様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > FX

スポンサード リンク

FX(外国為替証拠金取引)スワップとは

FXの取引ルールの中でも、スワップやレバレッジという言葉は分かりにくいと感じる人が多いようです。

スワップとは金利差のことで、現在、世界的に金利が安い部類に入る日本では、誰が投資してもいいくらい、と言われるほど効率的な投資方法です。

FXでは、金利の安い通貨を売って、金利の高い通貨を買って持っていると、金利の差額分の受取額が発生します。これがスワップポイントです。

スワップは購入した通貨を持っている間、毎日FXから受け取ることができます。

FXの取引業者ごとに、組み合わせられる通貨に特徴があり、多くの通貨が取引できますが、選ぶのに困るほどの量でもなく、メジャーで金利差が大きいことが分かっている豪ドル、米ドルなどにしぼって取引する人も多いようです。

通貨を買うときにレバレッジを数倍に設定すれば、ちょっとした資金でも、1日数十円〜100円程度のスワップ、年間で数万のお小遣いがゲットできる計算になります。

FXの大きな特徴であるレバレッジは、利益を大きく取ることもでき、読みが外れたときにはそれだけのリスクを負うことにもなるポイントなので、よくシュミレーションを重ねましょう。

FX投資スワップ活用法

FX投資は、中長期の資産運用に有利な外貨投資法と言えます。

ゼロ金利がやっと解除されたとはいえ、日本の銀行に預けているお金なんて、全然増えそうな気がしませんよね。これは、金利が低いためです。

豪ドル、米ドルなどの通貨で預金すると、桁の違う利子がついて、まとまったお金を預ければ、利子生活ができてしまうほどです。

FXのスワップは、スワップ金利とも言われていて、こういった通貨の金利差が利益になる投資法です。

例えば、FXでレバレッジを3倍程度に設定し、日本円で豪ドルを1万ドル買うと、豪ドルを売ってしまうまで、記事を書いている時点での金利差15〜18%のスワップ、1日あたり100円ちょっともらえる計算になります。年間だと4万ちょっとですね。

100万円を日本の銀行に預けて、年間4万の利子がついたと考えると、まあまあ上出来でしょうか。

スワップは毎日受け取ることができるので、結果がすぐ見えるところもうれしいですね。

FXの税金とは

FX投資で儲けた!とうまく行ったら、次はFXの税金をマスターしましょう。

税金は、給与や事業などによる所得にかかる所得税と、株式や先物投資などのように特別な税率が決まっている分離課税があります。

FXは雑所得として申告して、儲かった分は多く給与があったと計算し、所得税として税金を払うことになります。

複数の取引業者でFX投資をしていた場合は、損をしている口座も儲かっている口座も合算して申告できますが、トータルで損失が出ていても、他の所得から損失を差し引くことはできません。

FX投資のための必要経費は差し引くことができるので、手数料や購入した資料などは記録や領収書を残して賢く税金を払いましょう。

FX投資の税金マメ知識

FXを週末副業にしてお小遣いを稼いでいる人も多いのではないでしょうか。

FXで儲かった分にも、しっかりと税金がかかってきます。

所得税の中に雑所得として合算して税金を払うことになるので、儲けの10%程度は税金として出ていくくらいのコスト管理が必要になってきます。

ただし、年間の儲けが20万以下の場合は、申告して税金を払わなくてもいいことになっています。電卓を叩くと、月1.6万…お小遣いには丁度いいかも知れません。

FX投資の利益には、株式や先物取引に設定されているような分離課税などの税制優遇がありません。どちらもやっている場合は、トータルの損益を合算できないので注意しましょう。

FX向けの税金優遇政策として、2005年から「くりっく365」(取引所為替証拠金取引)というものが設定されています。

手数料が高いことが難点ですが、700万円以上の利益が出ている場合は税率が割安になったり、損失を3年間持ち越せるなどの税金優遇が受けられます。

FXのシステムトレードとは

FXだけでなく、金融商品をトレードして利益をあげようとする場合、ついデータに振り回されたり、感情で判断したりしまいがちです。

システムトレードとは、そういった人間的な感情を差し挟まずに、機械的に決められたルールに則ったトレードを行うことを指します。

為替相場、スワップ、レバレッジなど多くの要素が組み合わさって複雑に変動し続けるFX投資では、一時的な感情に左右されずに、システムトレードによってコンスタントに利益を出すことができるようになると言われています。

実際にFX投資でシステムトレードをすると決めたら、ルールを変更することなく機械的に売買することが大切です。

コンピュータにシステムトレードのプログラムを組み込み、自動売買する方法が近年増えていますが、個人でも表計算ソフトを使ったシステムなどで応用できるので研究してみると面白いかもしれませんね。

FXでの実践的システムトレード方法

FXで利益をあげるためには、一時的な感情や溢れかえる情報に左右されることなく、売り時、買い時をシステム化して機械的にトレードすることが、コンスタントな結果につながります。

FX投資のトレードをシステム化するには、設計、テスト、検証、運用のプロセスをたどります。

システムトレードの設計をする場合は、移動平均線、オシレーター系のチャート上で、売るタイミング、買うタイミングを分析し、ルール化します。

テストは、FXの過去のデータを使ってテストを行い、安定した結果を出すかどうかチェックします。

海外では、FXに限らずどの投資でも、システムトレードという考え方が浸透しています。

プロがコンピュータで本格的に組み上げたプログラムも近年増えてきています。

FXのシステムトレード入門としては、表計算ソフトや、システムトレードツールが出回っているので、機能や操作性を確かめながら、自分のルールを作っていきましょう。

FX投資のリスク管理

FX投資は、資金が少なくても、レバレッジを使うことで、大きな金額を扱うことができます。

変動し続ける為替や金利をある時点で買うことをポジションを取るといい、そのポジションに対して、1倍、2倍、3倍といったレバレッジを設定しておくことで、変動後のFX投資の利益も1倍、2倍、3倍となります。

リスクとしての損失ももちろん、1倍、2倍、3倍です。

FX投資でリスク管理をする場合のキーワードは、レバレッジのコントロールといえるでしょう。

リスク管理とは、取ったポジションが変動して損失が発生したときに、どこまでが安全圏かを判断し、安全圏を超えた場合は、速やかに損失を確定して手を引くことに尽きます。

レバレッジを1倍に設定したときは、いくらまでの損失が安全。2倍のとき、3倍のとき、と、常に安全圏を意識し、FX投資のリスクをうまくコントロールしましょう。

FXでのリスクコントロール

FX投資では、みなさんの命の次に(命より?)大切なお金が、運用によって増えたり減ったりします。

運用して増やそうと思っているのに、減ったりしたら困ってしまいますね。

読みが外れて、一晩で数百万もの損失が出たら、奥さんや家族に打ち明けたり、いつもどおり会社に行って平常心で仕事をしたりできるでしょうか。

リスクコントロールをしっかりして、FX投資で失敗しても、大切なお金はもちろん、家庭や社会的信用まで失わないように心がけたいものです。

FXで扱う対象は、時々刻々と変動しているので、予想と反した動きで損失が発生しても、流れが変わって利益が乗ることもあります。もちろん、さらに損失が拡大し続けることの方が多いと言われています。

FX市場の動きが予想外だった場合、多くの人は焦って手を引こうとするので、大抵は引き際をためらっているほどリスクは大きくなり、損失が拡大していきがちです。

リスクばかり強調しているようですが、FX投資ではレバレッジといって、少ない資金を元に大きな金額を取引できる仕組みがあります。大きな利益を狙おうとするほど、リスクも大きくなっていきます。

レバレッジが1倍の場合は、元手が少し、あるいは大きく減る程度ですが、レバレッジを高く設定していた場合の損失は、場合によっては元手の何倍にもなってしまいます。

リスクとイコールともいえるレバレッジをうまく使いこなして、こつこつと利益をあげていきたいですね。

バーチャルFXとは

バーチャルFXとは、仮想口座やデモ口座とも呼ばれる外国為替仮想売買システムのことで、実際のFX口座を開設する前に、為替取引を実体験できる大変優れた仮想システムと言えます。取引の元手となる資金や参加料金、毎月の利用料などをかけずに(一部手数料がかかるところもあり)FX体験ができるのです。つまり、タダでFX体験ができるというわけ。

FXとは、簡単に言えば、世界の通貨を売買することで収入を得る取引。いわゆる投資です。投資はやってみたいけどちょっと…という人にとって、バーチャルFXはお勧めのシステムと言えます。

バーチャルFXで用いられている為替取引レートは、実際に用いられている為替取引レートと全く同じものが使用されています。

つまりバーチャルFXの参加者は、実勢インターバンクレートに限りなく迫ることができるリアルタイムレートにて、実戦さながらにトレードすることが可能なわけ。もちろん、バーチャルFXにて受け払いされる「スワップポイント(金利差調整分)」もまた、実際の取引と全く同じものです。

バーチャルFXは、パソコンや携帯電話を使ったオンライントレードを提供するFX取引会社の多くが提供しています。

バーチャルFXは、ゲーム感覚でFXを実体験できるのですから、これからFXを始めようと考えている方はもちろん、頭の体操のつもりでFX取引を体験するのもいいのではないでしょうか。

バーチャルFXの利点

バーチャルFXとは、各FX業者が開設しているFXトレードシステムで、外国為替保証金取引(FXトレード)を擬似的に体験できるシステムのことをいいます。

バーチャルFXは、擬似的な体験といえども、用いられている為替取引レートは実際に用いられている為替取引レートと全く同一。

つまりバーチャルFXでの取引は、実際のインターバンクレートに限りなく近いリアルタイムレートで行うことが可能なのです。もちろん、スワップポイント(金利差調整分)も、実際の取引と全く同じものを用いています。

では、バーチャルFXをする利点とは何でしょうか。

1. 操作方法に慣れることができる。

「今買う!」と思うとどうしてもあわててしまいがち。ユーロを買うつもりがNZドルで指定してしまったり、「売り」たいのに「買い」になってしまったり…。こういう操作上のミスを何度か経験しているうちに自分の弱点がわかってきて、スムーズにできるようになります。

2. 実際の為替相場の中で、トレード体験できる。

「為替の動きのくせ」や、売買のタイミング、通貨ごとの動きなどが少しずつわかるようになってきます。

さらに、バーチャルFXを提供しているFX取引会社の中には、特定の期間内に最も資産を増加させた参加者に豪華な賞品を進呈するFXゲームを用意している会社もあります。FX取引の勉強になるだけでなく、うまくいけば商品もゲットできるかもしれませんね。

FXをやってみたいとお考えの方、まずはバーチャルFXを体験してみたらいかがでしょうか。

FXオンラインとは

FXオンラインとは、インターネットなどのネットワークを利用してFXを行うことです。現在大人気のFXですが、FXが人気のある理由の一つに、オンラインで気軽に投資が行えるという点があります。

FXオンラインを行う場合、まず、自分の条件に合ったFXの会社を選ぶ必要があります。インターネットの検索エンジンで「FX オンライン」と検索してみれば、いろいろなFXの会社が出てきます。多くのFX会社を見て、為替手数料やリスクを避けるためのシステムなどを比較検討し、自分のスタイルに合ったFXの会社を選ぶといいでしょう。

FXオンラインの申し込みからスタートまでの流れは以下のようになります。

1. オンラインで口座開設(各社のフォームに従って記入)

2. 本人確認書(名前・住所・生年月日を確認できる書類)を用意し、メール、FAXまたは郵送で送る

3. 本人確認審査

4. 口座開設、資金の入金

5. 取引スタート

また人気の高いFX業者として以下が挙げられます。

・FXオンラインジャパン http://www.fxonline.co.jp/

・FXCMジャパン https://www.fxcm.co.jp/

・三貴商事 http://www.invast.jp/

・外為どっとコム http://www.gaitame.com/

・ひまわり証券 http://fx.himawari-group.co.jp/

FXオンラインのメリット

FXオンラインは現在人気沸騰中ですが、オンラインで気軽にFX投資が行えるのがその人気の秘密です。

では、FXオンラインのメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

・24時間取引が可能〜FXの舞台は世界市場。そのため、時差の関係で、取引の中心地が少しずつ移っていくという、いわゆる「24時間眠らないマーケット」。常に為替の変動があるため、オンラインで自分の都合の良い時間に取引が行えるのは便利。

・場所を選ばず取引が可能〜仕事でFX会社の窓口に行けない人や、チャンスや損失が出そうになったとき即対応できるのはオンラインの魅力。

・リアルタイム・レートで取引ができる〜1日24時間インターバンク・レートに準じたリアル・レートでいつでも取引できる。

・豊富な情報〜チャートや為替レートがリアルタイムにチェックできる情報ツールの利用で、世界の経済ニュースなどの情報が豊富でリアルタイムに知ることができる。

以上のようなことが挙げらますが、いきなりオンラインでFXをはじめるようなことをせず、まずは各社が用意しているシステムの「デモ取引」などで疑似体験することをお勧めします。

FXは、少ない資金で大きな利益が見込めるという反面、逆に大きな損をしてしまう可能性もあります。取引を行う際は、メリットを見るだけでなく、その裏のデメリットにも十分注意することが必要でしょう。

FX確定申告とは

FX確定申告は、FX外国為替証拠金取引を行って利益を得た分に対する税金の支払いのために行います。つまり、FXで儲かった利益に対しては税金がかけられ、それは原則として確定申告しなければならないということです。税金の計算期間は1月〜12月、含み益は考慮しないで、実現損益のみが対象となります。

FXで得られた利益は、税法上は通常「雑所得」として扱われます。「雑所得」の場合、

・年間給与所得が2,000万円以下で、かつ、給与所得と退職所得以外の所得の合計額が20万円以下の場合を除き、確定申告が必要。

・ほかの所得(給与など)と合わせて税を計算(総合課税)。

・必要経費を差し引くことができる。

・雑所得同士であれば、ほかの雑所得と損益通算計算ができる。

・雑所得全体で損失が出てもほかの所得と通算することはできない。

となります。要するに、FXでの確定申告は必要経費を差し引いて、20万円以上の利益があった場合に行います。ただし、専業主婦の方は、配偶者控除がありますので38万円を超えた場合にのみ申告が必要となり、扶養控除対象者からははずれます。

一方、必要経費として認められるのは、

・売買および振込み手数料

・パソコンの購入費用の一部

・通信費、プロバイダー費用の一部

・雑誌、新聞などの資料代

・セミナーの代金

・筆記用具代

FX確定申告をうっかり忘れてしまった場合、後で重加算税が追加されます。どんなに面倒でも申告に行かないと、必要以上の税金を払う羽目になりますから、注意しましょう。

FX確定申告の具体例

FXで必要経費を差し引き20万円以上の利益があった場合、確定申告をしなければなりません。その税率は、FXの商品、「くりっく365」か「非くりっく365」かで異なっています。

「くりっく365」は東京金融先物取引所で取引されている商品で、「非くりっく365」は、それ以外で取引されています。「くりっく365」は申告分離課税(一律20%)で、「非くりっく365」は、総合課税(0%〜50%)です。

総合課税の税率は、

・200万円以下 15%

・200万円〜330万円以下 20%

・330万円〜700万円以下 30%

・700万円〜900万円以下 33%

・900万円〜1800万円以下 43%

・1800万円〜 50%

では、FXで500万円儲けた人の具体的な税金はどうなるのでしょうか。

200万円×15%+(330万円−200万円)×20%+(500万円−330万円)×30%=107万円

となります。

FX確定申告は「申告書A」で行います。これは税務署や市区町村の窓口はもちろん、国税庁のホームページからプリントアウトもできます。初心者が全く最初からFX確定申告するためには、いろんな書類を作成したり、各口座の利益を計算したりと面倒なもの。確定申告用のソフトを使えば楽に申告できますので、ぜひ活用してみてください。

 
メニュー
FX(外国為替証拠金取引)スワップとは
FX投資スワップ活用法
FXの税金とは
FX投資の税金マメ知識
FXのシステムトレードとは
FXでの実践的システムトレード方法
FX投資のリスク管理
FXでのリスクコントロール
バーチャルFXとは
バーチャルFXの利点
FXオンラインとは
FXオンラインのメリット
FX確定申告とは
FX確定申告の具体例