様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 葬儀

スポンサード リンク

葬儀とは

葬儀とは、一般的には、告別式の前に行われる祭儀をいい、正確には葬儀式といいます。しかし、広い意味では、人が死亡してから法要までの一連の儀式をさします。

葬儀の目的は、遺族や近親者などが故人の冥福を祈り、成仏することを願うことです。葬儀には仏式、神式、キリスト教式などがあり、宗教により様式が異なります。現在日本で行われる葬儀の多くは仏式によるものですが、そのしきたりは、各宗派や地方、会場などによって多少の違いがあります。

仏教での葬儀式の手順は、宗派や地域により違いがありますが、一般的には次のような順で行われます。

遺族・親族・参列者着席→僧侶入場→開式の辞→読経→弔辞・弔電披露→焼香→僧侶退場→遺族代表挨拶→閉式の辞

一方、臨終から法要までの一般的なスタイルによる大まかな流れは次のようになります。

臨終→葬儀準備→納棺→通夜→葬儀・告別式→出棺→火葬→直後儀礼→精進落とし→納骨→法要

葬儀に関しては、葬儀社の人が手はずを整えてくれるので、特別な準備や心配の必要はないでしょう。

葬儀の種類

葬儀の種類にはいろいろあります。日本で葬儀というと、仏式がほとんどですが、宗教により、神式葬儀、キリスト教式葬儀、また新興宗教にもそれぞれの形式があります。

「密葬」や「家族葬」といった葬儀もあります。どちらも主に親族や親しい者だけで行う葬儀ですが、別のものです。

「密葬」は「本葬」とセットで行う葬儀。故人が有名人であったりして、多くの会葬者がいる場合には、まず、親族や親しい者だけで葬儀を行うことがありますが、これを「密葬」と呼びます。そして後日、一般の参列者を招いた「本葬」を行います。

これに対して、「家族葬」は単独で行う葬儀で、家族や親しい友人など少人数で行います。

また、葬儀の種類には、会社が主催して行う「社葬」、葬儀をせず火葬のみの「直葬」、宗教者を招かずに、宗教色を抜いた自由な形で行う「無宗教葬」、従来の葬儀の形式にこだわらず自由な発想で行う「自由葬」、生演奏やCDなどによって音楽を献奏するような、音楽を重視した「音楽葬」、本人が生きているうちに行う「生前葬」などもあります。

葬儀はいずれの方法で行うにしろ、大事なことは故人と関わりのあった人たちが、心を込めて葬儀を行うことでしょう。

お葬式とは

お葬式とは、辞書などによると、「葬儀ともいい、故人の冥福を祈り、成仏することを願って遺族や近親者が営む祭儀の一部」となっています。しかし、一般的には、葬儀と告別式が一緒になったものをお葬式と呼んでいます。

お葬式のうち、葬儀が遺族や近親者が故人の魂を送るために行う宗教的な儀式であるのに対して、告別式の方は、故人の友人、知人が最後の別れをする社会的な式典をいいます。

かつて人々は、葬儀の後、墓地のある寺や火葬場まで、列を組んで遺体を送りました。これを、葬列または野辺送りといいますが、これに代わって行われるようになったのが、現在の告別式。もともと告別式は葬儀が終わってから行われるものでした。

しかし最近では、一般の会葬者が火葬場まで行くことがなくなったため、告別式は焼香を中心に、葬儀と同時に行うことが多くなっています。一般の弔問客も葬儀から出席することが多くなりました。

しかし本来、遺族が故人への想いに集中すべき時間である葬儀と、参列者への感謝を示したい告別式とは、まったく心の持ちようが違うもの。そのことをよく認識した上でお葬式を行うようにしたいものです。

お葬式の流れ

お葬式とは、一般的に、遺族や近親者が故人の魂を送るための宗教的儀式である葬儀と、故人の友人、知人が最後の別れをする告別式が一緒になったものをいいます。

お葬式は、宗教や宗派、地域、故人の生死観などによりスタイルが異なりますが、現在日本で行われているお葬式の多くは仏式によるものです。

お葬式の流れは、一般的には次のように行われることが多いようです。

一同着席→僧侶入場→開式の辞→読経→弔辞・弔電披露→遺族焼香→僧侶退場→遺族代表挨拶→閉式の辞

次に告別式に入ります。

僧侶入場→開式の辞→読経・会葬者焼香→僧侶退場→遺族代表挨拶または出棺→閉式の辞

なお、お葬式は、社葬などの場合は、葬儀と告別式を分けてやる場合が多いようです。

 
メニュー
葬儀とは
葬儀の種類
お葬式とは
お葬式の流れ