様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 環境

スポンサード リンク

環境保護

環境保護は、21世紀に生きるわたしたちに課された大きな課題と言えます。

環境破壊は、人類が自然環境に手を加えて生活の糧を得ている以上は避けて通れない問題ですが、その破壊の度合いが局所的で、自然修復される程度の規模であった時代には、特に環境保護の必要はありませんでした。しかし産業革命以降、人類が行う環境破壊が、自然の修復力を徐々に上回るようになり、20世紀後半に至っては、「オゾンホール」「地球温暖化」などといった、全世界的な問題に発展してしまいました。人類がこれまでに為してきた環境破壊の結果が、人類の生存を脅かすようになったのです。

環境保護は、人類が今後長きにわたって地球に住み続ける上で、必要不可欠な行為です。日本人であるわたしたちも、できるだけ環境を壊さないライフスタイルを心がけたいものですね。

環境保護のためにできること

環境保護のために、わたしたちが日常生活においてできることは、たくさんあります。

環境保護を実現するために、たとえばこんなことから始めてみませんか?

・アイドリングをしない

・できるだけ衣服で体温を調節するよう努め、無駄な冷暖房は使わない(クールビズ、ウォームビズ)

・食べ残しはしない

・レジ袋はできるだけ受け取らない

・マイカー通勤をやめる、もしくは頻度を減らす

・ゴミの分別をきちんとし、リサイクルを心がける

・物を大切に使う

・使い捨てのものはなるべく使わない

・合成洗剤の使用はやめる、もしくはできるだけ控える

環境保護のためのこうした行為一つ一つはごく小さなことですが、毎日のみんなの積み重ねが、環境保護にとって、とても大きな効果をもたらします。環境保護のために、日々こうしたことを心がけ、美しい地球を取り戻したいものですね。

環境問題

環境問題は、人間が河川や海、空気などを著しく汚すようになった産業革命の頃から顕著になってきましたが、20世紀後半に至り、「このままでは地球は人間が住むことのできない星になってしまうかもしれない」というところまで、環境汚染が進んでしまいました。

環境問題の解決のため、現在では、世界各国が頭を悩ませています。どの国も、環境を破壊するような行為をすぐにやめることができれば環境問題はたちどころに解決するのですが、それをやめたら、どの国も大きな収入源を失ってしまうからです。そこで「京都議定書」のように、世界各国が少しずつ環境破壊をやめるような取り決めもなされるようになりました。

環境問題は、誰かが解決してくれる問題ではなく、わたしたち一人一人が、日々ちょっとだけでも環境のことを思いやることで解決できる問題なのです。

環境問題の具体例

環境問題について、マスコミなどで取り沙汰されるようになって久しいですが、そもそも環境問題とは、一体どのようなものを言うのでしょうか。

環境問題とは、人間が産業のために自然に手を加えて生態系を破壊することによって、逆に人間が生きていけないような環境をつくってしまうことです。

環境問題の例としては、

・二酸化炭素やメタンなどのガスによる地球温暖化や異常気象

・フロンガスなどによるオゾン層の破壊

・工場の排煙や自動車の排気ガスなどによる大気汚染

・工業排水や都市の下水による水質汚濁

・大気汚染や水質汚濁、もしくは農薬の使用による土壌汚染

・木材となる樹木の乱伐による砂漠化

環境問題は、今や工業化とは無縁の人々に対しても影響を与えている、全世界的な問題なのです。

環境標語

環境標語とは、文字通り、環境を守るために作られた標語です。

20世紀後半から、環境問題が次第に深刻化し、多くの人に環境問題に対する意識を高めてもらうため、国・自治体・NPO・企業などが中心となって、環境標語を作ったり募集したりしているのを、ほとんどの方は見聞きしたことがあるのではないでしょうか? あるいは環境標語に応募されたことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

環境標語は、標語であるだけに、語呂がよいもの(5・7・5など)が多いです。また、環境標語は、ポスターとして絵と一緒に貼り出されることも多く、一般市民が環境問題に対する認識を深める一助となっています。

環境標語の効果

環境標語は、人々が環境に対する認識を深めることができるよう、わかりやすく簡潔に環境問題とその解決方法などを言い表した標語です。

環境標語の秀逸な例としては、「混ぜればゴミ、分ければ資源」というものがあります。これはゴミの分別とリサイクルの大切さを一言で言い表した環境標語で、単に「ゴミの分別はきちんと」とか、「リサイクルしましょう」と言うよりもずっと印象的ですし、押し付けがましさもあまり感じません。この環境標語を、たとえばこれをゴミ捨て場に貼っておけば、ゴミを捨てる人も、環境問題を多少なりとも意識しやすくなるでしょう。

環境標語は、このように、多くの人に、環境保護を押し付けることなく、自然に意識してもらえる助けになるわけです。

環境ホルモンとは

ホルモンとは、本来、内分泌腺から血液中に分泌され、ごく微量で身体の生理機能に著しい作用を及ぼす物質を指します。ところが近年、「環境ホルモン」なる物質の存在が、マスコミなどで取り沙汰されるようになりました。

環境ホルモンとは、人体に取り入れられると、人体で生成されるホルモンと類似の働き、もしくは逆にホルモンの作用を阻害する働きをし、内分泌系を撹乱するとされている化学物質を指します。環境ホルモンは、正式には「外因性内分泌撹乱化学物質」と呼ばれています。

環境ホルモンとして疑われている化学物質の代表例としては、ダイオキシン・PCB・ビスフェノールA・フタル酸エステル・ノニルフェニールなどがあります。ただしこれらは、あくまでも「内分泌系を撹乱する疑いがある」というだけであり、現時点では、人体における影響を裏付ける明確な実験結果が出ているわけではありません。

環境ホルモン対策の例

環境ホルモンと疑われている物質は数多くありますが、これはまだ「疑いがある」という段階ですし、人体に及ぼす具体的な影響についても、まだはっきりしたことはわかっていません。しかし、「環境ホルモン」という言葉がポピュラーになってしまった今では、やはり環境ホルモンに対して不安を感じる方も少なくないのではないでしょうか。

環境ホルモンに対する明確な研究結果が出ていない以上、環境ホルモンについての具体的な対処があるわけではないのですが、化学物質は基本的に人体にとっては「異物」ですから、できるだけ化学物質を体内に入れないようにすることは、利益はあっても害はありません。たとえば環境ホルモンとしての疑いを持たれている「ビスフェノールA」「フタル酸エステル」は、高温の飲食物を入れたプラスチックの食器から溶け出すことが知られていますので、気になる方は、プラスチックの食器の取り扱いに注意したらいいでしょう。

ダイオキシンとは

環境汚染の話題の際、よく名前が挙がる化学物質の一つにダイオキシンがあります。

ダイオキシンとは、ポリ塩化ジベンゾパラダイオキシン(PCDD)および、ポリ塩化ジベンゾフラン(PCDF)の総称で、「史上最強の毒性物質」といわれています。

ダイオキシン被害の代表例は、何と言ってもベトナム戦争においてアメリカ軍が使用した枯葉剤の被害でしょう。このとき使われた枯葉剤にはダイオキシンが含まれており、撒かれた地域の環境を著しく汚染し、その地域の住人や作戦にかかわったアメリカ兵の健康にも深刻なダメージを与えました。特にダイオキシンの発ガン性や催奇形性はすさまじく、この出来事によって、ダイオキシンの環境・人体への害が世界に広く知られるようになったのです。枯葉剤による「シャム双生児」などの奇形児の画像は、ご覧になった方も多いと思います。

ダイオキシンの害は現在でも続いており、世界各地で深刻な環境・健康被害を引き起こし続けています。

ダイオキシンによる環境汚染の一例

ダイオキシンは、塩素を含む物質が不完全燃焼した際に発生する物質で、本来は意図的に作られる物質ではありません。農薬やPCBの生成過程、金属の精錬・再生過程などで副産物として生じ、これが結果的に環境汚染を引き起こすのです。

ダイオキシンによる環境汚染で、日本で特に問題になっているケースとしては、都市ゴミや産業廃棄物の焼却施設から発生するものが挙げられます。こうした施設で、塩化ビニルや塩化ビニリデンといった、塩素を含むプラスチック類などの人工有機化合物が不完全燃焼した結果、ダイオキシンが発生して環境を汚染するのです。

ダイオキシンを廃棄物焼却施設から発生させないため、近年では、施設の構造や焼却条件などについてのガイドラインが示されるなどの対策がなされています。

ISO14001とは

ISO14001(「アイエスオーいちまんよんせんいち」「アイソいちまんよんせんいち」「イソいちまんよんせんいち」)とは、環境関係の国際標準規格である「ISO14000シリーズ」の一つで、スイス・ジュネーブのISO本部(International Organization for Standardization=国際標準化機構)において制定されるものです。別名「環境ISO」。

ISO14001をはじめとする環境ISOの規格策定は、1992年の「地球サミット」をきっかけとして始まり、1996年から発行が開始されました。

ISO14001は、具体的には環境マネジメントシステム(EMS=Environmental Management Systems)に関する規格で、ISO14000シリーズの中でも最も知られているものです。通常「ISO14000」と言うときは、「ISO14001」を指すことが多いです。

ISO14001の認証取得

ISO14001とは、環境ISO(ISO14000シリーズ)の代表的なもので、「環境マネジメントシステム―要求事項及び利用の手引」を指します。つまりこれは、「企業や組織の活動や製品によって生じる環境問題の軽減を継続的に行うためのシステムを、どのように構築したらよいか」を定めた仕様書なのです。

ISO14001の取得にあたっては――まず、企業や組織は、ISO14001の要求事項にのっとって環境マネジメントシステム(EMS=Environmental Management Systems)を構築し、審査登録機関の審査を受けます。この審査によって認証されれば「ISO14001の認証取得」ということになります。

ISO14001の認証取得は、その企業・組織が地球環境に配慮しているという一つのアピールになり、企業・組織のイメージアップにつながります。それ以外にも、効率的な省エネによるコストの削減や、許認可手続き等において優遇処置が取られるなどのメリットがあります。

公害防止管理者とは

公害防止管理者とは、汚水・ばい煙・騒音・振動などによって公害・環境汚染を引き起こす恐れのある特定の事業所において、公害を発生させないための手助けをする人および資格を指します。

公害防止管理者の主な業務としては、「原材料や燃料の検査」「騒音が発生する施設の配置のチェック」「廃水・ばい煙・粉塵などの汚染状態の測定」「排出物に含まれるダイオキシン量の測定」など、環境に影響を与えるものごとの検査業務を管理することが挙げられます。

公害防止管理者は、環境問題の改善にあたっては、なくてはならない存在です。そのため、公害防止管理者になるためには一定の試験(国家試験)が課せられ、それをクリアした者が公害防止管理者として認められる仕組みになっています。

公害防止管理者になるには

公害防止管理者は、環境保全のために重要な働きを期待されている職種の一つです。

公害防止管理者は、その環境に対する責任の重さから、国家資格として位置づけられています、そのため、資格取得のためには「公害防止管理者等国家試験」を受験することになります。

「公害防止管理者等国家試験」の合格者には、経済産業大臣・環境大臣連名の「国家試験合格証書」が交付されます。試験は年1回。しかし実は、この試験の合格者には特定の称号はなく、単に「公害防止管理者の有資格者」と呼ばれています。

公害防止管理者を選任することは、特定の事業所において義務付けられています。選任された公害防止管理者は、それらの事業所において、環境汚染や公害を引き起こさないための業務を行うことになります。

土壌汚染

環境汚染には様々な種類がありますが、その深刻なものの一つに土壌汚染があります。

土壌汚染とは、文字通り、土壌環境が人為的に汚染されることです。原因はいろいろありますが、工場などからの汚水やばい煙、農薬の使用などが主な原因です。こうして土壌環境が汚染されると、農作物の成長を阻害したり、農作物を通じて人体に有害物質が取り入れられ、深刻な健康被害をもたらすことになります。

土壌環境の汚染による例としては、カドミウムを含む汚水によって汚染された土壌から採れた米を食べたことによって生じた「イタイイタイ病」などがあります。これは水質汚濁と土壌汚染の両方の側面を持っていますが、土壌環境の汚染がもたらす健康被害の恐ろしさの代表的なものと言えるでしょう。

土壌汚染対策法

土壌汚染対策法とは、土壌環境の汚染状況の把握や、土壌環境の汚染による健康被害の発生の防止を目的とした法律です。主な対象は企業で、平成15年1月に施行されました。

土壌汚染対策法の具体的な内容としては、「土壌汚染状況調査」「指定区域の指定・台帳の調製」「土壌汚染による健康被害の防止措置」があり、そのための指定調査機関や指定支援法人に関しても言及されています。

土壌汚染対策法は、主に企業が工場を廃止したり、宅地への転用を図る際に適用されるものです。この際、企業には土壌環境の汚染に対する調査が義務づけられ、これに違反した場合には罰則が適用されるようになりました。この土壌汚染対策法により、環境汚染を引き起こしてきた工場の跡地でも、幾分安心して利用できるようになったのです。

環境アセスメントとは?

環境アセスメント(環境影響評価)とは、大規模開発事業を行なう際、事業者が周囲への環境に与える影響を事前に調査、予測、評価することで、「評価、査定、課税」を意味する英語のアセスメント(assessment)からきています。

環境影響評価法は平成11年に施行され、道路・鉄道・河川・土地区画整理・廃棄物処理などに携わる事業者は、開発地の環境要素についてアセスメントすることが義務付けられました。

環境アセスメントにおける環境要素は、大気・水・土壌環境、動植物・生態系の保全、景観、廃棄物や温室効果ガスの排出等で、それらについて事業者はアセスメントし、地域・行政との意見交換をし、環境保全の立場に立って考えていきます。

環境アセスメントの導入によって、開発と環境保全の矛盾は解決されるでしょうか。いくら住みよい環境を求めた開発とはいえ、自然環境に著しい悪影響があっては、本末転倒ですからね。

環境アセスメントの効果

環境アセスメント(環境影響評価)とは、事業者が事業を行う際、事前にその事業が環境に及ぼす影響について調査・予測・評価し、その結果を公表した上で、周辺住民や自治体の意見を参考にして、環境保全上望ましい事業を行う仕組みを指します。平成9年(1997年)6月の「環境影響評価法公布」により、この環境アセスメントが成立しました。

環境アセスメントが成立する以前は、事業者が行う事業内容が事前に公表されないことにより、周辺住民との利害が一致せず、事業者と地域住民との間に軋轢が生じることも少なくありませんでした。しかし、環境アセスメントは、こうした問題を減少させるために一役買うかたちになったのです。

有害物質とは

有害物質(【英】Toxic Substance)とは、大気汚染防止法や水質汚濁防止法で定義されているもので、生物に微量でも悪影響を与える物質のことを指します。つまり、健康に被害を与える物質のことです。有害物質は主に工場からの廃棄物によるものです。

大気汚染での有害物質として、ベンゼン、トリクロロエチレン、テトラクロエチレン、ダイオキシン類が指定されています。水質での指定有害物質としては、カドミウム及びその化合物、水銀及びアルキル水銀その他の水銀化合物、PCB等となっています。

有害物質は、空気中や水道水の中にだけでなく、私達が必要な食べ物にもわずかながら存在していると考えられます。

有害物質は、人間が便利に生きていくために生まれた代償であると言ってもよいのではないでしょうか。環境問題がようやく表になってきたこの頃、わたしたち一人一人が出来ることは環境を汚染させないことですね。そのために、害の少ない生活用品等を使っていくのも一つの手だと思います。

タバコの有害物質

有害物質が含まれるタバコの煙。この中には、微量ながらダイオキシンやピリジンといった物質が含まれ、さらにそれ以外にも、約200種類の有害物質(発癌性物質含む)があるといわれています。

有害物質であるダイオキシンについて言うと、タバコの煙に含まれるダイオキシン濃度は、ごみ焼却場のダイオキシン濃度と比べても3倍〜18倍と非常に高濃度で危険といわれています。これは環境の面から考えてみても、人間だけではなく、あらゆる生命にとってよくないことです。

タバコを吸いつづけることは、健康に悪影響なのは周知のとおりです。喫煙する本人だけではなく、副流煙が周りの人に与える影響もあります。最近では2002年に生活環境条例の適応で、東京都千代田区ではポイ捨てが禁止されました。喫煙者にとっては肩身が狭い思いの規制ですが、本来タバコはなくてもよいものだと思います。ただ、依存性があるため吸ったらやめられないことや、タバコが販売され続けている現状を見る限り、タバコ問題はまだまだ続くことでしょう。

アスベストとは

アスベストとは、石綿(せきめん、いしわた)とも呼ばれる天然に産する繊維状けい酸塩鉱物です。アスベストは熱や摩擦に強く、酸やアルカリといった薬品にも強く、耐久性もあり、さらに安価であることから、かつては建築材等に多く使われていました。

しかしアスベストは耐久性が強いがゆえに、また繊維がひじょうに細いということもあり、アスベストを吸入することで肺組織につき刺さり、15〜40年の潜伏期間を経て、肺がん、悪性中皮腫などの病気を引き起こすことが現在ではわかっています。潜伏期間が長いため、発症しなかった間はアスベストは問題視されていなかったのです。

アスベスト被害で現在確認されているのは、作業現場における吸い込みです。アスベストで問題となるのは飛び散ること、吸い込むことなのです。解体・改修作業で古い建築物などはアスベストを使っているところもあるため、現場等での対策が義務付けられています。

アスベスト対策

アスベスト(石綿)は耐久性が強く繊維も非常に細かいため、大量に吸入すると肺の繊維組織に突き刺さります。その結果長い潜伏期間を経てアスベスト肺、肺がん、悪性中皮腫、その他胸膜炎などの病気が起こることがわかっています。

アスベストを吹き付けて使用することは1975年に原則的に禁止となりました。しかし法の規制はまだまだ明確なものではないため、アスベストが使われることがまだあったのです。

2006年2月10日に「石綿による健康等に係る被害の防止のための大気汚染防止法等の一部を改正する法律」が交付されました。これによって、アスベストが使われている建築材等の解体・修復作業時の対策が義務化されたり、アスベストを含むものを使用しないこと等が法律として明確化されました。

福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターとは、今後の高齢化社会において重要な役割を演ずることが予想されている資格の一つです。

福祉住環境コーディネーターの主な業務としては、その名の通り、高齢者や障害者の住環境をコーディネートすることが挙げられます。具体的には、

・医療、福祉、建築、保健などの専門家と連携し、高齢者や障害者が生活しやすい住宅の新築や改装を提案する。

・家具や介護用品、福祉用具などの生活必需品の選択や利用方法、設置方法などについてのアドバイス。

・高齢者や障害者本人およびその家族に対して、福祉・保健サービスなどの紹介や情報提供を行う。

といったものが、福祉住環境コーディネーターの代表的な業務となっています。

現代の住環境や都市環境は、高齢者や障害者および家族にとって、お世辞にも住みやすいものとは言えません。福祉住環境コーディネーターには、こうした人たちと社会との橋渡しの役割が期待されています。

福祉住環境コーディネーターの資格

福祉住環境コーディネーターとは、高齢者・障害者およびその家族が生活しやすいような住環境についての提案やサポートなどを主な業務とする資格および職業です。

福祉住環境コーディネーターになるには、まずは福祉住環境コーディネーターの資格を取る必要があります。

福祉住環境コーディネーター検定試験は「東京商工会議所」主催で、1級〜3級に分けられています。2級と3級は、受験資格に一切制限がなく、日本国籍がなくても受験することが可能ですが、1級の場合は2級に合格していることが条件となります。また、2級と3級の試験は年2回、1級は年1回の実施となっています。

福祉住環境コーディネーター検定試験の申し込みは、まずインターネットか電話で登録後、東京商工会議所から送付される申込書に従って受験料を払い込みます。すると試験日約2週間前までに受験票が送付されてきます。

東京商工会議所
http://www.kentei.org/

環境ボランティア

ボランティアにもいろいろありますが、環境に関するボランティアというのも多数存在しています。

ボランティアは何かの団体に属さなければできないというものではありませんが、環境ボランティア団体に所属したり、環境ボランティア団体の行事に参加してみたりすると、そこでさまざまな人との交流が持て、環境ボランティアに対する理解が深まり、モチベーションも上がることでしょう。

環境ボランティアの例としては、

・ゴミ拾いおよび清掃作業

・植物の世話および植林

・野生動物の保護

といったものが挙げられます。環境ボランティアは団体によって活動内容はさまざまですが、具体的なボランティア活動に加え、環境問題の実態を知るための視察や勉強会なども盛んに行われているようです。

環境ボランティアに参加しよう

ボランティア(volunteer)とは「奉仕者」の意味。

ボランティアの中でも、多くの人の関心を集めているものの一つが環境ボランティア。「地球温暖化」などの環境問題が叫ばれている今、こうした問題に取り組む必要性を多くの人が感じるようになってきています。

環境問題の解決のためには、私たち一人ひとりの日頃の生活の見直しが不可欠ですが、それより一歩進んで、環境ボランティアに参加してみるのはいかがでしょう。

環境ボランティアの団体やイベントは数多くありますが、そのいずれも、環境ボランティア活動そのものだけでなく、実態を知るための視察や勉強会なども積極的に行っています。

こうした環境ボランティアに参加することで、環境問題に対する理解が深まり、自ずと日頃の生活を見直すことができるようになることでしょう。それゆえ、時間が取れる人は、一度は環境ボランティア関係のイベントに参加してみることをオススメします。

環境問題への対策を考えよう

環境問題は、今や全人類にとって無視することのできない問題です。これに対して何の対策もしないでいるならば、最悪人類は滅亡してしまうというところまで来ています。

環境問題は、人間が自然を開発・破壊することによって生じたものがほとんどです。よってこれらの問題の対策は、私たち一人ひとりが自分のライフスタイルを見直すことから始まるといってもいいでしょう。

環境問題への対策は、各国政府や大企業の役割だと考える人もいるかもしれません。そして事実、環境問題を政府や一部の企業のせいにする人も少なくありません。しかし、こうした政府や企業を支えているのは私たち国民であり消費者であることは、忘れてはならないでしょう。環境問題への対策は、決して人任せにはできないのです。

環境対策

環境問題は、今や地球上のどこに住んでいても付いて回る問題にまで発展してしまいました。それは日本でも例外ではありません。

環境対策は、特に先進国にとっては義務といってもいいでしょう。現代の環境破壊は、主に先進国の工業化や自然開発の結果です。

環境対策の代表例として「京都議定書」があります。これは地球温暖化に対する対策の一つで、二酸化炭素をはじめとする、温室効果ガス6種の削減目標などを定めたもの。

環境対策は京都議定書以外にもいろいろありますが、一番大切なことは、私たち一人ひとりが自分のライフスタイルを見直し、ムダをなくすこと。「アイドリングをやめる」「ポリ袋は使わない」「ゴミはなるべく出さない」など、日頃のちょっとした心がけこそ、本当の意味での環境対策につながるのではないでしょうか。

水環境の現状

水環境は、私たちの生活において、決して無視することができない条件の一つです。私たちの社会は、河川・湖沼・海など多様な水環境に囲まれていますし、何といっても、人間は水なしでは生きられません。

水環境は、公共用水域においては、カドミウム、シアンなどといった人体に有害な物質に関してはほぼ環境基準を達成しています。しかし、地下水の水環境は芳しくなく、依然として水環境改善の努力が必要なのが現状です。

私たちが出す生活排水は、下水処理場で処理されて河川に流されています。また、工場から排出される水の水質も、今では基準値をクリアしています。しかし、過去の産物――水質に関する法規制が不十分だったり、水処理技術が未熟だったりした時代の排水が底質土に有害物質を蓄積させているという問題がクリアされていないため、これが今「底質汚染」として新たな水質汚染の原因となっています。

水環境と下水道・下水処理場

水環境を守るには、今や下水道および下水処理場の存在は不可欠です。

水環境における下水道・下水処理場の役割は、基本的には各家庭から排水を集めてキレイにした上で、公共用水域(「水質汚濁防止法」によって定められた、下水道以外の公共利用のための水域・水路・河川・湖沼・海など)に放流すること。これによって、さまざまな汚染物質・有害物質が水環境を破壊することが防げます。

下水処理場では、例えば、

・ゴミをろ過したり沈殿させたりして取り除く

・微生物の働きで水中のヨゴレを取り除く

・水質検査・消毒

といったようなことを排水に施してキレイにしています。各家庭から出た洗剤やし尿、油などで汚れた水も、これで水環境を汚すことなく河川や海などに還っていくことができます。

下水処理場についての詳細はこちら
http://www.city.kobe.jp/cityoffice/30/031/cont03.html

環境破壊とは

「環境破壊」は、今や私たちにとって馴染みのある言葉となってしまいました。

環境破壊には、人為的なものと自然発生的なものとがありますが、普段「環境破壊」という場合は、多くの場合人為的なものを指します。

環境破壊の例としては、

・地球温暖化

・砂漠化

・海洋汚染および水質汚濁(海水や海域の汚染は「海洋汚染」、河川・湖沼などの公共用水域の汚染は「水質汚濁」と呼び分けられる)

・大気汚染

・土壌汚染

・地盤沈下

これらを見てもわかる通り、環境破壊は人間の経済活動、特に工業による公害とは切っても切り離せないものです。

人為的な環境破壊は、さまざまな面から人間に返ってくるもので、実際環境破壊による直接的・間接的な死者も決して少なくありません。人間だけでなく、動物や植物をも保護するため、今私たち一人ひとりの環境破壊に対する取り組みが問われています。

環境破壊への取り組み

環境破壊は、大別すると人為的なものと自然発生的なものがありますが、特に「環境破壊」という言葉を使う場合は、前者の人為的な環境破壊を指すケースがほとんどです。

環境破壊というと、主に大企業によるものだと考えている人も少なくないようですが、環境破壊は私たち日本人一人ひとりに責任があります。

日本人は、便利な生活のために、多くのものやエネルギーを消費しています。身近な例では、電気の使用などによる石油の消費。また、ゴミを多く出すことも環境破壊につながりますし、日頃利用している工業製品も、環境破壊の原因となる行為の結果生産されたものがほとんどです。

環境破壊に対する取り組みとしては「京都議定書」が有名です。これは一見、個人にはあまり関係のないもののように見えるかもしれません。しかし、個人はすなわち消費者であり、大企業の経済活動を支えているわけですから、環境破壊を食い止めるためには、私たち一人ひとりが賢い消費者になる必要があります。

地球温暖化

地球温暖化は、数ある環境問題の中でも、特に早急な解決が叫ばれている問題です。

地球温暖化は北極や南極の氷を溶かして海面の上昇の因となったり、全世界規模での気候の変動や生態系の破壊を招いたりするため、どこか一国の問題ではなく、全人類の共通の課題とされています。

地球温暖化に関しては諸説ありますが、現在主流となっているのが「温室効果ガス」が原因だという説。温室効果ガスには、各国が工業や日常生活などで吐き出している二酸化炭素やメタンなどが含まれます。そのため地球温暖化に対しては、「京都議定書」のような国際的な取り決め・取り組みもなされています。

地球温暖化は政府や企業が取り組むべき最優先課題ではありますが、その政府や企業を支えているのがわたしたち国民もしくは消費者であることも忘れてはならないでしょう。わたしたちは地球温暖化の解決のため、自分の日常生活から見直す必要があるのではないでしょうか。

地球温暖化とは

地球温暖化とは、地球表面の大気や海洋の平均温度が上昇する現象を指します。

地球温暖化による大気や海水の温度の上昇は、地表や水系内の生態系の変化や、極地の氷の溶解による海水面の上昇による海岸線の浸食といった現象を引き起こします。このような地球温暖化に伴う現象によって、すべての生物は少なからぬ影響を受けることは間違いありませんし、それはわたしたち人間とて例外ではありません。

地球温暖化がこのまま進むと、例えば日本だったら、海に面した地域は水没することになります。また、熱帯性の病気が蔓延する危険性もあります。さらに気候が変わることによって、これまで栽培されていた農作物の生育や収穫も難しくなりますし、集中豪雨などの天災も予測されます。

もちろん地球温暖化による影響を受けるのは日本だけではなく、どの国でも、日本とはまた違った形で深刻なダメージを受けることが予想されています。よって、地球温暖化に対する取り組みは全世界規模で行う必要があります。

環境と健康

環境と健康には、密接な関連性があります。

わたしたちの健康は、環境によってもかなり左右されます。わたしたちの体というものは、生まれ育った環境にある程度適応するものですが、その環境が急に変わったり、人間が健康体を保つ上で明らかに有害となるような環境が急速に形成されたりした場合、わたしたちはそれに適応できず、健康を損ねてしまいます。

環境と健康の密接な関連性を示す事例といったら、やはり公害。日本では「四大公害(水俣病・新潟水俣病・四日市ぜんそく・イタイイタイ病)」が有名ですが、これらは明らかに人間の健康にとって有害な環境が形成された例および結果と言えるでしょう。

このことからも、わたしたちの健康を守るためには、環境の保護が不可欠です。現代のように高度に工業化された社会では、環境を破壊することが容易になってしまっていますから、わたしたちはできる限り環境に優しい生活を心がける必要があるでしょう。

環境の変化による健康被害

環境とわたしたちの健康は、切っても切り離せないものと言えます。

人間の体はもろいものですから、急激な環境の変化に適応できず、すぐに健康を損ねてしまいます。また、環境を汚染するような物質は、概ね人間の健康をも害するものです。

環境の変化による健康被害として、現在危惧されているものの代表的な例としては、地球温暖化によるものがあります。地球温暖化による環境の変化、特に生態系や気候の変化は、わたしたちの健康に深刻な被害を与えます。その例としては、

・熱帯性の病気の北上

・熱波や寒波による死者

また、異常気象にともなう天災による事故や伝染病の蔓延なども、わたしたちの健康を脅かす要因となります。

環境の変化による健康被害を防ぐためには、日頃から健康に気をつかって免疫力を高めることも重要ですが、環境破壊を促進しないような地球に優しい生活を心がけることも大切なことと言えるでしょう。

環境に関連した資格試験

環境を守るための資格は、さまざまな公害を引き起こした高度経済成長期以降の日本では、特に必要なものと認識されてきています。

環境に関連した資格試験の例としては、以下のようなものがあります。

・公害防止管理者(国家試験)

・浄化槽設備士(国家試験)

・浄化槽管理士(国家試験)

・ビオトープ管理士

・環境カウンセラー

・グリーンセイバー

・環境管理士

環境に関連した資格を取ることによって、環境問題の解決および環境の保全に貢献することができます。環境に関連した資格試験の中には難易度が高いものもありますし、就職につながりにくいものがあることも事実ではありますが、非常にやりがいのある仕事であることに変わりはありません。

環境問題に関心のある方は、こうした環境に関連した資格試験を受けてみてはいかがでしょうか。

環境を守るための資格試験

環境問題に関心を持つことは、科学文明が発達した現代を生きるわたしたちにとって、必要不可欠なことと言えます。

環境問題に対して何らかの貢献をしたいと考える場合、まずは自分の日常生活における省エネ・省資源から始めるといいでしょう。しかし、それより一歩進んだ社会的な貢献をしたいと考えるなら、環境を守るための資格試験を受けるという道があります。

環境を守るための資格試験の例としては、「公害防止管理者」「環境カウンセラー」「環境管理士」といった資格試験が挙げられます。特に公害防止管理者は国家試験であり、環境を守るだけでなく、人々の健康面においても貢献することができます。

環境を守るための資格試験には、上記以外にもたくさんありますので、その中から受験資格が自分の条件に合致しているものや、自分が関心を持っているジャンルのものを選ぶといいでしょう。

環境を守るための資格は、現時点ではすぐに就職に直結するものばかりとは言えませんが、社会的な重要度は今後増してくることは間違いありませんし、やりがいのある仕事でもあります。環境問題に関心がある方なら、環境を守るための資格試験を受けて損はないでしょう。

自動車関連の環境対策

自動車一台が環境におよぼす影響は大したことはありませんが、朝夕の通勤ラッシュの様子を見たらわかるように、日本では大変多くの自動車が走っています。これらの自動車が環境におよぼす影響は甚大で、現代の環境問題の一つの因となっています。そのため、自動車関連の環境対策は、現代社会において重要な課題と言えるでしょう。

自動車関連の環境対策としては、

・排気ガスによる大気汚染のへの対策

・騒音対策

・低公害車の開発

・ガソリンに代わるクリーンで安定供給が可能な燃料の開発

といったようなことがメインになっています。

自動車関連の環境対策は、国や自治体、企業などによるものがメインではありますが、それは消費者側の協力なくしては成り立ちません。特にマイカーを所有している人は、自分の自動車の使い方を見直す必要があるでしょう。

環境対策と自動車

環境問題の一つに大気汚染があり、その因の一つとして、自動車の排気ガスによるものが挙げられます。自動車一台一台は大したことはなくても、現代のように道に自動車が溢れ返るようになると、環境対策が必要になってきます。

自動車関連の環境対策については、国や自治体、企業などがある程度の取り組みを見せてはいますが、結局わたしたち消費者によって自動車産業は支えられているわけですから、自動車関連の環境対策は、わたしたち一人ひとりが取り組むべき問題とも言えます。

自動車関連の環境対策において、個人レベルで貢献できることの例としては、

・できるだけマイカーを持たない。

・徒歩や自転車で移動できる距離は、自動車は使わない(健康のためにもなります)。

・通学や通勤は、できる限り公共の交通機関を利用する。

・停車中はアイドリングはしない。

・できるだけ燃費の良い車種を選ぶ。

自動車は便利なものですから、まったく使わないということはムリでしょうが、使い方を工夫して、環境対策に貢献したいものです。

環境基本法とは

環境基本法とは、文字通り環境に関する法律で、日本の環境問題に対処するために制定されたものです。

環境基本法の基本理念としては、

・環境の恵沢の享受と継承(法第3条)

・環境への負荷の少ない持続的発展が可能な社会の構築(法第4条)

・国際的協調による地球環境保全の積極的推進(法第5条)

といったものが挙げられます。

環境に関する法律として、かつては「公害対策基本法(公害対策)」「自然環境保全法(自然環境対策)」といったものがありました。しかしこれらの法律では、その後さらに複雑化かつ地球規模化してゆく環境問題に対応できないことが徐々に明らかになったため、1993年(平成5年)に「環境基本法」が新たに成立、施行されました。また、環境基本法に伴い、公害対策基本法は廃止され、自然環境保全法も改正されることになったのです。

環境基本法の趣旨

環境基本法とは、複雑化・地球規模化する環境問題に対処するために、1993年に従来の法律に代わって制定されたものです。

環境基本法では、環境の保全に関する施策の基本となる事項を定めています。また環境基本法では、同時に環境問題に対処するための国・地方自治体・事業者・国民の責務をも明らかにしています。

環境基本法は上記のような性格を持っているため、これによって環境の保全に関する施策を総合的かつ計画的に推進することが可能になり、国民の健康的かつ文化的な生活が実現され、ひいては人類全体の福祉にも貢献できるようになります。

とはいえ、上記の内容は、あくまで環境基本法を国全体で遵守した場合の理想的な結果。もちろん現状では、環境問題を巡ってさまざまな裁判が起こされています。環境基本法は、今も発展途上といったところでしょうか。

 
メニュー
環境保護
環境保護のためにできること
環境問題
環境問題の具体例
環境標語
環境標語の効果
環境ホルモンとは
環境ホルモン対策の例
ダイオキシンとは
ダイオキシンによる環境汚染の一例
ISO14001とは
ISO14001の認証取得
公害防止管理者とは
公害防止管理者になるには
土壌汚染
土壌汚染対策法
環境アセスメントとは?
環境アセスメントの効果
有害物質とは
タバコの有害物質
アスベストとは
アスベスト対策
福祉住環境コーディネーター
福祉住環境コーディネーターの資格
環境ボランティア
環境ボランティアに参加しよう
環境問題への対策を考えよう
環境対策
水環境の現状
水環境と下水道・下水処理場
環境破壊とは
環境破壊への取り組み
地球温暖化
地球温暖化とは
環境と健康
環境の変化による健康被害
環境に関連した資格試験
環境を守るための資格試験
自動車関連の環境対策
環境対策と自動車
環境基本法とは
環境基本法の趣旨