様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 和服

スポンサード リンク

和服について

和服とは、洋服の対語としての衣服の呼称です。明治時代以降、洋服を着る日本人が増えたため、洋服と区別するために、それまでの日本在来の衣服を「和服」と呼ぶようになりました。

和服は、袖のついた上半身から下半身までを覆う長い布(長着)を体に巻きつけて、腰の位置で帯を結んで固定します。袖は腕よりもかなり太くなっています。

和服の特徴は、男性も女性も、体型や体の凹凸を目立たせないところにあります。また和服は、長着を体に巻きつけるわけですから、太っても痩せても調整がききやすいものです。体形が大きく変化した場合、和服は、洋服よりも容易に作り替えることができます。

和服は、長着を帯だけで固定しますので、「着付」という方法をある程度は知らないとうまく着衣できないでしょう。

和服でもっとも大事なのは布地です。和服の布地は、着る人の顔映りがよく見えるものを選びましょう。顔色と衿元の色のバランスや、着物の色が顔色を美しく健康的に見せているかを確認し、全身が映る鏡で全体をチェックすることも忘れないようにしましょう。

和服について2

和服は、反物(布が円筒状に巻かれたもの)から制作します。和服の布地はあまり伸び縮みするものではなく、また帯の材質も布です。

和服を制作する場合、反物(布)をほとんど直線で裁断します。一方洋服を制作する場合、曲線で布を裁断することが多く、複雑な形のパーツが切り取られます。この結果、和服の余り布は長方形なので小物作りなどに活用しやすいですが、洋服の余り布は活用しづらいといえます。

和服を着る場合、肌襦袢(はだじゅばん)、長襦袢(ながじゅばん)、長着と順番に重ね着していきます。それぞれ紐で固定していき、長着の上で帯をしめます。和服を着て人前に出るには、この長着まで着ていなくてはいけません。さらに和服の上着(外着)として、羽織やコートなどがあります。

和服は、同じ和服でも着方を変えることができるのが特長です。一方、その和服に合った着方というものもあり、実際には、普段から和服を着こなしていないとなかなかうまくはできないともいえます。

着物について

着物とは「着る物」つまり衣服という意味と、洋服の対語である「和服」という意味とがありますが、一般的には後者の「和服」という意味で使われることが多いでしょう。

着物を着る場合、体に着物を固定するのが帯であるため、帯が緩んでこないように結べなければなりません。化繊の帯は、どんなにうまく結べても時間がたつと緩んでくるという意見もみられ、帯の材質は天然のもの、特に絹が一番ともいわれます。

着物を着る時は、最初に足袋をはくのを忘れないようにしましょう。肌襦袢や長襦袢などをどんどん重ね着していくので、屈んで足袋をはくのは大変になりますし、せっかくきっちり着たのに崩れてしまうこともあり得ます。

着物を着る時、「左前」にすると「死装束」の着方といわれます。着物は男女とも「右前」で着ます。「右前」というのは、「右前身頃の上に左前身頃を重ねる着方」のことです。

着物を着る場合、鏡を見ながら着ることが多いでしょう。鏡の映り方は左右が逆ですので注意したいですね。「右前」というのは、「右手が胸元に入っていく重ね方」です。また洋服の場合、この重ね方を「左前」といいますので、混乱しないようにしましょう。

着物について2

着物と一口にいっても、着物の格付け、着物のTPOなど様々な分け方があります。着物を着こなすには、こういった知識も必要になりますね。

着物の格で分ける場合は、正装・礼装・おしゃれ着・普段着という分け方になります。正装の着物ほど仕立て代も高く、仕立ての手間もかかるといえます。

女性の場合の着物の格付けは、

「正式礼装慶事」の着物は、黒留袖・色留袖・振袖。

「正式礼装弔事」の着物は喪服。

「略装礼装」の着物は、色無地・江戸小紋・訪問着・付け下げ。

「おしゃれ着」の着物はお召・紬・小紋・着尺。

「普段着」の着物は銘仙・ウール・木綿・化繊。

となっています。

男性の場合の着物の格付けは、

「正装慶弔事」は、黒紋付羽二重。

「おしゃれ着(紋を付けると礼装)」は、江戸小紋、紬、お召、小紋、着尺。

「普段着」は、ウール、木綿、化繊。

となっています。

着物のTPOによる分け方もあります。

よくある行事として、入学式・卒業式・七五三の時に女性が着る着物は、着物の格は一つ紋無地・訪問着・付け下げ。帯は袋帯・名古屋帯。羽織は黒紋付、絵羽織。コートは道行となっています。

法事の場合(女性)は、着物の格は弔辞用の模様の着物・一つ紋付無地。帯は黒名古屋帯・黒袋帯。羽織は黒紋付。コートは地味な色の道行となっています。

着物の着付

着物の着付とは、着物の様々な着方、着物のたたみ方等の扱い方のことをいいます。着物は、長着を帯で固定して着るものです。よって洋服と異なり、ある程度は着付を知らないと着物を着ることさえできません。

着物の「着付教室」は、趣味・習い事のひとつとして現在どこででも見かけることができます。着物の着方のみならず、優雅な立ち居振舞いや、丁寧な言葉使いやマナーなどを教えてくれる教室もあるようです。

着物を外見上着られただけでは、確かに不十分かもしれません。着物を着ているだけで、奥ゆかしい雰囲気や上品なイメージが漂うわけですが、着た人の立ち居振舞いがそれに見合っていなければ、せっかくの着物も台無しになってしまいますね。

着物の着付は、肌着(肌襦袢)、長襦袢、着物と重ねて着ます。よって着付のポイントは、着物の「土台」となる肌襦袢・長襦袢をきっちり着ること、そして腰紐をきっちり結ぶことです。体型にあわせて補正のついた肌着を着ると、着付も楽になります。もちろん補正はガーゼやタオルでもできます。

着物の着付は、まず着くずれしないように着られるようになることがポイントです。

着物の着付2

着物の着付は、着物の着方、様々な着物のきこなし、着物の扱い方等のことをいいます。

着物の着付は、足袋をはく、肌着を着る、裾よけをつける、長襦袢を着る、着物を着る、帯を結ぶ、帯締め・帯揚げを結ぶといった流れになります。それぞれにポイントがありますが、長襦袢までの着付で、着くずれしにくいかどうか左右されますので、きっちりと着ることが大切です。

着物の着付を習得する場合、着付教室に通うこともあるでしょう。着付教室に通う場合、家や職場に近い教室を探しましょう。着付教室で、着付に必要な小道具の購入を勧められることもあります。何でもただではないということを覚えておきましょう。小道具を購入する場合は、自分の体に合ったものを集めるようにしましょう。

また着付教室に通えば自分で着物を着られるようになる、というものでもありません。必ず家に帰って着付の練習をしましょう。

自分で着物の着付ができるようになると、着物を着るのが楽になります。楽になると着物の楽しみ方も広がります。せっかくお金をかけて着物や小物たちを用意するのですから、早く着付をマスターして、存分に楽しめるようになりたいものですね。

呉服について

呉服は、着物・和服とも呼ばれる日本在来の衣服という意味と同義で使われることが多いですが、国語辞典をみてみると、和服用織物の総称、反物のこととあります。

呉服は「くれはとり」とも読み、これは「呉織」とも表記します。

呉服の語源は、中国の三国時代の呉の国から織り方が伝わったことからきているといわれています。呉服とは、呉の「服」という意味より、呉の「織物(反物)」という意味合いが強いものです。

呉服は絹織物という意味もあります。これに対して、綿織物は太物(ふともの)と呼ばれます。

呉服は、長方形の反物を直線的に切り取って縫って仕上げる衣服ですから、その余り布も有効に活用できます。また呉服の縫い方も、布を傷めない縫い方をしており、体形が変わっても縫い直しをすればいくらでも作り替えられます。呉服は平面でできているためコンパクトに畳めて収納に便利、場所をとりません。

呉服は、着衣した時の艶やかさや美しさもさることながら、制作から収納まで無駄がなく、非常によく考えられた衣服といえます。

呉服について2

呉服は、和服用織物(反物)という意味ですが、一般的に着物・和服とも呼ばれる日本的な衣服のことをさすことが多いです。

人は着る服で気分が変わるとよくいわれます。呉服を着ると、しっとりとした優雅な気分に本人もなるでしょうし、また呉服を着ている人を見かけると「風情があっていいな」と思いますよね。

呉服も布地によっていろいろな種類があり、それらを着る場面も決まっています。呉服を着る時は、このTPOを考え、それ用の呉服を用意しておく必要があるといえます。

しかし、例えば女性の場合、正式礼装は振袖(留袖)、弔事は喪服、略礼装は訪問着、普段の外出は紬などと、たくさん呉服を用意しても、実際に着なければ意味がありません。その時に呉服ではなく洋服を着る場合もあるでしょう。

呉服は、自分で着られるようになって慣れてくると、洋服を着る手間とさほど変わらないようになるともいわれます。呉服に興味のある方は、まず自分で着られるように、着付をマスターするのが重要といえるでしょう。

 
メニュー
和服について
和服について2
着物について
着物について2
着物の着付
着物の着付2
呉服について
呉服について2