様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > ラーメン

スポンサード リンク

ラーメンの人気の秘訣

ラーメンは今や日本では国民的な食べ物となっています。ラーメン屋がない街はありませんし、ラーメンを食べたことがないという人も、ごく一部の例外を除いては、ほとんどいないのではないでしょうか?

これほど人気のあるラーメンという食べ物、その発祥の地は中国。それゆえ日本では当初は「支那そば」「中華そば」と呼ばれていました。

ラーメンは、卵・塩・水(カンスイ)で練って作った小麦粉の麺に、鶏ガラや豚骨などで取った、味付けされたスープを注ぎ、その上にチャーシューや野菜、ネギなどの具材を載せたもの。ラーメンを作るのにはそれなりの手間と時間がかかるものの、価格は数百円台のものがほとんど。この「美味しくて安価」というところが、ラーメンの人気の秘訣なのでしょう。

全国には、それこそ数え切れないほどの「おいしいラーメン店」が存在し、行列ができる店というのも決して珍しくありません。我々日本人は、ラーメンに魅せられているのかもしれませんね。

ラーメンを家で楽しむ

ラーメンは国民的人気を博している食べ物。ラーメンは元々は中国の料理ですが、日本ナイズされているとはいえ、今や日本のどの料理よりも人気があると言っても過言ではないでしょう。

ラーメンは基本的にはプロの料理人が作ったものが一番美味しいのですが、ラーメンのこのような人気から、「家でもラーメンを手軽に楽しめないか」と考える人が出るのも自然ななりゆき。戦後は「チキンラーメン」で有名な日清食品をはじめとする各メーカーが、多くのインスタントラーメンを開発・発売してきました。

インスタントラーメンは、もちろんプロが作った本格的なラーメンには劣りますが、約50年にわたるインスタントラーメンの歴史の中で確実に進化を遂げ、今ではかなり美味しいものが食べられるようになっています。

また、インスタントではない、生の麺を使ったラーメンも売られています。こうしたラーメンの場合は、スープも本格的なものが付いていることが多いので、ものによってはマズいラーメン屋に行くよりもよほど美味しいラーメンが楽しめます。

ラーメン二郎とは

ラーメン二郎とは、いわゆる「行列のできるラーメン屋」で、ラーメン屋としてとても有名な店です。ラーメン二郎は首都圏を中心に多くのチェーン店が展開されています。

ラーメン二郎は、味の良さはもちろんですが、利用する際にいくつか「暗黙の了解」があるのも特徴です。

ラーメン二郎の「暗黙の了解」は、店舗によって若干違いますが、三田本店を例に取ると、

・ラーメン二郎の麺は他店に比べて太くて多いため、茹で上がりに時間がかかり、客の回転が悪いので、行列ができてから30分〜1時間待ちになることもある。

・ラーメンの購入は食券で行い、座ったときにカウンターの上に置く。

・食券を店員に渡すときに、麺を固めにゆでてほしい場合は「固めで」、麺を少なくしてほしい場合は「少なめで」、脂を少なめにしてほしい場合は「アブラ少なめで」と頼むこともできる。

・ラーメンが出来上がると「ニンニク入れますか?」もしくは「トッピングはどうしますか?」と店員に聞かれる(答え方も決まっている)。

・主に常連の間では、「鍋」と呼ばれる、鍋を持参してラーメンを持ち帰る行為が行われている(鍋は裏口で行われる)。

ラーメン二郎は、このほかにも、常連になると、いろいろ面白いところが見えてきます。味も良く、量も多く、ユニークなラーメン二郎。あなたも一度行列に並んでみませんか。

ラーメン二郎のラーメン

ラーメン二郎は首都圏を中心に多くのチェーン店を展開しているラーメン店。ラーメン二郎は味に定評があり、行列ができることも少なくありません。

ラーメン二郎のラーメンの特徴としては、

・豚骨スープ。

・醤油はラーメン二郎専用の「カネシ醤油」。

・自家製の麺。麺は太くて多い(「小」でも普通のラーメン店の「大盛り」以上なので、少食の人は「麺少な目」「麺半分」と頼むほうが無難)。

・チャーシューは分厚い。

・脂が多い。

・ニンニクが入る(入れないこともできる)。

また、ラーメン二郎では、注文しだいでトッピングの量も調節できます。

ラーメン二郎、上記の特徴からもわかる通り、学生にとても人気があります。

ラーメン二郎のラーメンには、いわゆる「中毒性」があるようで、何度か通ううちに病みつきになってしまう人も少なくありません。ラーメン二郎のラーメンは、値段自体は平均的なラーメンの価格ですから、ラーメン好きの方はぜひ一度は足を運んでみてください。

ラーメンランキングとは

ラーメンランキングとは、文字通りラーメンの人気ランキングのことで、いろいろなサイトや番組、雑誌などが「ラーメンランキング」と称して特集を組んでいます。

ラーメンランキングは、ネット上のものに関して言えば、ここが一番実用的なのではないでしょうか?

全国の激うまラーメン頂上決戦! ラーメンランキング 2007 - Walkerplus
http://www.walkerplus.com/ramen/sp/

このラーメンランキングは、全国10エリアのエンターテイメント情報(グルメ、映画、音楽、イベント、アートなど)を扱うサイト「Walker Plus(ウォーカープラス)」のコーナーの一つで、地域ごとのラーメンランキングと、それぞれのお店に関する詳細な説明があります。ラーメンランキングは、ラーメン目的の人はもちろん、観光や出張などのついでに美味しいラーメン屋さんに寄りたい方にもお役立ちのサイトと言えるでしょう。

もちろんラーメンランキングに載っていなくても、ラーメンの美味しい店はたくさんあります。街角を歩いていて、行列ができているラーメン屋さんがあったら並んでみるのも、旅の思い出の一つになるでしょう。

ラーメンランキングを活用しよう!

ラーメンランキングとは、美味しいラーメン屋さんのランキング。

「ラーメンランキング」を名乗るサイトや番組、雑誌の特集などは数多くあります。しかし、ラーメンランキングなんてものを作るとしたら、それこそ全国を回ってたくさんのラーメンを食べなくてはなりません。ですから信用できるラーメンランキングを探すとしたら、まず個人のサイトはよほどの例外でない限り参考になりませんから(たくさんの人の意見を募っているなら別ですが)、大手の会社が企画したラーメンランキングをあたるといいでしょう。

ネットで手軽に調べられるラーメンランキングの例としては、

全国の激うまラーメン頂上決戦! ラーメンランキング 2007 - Walkerplus
http://www.walkerplus.com/ramen/sp/

ここはとかく東京や大阪に偏りがちなラーメンランキングの中でも、わりと良心的だと言えます。

ちなみにお取り寄せとしては、

【楽天市場】人気「ラーメン」の売れ筋ランキング
http://event.rakuten.co.jp/ranking/food/110487.html

ラーメンランキングは、特に初めて行く土地でおいしいラーメン屋さんを探すのに役立ちます。とはいえ、ラーメンランキングに名前が挙がるようなラーメン屋さんは、混雑が予想されますので、その点は覚悟しておいたほうがいいでしょう。

チキンラーメンとは

チキンラーメンとは、日清食品が販売しているインスタントラーメンの一つで、正式名称は「日清チキンラーメン」。

チキンラーメンは、1958年に日清食品創業者の安藤百福が量産インスタントラーメンとして開発したものです。インスタントラーメン自体は、このとき既に開発されていましたが、商業的に成功したものとしては、チキンラーメンが最初のものとなります。また、チキンラーメンの成功により、それまで「支那そば」「中華そば」と言われていたものに対して「ラーメン」という呼称が定着しました。

チキンラーメンは油で揚げた麺に既に味が付いています。このチキンラーメンを丼などに入れ、熱湯を注いでフタをし、3分ほど待てばもう食べられる――この手軽さが受け、チキンラーメンは大人気商品になりました。そして今も、チキンラーメンの人気は健在です。

チキンラーメンの変遷

チキンラーメンとは日清食品が1958年に開発したインスタントラーメン。チキンラーメンは発売当初から大人気を博し、その人気は今も健在です。

チキンラーメンの歴史は既に50年ほどになります。ほかにも多くのカップめんやインスタントラーメンを世に送り出した日清食品のこと、当然この間にチキンラーメンのさまざまなバリエーションが生まれました。

チキンラーメンのバリエーションの例としては、お得な「5食パック」や、容器と具が付いた「チキンラーメンどんぶり(チキどん)」、マグカップで作れる「チキンラーメンMini」といったものが挙げられます。また、21世紀になってからは、麺の中央に「たまごスポット(現在の名称は“たまごポケット”)」が付いたものに改良されました。

チキンラーメンはその後も、丼やマグカップ、土鍋といったものとセットになったものを限定発売したりと、さまざまなキャンペーンが展開されています。

ラーメン博物館

ラーメン博物館とは、文字通りラーメンをテーマにした博物館。

ラーメン博物館を名乗る所はいくつもありますが、特に有名なラーメン博物館の例としては、

新横浜ラーメン博物館
http://www.raumen.co.jp/

また、名称はラーメン博物館ではないものの、ラーメンに関する博物館として資料的価値の高いものとしては、

インスタントラーメン発明記念館
http://www.nissin-noodles.com/index_new.html

が挙げられます。

ラーメンは今や国民的な食べ物で、和食以上の人気を博しています。ラーメンがキライだという人って、滅多にいないのでは?

ラーメン博物館は、ラーメンが好きで食べ歩きをしているような方はもちろん、普通にラーメンが好きだという方も楽しめるのではないでしょうか。ラーメン博物館であなたもラーメン博士になってみませんか。

新横浜ラーメン博物館

ラーメン博物館を名乗る博物館はいくつかありますが、その中でも特に有名なのが、新横浜ラーメン博物館ではないでしょうか?

新横浜ラーメン博物館
http://www.raumen.co.jp/

新横浜ラーメン博物館、通称「ラー博」は、「ラミューズメント・パーク」と銘打っているように、ラーメンの博物館というよりはフードテーマパーク。新横浜ラーメン博物館は、新横浜駅の近く(徒歩5分)にあり、アクセスも良好です。入場料は大人300円、子供100円(小学生未満は無料)(2007年6月現在)。

新横浜ラーメン博物館には、博物館らしい展示スペースのほかに、物品販売コーナー、そして全国各地のラーメン店などがあります。特に新横浜ラーメン博物館の地下は、昭和33年の下町を再現した造りになっていて、独特のムードが楽しめます。

新横浜ラーメン博物館は、ラーメンを食べるということを考慮してか、営業時間も11:00〜23:00(土日祝日は10:30から)と、閉館時間が遅めです。新横浜ラーメン博物館、休日はもちろん、会社帰りに寄っても十分楽しめますよ。

佐野ラーメンとは

佐野ラーメンとは、栃木県佐野市を中心とした地域の名物です。

佐野ラーメンの特徴は麺にあります。佐野ラーメンの麺は、「青竹打ち」という、文字通り青竹を使って打つという製法で作られており、これによって麺に適度な空気が含まれるため、モチモチとした食感が楽しめます。

佐野ラーメンは、もちろんスープにもこだわっています。佐野ラーメンのスープは、基本は透き通ったさっぱり味の醤油スープ。ただしその味は、店によってかなり差があるようです。

佐野ラーメンの具の中心はチャーシューと刻んだ長ネギ。特にチャーシューの柔らかさには定評があります。

佐野市近辺には、佐野プレミアム・アウトレットやみかも山公園といった観光スポットがあります。「佐野ラーメンを食べるためだけに佐野に行くのはちょっと……」という方は、こうした観光スポットと一緒に佐野ラーメンを楽しむというのもアリだと思います。

佐野ラーメンをご自宅で

佐野ラーメンとは、栃木県佐野市を中心としたエリアの名物ラーメン。「青竹打ち」のモチモチの太麺と透き通った醤油スープ、そして柔らかチャーシューが特徴です。

佐野ラーメンは、前述のように、佐野市周辺のラーメン店に行けば食べられますが、博多や札幌、喜多方といったような他のラーメンの「聖地」と比べると、やはり地味なイメージがあります。東京や大阪などの大都市なら、「観光や出張などのついでにラーメン」ということもあるでしょうが、佐野ラーメンの場合、遠方の人は「何かのついで」というのはなかなかないでしょうし、佐野ラーメンだけのために佐野に行くという人はよほどのラーメン通でしょう。

しかし――どうにかして佐野ラーメンを食べたい方に朗報です! 今や佐野ラーメンも通販で購入できる時代になりました。佐野ラーメンをご家庭で楽しみたい方はこうした通販を利用するといいでしょう。

佐野ラーメンの通販を行っているお店はいくつかありますが、例としては以下のようなところがあります。

佐野ラーメン本舗インターネット店
http://www.sanoramen.com/index.html

【超名店ラーメン】佐野ラーメン万里[直送] - Yahoo!ショッピング
http://store.yahoo.co.jp/organic/cnd038.html

佐野 幻のラーメン店
http://www.ryomonet.co.jp/maborosi/

伊勢屋生麺
http://www.iseyaseimen.com/

池袋のラーメン店

池袋とは、東京都豊島区の一地区で、新宿、渋谷と並ぶ山の手副都心。池袋は一日に約百万人もの集客人員があります。

池袋一帯は多くの店やビルであふれかえっていますが、それはラーメン店とて例外ではありません。実際池袋は「日本一のラーメン行列店激戦区」とまで言われています。そのため、ほかの地域に比べると池袋のラーメンは平均的レベルが高めです。

池袋で食べられるラーメンは、「池袋ラーメン」などと呼ばれるような明確な特徴があるわけではありませんが、2007年現在では「豚骨スープの店が人気」「つけ麺の店が多い」といった傾向があります。とはいえ、やはり池袋はお店によってカラーが違うので、池袋に行くたびに違うラーメン店に行けば、店の数だけラーメンの味を楽しめる――これはラーメン好きにはたまりませんね!

池袋で人気のあるラーメン店の例としては、東口の「南池袋大勝軒」「ラーメン二郎池袋店」「屯ちん」「無敵屋」、西口の「麺屋ごとう」や「七福神」、「蒙古たんめん中本」や東武百貨店内の「すみれ」といったようなところがあります。

池袋ラーメン食べ歩き

池袋は東京都豊島区の一地区で、いわゆる「大都会」。池袋は「日本一のラーメン行列店激戦区」とも呼ばれ、多くのラーメン店がしのぎを削っています。

池袋のラーメン店は、新規開店や閉鎖店のサイクルが速いことでも知られています。そのため池袋のラーメン店は、老舗と新規店が混在しています。老舗はもちろん長い間の激戦を潜り抜けてきたわけですから、その味は保証済み。しかし新規店の中にも注目を集め、行列ができているようなラーメン店も少なくありません。

池袋のこうした現状から、「池袋で人気を博したラーメン店は全国区になる」とまで言われています。

池袋という街は、ラーメン店の経営者にとってはいろいろ大変ですが、ラーメン好きの人にとってはテーマパークのような街。行きつけの店に通うのもいいですが、池袋に行くたびに違うラーメン店に入って、新しいお気に入りを開拓するのも楽しいものです。もちろんしばらく滞在して食べ歩きをするのもいいでしょう。

ラーメン好きの方は、可能ならばぜひ何度か池袋に足を運んでみてください。

ラーメンデータベース

ラーメンは今や国民的な人気食。IT時代の現代では、そんなラーメンのデータをまとめた「ラーメンデータベース」なるサイトも当然のごとく存在しています。

ラーメンデータベースなるものはいくつかありますが、特に便利そうなものとしては、以下のようなサイトがあります。

ラーメンデータベース
http://ramendb.supleks.jp/

このラーメンデータベースでは、全国のラーメン店が検索できます。その数実に1万店以上! また、行った人によるコメントや採点、ランキングなども参照できます。もちろんラーメンデータベースですから、各店の住所や営業時間、定休日などの基本情報もバッチリ知ることができます。

ラーメンデータベースは、もちろん全国すべてのラーメン店を網羅しているわけではありませんが、本場だけでなく地方のラーメン店のデータもある程度揃っていますので、ラーメンデータベースとしてはかなり良心的で便利なサイトではないでしょうか。

ラーメンデータベースを活用しよう

ラーメンデータベースとは、IT時代に必然的に生まれた、ラーメン好きのための、全国のラーメン店のデータベース。

ラーメンデータベースとして規模が大きいものでは、以下のサイトが挙げられるでしょう。その名もずばり「ラーメンデータベース」。

ラーメンデータベース
http://ramendb.supleks.jp/

このラーメンデータベースで取り扱われている店舗数は、日本全国、実に1万店以上。もちろんこれ以外にも多くのラーメン店がありますが、特に地方に出かける際は、十分参考になるのではないでしょうか。

ラーメンは日本の国民食。値段も通常は数百円といったところですから、特にラーメンの食べ歩きが趣味でなくても、普段行かない土地に行ったなら、その土地で有名なラーメン店に寄ってみたいもの。ラーメンデータベースは、そんなあなたのお役に立つことでしょう。

札幌ラーメンとは

札幌ラーメンとは、北海道の札幌市発祥の名物ラーメン。札幌ラーメンは、「ご当地ラーメン」の中でも、特に有名なものの一つと言えるでしょう。事実札幌ラーメンは、「喜多方ラーメン」「博多ラーメン」と並んで「日本三大ラーメン」の一つに数えられています。

札幌ラーメンがここまで有名になるのには、それなりのわけがあります。その一番の理由は当然「美味しいこと」。札幌ラーメンは店によって若干違いはあるものの、多くの場合は以下のような特徴があります。

(1)トッピングはラードで炒めた野菜(主にモヤシ)に少量のひき肉を加え、澄んだスープを入れて軽く煮込んだもの。

(2)スープは豚骨から取る。

(3)ニンニクで豚骨の臭みを消す。

(4)麺はかん水が多めの太く黄色い縮れ麺。

(5)ほとんどのラーメン店に、醤油味・味噌味・塩味の3種類がある。

また、観光客相手の一部の店では、トッピングにバターやコーンが入るケースも(北海道のイメージ作りのため)。

札幌ラーメンのお店は全国にありますが、やはり札幌ラーメンは本場で食べるのが一番。札幌を訪れた際は、ぜひ札幌ラーメンをご賞味ください。

札幌ラーメンの歴史

札幌ラーメンは北海道札幌市が発祥の地。その歴史は大正時代にまで遡ります。

札幌ラーメンと呼ばれるものには2種類あり、一つが戦前主流だったあっさり目のスープのラーメン。そしてもう一つは現在の札幌ラーメンで、豚骨から取ったスープを使ったコクのあるもの。

札幌ラーメンそのものは、1923年、中国料理店「竹家食堂」の創業とともに始まりました。これが前述のあっさり目のラーメン。これが札幌市内で人気となり、他店にも広まりましたが、太平洋戦争の物資統制によって、この種のラーメンは完全に姿を消しました。

こうして一度は消えた札幌ラーメンですが、戦後再びかたちを変えて復活します。これが現在まで続く札幌ラーメンで、最初は屋台から。当時は醤油味と塩味のみでしたが、「味の三平」が考案した味噌ラーメンの全国的ヒットをきっかけに、札幌ラーメンが有名になっていったのです。

ラーメン缶とは

ラーメン缶は、すっかり秋葉原の名物となった「おでん缶」のラーメン版で、文字通り缶に入ったラーメンです。

ラーメン缶は、商品名としては「札幌らーめん缶」として知られています。ラーメン缶、買える場所はやはりおでん缶同様、秋葉原。あとは渋谷・半蔵門といった、ごく限られたエリアです。やはりラーメン缶も秋葉名物になる運命なんでしょうか……。

ラーメン缶は、小麦粉の麺ではなく、こんにゃくの麺を使っているので、ラーメン特有の「時間が経つと延びる」という心配はありません。ラーメン缶は一つ300円と、カップめんと比べるとかなり割高ではありますが、秋葉を歩いていて小腹が減ったときなどの手軽なおやつとしては、食べてみる価値はありそうです。

ラーメン缶の詳細はこちら。
http://allabout.co.jp/gourmet/ramen/closeup/CU20070426A/

ラーメン缶の魅力

ラーメン缶は、おでん缶に続く秋葉原名物……になりつつある食品。

ラーメン缶は、現在では「札幌らーめん缶」が出ています。おそらくこれらの類似品がそのうち出てくるような気もしますが、今のところは「ラーメン缶」といったらこの「札幌らーめん缶」のみ。

ラーメン缶は、当初は秋葉のチチブ電機などで常温で売られていましたが、最近では自販機でも売られ、温かい(もしくは冷たい)状態で食べられるようになってきています。

ラーメン缶の魅力は何といってもスープで、缶詰ながらなかなか本格的。また、チャーシューやメンマも美味。そして肝心の麺は――これはこんにゃく麺になっていて、延びる心配がないので嬉しいですね。もちろん味もしっかり染みています。ラーメン缶にはフォークが付いているので、そのまま食べることができます。

ラーメン缶、さすがにラーメン屋さんのラーメンにはかないませんが、非常食や路上の立ち食い用としてなら文句なし。秋葉原に行った際は、ぜひお試しください。

「京都ラーメン」と「京風ラーメン」の違い

京都ラーメンは、「札幌ラーメン」「博多ラーメン」と同じく、京都のご当地ラーメンです。

京都の食べ物に関しては、何かと「京風」がアピールされるので、この京都ラーメンもあっさりした「京風」の味付けになっていると思われがちですが、実はこの京都ラーメンは全く「京風」ではなく、むしろこってりした味付けとなっています。

つまり「京都ラーメン」と「京風ラーメン」は全く違うということ。

京都ラーメンは、ほかのご当地ラーメン同様、お店によってかなりカラーは違いますが、あえて大まかな特徴を挙げるならば、

・スープは濃厚な鶏ガラスープ、または豚骨と豚肉をベースにした清湯スープが主流。

・味付けは主に醤油。

・薬味は大量の「九条ネギ」。

・麺は細いストレートで、若干柔らかめに茹でてある。

・具はもやし、メンマ、薄切りチャーシュー。

これに対し、「京風ラーメン」の実体は、他府県の人間が勝手に京都をイメージして作ったもの。京都では一部の観光地でしか扱われていないもようです。京都に行く際は、せっかくですから、全国各地で食べられる「京風ラーメン」ではなく、ご当地ラーメンである京都ラーメンのほうを楽しむことをおススメします。

京都ラーメンのスープ

京都ラーメンは、ほかのご当地ラーメンの例に漏れず、その味の秘訣はスープにあります。

京都ラーメンで主流になっているスープには、鶏ガラスープと豚骨スープ、そしてこれらをミックスしたものがあります。

京都ラーメンの鶏ガラスープは、鶏ガラと野菜を長時間煮込むことによって作られた濃厚なもの。このボリュームは、薄味で上品な「京風ラーメン」とは全く異なるものです。

また、鶏ガラスープに大量の豚の背脂を混ぜる店もあります。

一方、豚骨スープのほうは、「あっさり系」と呼ばれる清湯スープ。同じ豚骨ベースでも、白湯スープの博多ラーメンとはまた違った味わいがあります。

そしてこれらのスープの味付けは醤油が主流。

京都ラーメンはスープを楽しむラーメン。スープに比べると、京都のラーメン店の麺に対する情熱はいまひとつの感がありますが、それでもスープがよくからむように柔らかめに茹でられた麺によって、スープの美味しさが最大限に引き立てられています。

博多ラーメンとは

博多ラーメンは、札幌ラーメン・喜多方ラーメンに並ぶ、「日本三大ラーメン」の一つで、福岡県福岡市を中心とした地域のご当地ラーメン。博多ラーメンほかの「三大ラーメン」同様、日本中に多くのファンを有しています。

博多ラーメンの人気の秘訣は、やはりスープでしょう。スープは豚骨を強火で煮込んで取った白濁した白湯スープ。一見濃厚ですが、それはゼラチンによるもので、実際に食べてみると、さほどしつこくはありません。また、主な薬味は細目の博多万能ネギ。

駅構内でのそばやうどんの立ち食いは全国で見られますが、土地柄か、JR九州の小倉駅・博多駅では博多ラーメンの立ち食いができるようになっています。出張などで、せっかく博多に行っても落ち着いてラーメンを食べられない人は、駅の立ち食いで博多ラーメンを味わってみるのもいいでしょう。

博多ラーメンの魅力

博多ラーメンは「日本三大ラーメン」に数えられるくらいですから、日本全国に多くのファンがいます。それほど高い人気を誇る博多ラーメンの魅力とは、一体何でしょうか。

博多ラーメンの特徴は、

・豚骨を強火で煮出した、ゼラチン質が溶け出した濃厚かつあっさり目の白湯スープ。

・スープの味を引き立てる、細いストレート麺(麺の固さは指定できる)。

・味付けは塩ダレもしくは薄口醤油。

・多くの店が採用している、安い値段で麺をおかわりできる「替え玉」システム。

・基本の薬味は博多万能ネギ。また店によっては、豚骨スープのクセを取り除くために、紅生姜・白ごま・辛子高菜といった薬味も提供している。

もちろん以上は「傾向」であって、実際は博多ラーメンはお店によってかなり味が違います。

博多ラーメンのスープは、店にもよりますが、調理法によっては濃厚な豚骨の匂いがすることもあり、ほかのご当地ラーメンと比べると、好き嫌いがかなりはっきり分かれるラーメンとも言えます。

喜多方ラーメン

喜多方ラーメンとは、福島県喜多方市周辺のご当地ラーメンです。

喜多方ラーメンは札幌ラーメン、博多ラーメンと並んで「日本三大ラーメン」に数えられており、日本中に多くのファンがいることはもちろん、インスタントラーメンなどの多くの商品のモデルにもなっています。

喜多方には多くのラーメン店があります。もちろん喜多方ラーメンは、店によってさまざまなバリエーションがありますが、あえてこれらの特徴を挙げてみると、

・豚骨、鶏ガラ、煮干しなどから取った、脂の少ない澄んだスープ。

・薬味はネギ。具はほうれん草やなると、メンマ、柔らかいチャーシューなどが主流。

・麺は平打ちで太めの縮れ麺。

喜多方ラーメンは、単に全国で人気があるというだけではなく、地域に密着しています。喜多方の人たちはラーメン好き。ラーメン屋はもちろん、居酒屋や食堂、そして学校給食にまでラーメンが登場する街なのです。そんな風土が喜多方ラーメンを育てているのでしょう。

喜多方ラーメンの美味しさの秘密

喜多方ラーメンは「日本三大ラーメン」の一つに数えられるほど、地元はもちろん全国的にも人気のあるラーメン。この喜多方ラーメンの人気の秘密は一体何でしょうか。

喜多方ラーメンは、ほかのご当地ラーメンと比べると、麺に対するこだわりが違います。スープに力を入れているご当地ラーメンはたくさんありますが(というより、スープをないがしろにしている人気ラーメンというものは皆無でしょう)、麺にはスープほどこだわらないというラーメンも少なくありません。しかし喜多方では、スープ同様に麺の美味しさも追究しているのです。

喜多方ラーメンの麺は「熟成多加水麺」と呼ばれ、名前通り水分を多く含みます。この水分も、ただの水ではなく、飯豊山の雪解け水。水質の良さゆえに、いまだに井戸水を使っている店も少なくありません。この水が麺の原料である小麦粉や卵の美味しさを最大限に引き出します。もちろん水がいいから、スープや醤油も美味。

この雪解け水で作った生地は、平打ちで太めの縮れ麺にします。すると美味しいスープとよく絡んで、完成度の高いラーメンになるのです。

東京ラーメン

東京ラーメンは、日本の首都東京のご当地ラーメン。東京はその人口の多さおよび集客力から、よい店が育ちやすい土地柄と言え、ラーメンに関しても、実際多くの行列のできるラーメン店が輩出されてきました。

東京のラーメン店の多さから、東京ラーメンの特色を挙げるのは難しいのですが、それでもあえて挙げてみるならば、

・スープは鶏ガラと豚骨から煮立てないで取り、そこに和風だしを加えたもの。

・味付けは醤油が主流。

・具はメンマ、なると、チャーシュー、ほうれん草が主流。

・主な薬味はネギ。

・麺は縮れ麺。

といったところでしょうか。

東京ラーメンの歴史は意外と古く、明治末期の浅草に開店した「来々軒」が草分け的存在。東京ラーメンは、中国の汁そばの入り口となった横浜に近いという立地条件と、外国のものを日本ナイズする江戸っ子の才能が生み出した、まさに日本人好みのラーメンと言えるでしょう。

東京ラーメンの魅力

東京ラーメンの魅力は、ずばり「日本の標準的なラーメン」ということ。さすが首都東京、言葉も「標準語」なら、ラーメンの味も「日本標準」なんですね。

では、東京ラーメンの味の秘密について見ていきましょう。

東京ラーメンを日本人好みに仕立てているのは、鰹、昆布、煮干などから取った和風だし。それも単体で使うのではなく、鶏ガラと豚骨で取った澄んだスープとブレンドして使います。このブレンドの割合がポイントで、これによって舶来のものでありながら、ほどよく「和風」が醸し出せるのです。そして味付けは醤油。

具材はチャーシューやネギ、メンマ、なると、ほうれん草、海苔といったオーソドックスなもの。麺はスープが絡みやすい機械打ちの縮れ麺――ものすごくインパクトがある味というわけではありませんが、どんな人の口にも合う、懐かしくて優しい味。それが東京ラーメンの特徴と言えるでしょう。

千葉のご当地ラーメン

千葉県にも実は「ご当地ラーメン」というものが存在しています。

千葉のラーメンで代表的なものは、千葉県内房周辺で作られた「竹岡ラーメン」または「竹岡式」と呼ばれるもの。その製法も独特で、何とスープを取らないんです!

では、何をもってスープとするのか――竹岡式では、まずチャーシューを醤油ダレで煮込みます。その後、この煮込み汁を、麺を茹でたお湯もしくはタダのお湯で割り、スープとするわけです。だから、スープを取らないといっても、決して旨みがないというわけではなく、むしろその味わいは濃厚。

千葉の竹岡ラーメンは、千葉県富津市竹岡地区の「梅乃家(うめのや)」というラーメン店で生まれ、周辺地域に広まったもの。全国的な知名度は低いものの、地元の人をはじめ、多くのファンがいます。千葉近辺に行く機会があったら、ぜひ竹岡地区にまで足を延ばして、竹岡ラーメンを味わってみてください。

千葉のラーメン――竹岡式

千葉のご当地ラーメンを挙げるとしたら「竹岡式」または「竹岡ラーメン」でしょう。

千葉の竹岡ラーメンは、その製法やインパクトのある外見から、ひそかにファンを増やしています。竹岡ラーメンの特徴としては、

・スープはチャーシューの煮込み汁(醤油味)を、麺のゆで汁もしくは熱湯で割ったもの。

・具は当然チャーシューがメイン。普通のラーメンでもチャーシューがたっぷりのる。

・薬味はタマネギの角切り(!)

・麺は乾麺(!)

また、製法のほうも、

・炭火で調理する。

・麺は小鍋で茹でる。

など、細かいこだわりがあります。

……千葉の竹岡式、いろいろ掟破りですね。しかし味のほうは保証済み。特に竹岡式発祥の店「梅乃家(うめのや)」は、今では行列ができるほどの人気店なのです。実際、ほかの地域のラーメン店の店主も、梅乃家を訪れてその美味しさに圧倒されているそうで……竹岡ラーメンを食べるためだけに千葉を訪れても損はないかもしれません。

 
メニュー
ラーメンの人気の秘訣
ラーメンを家で楽しむ
ラーメン二郎とは
ラーメン二郎のラーメン
ラーメンランキングとは
ラーメンランキングを活用しよう!
チキンラーメンとは
チキンラーメンの変遷
ラーメン博物館
新横浜ラーメン博物館
佐野ラーメンとは
佐野ラーメンをご自宅で
池袋のラーメン店
池袋ラーメン食べ歩き
ラーメンデータベース
ラーメンデータベースを活用しよう
札幌ラーメンとは
札幌ラーメンの歴史
ラーメン缶とは
ラーメン缶の魅力
「京都ラーメン」と「京風ラーメン」の違い
京都ラーメンのスープ
博多ラーメンとは
博多ラーメンの魅力
喜多方ラーメン
喜多方ラーメンの美味しさの秘密
東京ラーメン
東京ラーメンの魅力
千葉のご当地ラーメン
千葉のラーメン――竹岡式