える広告などの種類があります。

公共広告機構は、1970年にサントリーの社長によって提唱され、前身となる組織での数年を経た1975年に、社団法人が設立しました。

公共広告の広告には、企業・政治・特定団体の利害に対して中立・客観的な姿勢が求められています。

活動内容は、会員が資金を出し合い、それぞれの広告媒体を使って、選ばれたテーマについてキャンペーンという形で自主的な広告を出すことなどが挙げられます。

深夜や早朝などのCMの空枠を埋めたり、臨時番組が組まれたときのCMとしても活躍しています。

公共広告機構の活動

公共広告機構は、AC公共広告機構と呼ばれ、公的な資金を一切受けずに、約1300社の広告関連会社や、個人会員からなるボランティアによって構成されています。

広告会社の持つ社会的な影響力を生かそうと、企業や政治宣伝に関わらない、社会の進歩や公共の福祉の進歩を目的として活動が続けられています。

1971年に有志によって大阪に団体が設立され、初の公共問題キャンペーンが、新聞とテレビで行われました。

1975年に東京に移転して正式な社団法人となるまでには、障害者、高齢化、福祉などの問題を会員となっているそれぞれの広告会社でとりあげました。

その後も今日本が必要としているテーマとして、食料資源、ゴミ、青少年、家庭教育、などに着目し、自主的な広告キャンペーンを毎年繰り広げています。

公共福祉に関わる団体の支援広告なども行っています。

インターネット広告とは

インターネット広告とは、インターネット上で情報発信するサイトに、広告主の広告を掲載する広告です。

インターネットでの情報発信には、実に多彩な種類があります。

広告としてメジャーなバナー広告は、興味のある画像をクリックするだけで広告主のWebサイトに飛ばす広告です。

バナー広告は、企業・個人・団体などあらゆるインターネット上のサイトに貼り付けて、クリック回数や、商品販売実績、掲載期間などでバナーを出したサイトの運営者に広告費が支払われます。

メールマガジンに広告内容と広告主のサイトへのリンクを貼るものや、不特定多数のメールアドレスに対して直接メールを発信するなど、メールを利用した広告も存在しています。

インターネット広告の仕組み

広告は、多くの人に長時間目に付くほど効果が高いため、人気のあるインターネット上のサイトや、インターネット上で必要不可欠な情報を発信するようなサイトほど、高価な広告費がかかります。

インターネットは、誰でも自由にいつでもアクセスできる特徴があるため、伝統的な手法や人脈ではなく、ちょっとした閃きが多くの人を集め、広告を出す価値を高めていきます。

インターネット広告の代表である大手検索サイトなどは、始めは少数の学生などがひらめきで立ち上げたものが人気を集め、「人が集まるだけで儲かる」インターネット広告の基盤を築いたともいえるでしょう。

大手検索サイトの広告効果は、今ではユーザーに欠かせないツールとして日常に深く入り込み、ますます高まっています。

ニュース速報、天気予報、メールアドレス、掲示板、ブログ、オークション、ショッピング、金融情報など、ユーザーがほとんど無料で使えるものを提供して喜んで集まってくれればくれるほど儲かる商売って、とても面白いですね。

広告収入とは(ホームページとブログ)

広告収入を副業として儲けるサラリーマンや主婦が増えています。

広告収入だけで食っている人も大勢います。

近年、インターネットが急速に普及し、ホームページやブログを商品の宣伝目的で活用することで、個人でも簡単に広告収入を得ることができるようになりました。

インターネット上で広告収入を得るには、「人が集まるホームページを作り」「バナー広告を貼り」、多くの人にクリックしてもらうという一言に尽きます。

バナー広告とは、広告を載せたい企業が広告代理店に依頼した商品の説明画像のことです。

広告のこういった仕組みを、アフィリエイトプログラムとも呼びます。

ホームページやブログの作成者は、広告代理店に自分のサイトをアピールしてアフィリエイトへの参加契約を結び、ユーザーがバナー広告をクリックしたり、クリック後に商品を購入した実績により、収入を得ることができます。

広告収入の弊害

広告によって簡単に収入が得られると、近年、インターネット上での広告競争が激化しています。

多くの人の目に触れれば触れるほど、広告の効果は高まり、広告の掲載を依頼した企業から多くの収入を得ることができます。

インターネットを経由しての広告は、印刷代も郵送代もかからずに、情報を発信する努力や工夫をするだけでより大きな効果と収入が得られることは確かでしょう。

広告の行き過ぎによる被害はスパムなどと呼ばれています。

広告する商品とは無関係な個人・団体・企業の掲示板への宣伝行為を繰り返して、情報を発信しているサイトの運営にダメージを与えたり、不特定多数のメールアドレスに未成年には有害な宣伝メールを無差別に送ったりする現象などが挙げられます。

スパムメールは、大量に送信した際に特定のシステムをダウンさせたりした場合は法的に取り締まれますが、現在のところ、情報の発信を規制するだけの仕組みがありません。

広告発信者と消費者の攻防がイタチごっこのように繰り広げられていますが、誰もが安心して暮らせる広告の仕組みが望まれています。

 
メニュー
広告代理店とは
広告代理店の実際
公共広告機構とは
公共広告機構の活動
インターネット広告とは
インターネット広告の仕組み
広告収入とは(ホームページとブログ)
広告収入の弊害